人魚がドレスに着替えたら

美しい自然がいっぱいの、アメリカ・オレゴン州に住んでいます。 手芸が大好きで、今はせっせと着せ替え人形を作る日々です。 出来上がった人形の紹介や日々の出来事、庭に遊びにくるリス友の様子など、いろんなことを綴っています。

2022年10月


裏庭には今大きな針葉樹があるのですが、
お隣さんとの境ギリギリにある大木で
枝の半分はしっかりお隣さんの庭に覆い被さっていて
今の所お隣さんからは何も言われてはいないものの
近いうちに枝を落とさなければと思っていました。
それにうちの庭にも年中日陰を作っていて
枝や葉っぱも結構落ちてきて厄介だったので
先日20本ほど枝を切ってもらいました。
Before & After ・・・
IMG_20221019_120024IMG_20221019_161819切り落とした跡がくっきりと目立って
しかも見慣れないせいもあってちょっと変ですが
でも庭が一気に明るくなりました。
この木の影になってあまり育っていなかった植物も
来年からは順調に育ちそうです。
ついでにメープルの木の枝も切ってもらったのですが
針葉樹のように一気に枝を落としてしまうと
木に負担がかかってダメになってしまうらしいので、
今回は2箇所だけ切ってもらいました。
3人の若者が作業をしてくれたのですが
「切ったメープルの太い枝はとっておきますか?」
とその中の一人の若者が聞きに来てくれました。
やたら綺麗な目をした青年で、
勝手に一人心洗われる気分になりながら(笑)
あいにくうちの暖炉はガス式で薪は必要ないので
断りましたが、本当は焚き火に使ってもいいのです。
が、うちには薪割りのできる人間もいなければ
斧もないので諦めました。残念・・・


パープルのユニコーンのお着替え編です。
羽根を外してオーバーオールを着て眼鏡をかけたら
かわいい「馬」になりました。
IMG_20221020_134333IMG_20221020_134529IMG_20221020_140038IMG_20221020_140313針葉樹は樹脂が多いので焚き付けには良くても
薪としては良くないらしいですね。
実際切った小枝に触っても樹脂ですぐに手がベタついて
その樹脂のせいで燃やすと高温になりやすく
ストーブや暖炉をいためることもあるとか・・・
うちでは外で焚き火をするだけなので良いのですが・・・


今日のリス友。
とうとう鳥の餌入れのポールが壊れてしまい
新しく頑丈なポールを買いました。
以前のより30センチ程高くなったので
簡単には登れないだろうと思っていたら大間違い。
簡単に登ってこの通りです。
IMG_7099IMG_7100

動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。



次男が学校から帰って来るとすぐに
「『レンジでチンするポップコーン 』を買って!」と。
何でも、いつも一緒にランチを食べている友達二人が
「レンチンポップコーン」を持ってきて
ランチにチン!して皆で食べたのだそうで、
自分もやりたいからと・・・
学校のカフェテリアには電子レンジが用意してあって、
うちから持って来たランチを温めたり
自由に使っていいので何の問題もないのですが、
さすがは「自由の国アメリカ」!!!
ランチに何を食べようがほんと自由〜〜〜
お互いに持って来たスナック菓子を分けあったり
毎回ワイワイ好き勝手にしているようです。
カフェテリアで用意されるスクールランチ自体が
どうもかなり残念なランチらしくて(笑)
ホームランチにしてもサンドイッチが主流だし?
何が何でも健康的なランチを、と言う訳ではなく
(健康的なランチに越したことはないですが。 )
とりあえずお腹が膨れればよし!みたいな感じなので
毎日ランチを作る側としても気楽でいいです。
ランチの時間もそんなに長くないので
とにかくさっと簡単に食べられることが重要・・・
「腹膨れればOKランチ」バンザイ!(笑)

早速「レンチンポップコーン」買って来ました。
IMG_20221013_133608



























パープルのユニコーン、完成しました。
最初のユニコーンで角の付け方は試行錯誤したので
今回は迷いなくサクサクと縫い進められました。
明日はお着替え編です。
IMG_20221019_121339IMG_20221019_121359IMG_20221019_121449IMG_20221019_121541「中身をフライパンに入れて蓋なしで作ってみよう!」
次男がまたまたとんでもないことを言い出して、
まあ、外でやるなら一度やってみたい所ですが(笑)
うちの中でやるのにはあまりにも危険なので
即却下いたしました。


