人魚がドレスに着替えたら

美しい自然がいっぱいの、アメリカ・オレゴン州に住んでいます。 手芸が大好きで、今はせっせと着せ替え人形を作る日々です。 出来上がった人形の紹介や日々の出来事、庭に遊びにくるリス友の様子など、いろんなことを綴っています。

タグ:そうは問屋が卸さない


次男が月曜日から4泊5日のキャンプに参加中で、
今うちに残っているのは大人が3人・・・ 
「育ち盛りだし体に良い物を食べさせなくちゃ!」
と言ういつもの使命感が一気にゼロになり(笑)
次男が出発した日の夕ご飯はピザの宅配で済ませ、
翌朝はスタバのコーヒーなどでお茶を濁しました。
お昼ご飯ももちろん作らないし、
こんな機会も滅多にないから次男が帰って来るまで
全部テイクアウトとスタバで済ませてしまおうか?
などと本気で思い始めていたのです。
が実際は、丸一日不健康な食生活を送ったら
どうも調子が悪いのですよ・・・
体が重いと言うか気持ちも何だかイライラするし
食事以外は全くいつも通りの生活をしていたのに。
やっぱり食事って心身への影響力が半端ない・・・
たった一日だらけて不摂生しただけなのに、
体って何でこうも正直なんでしょうか!?
もうこうなったら自分で作るしかないか・・・
重い腰を上げて火曜日の夜は夕飯を作りました。
いつもと同じ簡単な夕ご飯だったのに、
一気に体調も気分も落ち着きました。
本当にもうやれやれですよ。



今日の人形もサマーガールです。
昨日と同じライムグリーンの生地を使っています。
IMG_20230714_132148IMG_20230714_132247IMG_20230714_132634IMG_20230714_132737IMG_20230714_132911で、翌朝も朝食をちゃんと作りました。
気分的なものもあるのかも知れませんが、
朝からルーティンをこなすとやっぱり調子がいいです。
スタバで始まった朝は「何もかんも適当でいいや!」
と、適当おばさんに拍車がかかったのに 
ルーティンをこなした朝はテキパキおばさん。
面倒でもルーティンは省略しない方がいいみたいです。

こんなのも、やっぱり年取ったからなのか?
変わった事するとすぐに体調を崩すのは・・・
せっかく次男のいない間に楽しようと思ったのに、
そうは問屋が卸さなかった。


今日のリス友。
またまたのびのびのモフモフ。
「今日もクルミ、いただけます?」
IMG_9255

動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。



オレゴンに遊びに来ていた義母が帰りました。 
彼女が今住んでいるのは東海岸の小さな町で
帰りは二度乗り継ぎをしてやっと地元の空港へ。
単純に西海岸から東海岸までなら5時間ほどですが、
今回の義母の場合は、乗り継ぎの時間を含めると
9時間近い長い旅でした。
それでもオレゴン時間で夜の9時前には地元に着いて
義母から電話がもらえる事になっていたのです。
が、実際は、地元空港付近が濃霧のため着陸できず
結局前の空港に戻る羽目になったのだそうで、
なんと義母はそのままその空港に泊まることに・・・
(ホテルはどこも満室、タクシーも手配できず。)
でも翌早朝電話が来て、タクシーで家に帰れたようで
義母は疲れていましたが、まずはホッとしました。

本当、旅は家に帰り着いて初めて終了ですね。
「ああ楽しい旅行だった〜〜〜」と思いながら
乗った飛行機や新幹線でトラブル発生とか、
いろいろありますからねえ・・・

私も一度成田空港に泊まった事があります。
7年前、5歳の次男と二人で帰省した帰りの飛行機が
台風のために欠航になってしまったのです。
「あ〜楽しい帰省だった。後は飛行機に乗るだけ〜」
なんて思っていたら、そうは問屋が卸さなかった。
本当に大勢の人が空港で夜を明かす事になってしまい
空港で配られた寝袋に寝ましたが眠れる訳もなく、
(電気が煌々とついていたし緊張で眠れず・・・)
とにかく次男を疲れさせないように必死でした。
逆にあの時一人だったら全然平気だったはずですが、
次男を連れていたのでものすごく気が張ってしまい
空港では食事も喉を通りませんでした。
翌朝、別便の最後の2席を係の人が取ってくれて
無事アメリカに戻って来る事ができましたが、
その飛行機の中でも2時間くらいしか眠れず、
家に戻ってから、16時間爆睡。

空港に迎えに来てくれた夫と長男の顔を見た時は
ホッとして一気に全身の力が抜けたっけ。


「エルサ」人形、ここまで出来ました。
ドレスのデザインも色も単調なので、
これはあまり作り映えしない感じです。
IMG_20230508_152427IMG_20230508_152848IMG_20230508_153600IMG_20230508_15514625年前アメリカで結婚式を挙げた時に
日本から家族親戚友達が来てくれたのですが、
その時もこんな事がありました。
無事結婚式も終わり少し観光などもしてもらい
空港でさよならしてその後飛行機も日本に無事到着。
「あ〜まずはよかった!」とほっとしていたら、
地震のために新幹線が一時止まっていたらしく
家に帰り着くのが大分遅くなったらしいのです。
母が電話で「玄関入るまでは何があるかわからない。」
としみじみ話していました。

でも、これらの話、全部「帰り」での出来事で
「行き」で起こるよりは良かったのかな?


今日のリス友。
モッフーと私です。
IMG_20230626_123507

動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。


↑このページのトップヘ