人魚がドレスに着替えたら

美しい自然がいっぱいの、アメリカ・オレゴン州に住んでいます。 手芸が大好きで、今はせっせと着せ替え人形を作る日々です。 出来上がった人形の紹介や日々の出来事、庭に遊びにくるリス友の様子など、いろんなことを綴っています。

2022年12月


今年も色々ありました。
アメリカでは3月末にマスク着用義務がなくなって、
それ以降一気に「コロナと共存の社会」に移行。
以前のピリピリした雰囲気がなくなって
ほんとに外で息がしやすくなりました。
次男が春にコロナに感染したりもありましたが
ワクチンのおかげか本当に軽く済んだし、
他の家族も大きな病気もなく過ごせて 
それだけで十分に良い年だったかもしれません。

私自身も今年一年ブログを続けられたし、
人形も好きなだけ作り散らかしました。
今まで作っていた動物とはちょっと違う「癒し系」?
の動物も色々作ったので、それも楽しかったです。
SNSを通じて新しい出会いのような事もあって
人気アニメのキャラクターを作ってみたり、
そんな事も色々楽しかったなあ・・・                                                                                                                                                                                                                      
動画は残念ながら1本も作れませんでしたが、
来年はまた少しづつ頑張ろうと思っています。
去年の暮れ、来年は絶対「イケメン王子」の動画を作る!
なんて言っていたのに・・・ごめん、イケメン王子。
2023年こそ、あなたの動画を作りますから。

そして、「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる!」を信じて
庭作りを始めたり、何となく面白そうな事や
体に良さそうな事、ボケ防止になりそうな事を試して
少しでも日々の暮らし&体調を良くしようと
日々ジタバタあがき続けた一年でもありました。
はたから見たら「またなんか始めたよ?」
と呆れられそうなのですが、
おばさんはもう外野の声には耳を貸さず、
家族(8割方夫の事)の迷惑も顧みず、
来年も好き勝手しようと思います。

今年パンデミックの他に多くの人の心を揺さぶったのは
やはりロシアのウクライナ侵攻ではないかと思います。
もっと早くに終わると思っていたしそう願ってもいたし
でも、現実はそうはなりませんでした。
幸せを願って日々を暮らしている人たち、
優しくあろうと努めている人たちの思いを
一瞬で打ち砕いてしまう大きな力に
どうやって立ち向かっていったらいいのだろうか。
・・・諦めず平和を求めて行くしかありません。

この一年ブログを読んで下さりありがとうございました。
コメントを下さった皆様、とても嬉しく励みになりました。
来年も人形作りのこと、毎日の暮らしのこと、
そして可愛いリス友達のことを綴っていきたいと思います。
引き続きよろしくお願いいたします。


では最後に「リス友 of the year 2022 」の発表です!(笑)
1匹だけ選ぶとすれば「ピコチン君」なのですが 
他のリス友もやっぱり同じように可愛いので、
ここは全員「リス友 of the year 2022 」受賞ですね。
来年も沢山のリス友が遊びに来てくれる事を願って・・・
IMG_4986IMG_5088IMG_5335IMG_5705IMG_5794IMG_6451IMG_6808IMG_6832IMG_6978IMG_7052IMG_7169IMG_20221031_090809

(今日は人形の紹介はありません。)

LINEで更新のお知らせが届きます。





お天気の良い日にリス友の写真を撮ったら、
ハートの青空(って事で。 )が写っていました。
私とリス友から皆さんへ「LOVE」送信〜〜〜
皆さん、いつもありがとうございます。
IMG_7812IMG_7813IMG_7817IMG_7816









































































































ところで・・・
実家に電話をした時に、着物の話になりました。
毎度毎度のことながら長話しの相手は母ですが(笑)
次回帰省した時に、実家にある全部の着物や帯を
私と妹で分けて持って行って欲しいと言われました。
特に母の「江戸褄」をドレスか何かに仕立て直して
時々着たらどうだい?と言われましたが、
今の生活でドレスを着る機会は全くありません。
おそらくテレビか何かで、着物を洋風に仕立て直して
素敵に着こなしている人たちを見たのだと思いますが、
私は普段にスカートもはかなくなってしまったし、
着なくなった着物達、本当どうしたものか・・・

