毎日人形作りに励んでいますが、
洋裁などを専門に習ったことはなく
家庭科の時間に習った裁縫の基礎があるくらい。
結局クラフト好きが高じたのが今の私です。
なので、ネットでいろんな作家さんの作品を見ては
完成度の高さにため息の出ることも多いのです。
特にテイラーを本業としている人が作る人形など
妥協がない分本当に美しい!
自分の人形作りに生かしたくて他の人が作る作品を
眺めることが多いのですが、
中には画像だけでは疑問点が解決せず、
実際に作品を購入して確かめることもあります。
そうして手にした作品をじっくり眺めると
知りたかったこと以外の情報の方が多く、
作者の思いや心意気が強く感じられてかなり感動。
返し縫いひとつとっても、私のと違う・・・(笑)
リボンの端ひとつひとつをほつれ止めしてあったり、
これは私も必ずやることなので、強く納得。(笑)
コットンの詰め方や端ミシンのかけかたなどなど。
心惹かれる作品は実物を見て確かめる、
これからも時々やっていこうと思います。


今回の人形は「ネズミ」です。
小さく作ったチーズも大事なアイテムの一つになっています。
P1090527_NEW




















スカーフ巻いてパンツを履いて基本スタイル。
P1090528_NEW




















メガネをかけると雰囲気が変わって楽しいです。
P1090531_NEW




















オーバーオール に着替えて。
P1090536_NEW

















私の場合普段の生活で「作り手の思いや心意気」が
現れるのは食事作りかなと思います。
毎日の夕ご飯は、私を料理長として
アシスタント三人で作っている我が家ですが、
時々盛り付けをアシスタントに頼むことも。
で、その盛り付けがかなりざっくりとした盛り付けで、
的確な指示をしなかった料理長の痛恨のミスですが、
「いや、もうちょっとやりようがなかったのか?」
「頼むんじゃなかった。」という言葉を飲み込んで、
こっそり盛り付けを直す料理長なのです。
これ、作り手の思いが台無しになる瞬間。
せっかく作った料理、見栄えよく盛り付けたいと
私は強く思うのですが、アシスタント三人は
料理長に口答えが多く(泣)
「盛り付けが・・・」なんて言おうものなら
「こんなに綺麗に盛り付けてるのに?」とか
「誰もそんなの気にしないって。」とか
「これで十分十分! 問題なし!」とか・・・
もっとマシなアシスタントが欲しい。


リス友には、流石に料理長の気持ちは
わからないと思いますが(笑)
彼らを歓迎している気持ちは伝わっているはず。
息子の手からクルミを食べるリス友です。
IMG_20210530_114045

























動画、いくつか作りました。


LINE で更新のお知らせが届きます。