今日はチビリスです。
一生懸命毛づくろい中!
IMG_7047IMG_7048IMG_7049


動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。



台所のカウンターで生地の裁断をしていたら 
ドアベルが鳴ったので出てみたらご近所さんでした。
春にトマトの苗を持って来てくれたご近所さんで
今回は庭で採れたイチジクを持って来てくれました。
IMG_20221017_114726子供の頃実家の裏庭にもイチジクの木があって
毎年熟したのをいくつか食べてはいたのですが、
あのイチジク特有の薄ぼんやりした味が
嫌いとは言わないまでも好き!という感じでもなく
果物の中では正直最下位の位置づけでした。
でも、今回頂いたこのイチジクはとっても美味しい!
実家にあったイチジクとは明らかに種類も違うのですが
(実家にあったのは皮が紫で中がピンク色でした。)
触るとマシュマロみたいにふわふわと柔らかく
中はねっとりとした食感で優しい甘味があって
一気に3個も食べてしまいました。
こんなふわふわで美味しいイチジクは初めてで
ちょっとびっくり・・・
今回イチジクを届けてくれたご近所さんは
園芸が本当に上手なのです。
一度彼女に庭を見せてもらった事があるのですが、
彼女の人柄がそのままお庭に表れている感じで
彼女に案内されて足を踏み入れた瞬間に
私の頭の中には「静謐」と言う文字が浮かびました。
手入れが行き届いていて静かで品があって・・・
今の家には30年近く住んでいるらしくて、
やっぱりこう言うお庭は時間がかかるんだなあ・・・
わかってはいても、早く完成形に近づけたくて
前庭にも裏庭にもあれこれ植えすぎてしまう私には
まずは「忍耐」が必要のようです。
忍耐すれば将来はこんな果物もたくさん収穫できて
ご近所さんに配ることだってできるはず・・・
忍忍忍〜〜〜〜〜〜 


パープルのユニコーン、ここまで出来ました。
最初のユニコーンは鼻の穴が離れて大きすぎだったので
今回はこんな風にしました。良くなったでしょうか?
IMG_20221018_140448IMG_20221018_145536IMG_20221018_153825IMG_20221018_153857そのご近所さんに会った時に感想が言えるように
「ひとつ食べてみたら?」と夫にも勧めました。
夫は本当は食べたくはないのですが渋々食べて、
「え?何これ?全然甘くないけど?」と・・・
多分イチジクなんて生では食べたことがないのです。
夫や子供たちが知っているイチジクはドライフルーツで
しかもクッキーやクラッカーに入っているもの。
このクッキーたちはイチジクのプチプチ感が良くて
私は特に硬いクラッカーが好きなのですが、
やっぱり生とドライでは別物・・・
「欲しかったらイチジクの木もあげるわよ?」
とそのご近所さんが親切に言ってくれたのですが
植えても誰も食べそうもないですね・・・


今日はウサ友です。
特になんの芸もしませんが(笑)
その存在自体が可愛いのでいいです。
IMG_6799IMG_6702


動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。




今のうちに引っ越してから、コンポスターを買って
野菜の皮などの生ごみとピートモスを混ぜて
せっせと栄養たっぷりの土作りをしています。
1日に出る野菜や果物の皮は大した量でもないので
数日分容器に入れて溜まったらコンポスターへ・・・
で先日その容器を開けたら「枝豆の殻」が入っていて
でも、この枝豆の殻は硬くてなかなか土に還らないので
普通のゴミとして捨てることにしているもの。
特に毎日夕食後の片付けをする夫と長男には
以前から土に還りにくいものを伝えてあるので
たまたま間違えて入れてしまったのかな?と・・・
でも、何となく夫が故意にやってる気がしたので(笑)
「枝豆の殻、容器に入れなかった?
これ硬すぎてなかなか土にならないからダメだよ。」
と、ほんと頼むよ?の体で強めに言ったらば、
納得いかないような顔して奥に引っ込み・・・
「調べたら枝豆の殻ってコンポストに最高らしいよ!」
とまるで鬼の首取ったみたいな顔して戻って来ました。
早速調べたのかよ・・・
「塩を洗い流して小さく切って捨てるといいらしい。」
はあ?そんな面倒くさいこと一体誰がやるのよ?
それに小さく切ればなんだって土に還りやすくなるし
それが大変だからコンポストにしてないのに・・・
「じゃあ、今度から枝豆の殻は任せたから、よろしく!」
とこの仕事は夫に丸投げしました。めでたし、めでたし。
頑固と言ったらいいのか、言っても聞かないので
好きなようにやってもらいますよ、全部自分でね。


