道尾秀介著「カラスの親指」を読みました。
IMG_20230421_202541これは、「タケさん」「テツさん」の二人の詐欺師が、
ひょんなことから同居する事になってしまった
「やひろ・まひろ姉妹」「貫太郎」と手を組んで、
命懸けのペテンで、それぞれの残酷な過去への
復讐を図ろうとするミステリーです。

この物語は、ペテンと優しい嘘が幾重にも重なっていて
「もしかしてこの人が、ほんとうの・・・?」
などと推測しながら読んではいたのですが、
最後の最後にどれががペテンでどれが本当だったのか
やっとわかって「えええ、そうだったのか!?」と。
二人の詐欺師が憎めない人物として描かれていて、
後悔してもしきれない過去を抱えた二人が
ヤクザを相手に一世一代のペテンを仕掛ける場面では
もうハラハラし過ぎて眩暈がして来ました。
まひろや貫太郎も加わっての大芝居の途中、
ヤクザの面々が疑念の鋭い視線を投げるたびに
背筋の凍るような心地がして心臓に悪かった!
この大芝居はタケさんにとってもテツさんにとっても
復讐であり大きな罪の償いでもある命懸けのもので
その場面はドキドキで読みました。
笑いあり涙ありのミステリーでおすすめです。


「ボー・ピープ」人形、出来ました。
ボンネットの帽子にパステルカラーのドレスなど
ピンクと水色の組み合わせも優しくて
可愛らしい人形になりました。
IMG_20230324_171027IMG_20230324_171155IMG_20230324_171251IMG_20230324_171456ミステリー小説は普段ほとんど読まないのですが
たまに読むと面白いですね。
深読みが出来ないないので、書かれてあるままに
「次はこの人を騙すのか。」と読んでいたのですが、
最後に「自分」が騙されていた事に気づく瞬間は
話の構成のうまさに「最初から騙されてたのか!?」
と爽快感すら感じました。


今日のリス友は、久しぶりのチビリスです。
「クルミも美味いな・・・」
IMG_8631

動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。