人魚がドレスに着替えたら

美しい自然がいっぱいの、アメリカ・オレゴン州に住んでいます。 手芸が大好きで、今はせっせと着せ替え人形を作る日々です。 出来上がった人形の紹介や日々の出来事、庭に遊びにくるリス友の様子など、いろんなことを綴っています。

カテゴリ:プリンス・プリンセスの着せ替え人形 > プリンセス


宮澤賢治の詩「雨ニモマケズ」を全文唱え
徐々に元気になってきたのですが、
他にも「元気が出ない時の処方箋」があって(笑)
それは羽生結弦君が大好きな友達に教えてもらった
ゆづファンに一番人気の演技の動画なのです。
震災の翌年2012年の世界選手権での演技で
10年前の結弦くん、とっても若い!
映画「ロミオとジュリエット」の曲に合わせた
もう渾身の演技で涙無くして観られない
(コーチも泣いてる!)本当に感動の演技です。
途中何でもないような所で一度転んでしまうのですが、
この転倒が逆にこの演技を特別なものにしていて
ファンの皆さんに一番人気なのもほんとわかります。
この動画を見るたびに感動して泣けて泣けて
そのあとは気持ちが自然と前向きになるのでした。
この動画を教えてくれた友達に感謝です!
ほんと何回観ても泣ける〜〜〜



今日の人形は「ロミオとジュリエット」に因んで?
ちょっとお姫様っぽい人形を・・・
今日の脇役のロミオは「なんちゃってロミオ」で、
実は「イケメン王子」です。
このお姫様人形は髪の毛に二色のリボンを編み込んで
頭部に縫いつけてあります。
IMG_20220711_180115IMG_20220711_180228IMG_20220711_180424IMG_20220711_180546IMG_20220711_180918


映画「ロミオとジュリエット」の曲が
ロマンチック+ドラマチック+荘厳な感じで
すごく良いですよね?
若い頃のレオナルド・ディカプリオのロミオが
とてもカッコ良かったし、ジュリエットも超可愛くて
悲劇だけれど、本当にどこまでもロマンチックで
映画自体が好きだったので、結弦君の演技を見ながら
最初は感情移入しまくりでした。
今更ですが、レオ様ってまあすごい俳優ですね。
彼を初めて観たのは「ギルバートグレイプ」だったか、
淀川長治氏が絶賛していたので観たのですが
10代の頃からすでに只者ではなかった・・・
最近ので唸りに唸ったのは「レヴェナント」でした。

結弦くん然りレオ様然り、ほんとすごい。ありがとう!
ほんと「ありがとう!」この一言に尽きます。
おかげでどんどん元気になってきたよ〜〜
もっと早く観れば良かったよ〜〜〜(笑)


今日のリス友。
あられもない格好で失礼します。(笑)
つい目が「一点」に釘付けになりますね。
IMG_6033


動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。




私の人形作りに必要な道具は色々ありますが、
特に便利だなあと思って使っているものに
「鉗子」があります。外科医! 
IMG_20211115_171658


















私の人形作りには必需品で、
今使っているのは「ぺアン」と呼ばれるもの?
本当に医療用なのかどうかは私にはわかりませんが、
とある手芸動画でこの道具を使っているのを見て
「すっごい便利そう、欲しい!!!」と思い
名前もよくわからないままAmazonで検索して
「きっとこれだ!」と注文したのものです。
最初はこの鉗子のある場所だけ変な空気で
なんだか消毒液の匂いが漂って来そうでしたが(笑)
いまではなくてはならない大事な道具です。
布を縫い合わせた後、布を表に返すときに
この鉗子が大活躍〜
以前は割り箸を使って布をひっくり返していて
それが地味に大変だったのです。
でもこの細くて長い先端のギザ歯のおかげで
薄い布でも厚い布でもしっかりとはさめて、
小さな布を表に返すのも本当に楽になりました。
手元にギザギザのラッチがついているので
生地を挟んでそのままロックもできるのです。
やはりこれは本物の医療用鉗子か・・・?
嫌でも外科医気分が盛り上がるな。(笑)
それにしても、これを手芸用に使い始めた人、
素晴らしい!!!