今回はパープルのユニコーンを作ってみようと思います。
またまたのんびり作っていきます。
まずは生地の準備から・・・
このユニコーンの人形はパーツが多いために
この準備段階が一番大変な気がします。
IMG_20221017_150306大体にして、夫は一度も生ごみを捨てた事もなければ
コンポスターにピートモスを入れてぐるぐる回して
何ヶ月もかけて土を作ったこともないのです。(笑)
それなのに、エコだ!「枝豆の殻」もいける!
って・・・はああ・・・
枝豆は私が時々夕飯の時に出したりするので
これから夫は本当にその殻を洗って細かく切って
コンポストにするつもりなのかなあ?
絶対途中で嫌になって来ると思うんだけど・・・
まあ頑張ってくれたまえ。(笑)

枝豆、これから頻繁に食卓に出そうかな?
うけけけけ・・・・


今日はネズ友。
ネズミなんて見たくないわよ?(笑)
でも見慣れると案外可愛いやつなんです。
リス友と仲良くひまわりの種を食べていて
やっぱりちょっと可愛いです。
それにネズ友、ほんと小さくて・・・
IMG_6930IMG_6935IMG_6936IMG_6939


動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。



一昨日次男とその友達とパンプキン畑に行ったのですが
今度は夜に別の「Pumpkin patch」に行きました。 
そこでは夕方からはなんと「肝試し」をやっているらしく
次男が「面白そうだから行ってみよう!」と言うので
私自身は内容もよく分からないまま、
早めに夕ご飯を済ませて家族で出かけました。
もうすっかり暗くなった農場には結構車が止まっていて
皆この「肝試し」のために来ている人たち・・・
入場券を買って灯りのついた道をどんどん歩いて行くと
「入り口」があって、係の人から簡単な説明を受け
「肝試し」スタート!
私は巨大テントの中のお化け屋敷を想像していたのですが
実際はまさかの真っ暗闇の森の中を歩く肝試し・・・
スマホの明かりを頼りに森の中を進むと、
あちこちにおどろおどろしい飾りつけがしてあったり
途中仮装した人が物陰から「わっ!」と出てきたり、
うおおおおお〜〜〜大自然の中の肝試し、マジ怖い!
隠れている人が枯れ葉を踏んだ時のカサッという音も怖くて
長男の腕につかまりつつ、ギャーギャー叫びまくりでした。
途中から、先を行く人たちの叫び声が聞こえてきて(笑)
ちょっと心の準備ができた部分はあるのですが、
それでもやっぱり怖かった・・・
15分くらい歩いたような気がするのですが、
なんだかすごく長く感じました。
でも怖がっていたのは私だけ・・・
他の皆はヘラヘラ笑っていました。
・・・強がりだな、きっと。

(これらの写真は農場内の様子です。)
IMG_20221014_194417IMG_20221014_194332IMG_20221014_193713IMG_20221014_194012そこの農場ではいろいろな動物を飼っていて
帰りはラクダ、やぎ、ロバ君、ラマ、豚、羊などなど
可愛い動物を沢山見ることができました。
昼間に来てもっとちゃんと見たかったなあ。

一昨日の「とうもろこし畑の巨大迷路」も
今回の「森の中の肝試し」も初めての体験で
何はともあれ楽しかったです。(笑)
本当いろんなことを考えるもんだなあ・・・


今日も人形の紹介はないのですが、
次男のハロウィーンの仮装の準備で
久しぶりに一緒に工作をしました。
今年は「騎士」になるらしく矛と盾が必要なのですが
お店で買ったら40ドル50ドルとするので
段ボールで作ることにしていたのです。
( ハロウィーンでボロ儲け )
アルミホイル、画鋲、ガムテープなどなど
うちにあるものでなんとか間に合わせましたが、
なかなかうまくできたと思います。
IMG_20221015_092855




