人魚がドレスに着替えたら

美しい自然がいっぱいの、アメリカ・オレゴン州に住んでいます。 手芸が大好きで、今はせっせと着せ替え人形を作る日々です。 出来上がった人形の紹介や日々の出来事、庭に遊びにくるリス友の様子など、いろんなことを綴っています。

2023年08月


伊坂幸太郎著「 AX(アックス)」を読みました。 
IMG_20230830_132952ひさ〜しぶりに伊坂幸太郎氏の本を読みましたが、
これは単純に面白かったです。
この物語はどんなカテゴリーに入るのだろう?
と裏表紙を見たら「エンタテイメント小説」とあり、
「そうねそうね、エンタメ小説!」と納得でした。

「兜(かぶと)」は超一流の殺し屋で、
20年以上もこの稼業を続けている男です。
今は妻と高校生の息子があり、普段は普通の会社員。
(家族は彼の裏の顔を全く知りません。)
妻には全く頭が上がらず、相当な恐妻家なのですが、
息子が誕生して以来、裏の仕事の引退を考え始め、
でも、その仕事の性質上その引退は簡単な事ではなく、
結局ずるずると裏稼業を続けています。
ある時「仕事」を仕切る人物に強い引退の意思を伝えると
今度は「兜」自身が狙われるように・・・
次は家族も狙われる事を知っている彼は、
自分の命を引き換えにして家族を守るのですが・・・

「殺し屋」と言う物騒な稼業に手を染めている彼ですが、
この物語を通してずっと伝わって来るのは、
彼の家族へのどうしようもない深い深い愛情でした。
妻の一言一言にびくつきながら最適な返答を探し続ける
可哀想な夫のようでありながら(笑)
その実、絶対に壊したくない幸せの中にいた兜です。

この恐妻家の部分の描写がとてもとても細かくて
(特に前半はその描写が多くて少し疲れましたが。笑)
著者自身が恐妻家なのか!?と思ったほどです。
妻の話には大袈裟なくらいに相槌を打つとか(笑)
出来るだけ当たり障りのない返答をするとか、
とりあえず謝ってしまうとか・・・
気の毒になるくらいの恐妻家ぶりですが、
これも一つの愛し方という事でしょうね。



「ナルト」シリーズ続きます。
今回は「サクラ」を作ってみようと思います。
子供達に「サクラってどんな忍者なの?」と聞いたら
「サクラ?彼女何の役にも立たないよ。ダメダメ。」
「えええ?本当に何にも出来ないの?」
「薬草で薬を作るとか、そのくらい。」だそうです。
・・・ まずはイラストから・・・桜色。🌸
IMG_20230816_114619伊坂幸太郎氏の本、本当に久しぶりに読みました。
一番最初に読んだのは「オーデュボンの祈り」で、
物語の設定が宮城の沖合の架空の島での出来事で、
なんとも不思議な感じのする物語だったのですが
最後は胸にドーーーンと来る感じがすごくて、
「この強烈な感覚は何!?」と茫然自失。
今読んでもまた同じ感覚を味わえるかなあ?
本当、伊坂氏の本は面白いですね。



今日のリス友。
先日植えた1本きりの「さつまいも」の苗を
掘り掘りしている奴がいる!やめろーーー!!!
IMG_9581IMG_9583IMG_9584
LINEで更新のお知らせが届きます。



フォトグラファーの幡野広志さんと言う方が、
「部屋で写真を撮るときに、
無駄なものを片付けようとしがちなんですが、
30年後に大人になったお子さんが写真を見た時に、
無駄なものに感動するんですよね。
ペットボトルのお茶とか、よく使ってたおもちゃとか
家電とか着てる服も。街の景色や車もそう。
雑味は30年経つと旨味になります。」
と言っていました。
「雑味」=「生活感」と言う事なのでしょうが、
普段私が撮る写真は「雑味」を極力除いたもので、
インスタやブログに載せても「大丈夫なもの」ばかり。
特にうちの中で人形などの写真を撮る時には
背景に変なものが映り込まないように物を片付けたり、
アングルを変えたり・・・
SNSに載せる写真を撮る時は皆そうなのでしょうが、
気が付けば普段の写真を撮る時もそれをやっていて、
「綺麗な写真」ばかり撮るようになっていました。
家族やペットの一瞬の表情を撮ろうと思ったら、
部屋を片付けている暇などないわけで(笑)
だからこそそう言う写真には沢山の情報が盛り込まれ、
後から見返した時に面白みや深みが出るんでしょうね。
今はどこを見ても完璧に綺麗な写真ばかりなので、
すっかりそれが当たり前になってしまっていましたが、
もしかしたら将来「旨味」に変わる雑多なものを
今の私は切り捨て過ぎているのかも・・・?
なんて事を思いました。

