原田マハ著「リボルバー」を読みました。
IMG_20231112_145059以前読んだ「たゆたえども沈まず」に感動して
( 「たゆたえども沈まず」を読みました。 )
続編のようなこの本も読んでみましたが、
今回も読後感がとても良かったです。


幼い頃からゴッホとゴーギャンの絵画に魅せられ
美術絵画を学び続けて彼らの研究者となった高遠冴は
今はパリの小さなオークション会社で働く若い女性。
ある時、その会社に「ゴッホを撃ち抜いたもの」
と言う、一丁の錆びついた拳銃が持ち込まれます。
が、依頼人にはその事を証明するものは何もなく、
冴はその曰く付きの拳銃の真実を探るべく
ゴッホの画家としての人生をまた辿る事になります。
「ゴッホを死に至らしめたのは拳銃であった」事は
永遠に変わらない事実であっても、
その時実際に発砲したのは誰だったのか、
どうして発砲したのか・・・それはいまだに謎のまま。
ゴッホが一方的な形で慕っていたゴーギャンとの関係や
ゴーギャンがゴッホの才能をどのように感じていたか、
ゴッホ亡き後のゴーギャンのタヒチでの生活や家族など
冴のたゆみなく続けられる研究と彼女の感性によって
それらが解き明かされていく感じが清々しいというか、
心から敬愛する画家たちへの深〜い愛が感じられて
とっても良い物語でした。
ゴッホやゴーギャン、絵画が好きな人には勿論の事、
あまり興味がないと言う人にもお勧めの本です。



「小池さん」人形、ここまで出来ました。
明日は「ラーメン」登場です、お楽しみに!
IMG_20231003_145515IMG_20231003_151732IMG_20231003_152514「もしゴッホの絵が生前に評価されていたら?」
この「もし・・・」は皆が思うところだと思います。
生前全く絵が売れず弟に頼りきりだったゴッホと、
没後の彼の絵に対する評価には差がありすぎて・・・
だからこそ、その辺にドラマチックなものを感じて
益々彼の絵に惹かれるって事もありそうですが。

原田マハ氏の本はどれも本当に面白いので
また何か読んでみようと思っています。



今日のリス友。
ピコチン君です。
IMG_0401
ライブドアアプリでフォローが出来ます。