人魚がドレスに着替えたら

美しい自然がいっぱいの、アメリカ・オレゴン州に住んでいます。 手芸が大好きで、今はせっせと着せ替え人形を作る日々です。 出来上がった人形の紹介や日々の出来事、庭に遊びにくるリス友の様子など、いろんなことを綴っています。


「毎週末夫婦で外食する」これを続けているのですが、
先週末はうちから歩いて行けるレストランに行きました。
歩いていけると言っても20分はかかるのですが、
駐車場の事や帰りの運転の事など気にしなくていいので
20分で行けるなら徒歩は便利です。
でも今の時期7時半ごろには暗くなって来るし
うちの近くは街灯がない所もあるので本当暗くて、
20分の帰り道ですれ違った人は一人もおらず・・・
(自然いっぱいでもそんなに田舎ではないのに・・・)
まあ考えてみれば、これが明るかったとしても
徒歩で食事に出かける人は極端に少ないのです。
ニューヨークなどの大都市ならいざ知らず、
この辺はどこに行くにも皆車で出かけています。
本当に「車がないと話にならない社会」です。
6時ごろうちを出た時は外もまだ明るかったのですが、
「ここ歩いてたらホームレスの人だと思われるかも?」
と歩きながら夫が言うのです。えええ?
それぐらい、この辺りの人は徒歩で食事に行かない。
行くとすれば目の前にレストランがあるとか、
歩いて5分圏内の場所にあるとか・・・
この辺は今の所公共の移動手段がバスしかないので
そのバスも不便だし本当しょうがないですが、
地下鉄か路面電車できないかなあ・・・?
この辺りでは無理な話かなあ・・・?



グリーンのチョウチョ、出来上がりました。
本体に使った淡いグリーンの花柄生地に合わせて
白襟とピンクボタンでさらに可愛くしました。
明日はお着替え編です。
IMG_20220919_115513IMG_20220919_115602IMG_20220919_115758IMG_20220919_115854今回歩いて行った近所のレストランは
車で通りすがりに何度も目にしていた所だったのですが
食事をしたのは今回が初めてでした。
「わざわざ歩いて行った」という気持ちがあって 
その分残念なレストランだったらガッカリだなあ・・・
と思っていたのですが、とてもいいレストランでした。
食事もお酒もどちらも美味しかった!
お酒はソルティードッグとモスコミュールを飲みましたが
メニューにないカクテルを頼んでも全く問題なし。
去年「ソルティードッグ」でこんな事があったので、
( 夜ごとソルティードッグを飲んでいる訳 )
ウェイトレスさんの余裕の笑みが頼もしかったです。(笑)



今日のリス友。
コーンは木に打ち込んだ数本の釘に差しているのですが、
大して長い釘ではないので安定性はないのです。
このリス友(母リス)はそれを知っているようで、
コーンを引っこ抜こうと必死で頑張っています。
子リスのためにも栄養つけないとね。もう一息だ!!!
IMG_6832IMG_6837


動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。



人形をしまっておくスペースがなくなって 
やっと我に返り、制作ペースを落としたのですが、
どのくらいペースを落としたのかと言えば
いままでは1日に1体作っていたのを1週間に1〜2体、
だいたいこのくらいのペースに落としました。
いつもは裁断も縫製もまとめてやることが多いので、
1日は裁断、2〜3日かけて縫製、最後に仕上げ、
こんな感じで流れ作業的にやっていて、
平均したら1日1体、と言うようなペースでした。
今まで毎日5〜6時間は作業部屋にこもっていたのに
それが単純に1〜2時間となれば時間的に余裕ができて
ついでに「自分の本心」にも気がついてしまいましたよ。
もちろん好きだから人形作りを続けてきたのですが、
実はやらなければいけない事から逃げるためにも
人形作りを続けていたのでした。
・・・色々後回しにしていたことがあるのです。
ガレージの片付けとか、クローゼットの中の整理、
3年分もためてしまった写真のプリントアウト・・・
まだまだありますが、どれも気が乗らないことばかり。
「今日も人形作りで忙しいわ〜〜〜本当忙しい〜」
ずっとこれで逃避して来たのですが、
(実際一年以上逃避生活を送っていました。笑)
このまま逃げ切れるわけもなく・・・
片付けとか本当やりたくないのです・・・
ガレージ、さらっと見回して何もせずドアを閉める。
クローゼットもさらっと見回して終わり。
一体いつ片付けるつもり?時間はできたけど?
さあ、一体いつになるんでしょうね?
それは誰にもわからない・・・(笑)