子供達が小さい頃は沢山写真を撮りましたが、
その頃の写真にはキッチンのあれこれ、
食べかけのご飯とか色々写っていましたよ。(笑)
でも今は家族の写真をあまり撮らなくなったので、
いざ撮るとなれば場所を選んでポーズを決めて、
と言う事の方が多くなりました。
これからはもっと普段の何気ない家族の様子などを
部屋はそのままに時々撮ったらいいのかも知れません。
まあどっちにしても、作為的なんですけどね。


「サスケ」人形、完成しました。
上の青い服は裾部分だけ縫い込まず、
下にショーツを入れ込める作りになっていますが、
丈が少し長過ぎたかも知れません・・・
IMG_20230829_145601IMG_20230829_145640SNSで見る写真は、うちの中で撮った写真ならば
どれも整頓された部屋で写されたものばかりですが、
それでも端っこの方に殺虫剤とかハンドクリームとか
そんなものが写り込んでいるとなんだかホッとします。
実際そっちの方が真実に近かったりしてねえ? 
私も引き続きSNSは「綺麗目写真」で行くつもりですが
誰もそれが私の全てとは思っていないと思うので(笑)
安心して作為的に行こうと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。



今日のリス友はピコチン君です。
おっとりと優しい性格が表情に出ている気がします。
IMG_9594IMG_9593
LINEで更新のお知らせが届きます。



昨日は予定通り庭仕事に励みました。
珍しく朝から霧雨が降って肌寒いくらいでしたが、
11時ごろには雨も止んだので早速庭いじり開始〜
前庭の草取りと裏庭の植物の手入れをしたのですが
一日中曇りで夏の庭いじりにはぴったりの日で、
結局何だかんだと3時過ぎまで土いじりしてました。
特に裏庭をきれいにしてもらったばかりなので、
花壇の植物の配置を変えて更にきれいにすべく、
いくつか移植もしました。
カンカン照りの日ならば移植はしなかったのですが
ちょうどいい具合に土も湿っていたし、
天気予報ではしばらくは最高気温も25度前後らしく
もしかしたらこのまま夏が終わりそうな雰囲気なので、
移植しても大丈夫と踏んで・・・
そして家庭菜園にはこんなものをひとつ植えました。
何だかわかりますか?
IMG_20230828_163201「さつまいも」です!🍠🍠🍠
さつまいもは年中買って食べているのですが、
以前さつまいものしっぽをコンポスターに入れたら
実際はわきにただ落っことしていたらしく、
何とそこから葉っぱが出て育っていたのです。
「このまま育てたらさつまいもが採れるのか!?」
と鉢に植え替えて毎日水やりをして育てていたのでした。
でも雨季が始まるまで2ヶ月しかないし、
果たして大きく育つのか定かではありませんが、
ダメ元でやってみます。
そして「青しそ」の種も蒔きました。
種袋の裏に書いてある説明通りに、
湿らせた砂に種を入れて冷蔵庫で寝かせること一週間。
その後冷蔵庫から出して水を入れて一昼夜・・・
さあ、種を蒔こうと言う段になってよくよく見たら、
種と砂の見分けが全くつかず、
しょうがないのでものすごい適当に土をかけて終了。
こっちは多分育たないのではないかと思います。

と言う訳で、昨日は気の済むまで土いじりをしました。
どんだけ夫と次男のいない自由な時間を満喫したいのか
我ながら呆れてしまいますが・・・


「サスケ」人形、ここまでできました。
使っている色が少ないので、地味です。(笑)
IMG_20230817_141329IMG_20230817_143939IMG_20230817_145221昨日、外で黙々と作業を続けていたら、
モフモフちゃんが塀をかけて来るのが見えました。
手ずからクルミをあげる暇が惜しかったので(笑)
クルミをまとめていつもの餌台に置いて
「ここにクルミ置いたよ!」と声をかけたのですが、
もちろんモッフーに通じる訳もなく、
私について来ようとするので(これはこれで可愛い
「ここ!ここ!クルミはここ!」と餌台を示したら
今度はわかってくれて餌台に直行していました。
庭いじりを楽しみつつリス友とは友情を分かち合い、
昨日もし〜んと静かで平和な一日でした。