今日のリス友。
背中が語っています・・・何を?(笑)
IMG_7018


動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。



昨日、次男とその友達二人を連れてパンプキン畑に
行って来ました。
今の時期、大きな農場ではパンプキン畑を開放して
大小様々なパンプキンを売り出します。
農場で飼っている動物たちを見られるようにしたり、
ちょっとしたアトラクションやフードコーナー、
野菜や花、クラフト商品を揃えたショップなどがある
「Pumpkin patch」と呼ばれる場所があちこちに
見られるようになって、秋の風物詩と言った感じです。
この辺りは10分程でいろんな農場に行けるので
今回は「Corn maze(トウモロコシ畑の迷路)」
のある所を選びました。
農場に着いて迷路の入場料を払った時にレジの人から、
「ここの迷路は半分の人しか出口にたどり着けないよ?」
という残酷な話を聞かされて「はい?」と思ったのですが
まあ、気持ちよく晴れた日だったし
子供たちと意気揚々と迷路を歩き始めました。
IMG_20221015_123326IMG_20221015_115221ぎゃあああーーーーーー難しすぎる!!!
同じところをぐるぐる回ってる感覚はあっても
背の高いとうもろこしで視界は遮られ俯瞰は不可能、
まあ俯瞰ができたら迷路とは呼ばないでしょうが、
もうあてどなく歩くしかなく・・・
40分後・・・次男の友達が疲れ果てて脱落。
脱落した人はとうもろこしの間を直線に抜けて行けば
簡単にトウモロコシ畑の「外」に出られるので、
別に心配はいらないのですが・・・
次男と別の友達はしばらく挑戦を続けたのですが
10分くらいしたらやっぱり脱落して戻って来ました。
多分私達はこの迷路の半分も行けてなかったと思います。
勘のいい人、運のいい人?方向感覚が優れている人なら
最後まで行けるかもしれませんが、いやあ難しかった。

気温も25度以上に上がって暑い日だったので
迷路から出た後アイスクリームを食べて一休み。
その後好きなパンプキンを買って帰って来ました。
ダリア、コスモス、ひまわりが沢山咲いていて
本当秋らしい一日になりました。
IMG_20221015_114352IMG_20221015_125329IMG_20221015_125830パンプキン畑には一輪車が置いてあって
それに好きなだけパンプキンを積んで最後にお会計。
値段も良心的でよかったです。


今日のリス友。
表情が幼く見えてとっても可愛い子です。
IMG_7137IMG_7138


(今日は人形の紹介はありません。)

動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。



仲が悪いわけでもないのに両親とも妹弟とも
かなりドライな関係を保っているのですが、
今は両親も高齢になったので月に一回電話をしています。
「回数少なすぎない?」と言われそうなのですが、
1ヶ月ってあっという間じゃないですか?(笑)
それに、うちにいて野菜作りをするくらいの両親に
そんなに変わった事が起こるはずもないので、
今の所この頻度がちょうどいい感じなのです。
でも春先にご近所さんからトマトの苗をもらって以来、
母はうちのトマトの生育が気になって仕方がないらしく
電話をするたびに「トマト談義」になっていました。(笑)
何なら私たち家族の事よりも気になってる感じで、
実が大きくなってきたらこんな支柱が必要だとか
自分は6段目まで実をつけさせてうまく行っているとか
1日に2個づつ採ってじいと二人で食べているとか
雨に当たるとダメになるからハウスに植えてるとか、
ずっとトマトの話・・・(笑)
私が今育てている唯一の野菜がトマトなので
それでトマト談義になるのか・・・?
毎回熱く語られるので一応真面目に聴いてますが、
私自身はそこまで気合を入れて育てていないので
毎回母との温度差を感じて来ました。
でも流石に10月も半ばで気温も下がってきたし
トマトの季節もそろそろ終了・・・
今はまだ青いトマトが20個ほどなっていますが
(母の畑には70個ほどなっているらしいです。笑)
来週末からは連日雨になりそうな予報なので
全部は収穫できないで終わりそうです。
流石に次の電話でトマト談義も終わりかなあ?(笑)