「グリーンのチョウチョ」の続きです。
まず羽根を作り、顔を作って本体を縫い合わせてから、
スナップボタンをつけました。
IMG_20220919_104311IMG_20220919_105042IMG_20220919_110107IMG_20220919_110945IMG_20220919_111027本当、気乗りしない事というのは、
どんなに暇であっても多分無限に時間があっても
可能な限り先延ばしにしてしまうものですね。
ガレージにいらないものが沢山しまってあっても、
写真を何年もプリントアウトしていなくても
普段の生活には全く支障がないので尚更です。
なぜ、もっと早くに片付けなかったのか!?
なぜ、まめに写真をプリントアウトしなかったのか!?
いや、アルバム作りは長いことまめにやっていたのです。
しか〜し、3年前に引っ越しでバタバタして以来、
そのまめさがなぜかなくなってしまったのです。(泣)
あの頃のまめさ、カムバーーーーック!!!



今日のリス友。
IMG_6885


動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。



昨日は「呪われた結婚指輪」の話でしたが、今日は?
「捨てられたウェディングドレス」の話です。ぎゃあ〜
話の結論から言うと、私は自分のウェディングドレスを
だいぶ前にゴミとして捨てています。ぎょえ〜 
「え?自分のウェディングドレスを持ってたの?」
と思いましたよね?
日本だと高いレンタル料を払ってドレスを借りますが、
アメリカではウェディングドレスが安く買えるので
(日本円にすると数万円から買えます。 )
結婚式では皆「My ウェディングドレス」を着るのです。
私も結婚式の半年くらい前から夫に同行してもらって
何度かウェディングドレス専門店に足を運んで
寸法やデザインを直してもらったりしました。
結婚式の後、そのドレスは大きな白い箱に入れられて
いかにも特別なドレスと言う感じでクローゼットの中で
場所を取りつつもずっと大事にしまわれていたのですが、
ほんの一時期、腹が立つと家中の不用品を一気に捨てて
(中にはまだ使えるものも含まれていた・・・ )
それで気持ちをなだめていたヤバい時期があって、
まあ、それでついにはウェディングドレスにまで
手を伸ばしてしまったと言う訳なのです。(爆笑)
流石に普段着を捨てるのとは違うので少し逡巡があって
でも「これまたいつか着る機会ある?」と自問をすれば
絶対にそんな機会はないわけで、
時間と共に純白だったドレスも黄ばんできていた事もあり
ある日とうとうゴミ袋にぎゅうぎゅう詰めにして
本当に捨ててしまいました。
あああ、なんて事をしてしまったんだろう・・・
思い出がいっぱい詰まったドレスだったのに・・・
な〜んて後悔したことは一度もなくて、(笑)
もう本当スッキリしたわ〜〜〜はははは〜〜〜
とにかく場所取り以外の何ものでもなかったね。



今日も引き続きチョウチョです。
昨日までのチョウチョの色違いで今回はグリーン系、
こんなふうに生地を用意しました。
また少しずつ作っていこうと思います。
IMG_20220917_130908そのウェディングドレス専門店に夫と行った時に、
「どうして彼も一緒なの?」と驚かれました。
その頃は今よりも英語が喋れなかったし
夫に同行してもらうしかなかったのですが、
花嫁は式当日までドレスは絶対に相手には見せずに
結婚式で初めて美しいドレス姿を見せて、ドヤ!!!
これが伝統的なドレスのお披露目の仕方らしいのです。
でも、英語力のなかった私には無理な話でした。
そのお店には仮縫いなどのため3回ほど行きましたが
その頃式に向けて頑張ってダイエットしていたので(笑)
「皆、式が近づくとどんどん痩せていくのよねえ。
でも、ドレスが合わなくなるからもう痩せないでね。」
と言われて、皆考える事は同じだわあ〜としみじみ。
式当日は特別な日、お姫様になれる日ですものねえ。
と、こんな思い出もあるドレスなのに捨ててしまって
とんでもない事しちまった?
いえいえ小さな事は、気にしない気にしない。
今日も前を向いて元気に行きますよ〜〜〜


今日のリス友は、ラベンダーと一緒にパチリ!
IMG_6800IMG_6801
動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。