今日のリス友は久しぶりのチビリスです。
相変わらずちょろちょろとせわしない・・・
IMG_9559IMG_9560
LINEで更新のお知らせが届きます。



夏休みも残すところ後9日になりましたが、
一昨日から夫と次男がニューヨークに行っています。
本当は夫だけ行く予定だったのですが、
ギリギリになって次男も一緒に行く事になり、
今年の夏休み最後の一大イベントになりました。 
と言う訳で私と長男はオレゴンで静かに留守番中。
以前、次男が泊まりのキャンプに行った時には、
ここぞとばかりにだらけてしまったのですが、
( 次男不在でだらけたら・・・ )
今回は次男だけでなく夫もいないわけで、
昨日からダーーーッと羽根を伸ばしています。
長男は昼過ぎにしか起きて来ないので、
自分一人のために朝ごはんなど作るわけもなく(笑)
適当にお腹を満たして、コーヒーなど飲み、
あとはいつも通り人形を作ったり、
庭の手入れをしたり、ちょこちょこ掃除をしたり、
やってることはいつもと同じなのですが、
時間を気にしてご飯を作らなくていいのが最高!
「ご飯作り」は何にせよ、時間も労力もかかるので
これが適当でいいのはほんと助かる〜〜〜
一応夕ご飯だけはちゃんと作っていますが、
長男も「こんな時は手を抜いてラーメンでいいよ。」
なんて言うのです。(ラーメン大好き男!🍜🍜🍜)
でも残念ながら、今ラーメンの買い置きはないし、
うちにいてもなぜだか?食生活の乱れがちな長男に、
これ以上のジャンクフードは食べさせたくないので、
だらけの中のケジメとして夕ご飯だけは頑張ってます。

それにしても、何と平和な世界であることよ。(笑)
この静寂、外は車通りも少ないのでし〜〜〜ん。
時々聞こえて来るのは鳥のさえずりだけです。
本当なら何もせずにソファに寝転がって
映画とかドラマとか観ていてもいいのですが、
何だか嬉しくて、じっとしていられません。
自分が一番したい事、好きな事は何なのかが、
こう言う時には、よくよくわかる気がします。
私が好きな事とは、人形を作る事、植物を育てる事、
掃除してうちをきれいに保つ事、そんな事らしいです。
まあ家族がみんないる時でもやれている事ですが、
いつもよりも静かな環境で黙々と作業をしていると
何とも言えない幸せを感じるのです。
一週間ほどの期間限定ではありますが、
この幸せをじっくり味わおうと思っています。
どうか変な邪魔が入りませんように。(祈)


「サスケ」人形の続きです。
イラストをもとにこんな風に生地を用意しました。
IMG_20230817_110403こんな事は本当にたまにしかない事だからこそ、
有り難みも半端なく特別に感じるのですね。
特に昨日は「初日」だったので嬉しすぎて(笑)
夕方まで作業部屋にこもってしまいました。
お陰様で気の済むまで人形を作ることができました。
今日は長男と一緒に庭仕事の予定です。


今日のリス友。
モフモフちゃんでもピコチン君でもありません。
「白腹毛族」のこの子です。
IMG_9551LINEで更新のお知らせが届きます。



先日またいつものスーパーに買い物に行ったら、
先週買いそびれてしまった白のアンスリウムが
2鉢だけ残っていたので1鉢買って来ました。
なんか嬉しい〜〜〜
(  観葉植物をまとめ買い )
IMG_20230825_110439で、会計の時はいつも夫が支払いをするので
私はスマホも何も持たずに手ぶらで行くのですが、
スキャンしてもらった商品を次々エコバッグに入れて
いざ支払い!と言う段になって、
夫が財布を車に忘れて来た事に気づきました。
すぐ目の前が駐車場なので特に慌てませんでしたが、
少しの間私が人質としてレジ横で待ってました。(笑)
夫が戻ってくると、レジの女性が話し始めて、
「私の夫も財布をあちこちに置きっぱなしにするから、
『決まった場所に置いたら?」と言ってもダメで、
毎回よく財布を見つけられるなと感心してますよ。」
なんて言うのです。
夫は彼女の旦那さんと一緒にされては困ると思ったのか
「家では僕は財布は決まった場所に置いてますよ。」
と今回財布を忘れたのはたまたまだった事を強調。
うーーーん、私の記憶だと先月も車に忘れたよ?
他の店でもやはり車に財布を忘れたことがあったし、
意地悪なようだけど、私は覚えている・・・