今日の人形は「リトルマーメイド」です。
マーメイドの人形は何度も作っていますが、
これは動画用に特別に作りました。
マーメイドはすでに作り方を紹介しているので、
今回の動画では、このリトルマーメイドのための
ドレスの作り方を紹介する予定です。
IMG_20211112_142159 copyIMG_20211116_140056 copyIMG_20211116_135728 copy























































便利な道具が色々揃っていると
人形作りもますます楽しくなります。
自分が作業しやすいように自作した道具もあって
これらはどこにも売っていない私だけの秘密兵器!
「こんな便利なものを持っているのは世界で私だけ、
いやこの広い宇宙で私だけなのだ!ウワッハッハ〜」
と、一人悦に入ることもできます。


今日のリス友。
伸びーーーー!!!
IMG_3038IMG_3039IMG_3044























































動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。


アメリカの学校では特に小学校のうちは
「Pajama Day」だの「Crazy Hair Day」 だの
ちょっと面白い日が色々用意されています。
「Pajama Day」は、はい、パジャマで登校する日。
先生もパジャマを着て学校に来ます。(笑)
もちろん普通の服を着て行ってもいいのですが、
ほぼみんなパジャマのまま登校。
これを日本でやったら大変なことになりそう・・・
まずみんなパジャマの新調を考えるのでは?
アメリカでは小さな頃からこれをやっているので
慣れているのか、普段のパジャマで来ています。
「面白い帽子をかぶってくる日」とか
「スポーツ関連の服を着てくる日」とか
「スクールカラーを着てくる日」もあります。
次男の学校でも先日は「Pajama Day」でした。
好きなぬいぐるみを持って行っても良かったので
前日はどれにしようかと悩んでました。


今日の人形は「ラプンツェル」です。
とにかく髪の長いのがこのプリンセスの特徴なので
かなり髪の毛を長くしました。
いつもならきっちりと三つ編みを作るのですが、
この人形はざっくりとゆるい三つ編みにしてあります。
きつく編むと崩れないのでいいのですが、
逆にゆるく編むと手触りがとても柔らかくなります。
編んだ髪に造花をたくさんつけて可愛くしました。
プリンセス大好きさんには喜ばれそうです。
明日、この人形の作り方を動画にする予定です。
IMG_20211101_151922 copyIMG_20211104_101444 copyIMG_20211104_101859 copy
























































今回の「Pajama Day」は、学校に行ってみたらば
なぜか5年生だけのものだったらしく
(普通は全学年一斉にやるものなのですが。)
次男がトイレで用を足していたら
隣にきた4年生の子がジロジロ見てきて
「パジャマ着てる?」と聞いてきたんだそうです。
次男もそれで初めて5年生だけの特別な日とわかって
「ふふ、羨ましいだろう?」的な視線を返したとか。
子供っていいなあ〜(笑)


今日のリス友。
警戒しつつもやっぱりクルミが欲しいリス友、
後ろ足がミニョ〜ンと伸びてます。(笑)
IMG_20211024_153556


















動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。


長男の誕生日に外食をした時のことです。
初めて行ったレストランで、トイレのドアに 
MEN、WOMENの代わりに「PEOPLE」の表示。
もう一方のドアには「PEOPLE ,TOO」
次男が気がついて面白いと教えてくれたのです。
おそらく以前は MEN、WOMENだったのでしょうが
今のジェンダーフリーの社会を後押しするように
レストランやカフェ、スーパーなどなど、
トイレの表示がどんどん変わって来ています。
個室がずらっと並んだような大衆トイレでは
そんな表示に変えるのは難しいと思いますが、
個人経営のお店では、こういうところにも
その経営者の価値観が反映されて来ます。
案外そういう所を利用客は見ていますよね?