結婚当初はちゃんと結婚指輪をしていたのですが 、
毎日炊事をしたりするうちに、指輪をしている部分だけ
赤くなって痒くなったり荒れたりするようになりました。
水を使ったあとしっかりと手を拭いたつもりでも、
指輪の下にどうしても水気が残って、
それが原因で赤く荒れてしまうのでした。
夫も似たような症状があって、結局二人して指輪を外し
気がつけばそのままかなりの年月が経過・・・

最近、週末夫婦で出かけるようになったので
( 「夫婦で外食」すると何かが変わる? )
ずっと使っていなかったアクセサリーを出してみました。
そしたらその存在すら忘れていた結婚指輪が出てきて
「あ、そう言えばここに入れっぱなしだった・・・」
と何気なく左の薬指にはめてみたのですが・・・
えええ、なんだろうこの嫌〜な感じ?
久しぶりに指輪をつけたからなのか、急に指が重く感じて
例えるなら、まるで手枷足枷をはめられたような
奴隷になったような暗い気分になりました。
えええーーーなんで?この指輪呪われてる?(笑)
はあ〜長い年月を経て私の結婚観は確実に変化したし
「結婚指輪」に対する考え方も変わりました。
結婚したての時はそれこそ指輪をはめた薬指を
幸せ気分でうっとり眺めた時だってあったのです。
でも今はその指輪が、奴隷につけられた重い鎖か何か
忌まわしいものに感じてしまうのです。本当極端。
夫も結婚指輪はもう二度とつけないと思います。
この結婚は失敗だった!と結論づけている訳ではなく、
本当二人して結婚観が変わった、そう言うことです。
いやあ、それにしても、今回結婚指輪した時の感じ
なんか本当嫌だったわあ・・・
もう呪いの結婚指輪にしか見えない・・・


「チョウチョ」を作ってみよう!(その5)です。
お着替え編ですが、羽根を外した場合は
これは何虫と呼んだら良いのでしょうか?
IMG_20220917_123051IMG_20220917_123226IMG_20220917_123340IMG_20220917_123421IMG_20220917_124018IMG_20220917_123652以前夫に聞いたことがありますよ、
「今の記憶をそのまま持って行けるとしたら、
来世ではまた誰かと結婚する?」と。
答えは「 NO!」私も「 NO!」です。(笑)
本当結婚制度にこだわらなくてもいいし、
もっともっと自由に家族を作っていっていいと思います。
「結婚」という契約はやはり重いです。
もっと軽やかに生きたっていいですよね?


今日のリス友。
「クルミ最高〜〜〜  」
IMG_6808


動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。



食料品の買い出し頻度って普通どれくらいなのでしょう?
うちでは基本的に買い出しは週に一回です。
毎週決まった曜日に夫と一緒に一週間分をまとめ買い。
歩いていける距離にスーパーがないので
とは言え、車でなら10分もかからない距離ですが、
それでも、ざっと行ってざっと買ってざっと帰ってくる、
毎週これを繰り返しています。 
食料品の買い出しって面倒だし大変じゃないですか?
今の時代宅配を使ってもいいのでしょうが
今はまだ自分の目で確かめて買いたいので、
毎回「面倒だな。」と思いながらも出かけています。
なので買い出し回数は最低限にしたいのです。
で、一週間分の食料となると結構な量になる訳で
(ポテチの大袋なんて買うとさらにがさばる・・・)
レジの人に「週末パーティーでもするの?」
と頻繁に聞かれてしまいます。
その度に、一度にこんなに買う人はパーティーする人?
他の人は普段の食料品はもっと頻繁に買い出しするの?
と疑問が浮かんでくるのです。
実際レジに並んでいる人たちのカートを見れば
明らかに私たちの買っているものより少ない。(笑)
私たちは毎回同じようなものしか買わないので
それぞれにカートを押して手分けして買う方式。
そして会計の時にはカート2つが食料品でいっぱい!
やっぱり、週末パーティーやる人達か・・・