それにしても、どこも似た様なものだと思いました。
夫は妻のアドバイスを素直に聞かない・・・
似た様な小さな面倒を繰り返し引き起こしているので
「こうやったらうまく行くよ?」と言っても
「いや俺は大丈夫、このままで問題ないから。」つって
絶対に私のアドバイスを聞かない。
あんまり言うと「俺を否定している。」とか言って
ムッとし出すので、放っておくしかない・・・
そして同じ様な事を繰り返して、最後にやっとやっと
「育美のやり方やってみようかな?」ですよ。
最初から素直にやればいいものを・・・
一度は抵抗しないと気が済まないらしいよ?(笑)



「ナルト」シリーズ、続きます。
今回は「サスケ」を作ってみようと思います。
まずはイラストから・・・
IMG_20230816_114447私もまずは自分のやり方でやらないと気が済まないので
夫の気持ちがわかると言えばわかるのです。
が、より良い方法を知っているなら、
何事も我流に固執しない方がいいのですよね。
それでも「ほれ、だから言ったじゃないの!」
と、ついこんな口調で夫を諌めてムッとさせてしまい、
結果喧嘩になるのは私の言い方も悪いかな?


今日のリス友。
IMG_9545IMG_9549IMG_9547LINEで更新のお知らせが届きます。



先月から始まった庭の改造がやっと終わりました。
当初は4週間ほどで終わるはずだったのですが、
3週間も余分にかかってしまいました。
私たちが途中でデザインを大きく変えたとか、
手に入りにくい敷石なんかを注文したとか、
そんなことは一切なかったのですが、
それでもこう言う作業が予定内で終わることは
なかなかないですね・・・
終わってみればあっという間だった気もしますが、
この作業の間は、次男の友達が遊びに来ても
芝生の上で遊んだりが出来なかったので、
とにかく終わってホッとしているところです。
では、改造前と改造後を見てみて下さい。
IMG_20230704_200950IMG_20230825_123224IMG_20230825_123248IMG_20230825_123306IMG_20230825_123339IMG_20230825_123405庭の傾斜をなくし花壇を作ってもらい、
木枠の家庭菜園の場所も作ってもらいました。
敷石で小道(?)を作ってもらったので、
これからは芝が濡れていても庭に出られます。
花壇にふかふかの良い土を足してもらったし、
来年の春に色々植えるのが楽しみ〜〜〜
家庭菜園ですが、雨季が始まるまでに一か八か、
何か育ててみようと思います。
何はともあれ、今夏のプロジェクト終了しました。



今日の人形は「木の葉丸」です。
(「ナルト」シリーズ、しばらく続きます。)
ナルトを純粋に尊敬、心酔している可愛い子、
と言うことくらいしか知りませんが・・・
イラスト、完成した人形を一気に。
IMG_20230824_122137IMG_20230825_151450IMG_20230825_173059IMG_20230825_173148
今花壇にはほとんど花がない状態なので
実は何か植えたくてしょうがないのですが、
まだまだ気温が高く乾燥した日が続いていて、
何か植えても枯らしてしまいそうです。
秋になったら球根を植えるくらいがせいぜいで、
あとは来年まで待った方が良さそう・・・
去年も今年の春を心待ちにしていた気がしますが、
今年はさらに来年の春が待ち遠しいですよ。



今日のリス友はピコチン君です。
ひまわりの種を必死に探しています。
IMG_9526IMG_9525IMG_9531
LINEで更新のお知らせが届きます。




夕ご飯を食べながら皆で話をしていたら、次男が
「友達のA君はゲイだよ。本人が言ってた。
A君はB君のことが好きで2年間頑張ったんだけど
B君はゲイじゃないから、A君も最近諦めたらしいよ。
B君はA君と一緒にいる時は変な気分だったみたい。
でもそれ、しょうがないよなあ・・・」
「あ、そうなの?最近それ聞いたの?」
「いや、ちょっと前から知ってたけど・・・」
「はあ〜本当いい世の中になったよね?
A君も普通に友達にそう言うことが言えるんだから。
それにまだ12歳なのに、もう自分の事わかってるって
すごくない?そういうの時間かかる人の方が多いのに。」
A君もB君も次男の仲良しでよく知っているのですが、
そのA君は性格も穏やかで礼儀正しくて、
しかもユニークなキャラクターで可愛い子です。
彼のご両親の事も子供を通して知っているので、
彼の「カミングアウト」も何の問題もなかったと思われ
LGBTQ+問題、私の知る限りではありますが、
着実に良い方向に進んでいるようです。
何せ、明らかに子供たちの意識が違うのですよ。
「皆違って当たり前。友達になるのに性別も関係ない。」
そう言う環境で育って来ているので、
最初からそれで差別、偏見と言う発想がない感じです。
一方、私たち大人も偏見はなくなって来ているものの、
少なくとも私は意識して寛容な人間を演じる事もあるし、
次男たちのような自然で純粋な「受容」とは違う
「頑張った受容」になってしまっている感もあります。
A君の様に「自分はこんな人間です。」と
自己紹介するみたいにゲイである事も言えるとすれば
これは「カミングアウト」と呼ぶのはおかしいですね。
しみじみ時代は動いているなあと思います。



