人魚がドレスに着替えたら

美しい自然がいっぱいの、アメリカ・オレゴン州に住んでいます。 手芸が大好きで、今はせっせと着せ替え人形を作る日々です。 出来上がった人形の紹介や日々の出来事、庭に遊びにくるリス友の様子など、いろんなことを綴っています。

カテゴリ: 作ってみようシリーズ


昨日ヤフーニュースをちらっと見たら、
その中の小さな記事の一つにこんなのがありました。
5歳になる息子に未だ授乳をしている女性に
批判の声が上がっているとかなんとか・・・
いずれその子もおっぱいは飲まなくなるし(なるよね?)
そう言うのは本当個人の自由でいいと思うのですが 
実は私の叔父も5歳までおっぱいを飲んでいた人で(笑)
その話を聞いた時はやはり驚いたのとおかしいのとで
「なんでそんな5歳まで飲んでたの?」と聞いたら、
「誰もやめろって言わなかったもの・・・」と。
叔父は5人兄弟の末っ子、祖母も40歳すぎて産んだ子で
きっと可愛くてしょうがなかったのでしょう。
叔父には大分歳の離れた姉がいて(私には伯母ですが)
その頃は彼女が毎晩叔父の寝かしつけをしていたらしく
叔父が、「今からおっぱい飲んでくるから待っててよ。」
(実際は東北弁ですが理解不能かもしれないので。笑)
と言ってから祖母のところに行っていたとか・・・
叔父はなんて幸せな人だったんでしょう。
ヤフーニュースを見てこんな事を思い出しました。(笑)


今回は「ミツバチ」を作ってみようと思います。
昆虫が続いていますが・・・
イラストをもとに型紙を作りました。
羽根以外はチョウチョの型紙と同じです。
IMG_20220930_134440IMG_20220930_141937そう言えば妹も3歳までおっぱい飲んでたっけ・・・
その頃実家で自営業(田舎の何でも屋)をしていたので
商品を卸しにくる「卸し屋さん」が何人も出入りしていて、
卸し屋さんがお茶を飲んでいく事も多かったのですが、
お茶出しを終えた母のエプロンの下に潜っている妹を見て
卸し屋さんが「あれ?まだおっぱい飲んでるの?」と。
妹は標準より大きな子だったので益々驚かれたのかも。
そう言われて妹は恥ずかしそうにしながら、
更にエプロンの下に潜り込んで行ったのでした。


今日のリス友。
デッキに置きっぱなしの自転車に乗って。(笑)
IMG_6978IMG_6984


動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。


結婚当初はちゃんと結婚指輪をしていたのですが 、
毎日炊事をしたりするうちに、指輪をしている部分だけ
赤くなって痒くなったり荒れたりするようになりました。
水を使ったあとしっかりと手を拭いたつもりでも、
指輪の下にどうしても水気が残って、
それが原因で赤く荒れてしまうのでした。
夫も似たような症状があって、結局二人して指輪を外し
気がつけばそのままかなりの年月が経過・・・

最近、週末夫婦で出かけるようになったので
( 「夫婦で外食」すると何かが変わる? )
ずっと使っていなかったアクセサリーを出してみました。
そしたらその存在すら忘れていた結婚指輪が出てきて
「あ、そう言えばここに入れっぱなしだった・・・」
と何気なく左の薬指にはめてみたのですが・・・
えええ、なんだろうこの嫌〜な感じ?
久しぶりに指輪をつけたからなのか、急に指が重く感じて
例えるなら、まるで手枷足枷をはめられたような
奴隷になったような暗い気分になりました。
えええーーーなんで?この指輪呪われてる?(笑)
はあ〜長い年月を経て私の結婚観は確実に変化したし
「結婚指輪」に対する考え方も変わりました。
結婚したての時はそれこそ指輪をはめた薬指を
幸せ気分でうっとり眺めた時だってあったのです。
でも今はその指輪が、奴隷につけられた重い鎖か何か
忌まわしいものに感じてしまうのです。本当極端。
夫も結婚指輪はもう二度とつけないと思います。
この結婚は失敗だった!と結論づけている訳ではなく、
本当二人して結婚観が変わった、そう言うことです。
いやあ、それにしても、今回結婚指輪した時の感じ
なんか本当嫌だったわあ・・・
もう呪いの結婚指輪にしか見えない・・・


「チョウチョ」を作ってみよう!(その5)です。
お着替え編ですが、羽根を外した場合は
これは何虫と呼んだら良いのでしょうか?
IMG_20220917_123051IMG_20220917_123226IMG_20220917_123340IMG_20220917_123421IMG_20220917_124018IMG_20220917_123652以前夫に聞いたことがありますよ、
「今の記憶をそのまま持って行けるとしたら、
来世ではまた誰かと結婚する?」と。
答えは「 NO!」私も「 NO!」です。(笑)
本当結婚制度にこだわらなくてもいいし、
もっともっと自由に家族を作っていっていいと思います。
「結婚」という契約はやはり重いです。
もっと軽やかに生きたっていいですよね?