「チョウチョ」を作ってみよう!(その4)です。
コットンを詰めてやっと完成しました。
いつも作っている人形よりも大分小さ目なので
それだけでもなんだか愛らしい印象に仕上がりました。
羽根はスナップボタンでつけたり外したりできます。
明日はお着替え編です。
IMG_20220915_140228IMG_20220915_140259IMG_20220915_140442IMG_20220915_140540私たちが普段行っているスーパーは
「 Trader Joe's (トレーダージョーズ)」と言うお店で、
店舗がこじんまりとしていて、買い物がしやすいのです。
その分、何から何まで揃っている大型スーパーと違って
お店のこだわりで品物が厳選されているのもいい。
値段も良心的だし、どこに引っ越してもずっとここです。
ほんと毎回似たような品物しか買わないので、
夫と分担したらあっという間に買い物は終了です。
お店に入ってから出るまで30分かな?
「あれ新商品じゃない?美味しそう、買ってみる?」
「今週はどんなのが食べたい?」そんな会話は皆無。
お互いのミッションはもう決まっているので(笑)
それぞれの判断で品物をカートに入れて行き
毎回脇目もふらずにミッションをこなしています。
それにしても、週一30分の買い出しなのに・・・
心底面倒臭くてしょうがない私です。
なぜこんなにも嫌なのだろうか?我ながら謎。



今日は鳥友です。いつものステラーズジェイです。
IMG_6768IMG_6769



動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。




昨日、オレゴンに住む唯一の友達が遊びに来てくれて 
久しぶりにゆっくり話をしました。
やはり直接会って話をするのはいいですねえ。
話題は尽きず楽しい時間を過ごしました。
これまでその友達が遊びに来てくれる時は
ケーキ類を作ることが多かったのですが、
今回は久しぶりに「ずんだ団子」を作りましたよ。
本当なら新鮮な枝豆を使いたいところですが、
それはちょっと無理なので冷凍枝豆で代用。
冷凍枝豆はスーパーに行けばどこでも売っていて
「大豆=健康食品」なのでここでも大人気なのです。
今は「ずんだ大福」「ずんだアイスクリーム」
「ずんだどら焼き」「ずんだシェイク」などなど
日本にいたらずんだ尽くしで楽しめますが、
ここでは自分で作るしかないので、
ついでに、あんこ、胡桃あん、ごまあんも作りました。
こんな事でもないと「ずんだ」を作ったりしないので
友達が遊びに来てくれたおかげで、
久しぶりに「ずんだ」を食べることができましたよ。
胡桃やごまに比べるとかなりあっさりしていますが、
私にとっては本当に懐かしい味です。
IMG_20220916_213600




























「チョウチョ」を作ってみよう!(その3)ですが、
少しづつ出来上がって来ました。
羽根が目立つように、本体は小さめにデザインしましたが、
全体のバランスとしてはちょうどいい感じです。
羽根を作るのがなんだかとても楽しかったです。
最後に、本体と羽根にスナップボタンをつけました。
IMG_20220915_131740IMG_20220915_132346IMG_20220915_133318IMG_20220915_134442IMG_20220915_134545


昔ずんだは夏だけに食べられる特別なものでした。
枝豆を茹でて豆を鞘から出し、薄皮を取り除いて
すり鉢ですりつぶして・・・
結構手間がかかる事でも特別感がありましたが、
いつの頃からか母が茹でた枝豆を冷凍するようになって
お正月にずんだが出てきた時には感動しました。


今日のリス友。
ふわふわの後ろ姿・・・IMG_6761



動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。




日本のスターバックス事情はわかりませんが、
近所のスタバはパンデミック前の営業形態に戻りました。
と言うのは、パンデミック前は「マイカップ」持参で
注文したコーヒーを入れてもらうことが出来たのですが、
パンデミックが始まってからは、感染対策の一環で
ずっとそれは出来なくなっていたのです。
でもそれも無くなって、以前通り「マイカップ」可に!
私は普段はほとんどスタバには行かないので
マイカップにコーヒーを入れてもらった事はありませんが
頻繁に行く人ならば、この「マイカップ」システム、
やはり環境に優しいのではないかと思います。
でも店員さんからすると、きっと「マイカップ」は
面倒な注文の部類なのではないかと・・・
注文をプリントしたシールは客のカップには貼れないので
別のもので対応しないといけないし、
他の注文を個人のカップに入れ間違えたら作り直しです。
それでも私たち人間のひと手間が環境保護に役立つなら
面倒でも頑張ってやった方がいいですね。