「ナルト」人形、可愛く出来た!イエーーイ!
と思って人形を見ていたら、何か引っ掛かるのです。
あれ?可愛すぎたかな?何かがおかしい気がする。
あああああ、脚!内股に作ってしまった!
IMG_20230818_170445イラストもちゃんと外股に描いたのに、
いつもの癖で内股に作ってしまいました。
「ま、このくらいいいか?大した違いじゃないね?」
と思ったのですが、やはり気になってしょうがなく
脚の縫い合わせ部分をほどいてやり直しました。
思ったよりも簡単にやり直せたので、やってよかった!
IMG_20230818_172803IMG_20230824_151706IMG_20230824_151737
この「LGBTQ+問題」はほんの5年前と比べてみても
世の中の意識がものすごく変わった気がします。
その頃実際身近な若者がカミングアウトした時は
いかにも「カミングアウト」と言う感じで、
家族や友人への告白に逡巡があったのは明らかでした。
それに比べるとA君は迷いとか逡巡がなく、
自然に自分自身を知りそのままの自分を受け入れて、
同時に周りも受け入れてくれる事を疑っていなくて・・・
・・・しみじみ隔世の感、です。


今日は鳥友。
久しぶりにステラーズジェイが遊びに来ました。
相変わらずギャアギャアと耳障りな鳴き声です。
IMG_9494IMG_9495

LINEで更新のお知らせが届きます。




夕方、夫と庭に出て出来上がった花壇を眺めながら
あーだのこーだの話をしていたのですが、 
今年も私の背丈以上に大きく育ったダリアを見て
「これは何て言う花なの?」と聞くので、
「ダリアなのだ〜」と教えてあげたのです。
IMG_20230822_183511「まだ一度も切り花にして飾ったことがないよね?」
と言うので「いや何回もあるのだ。」と返事をしたら
「あれ?何でここにトマトがなってるんだ!?」
と急にびっくりしたように言うので、
「はあ?今年はトマトなんて植えてないけど?」
と思いながら彼の指さす方を見たならば・・・
「あ、本当だ、トマトなってるね。(棒読み)」
IMG_20230822_183621
たった今「これはダリアだ。」つったばかりだよ?
「あ、これはダリアの蕾か・・・てへっ」
「こっちがトマトだった、そうだそうだ。」
今度は花の終わった芍薬を指さしている人がいた。
IMG_20230823_175758
まあ八重咲きの花は全てバラに見えていた人なので
今更驚く事もないのでしょうが・・・
人って関心がないとこんな事になってしまうと言う、
本当にいい例なのかもしれません。
また夫をおちょくってしまった・・・
だけど、毎回どっと疲れるよ〜〜〜



「ナルト」人形の続きです。
ここまで出来ました。
IMG_20230816_153110IMG_20230816_153918IMG_20230816_160045それでも毎回私に心底呆れられて悔しいのか、
だいぶ花の名前も覚えた気がするのですが、
時々ツッコミどころ満載の頓珍漢なことを言うので
他所ではあまり知ったかぶりはしないでくれよ?
と思ってしまうのでした。(笑)


今日のリス友。
久しぶりのピコチン君です。
IMG_9427IMG_9428

LINEで更新のお知らせが届きます。


月曜日から次男が日帰りキャンプに参加しています。
以前住んでいた所のお隣さんに年の近い兄妹がいて
次男とは毎日のように一緒に遊んでいたのですが、
彼らがそのキャンプに参加すると聞いて
次男も参加する事にしていたのです。
一体どんな活動をするのかと思っていたら、
月曜日は湖で魚釣り、昨日はザリガニをとったらしく
今までどちらもやった事のない次男にとっては、
とても新鮮な経験だった様です。
どうやってザリガニを捕まえたのかと聞いたら
「手で捕まえた。」と・・・
大きいのから小さいのまで沢山いて、
約15人で150匹近く捕まえたらしく、
私はてっきりその場で逃したのかと思ったら、
油で揚げてみんなで食べたのだそうで、
そのワイルドさにかなりびっくりしてしまいました。
次男は「結構美味しかった!」と言っていましたが
前日の釣りで獲れた魚は皆逃したと聞いていたので、
「ザリガニ食べたの!?」と本当驚きでした。
それにしても、次男もよくぞ素手で捕まえたもんだ。
指を挟まれたらしく傷を作って帰って来ましたが、
近所にザリガニのいる沼や小川がある訳でもないし、
こんなことでもないと経験できない事なので、
何はともあれ良かったです。

