人魚がドレスに着替えたら

美しい自然がいっぱいの、アメリカ・オレゴン州に住んでいます。 手芸が大好きで、今はせっせと着せ替え人形を作る日々です。 出来上がった人形の紹介や日々の出来事、庭に遊びにくるリス友の様子など、いろんなことを綴っています。

タグ:ご褒美


次男がロリポップを舐めながら帰宅しました。
「学校でもらったの?」と聞いたら
「数学の授業で問題に答えたら先生がくれたよ。
僕は2つだけだけど、4つもらった子がいたよ。」と。
ミドルスクールには6・7・8年生が通っていますが、
もう子供と呼ぶには微妙な年齢の生徒にでも、
先生がキャンディーなどをたくさん用意しておいて
ご褒美としてくれる事も結構多いのです。
「問題に答えただけで『アメ』もらえるの?
そう言うのってどうなの?」と思ってしまいますが、
この「アメと鞭」の「アメ」の多用は
本当どこの学校でも多くの先生がやっていることで、
それが時々シールや小さなおもちゃだったり、
宿題免除券(笑)だったり、本当手を替え品を替え
何かとご褒美が与えられてる感じです。
これじゃ、褒美をあげて動物に芸を仕込むのと同じ、
人間にも褒美をあげないといけないの?とか
見返りを求めずに何かをする精神が育たない、とか
どうしてもそんなふうに思ってしまうのですが、
ある人が言っていました。
「人間だけが特別な生き物と思いたいし思いがちだけど、
所詮は人間も動物、見返りのない事はしたくない。
じゃあ、あなたは全然給料ももらえないのに
会社に行って働きますか?」・・・働きません。
シンプルに考えたら本当そう言う事ですね。
一見見返りなどないように見える事でも、
全く何もないなんて事はまずない・・・
勉強なら新しい事を学ぶ喜びや友達と問題を解く楽しみとか
ボランティアなら誰かがくれる笑顔とか、
皆と同じ目的に向かって活動する楽しさだったり、
単純に体を動かして何かを成していく心地よさだったり。
見返りを求めるなんてさもしい、みたいな考え方は
人間を特別視している傲慢さから来ているんだな、きっと。

・・・・・とは言え、
次男は先生たちが持っているキャンディー事情に詳しくて
「A先生は大袋入りハードキャンディーを隠している。」
「B先生はロリポップをいっぱい持ってる。」とか、
もう少し別のことに関心持ってくれてもいいんだけど。
まあ先生たちも、アメで騙しがきくこんな生徒が多くて
やりやすいのかもしれませんが。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
次男はご褒美にもらったシールを学校のノートパソコンに
こんなふうにペタペタ貼っています。キャワユイ系(笑)
「学校のパソコンにシール貼ってもいいの?」と聞いたら
「皆やってるよ?そのためのシールだと思うけど?」
ええええ、そうなの?感覚違いすぎてついていけない。
IMG_20230124_072353



























今日はウサ友です。
毛の塩梅で?「まゆげウサギ」になってます。(笑)
IMG_8087IMG_8086


(今日は人形の紹介はありません。)

動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。




日曜日の午前2時に1時間時間が巻き戻されて
今年も「サマータイム」が終わりました。
いつもの事ですが今年もすっかりその事を忘れていて
土曜の夜「さあ寝るか〜」と言う時に思い出しました。
居間や寝室の壁に掛けてある時計は今時のお利口さんで
自動的に時間を早めたり遅らせたりしてくれるので
私たちが直さなくてもよくて便利なのですが、
その他の置き時計などは毎回直さないといけません。
こればかりは毎回ちょっと面倒なのですが、
夏時間の終わる日曜の朝は毎回得した気分になります。
いつもより1時間ゆっくり眠れるのもよくて
初冬の最初のご褒美みたいな感じです。
でもまあ雨季なので週末と言っても特に予定もなく
これからはもう完全な「おこもりモード」に突入。
ブラインドを開けても外は雨で薄暗くて
うおーーー気合いが入らんよ〜〜〜
そんな中、リス友だけは朝から元気いっぱいでした。
遅めの朝食を作っていたら小窓から覗いてきて
雨に濡れて毛がボサボサなのがまた可愛いらしく
すぐにクルミを上げましたが、少し甘やかし過ぎかな?
茶腹毛族の子達は相変わらずのおっとりさんですが
白腹毛族の子達は調子に乗って来てるので(笑)
クルミも控えめにしないと・・・
何はともあれ、今年も夏時間は終わりました。

雨の日でもピコチン君は元気いっぱい!
「『ピコチン』決定なのか・・・」決定だね。(笑)
IMG_20221106_104532IMG_20221106_104534





















































