人魚がドレスに着替えたら

美しい自然がいっぱいの、アメリカ・オレゴン州に住んでいます。 手芸が大好きで、今はせっせと着せ替え人形を作る日々です。 出来上がった人形の紹介や日々の出来事、庭に遊びにくるリス友の様子など、いろんなことを綴っています。


今回の人形は「スイカ」柄です。
デザインはシンプルですが可愛らしい生地です。
スカートの裾にストライプの別布をつけて
変化をつけました。
IMG_2047_NEW
ショルダーバッグを含めてアイテムは4点。
IMG_2048_NEW
スカートの切り替えが効いています。
IMG_2050_NEW
チュチュをはいて。
IMG_2052_NEW
オーバーオールもよく似合っています。

デニムは、替えのアイテムを作る時には欠かせません。                     
人形に使うデニム生地で一番大事なのは薄いこと。
厚い生地は小さなアイテムを作るのには向きません。                      
                   

LINEで更新のお知らせが届きます。


今回のフレッシュフルーツは「オレンジ」です。
統一感が出るように、替えのアイテムや小物には
どこかにキーカラーを使うようにしています。
今回の人形ならば、
サロペットスカートのスナップボタンだったり、
ショルダーバッグにつけたハートがそうです。
IMG_2033_NEW
ショルダーバッグも含めてアイテムは4点。
IMG_2035_NEW
共布のスカートとショルダーバッグで。
IMG_2036_NEW
チュチュの色がちょっと強すぎた?
IMG_2044_NEW
サロペットスカートも着脱が簡単です。


コットン生地の柄は花柄が多いと思いますが、
こんなフルーツ柄も楽しくて大好きです。
特にこれぐらいの大きさの柄は使いやすく
重宝します。
 

LINEで更新のお知らせが届きます。
                 


コットン生地はデザインが豊富で、
選ぶのが楽しい生地です。
生地屋さんに行けば2、3時間の滞在は当たり前で、
ついつい長居をしてしまいます。

今回紹介するのは、
フルーツ柄が楽しい着せ替え人形です。
ピーチのピンクが優しくて
とても可愛い生地が見つかりました。
IMG_2023_NEW
ショルダーバッグも含めてアイテムはこの4点。
IMG_2024_NEW
共布のスカートとショルダーバッグで。
襟元とスカートの裾にジグザグのテープをつけました。
IMG_2028_NEW
チュチュ がよく似合ってます。
IMG_2030_NEW
サロペットスカートもいい感じ。


可愛い生地を見ていると、
創作意欲がかき立てられます。                      
生地屋さんは私のパワースポットです。(笑)


LINEで更新のお知らせが届きます。


前回紹介した妖精の人形の色違いです。
三つ編みにした髪を縫い込んで、
ちょっとだけ凝った髪型にしました。
P1100333_NEW
アイテムはこの5点。
P1100334_NEW
花冠、共布のスカート、羽根をつけて。
P1100335_NEW
後はこんな感じです。
P1100336_NEW
クリーム色のチュチュ で。
P1100337_NEW
多色のチュチュ で。

「多色チュチュ」は単色のチュチュ に比べると
作るのに時間がかかります。
それぞれのチュールを細長く切って
輪にしたゴムに一つづつけていくやり方で
作っているからです。
でもこんな楽しいチュチュ があると、
着せ替えするのも楽しくなりますし、
何より人形が華やかになって嬉しそうです。


LINEで更新のお知らせが届きます。


チュチュを作るときのチュール生地は、
切りっぱなしでもほつれることがなく
優しい色合いや透け感も、デザインを考える時の
刺激になってくれます。
チュールを使うのはほぼチュチュを作る時ですが、
時々髪飾りにしてみたり、
プリンセスのドレスに加えてみたりもします。

今回紹介するのは、
チュールをたくさん使った妖精の着せ替え人形です。
羽根の部分はスナップボタンで取り外しができ、
色々な飾りやリボンを付けて華やかにしました。
P1100338_NEW
アイテムはこの5点です。
P1100339_NEW
花冠をかぶり、スカートと羽根をつけて。
P1100340_NEW
羽根はこんな風になっています。
スナップボタンで取り外しができます。
P1100341_NEW
羽根と同じ色のチュチュ で。
P1100342_NEW
こんなチュチュも可愛いです。

この人形で一番大変だったのは羽根の部分です。                          
スナップボタンをつける部分が小さく
作業がしづらかったのですが、
それでも結構可愛い妖精ができたと思います。


LINEで更新のお知らせが届きます。


私は幼い頃、いつもより長めのスカートや
ふわっと広がるスカートを履くと、
一気にお姫様気分になってウキウキしたものです。
生地は大抵コットン、柄もチェックだったり
単純に無地だったりしましたが、
その一枚のスカートが一瞬で私を
イケメンプリンスとの恋物語の世界に
連れて行ってくれたのですから、
妄想力って本当にすごいです。(笑)

私の子供の頃には
パープルは大人の色という感じがあって、
子供服ではあまり見かけない色だったと思います。
でも今はパープルが好きという子が多いようです。
実際、子供服にはパープルの服がいっぱいあって、
そしてとってもおしゃれです。
今回のプリンセスもパープルのドレスを着ています。
生地には模様が織り込んであり華やかさがあります。
P1100323_NEW
冠も含めてアイテムは5点です。
P1100324_NEW
スカートが短すぎたみたいです。(笑)
P1100325_NEW
花冠をつけて可愛らしく。
P1100326_NEW
ビーズをつけて華やかなチュチュ に。
P1100327_NEW
シンプルなチュチュもまた可愛い感じです。