「江戸褄」って、かっこいい着物ですよね?
母はもう数え切れないくらい着たと言うし
思い入れのある着物なのもわかる気がします。
日本にいた頃は、私もいずれは江戸褄を作って
いつか素敵に着こなす日が来るんだろう・・・
なんて思っていました。
でも結婚してアメリカに来てしまったので
結局江戸褄は作らずじまい。
ここ最近は友達の子供が結婚する年齢になってきて、
その結婚式で、友達が素敵に江戸褄を着ている写真を
色々と見せてもらうようになりました。
裾模様があでやかな黒の着物で気品や貫禄も増して
どの友達の写真も江戸褄が本当によく似合っていて
羨ましくなりましたよ。

実家には私と妹の着物もそのまま置きっぱなしで、
祖母に揃えてもらった振袖や卒業式に着た色無地など
自分たちの着物だけでも色々思い出もあって、
( 祖母にもらった成人式の着物の話 )
しかもうちにある着物はほぼ全部伯母が仕立てたもの、
母同様にそれらを大事にしたい気持ちはあるのですが、
着物、着ないよねえ・・・どうします、本当。
やっぱりドレスか何かに仕立て直すしかないのかなあ?
妹はどうするつもりなのだろうか・・・?


最後に・・・
先月初めに義母が送ってくれたアマリリスの球根に
こんな綺麗な花が咲きました。
真っ赤なのもいいけど、私はこっちの方が好きです。
また来年も咲かせられたら、と思っているのですが・・・
IMG_20221228_130021


























(今日は人形の紹介はありません。)

動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。



次男のベッドのシーツが古くなったので
Amazonで新しいのを買いました。
「綿100%なら何でもいいから注文してくれる?」
と夫に頼んでおいたら、インド綿だったからなのか、
注文したシーツは、インドのどこかから発送され、
ムンバイから飛行機に乗って遠路はるばるアメリカに。
まあ届いてくれさえすれば文句はありません。
夫が小包を開けてシーツを取り出して確認した後、
シーツが入っていた袋がそのままソファにあったので
「これ捨てていい?」と聞いたら「取っておく」と。
ん〜何のために?絶対返品しないと思うよ?
夫はいつも返品の可能性も考えて、送られてきた箱など
全部とっておくことが多いのです。
私も電化製品などの箱はしばらく取っておきますが、
それ以外はもう本当さっさと捨ててしまいます。
で、時々「捨てる」「捨てない」で揉める。(笑)
大抵「捨てない」夫が自分のスペースに押し込む事に。
時々そこを見ると、ビニール袋や箱が色々入っていて
まあ自分の管理スペースじゃないのでいいですが、
「本当にそれいる?」と聞きたくなります。
私が何でもすぐに捨てすぎなのかなあ?
ま、ウェディングドレスを捨てちまった人ですから、
その傾向はあるかもしれませんが・・・(笑)
( 捨てられたウェディングドレス )


今日の人形もスカンク君です。
今日彼は、好きな子に告白?いや「告る」?(笑)
昔は「告る」って言いませんでしたよね?
「告る」と聞くと「チクる」みたいに聞こえてしまう
困ったおばさんです。
最後は今年最後の全員集合〜〜〜
IMG_20221228_133724IMG_20221228_133922IMG_20221228_134940IMG_20221228_134606IMG_20221228_134712ほんと時々クローゼットや引き出しの中をチェックして
不用品は捨てないといけませんね。
そうしないとあっという間に「ゴミ」だらけに。
年に1回くらいは「捨てるんじゃなかった、早まった!」
と思うこともあるのですが(笑)
残りの364日はそれで大丈夫なのだから、
私はやはり「ちゃっちゃと捨てる」方に1票ですよ。


今日のリス友。
小雪の降る中頑張るこの子です。
IMG_7641IMG_7640

動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。



今の家を買った時にお世話になった不動産屋さんが
今年もまたホリデーカードを送ってくれました。
彼女は子供が二人いるシングルマザーで、
でも子供達はもう大学生なので、子育ては終了ですね。
去年のカードは彼女と子供達の写真が数枚並んだ
クリスマスらしいカードだったのですが、
今年は彼女の彼氏も加わった賑やかなものでした。
普段は「結婚しなくたって家族は作れるよね?」
なんて言っているくせに、こんな時に自分の中の
中途半端な価値観に気付くのです。
カード用家族写真に「彼氏」も入れるの?みたいな。
彼女は彼氏の事を皆にこう言う形でも紹介している訳で
子供たちが彼とうまく行っている事も伝わってきます。
「ああ、こういう所アメリカらしいよねえ・・・」
とボソボソ呟いていたら、夫ががっかりしたみたいに
「彼氏、彼女ってすでに家族と同じじゃない?
こんなふうにカードに写真を載せても全然変じゃないよ。
まだそう言う価値観を引きずってるの?」と・・・
グサッ!確かにズルズル古い価値観引きずってるなあ。
自分では考え方も随分変えてきたと思っていたのですが、
まだまだ更新が追いついていません。