カンガルーの着せ替え人形、型紙を作りました。
ベイビーが小さくて作りづらそうですが、
丁寧に頑張ってみます。
IMG_20221105_203042サマータイムは3月上旬から始まるので
8ヶ月間と長いのですよね・・・
漠然と半年くらいのものと思っていました。
夏時間が終わると日が暮れるのが一気に早くなるので
これからは夜の過ごし方が大事になりますが、
大した事もしないで終わりそうな予感・・・



動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。



次男の数学のクラスで最近テストがあったのですが、
もともとの問題の他に3問余分な問題があって、
先生には「余裕があったらその3問も挑戦して下さい。
挑戦した人には「3点」追加します。」
と言われたらしいのです。
次男は9月からミドルスクールに上がって
私の心配をよそに小学校より楽しいと言っていて
その辺は本当によかったのですが、
勉強嫌いは相変わらず・・・(笑)
なので「3点追加してもらえる」くらいでは
余分な問題に挑戦するわけもなく、
必要な問題だけ解いてテストを終わらせたらしいのです。
そしたらテストの翌日、数学の先生が怒っていて
「余分な問題に挑戦した人が少なかった!」と。
次男はまたやれやれと言う顔をしながら
「先生もおかしいよね?そんなに怒るんだったら
最初から全部やりなさいって言えば良いのに・・・
選択肢を与えておいて怒るのは変だよ!」
もう本当にどう言う事?みたいに言っていて(笑)
そうねえ、流石にこれは次男の言う通り。
先生もきっともっと多くの生徒が、
余分な問題もやるはずと思っていたのかな・・・
本音はもっと次男に勉強も頑張ってほしいのですが
彼の言うことがいちいち的を得ているので、
全く反論できませんでした。


ピンクのユニコーン、ここまで出来ました。
IMG_20221021_160901IMG_20221021_165557IMG_20221021_171822余分な問題をやったら「3点追加」じゃなくて
「美味しいお菓子がもらえる」だったら
多分次男は喜んでやったかな?
「加点」は子供にとってはご褒美にならない・・・
少なくとも次男にとっては・・・困ったもんだ。


今日のリス友。
今日ものぞいて来ます。
IMG_20221021_110742


次男の初めての「お泊まり」の話です。
毎週末お互いの家を行ったり来たりして遊んでいる
次男の友達が「金曜日の夜うちに泊まりに来ない?」
と誘ってくれました。
以前別の友達がうちに泊まりに来たことはあるのですが
次男が友達のうちに泊まるのは初めて!大興奮でした。
ちょうど金曜日は授業でみんなの前での発表があって
「あーーー緊張する!ほんとやりたくない!嫌だ〜!
BUT!それが終われば、ご褒美が待っている!!!」
と自分を奮い立たせて学校へ・・・(笑)
金曜日授業が終わった後は、
その友達のベビーシッターが迎えに行ってくれたので
彼女の車で一旦うちに帰ってきて、
寝袋や着替えなどの「お泊まりセット」を積み込み
ついでに友達も上がり込んで来てぬいぐるみも積み込み
引越しか?ってくらいの大荷物で出かけて行きました。
友達の家に泊まる時は寝袋を持っていくのが定番で
実際友達の家には余分なベッドもあるようなのですが、
次男はこの「ご褒美」を堪能するためにも
是非とも寝袋は持って行きたかったようです。
次男を見送りながら、夫が「夜電話してもいい?
『おやすみ』言いたいから。」と言ったら
「え?そんなのいいから!電話しないでね。」と。
可哀想にきっぱりと断られてました。
くくく、なんか受ける〜〜〜 
友達の計画では夜中の1時まで起きて遊ぶ予定らしく
やれやれ・・・と思いながら見送ったのでした。
次男のいない夜は初めてで、本当静かでした。(笑)


今日の人形はポニーテールの女の子です。
IMG_20220521_171123IMG_20220521_171537IMG_20220521_171351IMG_20220521_171740




































































次男は次男で思い切り楽しんでるだろうし、
せっかくだから土曜の朝は好きなだけ寝ていよう!
朝ごはんも作らないで外で調達してこよう!
と大人だけの土曜日はかなり自堕落に行きました。
たまにはこんな日があってもいいですね。


今日のリス友。
鳥の水浴び用に用意したのですが、
今の所リス友たちの水飲み場になってます。
しかもこれ、雨水・・・
でも時々水たまりの泥水を飲んでたりするので
この雨水は最高に美味しいと思います。(笑)
IMG_5471IMG_5524

↑このページのトップヘ