今回は「ユニコーン」のお着替え編です。
雰囲気的にはやはりチュチュが似合いますが、
羽根を外せばまたちょっと違う感じになるので
いろいろ楽しめます。
IMG_20221013_111828IMG_20221013_111102IMG_20221013_111943IMG_20221013_112010IMG_20221013_112152IMG_20221013_112256来年の春には家庭菜園を始める予定なのですが、
すでに母から「おすすめ野菜はこれだ!」が。(笑)
今度はどんな野菜談義が始まるのか、
今からとても楽しみです。


今日のリス友。
お隣さんのリンゴの木をバックに・・・
IMG_7007

動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。




最近リンゴ!リンゴ!とリンゴの話ばかりしていますが
今日もまたリンゴの話です。
玄関の扉を開けて空気の入れ替えをと思ってふと見たら
玄関先のハロウィーンの飾りの隣にリンゴが・・・
IMG_20221011_103933IMG_20221011_104053たまたま転がってそこに収まったにしては
かなりいい位置に置いてあって、
「こ、これは、リス友の恩返し!?」
毎日リス友にはクルミ、ドライコーン、ひまわりの種と
ちょっとあげすぎじゃね?ってくらいあげていたので
これはリス友からのサプライズじゃない?
でも、手に取ってみたら、見ての通り土まみれ・・・
すでにちょっと齧ってあるし・・・?
絶対恩返しじゃないね?(爆笑)
でも、小さな偶然に朝から勝手に癒されてしまいました。
この青リンゴ、お隣さんのだと思われますが 
そのリンゴの木から玄関先まで100m程はあって
小さなリンゴとは言え「よくぞここまで運んだもんだ!」
と感心してしまいました。

写真を見ていたら、レンガの一部が斜めってるね?
外に出て確かめたら、レンガが一枚剥がれいて
接着剤でくっつくかな?セメントでくっつけないとダメ?


「ユニコーン」角とたてがみをつけました。
最初は、チュールを束ねたものを先に縫い付けて
その後に角を縫い付ける予定だったのですが、
角を縫い付けた後がどうしても汚くなってしまい
そこを隠すためにもチュールは後付けにしました。
この部分は「きっと面倒だろうなあ・・・」と
覚悟していたところなので(笑)
何はともあれ綺麗に仕上がってよかったです。
IMG_20221013_105517IMG_20221012_153837IMG_20221013_105809IMG_20221013_111159玄関先に小さなリンゴを見つけて以来、
「今日こそ本当の『恩返しの品』が届いているかも?」
と玄関先を確認してしまう私はアホかしら?
「日本昔ばなし」の世界から離れられないおばさん・・・


今日のリス友は、いつものこのお方・・・
「クルミくれ」アピールは毎回すごいのですが、
この方は基本的におっとりさんなのです。
私がクルミを持ってドアから手を出して待っているのに
しばしぼーっとしていたりして、
そのうちに別のリス友がダッ!とやってきて
ダッとクルミを横取りしていくこともあり、
そんな時は「え?今のは何ですか?」って顔して(笑)
慌ててやって来ると言った調子・・・
もしかしておっとりなんじゃなくご年配の方?(笑)
IMG_20220930_124741IMG_20221006_155014