思い返せば、こんな風なカードは初めてではないのです。
夫の友達が長い事毎年ホリデーカードを送ってくれていて、
以前は奥さんと二人の娘さんが一緒の家族写真だったのが
娘さんが年頃になると今度は彼女達のボーイフレンドも
その写真に加わるようになっていきました。
その友達家族には2度ほど会った事があったし、
娘さん達がいずれ結婚する事もわかっていたからなのか
ボーイフレンドが一緒の写真にも何も思わなかったのです。
つまりは「いずれは結婚するんだから家族だよねえ〜」
=「結婚前提じゃないのはまだ家族じゃないよねえ〜」
そう言う価値観が私の中にはあるんですねえ、やっぱり。
もちろんこのまま行ってもいいのですが、
更新できる価値観ならば更新したほうが、
きっと自分自身がもっと自由になれるのです・・・
いつも「自由」を求めているくせに、うまくいかないなあ。


今日のリス友。
朝遊びに来たピコチン君にクルミを上げていたら、
離れた所から私たちをじっと見ているリス友が・・・
「私もお相伴にあずかれるでしょうか?」顔で(笑)
ちょっとずつ近づいてきたので、
彼にもクルミを上げました。またおいでよ。
IMG_20221218_124626IMG_20221218_124650IMG_20221218_124653IMG_20221218_124653__01

(今日は人形の紹介はありません。)

動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。



3ヶ月ほど前に重い重い腰を上げて
アルバム作りを再開したはずだったのですが、
( アルバム作りを再開させた話 )
その頃偶然、可愛い「日めくりカレンダー」を見つけて
「うちだけの『写真付き日めくりカレンダー』ってどう?
曜日を入れなければずっと使えるし、毎日楽しめそう!」
と思ってしまい、そうなるとやらずにいられなくなって
結局アルバム作りはそっちのけで「日めくり」用に
写真を選んで修正すると言う仕事を始めてしまいました。
で、写真は365枚以上選んで修正も終えたのですが、
プリントアウト手前で力尽きて、結局そのまま・・・
「日めくりカレンダー」はまだ出来ていません。
最初は「きっと皆毎日喜んでくれるはず!」
とワクワクで始めたことだったのに・・・
アルバム作りの方が私の中では急務だったのですが、
勝手に他に仕事を作って、そして未完・・・ガックリ。
この「日めくりカレンダー」は今年の目標でも何でもなく
目標は3年前から止まったままのアルバム作りの方なので、
暮れも押し迫った今頃、再度重い腰を上げました。(笑)
はああ・・・こんなにためるんじゃなかったよ・・・
後悔先に立たず。3年分の写真を改めて見直して修正して
プリントアウトしてアルバムに綺麗に収めて・・・
手始めに1ヶ月分を見直しただけで気が遠くなりました。
今年中に3年分を終わらせるなんてもう絶対に無理なので
この仕事「2023年に持ち越し決定!」で〜す!!!
「日めくりカレンダー」は・・・気が向いたらで。(笑)


今日の人形もスカンクです。
本体の色が黒なので、鮮やかな色が良く合います。
IMG_20221226_134422IMG_20221226_134316IMG_20221226_134625IMG_20221226_134755何でもすぐに「面白そう!」と手を出してしまい
退屈知らずといえば聞こえはいいのですが、
間違いなく形から入るタイプなので、
ひどい時は道具や材料を揃えておしまいです。
今回の「日めくりカレンダー」にしても
毎日「日替わり写真付き暦」を入れ替えるための
シンプルな卓上クリアフレームも用意して準備万端。
なのに途中まで作業して完全に頓挫してしまいました。
来年何とかアルバム作りを終わらせて(頑張る!)
こちらも完成させたいです。