今日のリス友。
「クルミ最高〜〜〜  」
IMG_6808


動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。



食料品の買い出し頻度って普通どれくらいなのでしょう?
うちでは基本的に買い出しは週に一回です。
毎週決まった曜日に夫と一緒に一週間分をまとめ買い。
歩いていける距離にスーパーがないので
とは言え、車でなら10分もかからない距離ですが、
それでも、ざっと行ってざっと買ってざっと帰ってくる、
毎週これを繰り返しています。 
食料品の買い出しって面倒だし大変じゃないですか?
今の時代宅配を使ってもいいのでしょうが
今はまだ自分の目で確かめて買いたいので、
毎回「面倒だな。」と思いながらも出かけています。
なので買い出し回数は最低限にしたいのです。
で、一週間分の食料となると結構な量になる訳で
(ポテチの大袋なんて買うとさらにがさばる・・・)
レジの人に「週末パーティーでもするの?」
と頻繁に聞かれてしまいます。
その度に、一度にこんなに買う人はパーティーする人?
他の人は普段の食料品はもっと頻繁に買い出しするの?
と疑問が浮かんでくるのです。
実際レジに並んでいる人たちのカートを見れば
明らかに私たちの買っているものより少ない。(笑)
私たちは毎回同じようなものしか買わないので
それぞれにカートを押して手分けして買う方式。
そして会計の時にはカート2つが食料品でいっぱい!
やっぱり、週末パーティーやる人達か・・・



「チョウチョ」を作ってみよう!(その4)です。
コットンを詰めてやっと完成しました。
いつも作っている人形よりも大分小さ目なので
それだけでもなんだか愛らしい印象に仕上がりました。
羽根はスナップボタンでつけたり外したりできます。
明日はお着替え編です。
IMG_20220915_140228IMG_20220915_140259IMG_20220915_140442IMG_20220915_140540私たちが普段行っているスーパーは
「 Trader Joe's (トレーダージョーズ)」と言うお店で、
店舗がこじんまりとしていて、買い物がしやすいのです。
その分、何から何まで揃っている大型スーパーと違って
お店のこだわりで品物が厳選されているのもいい。
値段も良心的だし、どこに引っ越してもずっとここです。
ほんと毎回似たような品物しか買わないので、
夫と分担したらあっという間に買い物は終了です。
お店に入ってから出るまで30分かな?
「あれ新商品じゃない?美味しそう、買ってみる?」
「今週はどんなのが食べたい?」そんな会話は皆無。
お互いのミッションはもう決まっているので(笑)
それぞれの判断で品物をカートに入れて行き
毎回脇目もふらずにミッションをこなしています。
それにしても、週一30分の買い出しなのに・・・
心底面倒臭くてしょうがない私です。
なぜこんなにも嫌なのだろうか?我ながら謎。



今日は鳥友です。いつものステラーズジェイです。
IMG_6768IMG_6769



動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。




昨日、オレゴンに住む唯一の友達が遊びに来てくれて 
久しぶりにゆっくり話をしました。
やはり直接会って話をするのはいいですねえ。
話題は尽きず楽しい時間を過ごしました。
これまでその友達が遊びに来てくれる時は
ケーキ類を作ることが多かったのですが、
今回は久しぶりに「ずんだ団子」を作りましたよ。
本当なら新鮮な枝豆を使いたいところですが、
それはちょっと無理なので冷凍枝豆で代用。
冷凍枝豆はスーパーに行けばどこでも売っていて
「大豆=健康食品」なのでここでも大人気なのです。
今は「ずんだ大福」「ずんだアイスクリーム」
「ずんだどら焼き」「ずんだシェイク」などなど
日本にいたらずんだ尽くしで楽しめますが、
ここでは自分で作るしかないので、
ついでに、あんこ、胡桃あん、ごまあんも作りました。
こんな事でもないと「ずんだ」を作ったりしないので
友達が遊びに来てくれたおかげで、
久しぶりに「ずんだ」を食べることができましたよ。
胡桃やごまに比べるとかなりあっさりしていますが、
私にとっては本当に懐かしい味です。
IMG_20220916_213600




























