人魚がドレスに着替えたら

美しい自然がいっぱいの、アメリカ・オレゴン州に住んでいます。 手芸が大好きで、今はせっせと着せ替え人形を作る日々です。 出来上がった人形の紹介や日々の出来事、庭に遊びにくるリス友の様子など、いろんなことを綴っています。

タグ:ため息が止まらない


ゴーファー被害にため息が止まらない私ですが、
( ゴーファーとの闘いは終わらない。 )
長男も何やらため息が止まらないようで、
自分の部屋から出て来たなと思ったら
テーブルで作業中の私の背後に立って(笑)
「はーーー😮‍💨😮‍💨😮‍💨」と深〜いため息をつくので、
「またか!?」と、ちょっとイラッとして
「ため息とかネガティブな言葉が多くない?
そう言う言葉が多いと脳を傷つける事になるんだから
そう言う時は心とは逆の言葉を言った方がいいよ。
私たちの脳なんてすっごいバカなんだから、
嘘ついたってわからないよ。すぐ騙せるんだから!
これからどんどん嘘言って脳を騙した方がいいよ。」
と脳科学の聞きかじりを力説したら、
長男も苦笑して「そうだね。」と返してくれましたが
実際心で思う事も口に出す言葉も脳は常に聞いていて、
そのため、脳はその言葉を裏付ける事象を
いつも一生懸命探しているらしいのですよ・・・
と、この事は前にも書いた気がしますが・・・

例えば「コロナは超危険なウイルスだ」と思う人は
それを裏づける情報にばかり目が行くようになり、
逆に「コロナは風邪と同じだから大丈夫」と言う人は
それを後押しする情報ばかりが耳に入るようになって
良くも悪くも、自分の思った事、発した言葉によって
どんどんどんどん現実味が増して来ると言う訳です。

な・ら・ば・・・最初は超絶違和感があっても
自分の望む方向の言葉を無理矢理にでも使って
苦しい局面から少しずつ逃れる事も可能ですよね?
いつも自分の心に正直に生きる必要はない。
嘘をついても、その時その時平穏に生き延びれるなら
それで十分な気もしますが、どうでしょう?

長男に限らず、子供たちの話は聞いているつもりですが
あんまりネガティブ発言が続くと聞く方も辛くなり、
「ああもう!!!」と暴れたくなるのです。
もちろん実際には暴れませんが、
元々「暴れん坊気質」なので忍耐には骨が折れます。
ぶつぶつ言ってるくらいなら風呂入って寝た方がいい。
これで脳は疲れも取れて元気になりますからね。

嘘で騙す方も騙される方も結構大変っすよ。



「サンジ」人形、ここまで出来ました。
IMG_20230926_144041IMG_20230926_150200IMG_20230926_152754アメリカに来たばかりの頃通っていた語学学校で
親しくなった日本人(女性)の友達の話です。
彼女はいつもニコニコしていてとても幸せそうで
ある時それを彼女に言ったら、ちょっと苦笑して
「実は子供の頃、家庭環境がかなり複雑で
『私は不幸じゃない、幸せなんだ。』
と自分に言い聞かせていつも笑うようにしていたら
それがもう癖になってこんな顔になったのよね。」
と、笑って話してくれたのでした。
本当他人の事なんて聞いてみないと分かりません。
最初は偽物の笑顔だったかもしれませんが、
今は彼女もアメリカで幸せに暮らしているし
最初は「嘘でもいい」事、結構ありますよね。




今日のリス友。
小雨の中のリンゴ泥棒です。🍏🍏🍏
IMG_0110
LINEで更新のお知らせが届きます。




「Hello, everyone !
Pocket-Gopher (1) copyはああああ〜〜〜〜(深い深いため息。)
2回も散布した「ゴーファー除け粒々」の効果で
ゴーファー被害が激減したと喜んでいたのですが、
最近は激減どころかまた激増してる感じで、
裏庭の芝はあちこちハゲ散らかし状態です。
2か月前の美しい裏庭を返してくれ・・・
IMG_20231021_105539IMG_20231021_105645だいぶ前にできた小山は踏み潰して平らにして
芝生の種を蒔いて修復作業を始めていたので
少しづつ芝も育ってきてはいるのですが、
こんな風にそのすぐ近くに小山を作られると
イタチごっこという感じで徒労感が半端ないのです。
IMG_20231021_115803お隣さんでは庭の所々に罠を仕掛けているらしく
それだと確実にゴーファーの数は減らせるのですが、
罠に掛かった後のゴーファーの処理とか
間違えてリス友が罠に掛かってしまったら・・・
と考えると途端にやる気が失せてしまいます。
別の「ゴーファーよけ」を探すしかないかな?
はあああ〜〜〜〜〜〜ため息が止まりません。

「ため息なんかついてどうした?元気出せ!」
unnamed新しく芝を張った場所は土壌もふかふかと柔らかいので
ゴーファーも喜んで掘りまくっているに違いなく、
ゴーファーの気持ちもわからない事もないのですが、
まさかここまで喜び全開で掘りまくるとは・・・
最近、水仙やチューリップなどの球根を植えたので
流石にそれには手を出して欲しくないなと
結構切実に願っているのですが・・・
いつになったらうちの裏庭に平和が訪れるのか?
ゴーファーには本当困ったものです。



今日のリス友。
「白腹毛族」の子ですが、本当に真っ白で綺麗です。
IMG_0114
(今日は人形の紹介はありません。)

LINEで更新のお知らせが届きます。


↑このページのトップヘ