動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。


リンゴの美味しい季節になりましたね 。
うちでは一年中リンゴを食べているのですが、
夏の時期は味がいまひとつな感じになって来て
毎回「これならきっと美味しいんじゃないか!?」
と色々な種類に手を出してしまっていました。
が、9月下旬にはついにリンゴの旬になったようで、
リンゴが一気に美味しくなって皆で喜んでおります。
お隣さんのグラニースミス(青リンゴ)も食べ頃のようで
リス友たちがせっせと泥棒しています。
先日もリス友が塀の上でリンゴを食べていたので
静かに庭に出てこんな写真を撮ったのですが、
青リンゴを見ていたらまたまた突然記憶が蘇り・・・
IMG_70694年前、まだサンディエゴに住んでいた頃、
パスポートの更新のためロサンゼルスに行ったのですが、
帰りの電車で向かい側に座った爽やかな青年に
青リンゴをもらったことがありました。
笑顔で「どうぞ」という感じで黙って手渡してくれて
お礼だけ言って後はしばらく手に持っていたのですが、
長い道中だったため青年をチラ見しているうちに(笑)
「彼の目の前で食べた方がいいのでは?」と思い始め
そのうち「食べないと失礼な気がする・・・」になって
勝手に悶々とした挙句、全部食べました。
「これ美味しいね。」とお愛想も言いましたよ。
今考えると一体あれは何の気遣いだったのか?
爽やかな青年がくれた青リンゴとは言え、
知らない人がくれたリンゴ、普通食べるかな?
シチュエーションにもよるとは思うのですが、
なんだか食べないと悪いような気がしてきたのです。
まあ毒リンゴなはずもないのですが、
ついつい想像力豊かにあれこれ考えてしまって・・・
今はパンデミックを経験してしまったので
こんなふうに手渡しで食べ物をあげること自体、
誰もやらなくなってしまったかもしれませんね。
・・・私の甘酸っぱい青リンゴの思い出でした。



「ユニコーン」ここまで出来ました。
耳をもう少し倒したかったのですが無理でした。
角とたてがみは明日手縫いで仕上げます。
IMG_20221012_141602IMG_20221012_145453IMG_20221012_150036IMG_20221012_152317IMG_20221012_152344IMG_20221012_152436













アメリカではこのグラニースミス🍏が好きな人が多い!
個人的にはそういう印象を持っています。
青リンゴなので酸味が強いのですが本当人気があります。
私は蜜が入って甘いのをずっと崇めてきたので
これはちょっと不思議に思っている事なのです。



動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。


先週末次男の友達が遊びに来た時に、皆で一緒に
「Spirit  Halloween 」というお店に行きました。
IMG_20221008_134750
毎年ハロウィーンの時期だけにオープンする店舗で、
ハロウィーンまでまだ間があるし、
オンラインで買う人が多いだろうから・・・
と思いながらお店に行ったら、人でいっぱい!(笑)
(写真では人っこ一人いませんが。 )
みんな早くも気合い入ってるわ〜〜〜
実際、家族連れだけでなく若者も結構いました。
次男は6年連続で「忍者」になったので
流石に今年は忍者以外で行くらしく、
友達とあーでもないこーでもないと話しながら
あれこれコスチュームを見ていたのですが、
今年は「騎士」になることに決めたようです。
でも次男に合うサイズが売っていなかったので
結局はAmazonでの注文になりそうですが、
騎士用の矛と盾はここで買うからと・・・
たった1回しか使わないのに両方買うの?
値段を見たら合わせて40ドル以上もする・・・
ハロウィーンの飾りみたいに何年も使える物なら
買ってもいいのですが、きっと今年限りの物・・・
・・・段ボールで作ることにしました。
ここのお店は毎年ハロウィーンが終わると
「全品50%OFF」になるのですが、
それでもきっとかなりの利益が出ていると思うし
期間限定とは言え毎年ボロ儲けでしょうねえ。(笑)

「ユニコーン」の型紙を使って生地を用意しました。
頭のたてがみ部分はチュール生地を使ってみます。
星がいっぱいのラメ入りの生地は
この人形のために買っておいたものです。
IMG_20221011_125236長男が小さい頃はハロウィーンのコスチュームは
毎年私が作っていました。
ドラキュラ、海賊、カエル(笑)、死神、お化け・・・
義母+夫+私まで一緒に仮装をした年もあったので
(フラダンサー、海賊、魔女と3回はやりました。笑)
そんな年は全員分の衣装も作っていたのです。
昔はそんな気力があったんですよねえ。
残念ながら次男の衣装はずっと既製品ですが、
実際自分で作るよりも買った方が安いのですよ。
安い生地を買ったとしてもその他色々必要になって
結局は高くついてしまう・・・
でもやっぱり作っている時間は楽しかったし
特別な思い出になった気がします。


今日のリス友は・・・
餌台に立てたドライコーンを食べているこの子です。
いつも思うのですが、場所によって味が違うのかな?
普通に上の方から食べても良さそうなのに
あ・え・て、そこからなのね?
IMG_6994IMG_6995IMG_6996


動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。



↑このページのトップヘ