プリンセスの人形は華やかさを出すために、
コットンではなくサテンなどの化繊生地を
使うことが多いです。
光沢や生地に織り込んであるデザインなど
生地選びは大事です。
でもコットン生地に比べると選択肢は少なくて、
コットン生地を選ぶときよりも
テンションは低めになってしまいます。(笑)


LINEで更新のお知らせが届きます。


シンデレラや白雪姫のように、
誰もが知っているプリンセスももちろんいいですが、
私自身が今子供だったならきっと喜びそうな、
世界に一つだけのプリンセスを色々作ってみました。
子供の頃、着せ替え人形は持っていませんでしたが、
プリンセスの出てくる物語を読むたびに、
イケメン王子様との恋物語を妄想していました。
なので、実際にこんな人形を持っていたなら、
きっと時間を忘れて夢中で人形遊びをしていただろう
と思います。

花冠のような小物は、それだけで雰囲気が変わるので
私の好きなアイテムです。
P1100328_NEW
光沢のあるサテン生地を使いました。
P1100330_NEW
花冠がよく似合っています。
P1100332_NEW
いつものチュチュ を長めに作り、ちょっと優雅な感じに。
P1100331_NEW
ビーズやリボンを使って華やかなチュチュ にしました。

チュチュも私の好きな替えアイテムで、
どの色を使っても
仕上がりがふわっと優しくできるので
いろんな色のチュチュ を揃えています。


LINEで更新のお知らせが届きます。
                


プリンセス、プリンスの登場する物語のほとんどは
プリンセスが主役で、プリンスが超イケメンでも
大体は脇役のような気がします。
そんな引き立て役のプリンスですが、
人形であってもやはりイケメンに仕上げたいと思い、
デザインを考えるのに少し時間がかかりました。
凝ったデザインにしてしまうと
作るのが大変になってしまうので、
できるだけシンプルなデザインを考えました。

この王子は、ロイヤルブルーがよく似合っていて
かなりカッコ良く出来たかなと思います。
マントの裏の色を変えてコントラストをつけました。
P1100285_NEW
冠も含めてアイテムは5点です。
P1100286_NEW
マントの裏地とウエスト部分の色が気に入っています。
P1100288_NEW
ベレーの方がイケメン度が上がる?
P1100289_NEW
この装いが一番かっこいい気がします。
P1100290_NEW
ベレーを冠に替えて。

前回のプリンスのスカート?
よりも長めのスカートにしました。
金のテープをいろんなところのつけたのも、
いいアクセントになっていると思います。


LINEで更新のお知らせが届きます。


プリンセスの人形をつくった後、
プリンスも何点か作ってみました。
でもデザインはやはりプリンセスの方が
簡単にイメージしやすく実際に作るのも簡単でした。
価値観が大きく変わって来ていると感じる今日この頃
「白馬に乗った王子様」を夢見る子が
どれだけいるのかわかりませんが、幼い頃の私は、
「きっと私のところにもかっこいい王子様が現れて、
キスしてくれて、そしてずっと幸せに暮らすんだ〜」
なんて思ってました。(大爆笑)

王子様の替えのアイテムは、
他の人形にはないアイテムが多く、
デザインにも型紙作りにも
そして作るのにも時間がかかりました。
でもその分、かなりのイケメン王子に
仕上がったと思うのですが、どうでしょうか?  
P1100279_NEW
冠も含めてアイテムはこの5点です。
P1100280_NEW
かっこいいと言うより可愛い王子様。
P1100281_NEW
ベレーとマントをつけたら一気にイケメン王子に。
P1100282_NEW
レースと金のテープを縫い付けて華やかに。
P1100284_NEW
このスカート?をつけるとさらにカッコ良くなります。

王子様の着せ替え人形は、
ちょっと珍しいかもしれません。
次回もまた王子様を紹介したいと思っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。


プリンセスのドレスといえば、
シンデレラなら薄い青のドレスにロンググローブ、
白雪姫ならしまのパフスリーブのドレスに
頭に真っ赤なリボンと言うように、
すでに決まったイメージがあると思います。
私も物語の中のプリンセスの人形を作るときは、
それに倣ってデザインを考えています。
私の人形は基本的にとてもシンプルなので
実際には細かい装飾は省いていきますが、
今回紹介する白雪姫の着せ替え人形は色が大切で、
鮮やかな色で白雪姫らしさを出しました。
このブログの背景画像として使っているのが
その白雪姫です。

パステルカラーの優しい色合いも大好きですが、
この白雪姫のように全てがビビッドカラーなのは、
作っていてもワクワクして来ます。
P1100030_NEW
替えのスカートにマントや花冠など
アイテムがいっぱいです。
P1100032_NEW
「The 白雪姫」と言う感じでしょうか?
P1100033_NEW
マントを留めるボタンはハート型で可愛く。
P1100039_NEW
ブルーのドレスもよく似合っています。
P1100035_NEW
ピンクのチュチュ と花冠。

替えのアイテムがたくさんあって、
色々楽しめる着せ替え人形が出来たと思います。       
リボンや花冠など替えアイテムとしては
脇役のようなアイテムも、
一つあるだけで人形の表情が明るくなるので、
私の好きなアイテムの一つです。


LINEで更新のお知らせが届きます。                                

↑このページのトップヘ