「チョウチョ」を作ってみよう!(その3)ですが、
少しづつ出来上がって来ました。
羽根が目立つように、本体は小さめにデザインしましたが、
全体のバランスとしてはちょうどいい感じです。
羽根を作るのがなんだかとても楽しかったです。
最後に、本体と羽根にスナップボタンをつけました。
IMG_20220915_131740IMG_20220915_132346IMG_20220915_133318IMG_20220915_134442IMG_20220915_134545


昔ずんだは夏だけに食べられる特別なものでした。
枝豆を茹でて豆を鞘から出し、薄皮を取り除いて
すり鉢ですりつぶして・・・
結構手間がかかる事でも特別感がありましたが、
いつの頃からか母が茹でた枝豆を冷凍するようになって
お正月にずんだが出てきた時には感動しました。


今日のリス友。
ふわふわの後ろ姿・・・IMG_6761



動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。




日本のスターバックス事情はわかりませんが、
近所のスタバはパンデミック前の営業形態に戻りました。
と言うのは、パンデミック前は「マイカップ」持参で
注文したコーヒーを入れてもらうことが出来たのですが、
パンデミックが始まってからは、感染対策の一環で
ずっとそれは出来なくなっていたのです。
でもそれも無くなって、以前通り「マイカップ」可に!
私は普段はほとんどスタバには行かないので
マイカップにコーヒーを入れてもらった事はありませんが
頻繁に行く人ならば、この「マイカップ」システム、
やはり環境に優しいのではないかと思います。
でも店員さんからすると、きっと「マイカップ」は
面倒な注文の部類なのではないかと・・・
注文をプリントしたシールは客のカップには貼れないので
別のもので対応しないといけないし、
他の注文を個人のカップに入れ間違えたら作り直しです。
それでも私たち人間のひと手間が環境保護に役立つなら
面倒でも頑張ってやった方がいいですね。



『「チョウチョ」を作ってみよう!(その2)』
まず生地をこんな風に用意しました。
羽根や触覚用に硬めのフェルトを切ったり、
いつもの人形よりも準備するパーツが多かったです。
今日はここまで。
IMG_20220914_151101しばらく前から読んでいる「人新世の『資本論』」
( 『人新世の「資本論」』を読んでいます。 )
まだ読み終わりませんが、先進国に住む人間たちの
過剰な消費活動や経済成長を求め続ける生き方が
環境や貧困の更なる悪化に結びついていることなど、
詳しく書いてあります。
自分が今までエコだと思ってやって来た事も、
「やらないよりはマシ」程度のことのようです。
じゃあ何をしたらいいの?
「マイカップ」よりももっと大きなアクションは?
答えが見つかるかもしれないので、
とにかく早くこの本、読み終えないと。


今日のリス友。
この子が何度か手からクルミを食べてくれたのですが、
それ以来、私の姿を見ると「クルミは?」の表情で
私の動きを追うようになりました。
まだ警戒心も強く、すぐに近寄っては来ないので、
クルミを餌台に置いてあとはそっとしておいてます。
IMG_6738IMG_6739

動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。



ただただ人形が作りたいからと、
自分の心に正直に、わが心の声にそのまま従って 
毎日のように人形を作り続けてきましたが、
待てよ、もしかして心の声に従いすぎたかも?
と今頃急に冷静になりました。
先日から販売準備を続けていますが、作業途中も
「本当こんなに作ってどうするつもりだったの?」
と自分ツッコミが何度も止まらなくなって、
もう最後までボケ倒そうかとも思いましたが(笑)
流石にそれはまずい・・・
何がまずいかと言って、本当人形をしまう場所がない。
それもあって販売を再開することにしたのですが
販売を始めてすぐに売れるわけでもないし、
このままでは本当まずいよ〜〜〜やばいよ〜〜〜
「人形作りたい病」本当深刻なのです、実は。
暇さえあればミシンの前に座って人形を作ってしまう、
ひどい時は夜もミシンの前に座ってしまう・・・
私の生活は家事以外ではほぼ人形作り中心に回っていて
必要じゃなくてもいつも「JOANN」のサイトを見て
可愛い生地はないかと探しているし、
実際可愛い生地を見つけるとカートに入れてしまって
手元には使いきれないくらいまだ沢山生地があるのに
先日も生地を買ってしまった・・・
来年からは人形作りのペースを落とそうかな?
と思っていたのですが、やるなら早い方が良さそうです。
と言うことで、人形作りは頑張ってゆっくりやります。
本音はどんどん作りたくてしょうがないのですが、
置く所がないのでしょうがないです。(笑)
これは「人形作りたい病」の克服にはなりませんが
小康状態くらいには保てるのではないかと・・・
これからは人形の写真は少なくなりますが、
リス友は毎日登場しますのでよろしくお願いします。