今日の人形は「シンデレラ」です。
プリンセスのドレスなのでサテン地を使いましたが
無地なのでどうしても単調になりがちです。
レースやリボンを使って頑張りました。(笑)
この人形の動画も今作っている所です。
IMG_20210911_154600 copyIMG_20210911_155158 copyIMG_20210911_155614 copyIMG_20210911_155518 copy











































































先日オレゴンの免許証に書き換えるため、
夫と一緒に手続きをして来ました。
性別を申告する時の選択肢が3つになっていて
「男性」「女性」「不明」から選ぶように。
私は「女性」を選びましたが、
夫は「不明」を選択したようです。
次からは私もそうしようかなと思いました。
夫のように「不明」を選ぶ人が増えれば
きっと性別など問われない社会になるはず。


今日のリス友。
後ろになんかいるよ。(笑)
後ろの彼、なんだか小さな狐に見えます。
IMG_2716






















動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。


リス友の餌台にはリス友やチビリスだけでなく
カラスやムクドリのような野鳥もやってきます。
その中に「ステラーズジェイ」という鳥がいます。
結構大きな青い鳥です。
IMG_2605


















頭のとんがりも可愛いしほんとに美しい鳥です。
仲間に「ブルージェイ」というのがいて、
これは頭も青いので「ザ・青い鳥」という感じ。
でもこの鳥たち、鳴き声が本当に残念なのです。
しわがれ声で「ギャアギャア」「ギェーギェー」
と、それこそ小さな怪獣みたいな声。
最初聞いたときは、美しい見た目とのギャップに
なんか悲しくなりましたよ、ほんと。(笑)
こういうのってよくある昔話や童話を思い出させて、
「美しさを鼻にかけて地味な鳥をいじめる彼らから
神様はその美しい声を奪ったのです。」
とか、ありそうじゃないですか?(笑)


今日の人形は「白雪姫」です。
アイコンとして使ったりしている人形ですが、
今この人形も動画にしようと頑張っています。
この人形も鮮やかな色ばかりを使っているので
作り映えがして元気が出る人形です。
7人の小人さんも一緒だとほんと元気色だらけ!
IMG_20210905_153431 copyIMG_20210905_153616 copyIMG_20210901_160749 copyIMG_20210901_161140 copy 2










































































昔読んだ椎名誠氏のエッセイの中に
「ラクダの鳴き声は超汚い or 不愉快な音だ」
という箇所があって「ビリャア〜ブジャア〜」
みたいなほんと変な擬音が並べてあったのです。
鳴き声が残念な鳥を見ていたら思い出しました。
ラクダの鳴き声って聞いたことがないので
そこまで酷いのかわかりませんが(ググる?)
なぜ、その声?っていう動物が時々いますね。

せっかくなので「ラクダの鳴き声」ググりました。
確かに酷い。長いこと聞いていたくない。(笑)


今日のリス友。
リス友は「キュンキュン」と甲高い声で鳴きます。
鳴き声まできゃわゆいリス友です。
IMG_20210902_173638





















動画も作ってます。


LINEで更新のお知らせが届きます。


私は幼い頃、いつもより長めのスカートや
ふわっと広がるスカートを履くと、
一気にお姫様気分になってウキウキしたものです。
生地は大抵コットン、柄もチェックだったり
単純に無地だったりしましたが、
その一枚のスカートが一瞬で私を
イケメンプリンスとの恋物語の世界に
連れて行ってくれたのですから、
妄想力って本当にすごいです。(笑)

私の子供の頃には
パープルは大人の色という感じがあって、
子供服ではあまり見かけない色だったと思います。
でも今はパープルが好きという子が多いようです。
実際、子供服にはパープルの服がいっぱいあって、
そしてとってもおしゃれです。
今回のプリンセスもパープルのドレスを着ています。
生地には模様が織り込んであり華やかさがあります。
P1100323_NEW
冠も含めてアイテムは5点です。
P1100324_NEW
スカートが短すぎたみたいです。(笑)
P1100325_NEW
花冠をつけて可愛らしく。
P1100326_NEW
ビーズをつけて華やかなチュチュ に。
P1100327_NEW
シンプルなチュチュもまた可愛い感じです。