今日のリス友はまたまたピコチン君です。
彼の姿を見ると何だか元気が出てきます。(笑)
IMG_20221218_124248

動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。

 
今年も無事クリスマスが終わりました。
次男がサンタさんを信じなくなってしまった今年は、
まだ半信半疑だった去年と比べると、
私たち大人の気持ちまで随分違いました。
コソコソとプレゼントを準備する必要もなくなって、
最初から気分的に楽だった気がします。
でもその分「ワクワク」は確実に減りましたよ。
「ワクワク」も「楽々」も両方あるなんて無理なのかな?
何かを手に入れたら自動的に何かを手放さないと
世の中うまく回らない仕組みなのか?違うか?(笑)
次男も今年はそれを強く感じたようで
「今年もクリスマスは楽しかったけど、
でもワクワクドキドキは少なかったな・・・」と。
サンタさんは今年も来てくれるのだろうか?
どんなプレゼントを届けてくれるのだろうか?
去年までクリスマスイブに興奮して中々眠れなかったのに
そんなこんなも懐かしい思い出になりました。
と言う事で、来年から新しい「ワクワク」を作らねば!
クリスマスデコレーションを変えてみるとか?
早いうちから何かプレゼントを作り始めてみるとか?
色々考える事自体がもうプチワクワクな気がするので、
来年のクリスマス目指して「ワクワク」を作って行こう。
ってちょっと早すぎかな?


今日の人形は「スカンク」です。
IMG_20221225_160749IMG_20221225_160915IMG_20221225_161432IMG_20221225_161037昨日のクリスマスディナーには
予定通り詰め物をしたローストチキンを作りました。
チキンや七面鳥を丸ごと焼いた時に、
いつも折れないように慎重に取り外す骨があって、
「ウィッシュボーン( wishbone )」と言う名の骨。
首の付け根部分にあるY字の形をした細い骨です。
IMG_20221225_173606


なぜこの骨をわざわざ取り外すのかと言うと、
この骨で「願い事遊び」をしたいからなのです。
この骨の両端を二人で持って、
それぞれ願い事をしてから骨を引っ張り合い、
大きな骨が残った方の人の願いが叶うと言う、
何とも楽しい遊びが昔から続いているのです。
で、今回もこの遊びは子供たちにさせました。
昨日も長男と次男は真剣な顔で願い事をしていて、
「一体何をお願いしているのやら。」と二人を見ていたら
急に長男が「何個でもいいの?」と。
夫が「 and 」を使って一つの願い事にしてしまえば?
と悪知恵みたいなアドバイスをしたのですが(笑)
長男は「いや、一つで行く。」と心を決めて
骨を引っ張り合い、長男に大きい方の骨が残りました。
絶対に叶えたい願い事のはず、どうか叶いますように!

この「  wishbone 」は上手に外さないと折れたりするし
一羽に一つしかない骨なので、ちょっと貴重です。
この「願い事遊び」は、結婚して間もない頃に
友達のお母さんの所で感謝祭をした時に
夫と二人でさせてもらったのが初めてでした。
「面白い遊びだなあ〜」と感動しましたよ。

ん?こんなのも「ワクワク」じゃないですか?


今日は鳥友、ハミングバードです。
こんな小さな小さな鳥にも
ちゃんと「 wishbone 」があるのでしょうね。
IMG_7822


動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。



クリスマスソングも大概聞き飽きて(笑)
音楽担当の夫も「音楽かけて」と言われなければ
自らクリスマスソングをかけることもなくなり・・・
クリスマス気分を盛り上げようと頑張ったのは良いのですが
今年は助走が長過ぎた感じです。
が、今日でクリスマスソングからも解放される〜〜〜(笑)
IMG_20221224_171600IMG_20221222_163851で、昨日はクリスマスディナー用のデザート作りをしました。
今年は「ブッシュドノエル」を作りましたよ!ドヤ!
日本ではブッシュドノエルは誰でも知っていますが、
ここアメリカでは多分知っている人の方が少ないです。
ニューヨークなどでは買えるのかもしれませんが、
ヨーロピアンスタイルのケーキは主流ではないのです。
アップルパイ、パンプキンパイ、チーズケーキなどの
素朴系がまだまだ好まれている感じで、
日本で売られているような宝石みたいに美しいケーキは
なかなかお目にかかれません。
なのでブッシュドノエルが食べたければ作るしかない。
「今年のクリスマスディナーのデザートには
『ブッシュドノエル』を作ることにしたからね。」と言ったら
「は?ブッシュノノ〜?はああ?何それ???」
次男は見た事も聞いた事もないので、???です。(笑)

