井原忠政著「鉄砲大将仁義」を読みました。
「三河雑兵心得シリーズ」の第6弾です。
IMG_20240420_195337百姓から足軽となり、そこから自身の才覚と人徳と
周りの人々の引き立てにより出世を続ける茂兵衛。
28歳の時に松平家の女を嫁に迎えて所帯も構え、
足軽大将となって立派な騎乗の身分となりました。
鉄砲隊50人、槍足軽40人、小頭9人、寄騎三騎の
100人余りを率いる立場です。
そして今の俸給は250貫(約2500万円)!!!
が、その出世の分家康からの要求も難易度が上がり、
黙って従うしかない茂兵衛なのでしたが・・・

今回はまず、徳川側につく事を密約した穴山梅雪
(武田軍の重鎮)の妻子を奪還することが使命に。
次には、家康が顔色を伺い従っている織田信長の
その嫡男「信忠」に取り入って気に入られる事。
将来を見据え信忠と昵懇になる事を画策する家康に
あれこれ振り回される茂兵衛でしたが、
結果信忠に破格の俸給で織田側へ移る事を提案され
ついつい心が揺れてしまいます。
が、茂兵衛を信じ続ける重臣・本多平八郎の心を知り
徳川軍で働き続ける事を心に誓う茂兵衛なのでした。

今回も茂兵衛の人柄に癒されホロッとさせられ
楽しく読めました。



「四葉ちゃん」人形の続きです。
イラストをもとにこんな風に生地を用意しました。
IMG_20240429_161241今回は茂兵衛を取り巻く女性たちの話も面白く
またまた楽しく読めました。
特に茂兵衛の初恋の人・綾女との再会の場面は
茂兵衛らしさ炸裂!嬉しくもあり切なくもあり・・・
出会いから14年、茂兵衛36歳、綾女30歳。
二人がどうなったのかは本を読んでのお楽しみ〜 



今日のリス友はポコチン君です。
IMG_1367ライブドアアプリでフォローが出来ます。