『「チョウチョ」を作ってみよう!(その2)』
まず生地をこんな風に用意しました。
羽根や触覚用に硬めのフェルトを切ったり、
いつもの人形よりも準備するパーツが多かったです。
今日はここまで。
IMG_20220914_151101しばらく前から読んでいる「人新世の『資本論』」
( 『人新世の「資本論」』を読んでいます。 )
まだ読み終わりませんが、先進国に住む人間たちの
過剰な消費活動や経済成長を求め続ける生き方が
環境や貧困の更なる悪化に結びついていることなど、
詳しく書いてあります。
自分が今までエコだと思ってやって来た事も、
「やらないよりはマシ」程度のことのようです。
じゃあ何をしたらいいの?
「マイカップ」よりももっと大きなアクションは?
答えが見つかるかもしれないので、
とにかく早くこの本、読み終えないと。


今日のリス友。
この子が何度か手からクルミを食べてくれたのですが、
それ以来、私の姿を見ると「クルミは?」の表情で
私の動きを追うようになりました。
まだ警戒心も強く、すぐに近寄っては来ないので、
クルミを餌台に置いてあとはそっとしておいてます。
IMG_6738IMG_6739

動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。



ただただ人形が作りたいからと、
自分の心に正直に、わが心の声にそのまま従って 
毎日のように人形を作り続けてきましたが、
待てよ、もしかして心の声に従いすぎたかも?
と今頃急に冷静になりました。
先日から販売準備を続けていますが、作業途中も
「本当こんなに作ってどうするつもりだったの?」
と自分ツッコミが何度も止まらなくなって、
もう最後までボケ倒そうかとも思いましたが(笑)
流石にそれはまずい・・・
何がまずいかと言って、本当人形をしまう場所がない。
それもあって販売を再開することにしたのですが
販売を始めてすぐに売れるわけでもないし、
このままでは本当まずいよ〜〜〜やばいよ〜〜〜
「人形作りたい病」本当深刻なのです、実は。
暇さえあればミシンの前に座って人形を作ってしまう、
ひどい時は夜もミシンの前に座ってしまう・・・
私の生活は家事以外ではほぼ人形作り中心に回っていて
必要じゃなくてもいつも「JOANN」のサイトを見て
可愛い生地はないかと探しているし、
実際可愛い生地を見つけるとカートに入れてしまって
手元には使いきれないくらいまだ沢山生地があるのに
先日も生地を買ってしまった・・・
来年からは人形作りのペースを落とそうかな?
と思っていたのですが、やるなら早い方が良さそうです。
と言うことで、人形作りは頑張ってゆっくりやります。
本音はどんどん作りたくてしょうがないのですが、
置く所がないのでしょうがないです。(笑)
これは「人形作りたい病」の克服にはなりませんが
小康状態くらいには保てるのではないかと・・・
これからは人形の写真は少なくなりますが、
リス友は毎日登場しますのでよろしくお願いします。


と言いながら、また人形を作ろうと思います。
でも、これからは本当にちょっとずつ・・・
今回は「チョウチョ」の人形です。
春だったら季節的にもぴったりだったのですが、
冬に作るよりはいいと思うので、作ります。(笑)
昆虫の着せ替え人形は珍しいのではないかと・・・
まずはデザイン画と型紙作りから。
IMG_20220912_125707IMG_20220913_172023もしうちに無限の収納スペースがあったら
きっと何も考えずに作り続けていた気がします。
自分が楽しいのだからそれで良い気もしますが
いや、やっぱりダメかな?・・・ダメだね。
「何事もほどほどに・・・」と思っているのに
いまだに暴走傾向が強くて困ってます。



今日のリス友。
空っぽのプランターにドライコーンを入れたら
時間の経過とともにこんな風に変化しました。(笑)
IMG_6756IMG_6777IMG_6781


動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。



次男の学校の宿題で、自分の誕生年を「0年」として
その前後の家族の歴史を簡単に説明しながら
それぞれの出来事を象徴するアイテムも添えて
ビデオにまとめる、と言うのがありました。
西暦はキリストの誕生年を「0年」にしている訳ですが
この年表は「自分」がキリストなわけです。
誕生前をB.M.B.( Before My Birth  )
誕生後をA.M.B.( After My Birth  )で表記して
大体こんな感じで作っていきました。

B.M.B.13・・・両親の結婚(結婚式の写真)
B.M.B.11・・・兄誕生(ビデオに本人登場  )
       ハワイに引っ越し(ウクレレ)
A.M.B.4・・・サンディエゴに引っ越し(レゴ(ランド))
A.M.B.8・・・オレゴンに引っ越し(その年出版された本)