と言いながら、また人形を作ろうと思います。
でも、これからは本当にちょっとずつ・・・
今回は「チョウチョ」の人形です。
春だったら季節的にもぴったりだったのですが、
冬に作るよりはいいと思うので、作ります。(笑)
昆虫の着せ替え人形は珍しいのではないかと・・・
まずはデザイン画と型紙作りから。
IMG_20220912_125707IMG_20220913_172023もしうちに無限の収納スペースがあったら
きっと何も考えずに作り続けていた気がします。
自分が楽しいのだからそれで良い気もしますが
いや、やっぱりダメかな?・・・ダメだね。
「何事もほどほどに・・・」と思っているのに
いまだに暴走傾向が強くて困ってます。



今日のリス友。
空っぽのプランターにドライコーンを入れたら
時間の経過とともにこんな風に変化しました。(笑)
IMG_6756IMG_6777IMG_6781


動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。



夏休み明けから「パンデミックスペシャル」の
無料スクールランチがなくなったこともあり、
次男には毎朝ランチを作って持たせています。
もし作れなくても学校にはカフェテリアもあるし、
そこでスクールランチを買ってもいいのですが、
5年生の時にミドルスクールのキャンパス見学をした際
カフェテリアに行ったら、そこにいた女子生徒が
「カフェテリアのランチ、やばい!毒入ってる!」
と見学者を前に叫んでいたらしくて、
他のことは全く覚えていなかった次男も
このことだけはしっかりと胸に刻んだようで (笑)
絶対うちからランチを持って行くと決めていたのでした。
(スクールランチは実際本当にまずいらしいです。)
で、毎日相変わらずの超簡単ランチです。
これはマフィンに卵とチーズとハムを挟んだものですが、
「お〜〜〜スタバで売ってるやつみたいだ!」
と夫が羨ましげに言うくらいなので、
本当アメリカのランチのレベルが知れます・・・(笑)
IMG_20220908_082719で、食後に友達と分け合って食べてもいいようにと
毎回小さなスナック菓子を適当に入れていたのです。
次男はそんなに食べる方でもないので
時々ランチだけでお腹がいっぱいになるようで、
スナックは友達が食べる時もあるらしく・・・(笑)
でもよくよく聞いたら友達に1ドルで売ったらしくて
「えええ、何でお金なんてもらったの?
タダであげたらよかったのに・・・」と言ったら
「友達が『1ドルで売って!』って言うから。」と。
結局そう言うのが2、3度あったようで、
私としては、そう言うお金のやり取りは友達同士では
やって欲しくなくて「もうやめなさい。」と言ったら
夫が「そう言うのからビジネスは始まって行くんだね〜
別に何も悪い事してないんじゃない?」と言うのです。
次男も私の言う事が「意味不明」と言う感じで、
「一体これのどこが悪いのですか?」と二人はぽか〜ん。
まあ、悪い事ではないけれど、良い事でもないよね?
友達にしても、店から買おうが友達から買おうが
どちらも全く同じ行為と思っているようで、う〜ん。
しょうがないので、スナックの量を減らして、
今後はお金のやり取りはしないようにだけ頼みました。
それにしても感覚が違いすぎて困ってしまいます。
こう言うのを「ビジネス」に結びつけるなんて・・・
半分冗談も入っているのでしょうが、
金銭感覚の違いなのか、物事の割り切り方が違うのか?