30年くらい前に買ったお菓子作りの本を見ながら
材料をきっちり計量し、粉類をふるいにかけ、
卵白を泡立ててメレンゲを作ったりして、
なんとか「ブッシュドノエル」を完成させました。
「ドヤ!」と言った割にはやや失敗したっぽいです。
レシピ本の写真と比べると明らかに仕上がりの色が薄くて
レシピ通りに作ったはずなのになぜなんだ!?
でも味は大丈夫なはずなので良いことにします。
「きのこの山」を使って毒キノコを作ったのですが、
これはなかなか可愛くできたかなあと思います。
アイビーは庭から引っこ抜いてきました。(笑)
IMG_20221224_145059IMG_20221224_155712IMG_20221224_155923このケーキを完成させるのに3時間ほどかかりました。
自分で実際にこんなケーキを作ってみると、
お店で売られているケーキがどんなに高くても、
もう決して高いものとは思えなくなりますねえ。


今日のリス友。
IMG_7719IMG_7722

(今日は人形の紹介はありません。)

動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。



Ho Ho Ho〜〜〜Merry Christmas!!!
IMG_20221221_150123こちらは明日25日の朝にみんなでプレゼントを開け、
朝食の後はのんびり好き勝手に過ごして
後は早めのクリスマスディナーの予定です。
感謝祭にローストチキン(七面鳥)を作らなかったので
( 今年の感謝祭はこんな感じでした。 )
明日のクリスマスディナー用に作ることにしています。
ローストチキンを作ればとにかく特別感が出るので
とりあえず何か鳥類をローストしてしまうのだ!
で、今年はデザートを頑張る予定です。
上手くできたら明日のブログに載せようと思っています。


話は変わって・・・
数日前から頭の中に繰り返し繰り返し流れるようになった
昔懐かしい曲があります。
クリスマス関連の曲でも何でもないのでアレですが、
「ち〜〜らし〜〜 ずし〜な〜〜ら〜このす〜し〜太郎〜
あったかご飯に混ぜるだけぇ〜〜〜」この曲!
サブちゃんの独特の節回しが何度も頭の中で再生されて
最近この曲ばかり聴いてる感覚です。(笑)
なんで急にサブちゃん?すし太郎?我ながら謎すぎる!
私の中の日本のCMソングは本当残念なことに
25年前から全くアップデートされていないので
記憶の中のそれらは古〜いものばかり・・・(笑)
今はもう永谷園もサブちゃんの歌は使ってませんよね?
で、これってみんなの「あるある」だと思うのです。
特にCMソングって短くて覚えやすいので
頭の中でリピートされる確率が高い気がします。
それにしても「すし太郎」は古すぎだろう?確かに。
いつどこで何をしている時とか全く関係なく、
なんの前触れもなく唐突に頭の中に流れ始めるCMソング。
そしてその日一日、下手したらその後もしばらくの間
リピートされてしまう・・・
今回の「すし太郎」も唐突すぎてびっくりです。
そこにつながる無意識下の何かがきっとあったはずで、
それが何だったのかは実際全く分かりませんが、
でも今回のこのサブちゃんの「すし太郎」は中々良いです。
ついついサブちゃんの真似しながら歌ってしまう自分もいて
いやでも元気になれます。(笑)

実はその後「加〜ト〜きっちゃ〜ん加トきっちゃん〜」
この曲も流れ始めて、すし太郎の次は冷凍食品か・・・
「どっちも古すぎだろ!」と突っ込まれそうですが
日本のCMソングはキャッチーで耳に残りやすい!
しかも若い頃に覚えた曲はもう一生忘れません。
今日一日「すし太郎」と「加トきっちゃん」を
頭の中で再生しながら、明日の準備頑張ろうと思います。


今日のリス友。
リス友にサンタハットを被ってもらう訳にもいかないので
窓に貼った「雪の結晶」ステッカーと一緒に
ちょっとだけクリスマス感・・・
ピコチン君にはいつもお世話になってます。(笑)
IMG_20221214_095919

動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。



次男が先日、年一回の健康診断を受けてきました。 
アメリカでは学校での身体測定・予防接種等はなく
子供の健康管理は各家庭に委ねられているので、
うちでは身長と体重を時々測って記録だけして
あとは年に一回小児科の先生に診てもらっています。
今回は夫が次男を連れて行ってくれたのですが、
診察の前にかなり長い問診票を書かされたらしくて
それも、大人に書いてもらうか次男が自分で書くか、
まずはそこから選択するようになっていて、
次男は夫と一緒に書く方を選んだようなのですが・・・
ミドルスクールに通う年齢だからなのか、
質問が、薬物使用経験、性交経験の有無から始まって
家庭が居心地のいい場所であるか否か、
問題があった時親は適切に助けてくれるか否か、
学校に、親しく話をする友達はいるか否か、etc・・・
30項目ほどあって、質問する側だった夫も
こんな質問まであるのか・・・と戸惑ったよう。
「子供の人権」を守ることに重点が置かれていて
虐待やいじめを見つけるきっかけになるのかも知れず、
子供達を守るためには良い事だと思います。
でも実際問題、子供を虐待している親が自分の意思で
子供を健康診断に連れて来る事自体が少ないだろうし、
どれくらい効果があるのかは分かりません。
それでも、目の前にいる子供を尊重して守る姿勢は
貫かねばなりませんね。