ほんの20数年くらいの短い家族の歴史なのですが、
引っ越しなどのメインの出来事を説明しながら
同時に記念アイテムもビデオに収めて、
2分ほどにまとめて完成〜〜〜の宿題でした。
以前から学校ではノートパソコンを使っているので、
どの子もビデオの撮り方などは慣れたもので本当に上手。
今回の次男の宿題に限らず、長男が小学生の頃から
時々出されるアメリカのユニークな宿題には
ほんと感心させられることが多かったのですが、
私が子供の頃にはもちろんこんな宿題はなかったし、
今回も「面白い宿題を考えるもんだなあ。」
とまたまた感心してしまいました。
単純に問題を解くだけの宿題もあるのですが、
こんな風に自分で考えて構築して行く宿題は
正解がない分自由で楽しくていいなと思います。


今日の人形は「黒ヒツジ」です。
朝夕に吹く風もすっかり秋めいてきて、
こんな風にマフラーを巻いた人形を載せても
全く違和感がない季節になりました。
最後はいつもの「全員集合!」です。
IMG_20220911_124402IMG_20220911_124529IMG_20220911_124703IMG_20220911_124910IMG_20220911_125136IMG_20220911_125255IMG_20220911_130223IMG_20220911_130332長男が5年生の時にも面白い課題が出されました。
学校でもだいぶ時間をかけて完成させたもので
最終的には家族など皆に披露する課題でした。
歴史上の人物や現代の有名人を一人選んで、
その人物について詳しく調べて分かりやすくまとめて、
と、ここまでは学校の授業+宿題で終わらせたのですが、
家族に見に来てもらうその日には、皆しっかり着替えて
かつらを被ったり化粧したりしてその人物になりきって、
見に来た人が、まとめた説明文を読んだりしている間も
その横で「蝋人形」然としてじっと立っている・・・
そんなプロジェクトでした。
長男は「フランク・ロイド・ライト」という
アメリカの有名な建築家を選んだのですが、
そのための服を学校から借りたりうちでも用意したり
親が手伝った部分もありますが、でもほんのちょっと。
先生と子供たちが完成させた「蝋人形館」は
どの子の作品を見ても本当に興味深くて面白く
皆なりきり〜で長いことじっと動かないし(笑)
「面白いことやるなあ〜〜〜」と感心しきりでした。


今日のリス友。
この餌台は前庭にあったスモモの木の一部なのです。
幹が腐って伐採するしかなかったのですが、
今はリス友の休憩所になったりして役に立ってます。
IMG_6743


動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。



2〜3ヶ月前に耳を出したショートにしてスッキリ、
この短さがほんと自分らしい!と心から思っていて
友達に昔「前世は尼さんだったよ。」と言われた事も
改めて思い出して「そうでしょうとも、短髪万歳!」
なんて感じで、もう一生短髪で行く勢いでいたのに
先日ちょっと引き出しの中を整理していたら、
髪が長い時に使っていたバレッタや髪飾りが出てきて
気に入って買ったもので、今見てもやっぱり綺麗・・・
「また使いたい・・・髪伸ばそうかな・・・」
と思い切り心が揺れ始めました。
本当つい最近までショート最高!って言ってた人が、
やっぱりロン毛(死語?)もいいよね?って・・・
揺れる〜〜〜乙女心〜よくあるでしょう?
と、竹内まりあも昔歌ってたからね。
もちろん短髪か長髪かで揺れていたわけではなく
二人のボーイズの間で揺れていた歌ですが。


今日の人形もヒツジです。
花冠がよく似合っています。
IMG_20220911_121623IMG_20220911_121732IMG_20220911_121759IMG_20220911_121854IMG_20220911_122909IMG_20220911_122948髪の毛を伸ばすといっても、
肩ぐらいになったら絶対に嫌になってきそうです。
かと言って一つに結べば白髪が目立ってしまうし、
何にせよロングはハードル高いなあ・・・
もう髪は伸ばさないことにして、
バレッタなどは処分すればいいのかな?
でも気に入っていただけにこれが難しいのですよ。
本当揺れるおばさん心です。(勝手に揺れてろ?笑)



今日のリス友は・・・
ひまわりの種をめぐってこんな醜い争いに発展。(笑)
仲良く食べなさいよと言ったところで聞くわけもなく。
IMG_6729IMG_6731IMG_6732


動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。


↑このページのトップヘ