「ヒツジ」の人形、できました。
いつもなら制作過程も少し写真に残すのに
今回は何も考えずに最後まで作ってしまいました。(笑)
コットンも詰めて完成してから「あ、写真・・・」と。
で、この人形を作る時に悩んでいた頭のふわふわですが、
この部分だけ羊毛風の生地の力を借りています。
この生地は切り端がほどけたりはしないのですが、
短く切れたクルクル毛があちこちにくっついて
だいぶ「コロコロ」のお世話になりました。
もっと耳を倒したかったのですが、これが限界・・・
IMG_20220910_154112IMG_20220910_154644IMG_20220910_154346IMG_20220910_154520IMG_20220910_155014このお金に対する考え方ですが、
日本人とアメリカ人の感覚の違いなのか、
単純にうちの中だけでの感覚の違いなのか、
そのへんはよくわかりません。
でも、本当トラブルに発展したら困るので
次男には「ビジネス」は自粛してもらいます。


今日のリス友。
数日前にこんなことを書きましたが、
( メンバー交代の激しい自然界 )
この母リスが私の手からクルミを食べてくれました!
最初は本当に用心深くて、私が持ったクルミの周りを
うろうろするばかりだったのですが、
少しずつ近づいてきて、クルミに触れてダッと逃げる
またクルミに鼻先をつけてはダッと逃げる、
これを何度も繰り返しているうちに、
最後にはクルミをくわえて、そばで食べ始めましたよ。
やった〜〜〜!!!
IMG_6659IMG_6667IMG_6668


動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。



春にご近所さんからトマトの苗を頂いたのですが、
( ご近所さんの心遣い ) 
日当たりの良い場所に植えておいたら
順調に育って沢山の実がつきました。
IMG_6545IMG_6546赤くなったのから少しずつ取って食べていたのですが
夫が、そのご近所さんにトマトを持って行きたいらしく
「でも、近所のみんなに苗を配っていたくらいだから、
彼女の所はもっと沢山トマトがなっているんじゃない?」
と言っても「持って行く〜〜〜」と聞かないので(笑)
それならと、5〜6個赤く熟すのを待っていました。
そしたら偶然道でそのご近所さんに会ったらしく
「トマト持っていくから〜」と言ったら
「うちにもいっぱいあるから〜」・・・ほらね?
しかも自分が丹精込めて育てたって言うならわかるけど
苗の植え替えから支柱立てまで全部私がやったわけで
一度も苗に触ってない人が「持ってく〜」って言うのも
なんか変な感じもするのです。(笑)
もしや手柄?を独り占めするつもりだった!?



また新しい人形を作ってみようと思います。
「ヒツジ」の着せ替え人形です。
デザイン画だけはだいぶ前に描いていたのですが
頭のモコモコ部分をどうするか決めかねていて
羊毛風の生地も数年前に用意はしていたものの
ずっと作らずじまいでした。
まずは型紙まで作りました。
IMG_20220907_141646IMG_20220907_171203真っ赤に熟したトマトは本当に美味しいですね。
太陽の光で温められた生暖かいトマトを齧ったら
子供の頃実家の畑で食べたトマトの味がして
「おーーー懐かしーーー!!!」ってなりました。
あともう一つ、最近味わった懐かしい味があって、
それは冷蔵庫でつべたくなったとうもろこし!
いつもは4本しか買わないので残ることがなくて
冷蔵庫行きということもまずなかったのですが、
先日とうもろこしが安かったので沢山買って茹でたら
食べきれなくて冷蔵庫行きになったのでした。
実家では食べきれないくらい野菜を作っていたので
夏はとうもろこしも食べきれなくて残りは冷蔵庫行き。
茹でたてはもちろん文句なしで美味しいのですが
私は冷たくなったとうもろこしも大好きなので(笑)
久しぶりに冷えたとうもろこしを食べながら
「おーーー日本の夏の味がする!」と感動しました。
・・・こうして夏の名残を惜しんでいます。


今日のリス友。
ひまわりの種を取るのに悪戦苦闘中です。
中には餌入れに5分くらい乗っかったまま
悠々とひまわりの種を食べているリスもいるのですが
この子は体が大き目な事もあって、難しいようです。
IMG_6589IMG_6588IMG_6587IMG_6583