私も子供の頃はよくザリガニとりをしました。
大抵虫採り網ですくってとっていたので、
すぐに網が壊れてしまって・・・
でも最初に何匹かとったら今度はそれを餌にして
長い草にザリガニの身をくくり付けて共食いさせて
ザリガニを釣ったものでした。
春には実家の芹田にカエルが毎年沢山卵を産んだので
おたまじゃくしを捕まえたこともあるし、
祖父と一緒にドジョウを捕りに行ったことも。(笑)
田んぼの畦道にうずらの卵を見つけた事もあるし、
本物の田舎者は(笑)キャンプに行かなくても
釣りでもザリガニとりでも色々楽しめましたが、
この辺りではなかなかそうは行きません。



「ナルト」人形の続きです。
イラストをもとにこんな風に生地を用意しました。
IMG_20230816_124214このキャンプ、良い経験をしているなあと思う反面、
実はこんな風に安全に設定された中での経験な訳で
小さな怪我すら「お金を払って」させている感覚もあり
自分の子供の頃と比べて複雑な気持ちになってしまいます。
う〜ん、今の時代しょうがないのかなあ?


今日のリス友。
水分補給中のモフモフちゃん。
下顎がびしゃびしゃです。
IMG_9490IMG_9491

LINEで更新のお知らせが届きます。




過去5年くらいの間に「気候変動」が確実に加速して
地球全体がとんでもない事になっているのは
世界中の人が肌で感じている事だと思いますが、
もう不可逆ポイントを超えたらしいですね・・・
これからどんなに頑張ってももう元に戻れないポイント、
転換点、臨界点は「ティッピングポイント」と呼ばれて
多くの研究者が、既にそのポイントを超えてしまった事を
色々な現象から確信しているとか・・・

日本なら異常な夏の暑さや豪雨だと思いますが、
アメリカも猛暑、ハリケーン、竜巻、豪雪などから
森林火災、旱魃、洪水被害などが激増していて、
きっと日本でも大きなニュースになっていますよね。
一昨日は、カナダの大規模森林火災の煙が流れてきて
遠く離れたオレゴンの空の色まで変わってしまい、
煙のせいで太陽がオレンジ色に見えて空気も煙くさく、
結局一日中窓を閉め切っているしかありませんでした。
10年前のオレゴンを思い出してみると、
大々的にニュースになる様な森林火災の記憶もないし、
第一に夏にエアコンを使う日なんて数えるほどで
窓を開ければ快適に過ごせるのがオレゴンの夏なのに、
ここ数年は40度前後まで気温の上がる日もあって
「温暖化」の方を嫌でも肌で感じる様になりました。
この肌感覚で気候変動を感じる様になっている事が
既にもう手遅れなサインなのだそうで、
そうなると、百人いたら百人が何かしら感じている今、
「本当にもうダメなんじゃないか・・・!?
10年後ここに住めているかどうかすら怪しい・・・」
と思う様になっています。
「オレゴンは自然災害がなくて本当に住み良い所だ。」
とずっと思ってきましたが、状況の変化は激しいです。



今回は「ナルト」を作ってみようと思います。
以前、カカシ先生やヤマト隊長を作りましたが、
「ナルトも!」と思いながらなかなか作らず。
・・・では、まずはイラストから・・・
IMG_20230816_114346「エコだから〜」と言ってリサイクルに励んだり
牛肉を食べるのを減らしたりしてきましたが、
所詮は小手先の気休めなんですよね・・・
じゃあ何をすればいいんだ?私も全くわかりません。
森林火災のニュースをあれこれ見ているうちに
ただただ不安な気持ちになってしまいました。


今日のリス友。
久しぶりに「白腹毛族」のこの子です。
丸ごと一本お持ち帰りです。
IMG_9506IMG_9507IMG_9508IMG_9509IMG_9510IMG_9511

動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。


↑このページのトップヘ