「スカンク」のお着替え編です。
頭の白い部分をフェイクファーにしたら
それだけで一気にスカンクらしくなりました。
頭の後ろ部分はこんな風になってます。
IMG_20221221_145152IMG_20221221_150547IMG_20221221_145416IMG_20221221_150313IMG_20221221_150800高校生の時の身体測定にまつわる思い出話です。
女子校だったのですが、身体測定の時は
生徒と先生で分担して測定や記録をした記憶があります。
ある年、部活の顧問の先生(数学の先生でもあった)が
座高を計る係だったのですが、
私が座高測定器に座るや否や、先生がふざけて
ちゃんと計りもせずに結構高い座高値を言ったのです。
私も「え〜〜〜」と先生の冗談に笑いながら
座り直して改めてちゃんと測定してもらったら
先生がふざけて言った数値に限りなく近くて、
その後すごく気まずい雰囲気に・・・
私、どんだけ座高あるんだよ?
身長は155センチから全く伸びていなかったのに
知らないうちに胴長短足化が進んでたみたいで・・・
あの時はほんと気まずかった・・・(笑)

でもやっぱり、身体測定や健康診断は大事ですね。
とは言え、子供には年1回健康診断を受けさせても
自分はよっぽどの不調がない限り病院に行かないので
偉そうなことは言えませんが・・・


今日のリス友。
いつもこの放置円形ソリの上に登って
ジーーーーっと覗いてくるのでした。
IMG_20221206_123834IMG_20221206_134232


動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。



今日は冬至ですね・・・
昨日の夕方外に出たら空がこんな感じになっていました。
午後4時10分頃の空です。
毎年の事ですが、冬至が過ぎるとあれよあれよという間に
日が長くなっていく感覚があって(笑)
これは気のせいではないですよね?
IMG_20221221_160423


























先日、近くに住んでいて仲の良かった元ご近所さんが
手作りの「クリスマスクッキー」 を届けてくれました。
自家製「ピーチジャム」も一緒に。
IMG_20221215_194908去年の今頃もクッキーを届けてくれたのですが、
パンデミックのせいで直接会うことも激減して
普段ほとんど交流がなくなってしまったのに、
こう言う心遣いは本当に嬉しいです。
先日のハロウィーンに娘さんがピカチュウになって
ここにお菓子をもらいに来てもくれたのですが、
その時に久しぶりに彼女たちと話をしたので
それもあってのことだと思います。
去年は特にお返しもしなかったのですが、
今回は小さなプレゼントを贈ることにしました。
家族で楽しめそうなゲームを・・・
今年の冬休みは17日間と長いので。


「スカンク」を作ってみよう!その4は・・・
準備した生地を縫い合わせて、ここまで出来ました。
IMG_20221215_123910IMG_20221215_130035IMG_20221215_130720IMG_20221215_154954アメリカではパンデミックは終わったとは言っても
その名残はやっぱりまだ色々な所に・・・
今回クッキーを届けてくれた友達にしても、
夜7時ごろにうちの玄関先にそれらを置いた後、
スマホにメッセージをくれたのでした。
なので直接話はしていないのです。
パンデミック前はそんな事誰もしなかった気がするし
逆にそんな事をしたら「声かけてくれたら良かったのに〜」
とちょっと変な気持ちになったと思うのです。
でも今はそれが「心遣い」に思えるのだから、
ほんと色々変わりましたよねえ・・・


今日のリス友。
霜の降りた朝に、デッキでクルミを食べるこの子です。
クルミを手ずから食べさせたいと思っても、
ドアを開けるとさぶくてさぶくて・・・
でもやっぱり自分の手から食べて欲しくて
一個上げてドアを閉め、また一個上げてはドアを閉め、
そんなことを4〜5回繰り返していたら
今度は家族から「寒いよ!」と苦情が来てしまいました。
IMG_7744IMG_7745

動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。



↑このページのトップヘ