動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。




毎日ブログとインスタにリス友の写真を載せていますが 
実はリス友のメンバー交代が激しいのです。
去年からずっと来てくれていたリス友で、
特に私たちの手からクルミを食べてくれていた子たちは
今では全く来なくなってしまいました。
6月に義理の家族に会うために家を空けていたので、
その間に別の所に行ってしまったようです。
以前はお腹の毛が薄茶の「薄茶腹毛族」が多く来ていて
他にも、チビリス、親分、くせっ毛ちゃんなど、
個性的なリスも多かった分、今ちょっと寂しいのです。
今は「白腹毛族」のリスが多くて、
彼らも可愛いし面白い事もしてくれるのですが
やっぱりまた手から直接クルミを食べてもらいたい!
とずっと思っています。
何とかまた手なずけられないものだろうかと、
毎日クルミを使っておびき寄せ作戦で頑張っていて
今の所この母リス(多分)がいい感じなのです。
リス友たちの写真を後からよくよく見てみると、
このリスは子におっぱいをあげてきたばかりのような
お疲れモード全開の乳首が並んだお腹をしていて(笑)
(4〜6匹の子リスを育てているような・・・)
子育て中ならば栄養が必要だろうからと
特別にクルミなどを上げ始めたのが始まりでした。
IMG_6528IMG_6645ある日は窓から覗いてきて中の様子を伺って来たので
すぐに外に出て、クルミを餌台に置いてあげました。
その次は、私が外に出ても遠くまでは逃げず
クルミが置かれるのをじっと待っていました。
で、今度はクルミを持ってドアの隙間から腕だけ出して
この母リスの来るのを待ってみましたが、
近寄っては来るものの、警戒心がまだまだ強くて
低〜い構えであたりをうろうろするばかり・・・
・・・しばらく時間がかかりそうですが、
「その日」を楽しみに気長に行こうと思います。
IMG_20220903_171947IMG_6654






















































今日は「バットボーイ」のお着替え編です。
コウモリの着せ替え人形なんて
はっきり言って無理がありますが(笑)
広い世の中、こんなのが「好き」って言ってくれる人も
もしかしたらいるかもしれません。どうかいてくれ・・・
ハロウィーンと言えばこの「キャンディコーン」なので
フリース生地ででっかく作ってみました。
IMG_20220905_121243IMG_20220905_120302IMG_20220905_120414IMG_20220905_122657IMG_20220905_120458IMG_20220905_120700


動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。



今までずっと次男には私の本当の年齢を教えておらず
干支だけ本当で、実は12歳も若く伝えていました!
(・・・皆私の気持ち、わかってくれる思う・・・)
何せ私が次男を産んだのは47歳の時・・・
長男を産んだのが36歳ですでに高齢出産だったのに
なかなか二人目をという気持ちになれないまま
あっという間に40代に突入・・・
色々あって、もう二人目はいいかな?と思った頃に
「サプラ〜イズ!」で次男がやって来ました。
つわりが始まって急に体調が悪くなっても
最初の頃は本気で更年期に入ったなと思っていたので
「無理は禁物だね?」とただ寝てましたよ。
で、今58歳。同い年の友達には孫のいる人も多くて
中には高校生の孫がいる人もいるので、
次男は私にとっては孫みたいなもの?(笑)
長男は私の本当の歳をもちろん知っているので
今までは次男には言わないように頼んで
「マイナス12歳」で話を合わせてもらっていたのです。
でも流石に次男もミドルスクールに入ったし
「もう本当の歳教えたほうがいいよ。」と長男に言われ
観念してついにカミングアウトいたしました。(笑)
「年齢はただの数字」と私も思います。
自分だけの事なら70歳だろうが80歳だろうが
全く気にならないのですが「親」となると複雑です。
次男の友達のお母さんの中でも最高齢ではないかと・・・
普通に20歳くらい下のお母さんだっていると思う。
そう思うと、年齢はただの数字とは思えなくなって
12歳もサバを読み続けてしまったわけです。
次男も「そんなに歳とってたのか・・・・」(笑)
「どうりで二の腕がたぷんたぷんな訳だ!!!」
と激しく納得していました。 
友達にはくれぐれも内緒に、と頼んであります。


今日の人形は「バットボーイ」です。
こんな感じに出来ました。
ハロウィーンにはぴったりのような気がしますが、
着せ替え人形としてはどうなの?
でも明日無理やりお着替えしてもらいます。(笑)

次男に「この人形どうかな?」と見せたら、
「はあ?何で『カモフラージュ』なの?変!」と。
この頃、ちょっと変わった人形を作ると
家族からのウケが悪くて本当残念です。
もしかしたら同じカモフラージュでもこの色じゃなく
グレーや黒のカモフラージュならよかったかも?
IMG_20220904_101520IMG_20220904_131505IMG_20220904_134104IMG_20220904_143421IMG_20220904_143613長男の時には彼が8歳くらいまでは
私は20代だとずっと嘘をついていました。(笑)
子供ってすぐに他の人に言うじゃないですか?
危なくって本当下手なことは言えませんよ。


今日のリス友。
「12歳もサバ読んでたのか・・・」
IMG_6639


動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。


↑このページのトップヘ