プリンセスの人形は華やかさを出すために、
コットンではなくサテンなどの化繊生地を
使うことが多いです。
光沢や生地に織り込んであるデザインなど
生地選びは大事です。
でもコットン生地に比べると選択肢は少なくて、
コットン生地を選ぶときよりも
テンションは低めになってしまいます。(笑)


LINEで更新のお知らせが届きます。


シンデレラや白雪姫のように、
誰もが知っているプリンセスももちろんいいですが、
私自身が今子供だったならきっと喜びそうな、
世界に一つだけのプリンセスを色々作ってみました。
子供の頃、着せ替え人形は持っていませんでしたが、
プリンセスの出てくる物語を読むたびに、
イケメン王子様との恋物語を妄想していました。
なので、実際にこんな人形を持っていたなら、
きっと時間を忘れて夢中で人形遊びをしていただろう
と思います。

花冠のような小物は、それだけで雰囲気が変わるので
私の好きなアイテムです。
P1100328_NEW
光沢のあるサテン生地を使いました。
P1100330_NEW
花冠がよく似合っています。
P1100332_NEW
いつものチュチュ を長めに作り、ちょっと優雅な感じに。
P1100331_NEW
ビーズやリボンを使って華やかなチュチュ にしました。

チュチュも私の好きな替えアイテムで、
どの色を使っても
仕上がりがふわっと優しくできるので
いろんな色のチュチュ を揃えています。


LINEで更新のお知らせが届きます。
                


プリンセスのドレスといえば、
シンデレラなら薄い青のドレスにロンググローブ、
白雪姫ならしまのパフスリーブのドレスに
頭に真っ赤なリボンと言うように、
すでに決まったイメージがあると思います。
私も物語の中のプリンセスの人形を作るときは、
それに倣ってデザインを考えています。
私の人形は基本的にとてもシンプルなので
実際には細かい装飾は省いていきますが、
今回紹介する白雪姫の着せ替え人形は色が大切で、
鮮やかな色で白雪姫らしさを出しました。
このブログの背景画像として使っているのが
その白雪姫です。

パステルカラーの優しい色合いも大好きですが、
この白雪姫のように全てがビビッドカラーなのは、
作っていてもワクワクして来ます。
P1100030_NEW
替えのスカートにマントや花冠など
アイテムがいっぱいです。
P1100032_NEW
「The 白雪姫」と言う感じでしょうか?
P1100033_NEW
マントを留めるボタンはハート型で可愛く。
P1100039_NEW
ブルーのドレスもよく似合っています。
P1100035_NEW
ピンクのチュチュ と花冠。

替えのアイテムがたくさんあって、
色々楽しめる着せ替え人形が出来たと思います。       
リボンや花冠など替えアイテムとしては
脇役のようなアイテムも、
一つあるだけで人形の表情が明るくなるので、
私の好きなアイテムの一つです。


LINEで更新のお知らせが届きます。                                


プリンセスが登場する物語は色々ありますが、
結局、王子様とは結ばれずに
悲しいエンディングを迎えるプリンセスは
人魚姫だけではないでしょうか?
子供の頃に読んだ童話の中の人魚姫の物語は、
挿絵も美しくて私は大好きでした。
声を失って王子様に思いを伝えられなかった人魚姫、
「手紙を書くとか他に方法はなかったのか!?」
と、子供心にももどかしく思ったものです。(笑)
それでも人魚姫のひたむきな愛には心打たれて、
好きなプリンセスといえばずっと人魚姫でした。

今日の人形は人魚姫にもなれる楽しい人形です。
ドレスも頑張って作りましたが、
もう少し光沢のある生地の方が良かったかも。
IMG_20210309_113051
替えのアイテムが色々。
IMG_20210309_113402
人魚が岩場に座っているイメージで。
IMG_20210309_113630
花柄のスカートで普通の女の子に。
IMG_20210309_114116
チュチュで可愛らしく。
IMG_20210309_114155
このままではずっと普通の女の子まま?
IMG_20210309_114439
プリンセスになりました!

子供の頃の自分にこの人形をプレゼントしたい!(笑)


LINEで更新のお知らせが届きます。

↑このページのトップヘ