人魚がドレスに着替えたら

美しい自然がいっぱいの、アメリカ・オレゴン州に住んでいます。 手芸が大好きで、今はせっせと着せ替え人形を作る日々です。 出来上がった人形の紹介や日々の出来事、庭に遊びにくるリス友の様子など、いろんなことを綴っています。

タグ:カミングアウト


今の若者たちはジェンダー問題にとても敏感で
幼い頃からしっかり教育されているので、
個人の考えがどうあれ差別的な言動はまずしないし
柔軟な考え方をする人が本当に多い気がします。

先日夫がオーストラリア発のリアリティ番組を観て
感心したらしいのです。
その番組は自閉症などの発達障害を抱える若者同士、
20代の男女の交際を応援するプログラムで、
そのほとんどが今回初めて交際をする若者たち。
その中の一人の女性が言ったのだそうです、
「私は今まで誰とも付き合ったことがないので、
女性が合うのか男性が合うのかわかりません。」と。
ならばと、最初は無難に男性と交際を始めてみたら
その彼とはあまり上手くいかず、次は女性と交際・・・
結果その女性は同性の方が相性が良かったのだそうで、
「こんな発想や発言、自分の年代じゃ絶対に出ない!」
と夫も心底感心していて、私も同感でした。
こんな風に性別を超えた考え方ができるなんて、
今の若者は本当に素晴らしい!!!


今日の人形もミツバチです。
今日のはターコイズがアクセントカラーです。
IMG_20221004_155948IMG_20221004_155141IMG_20221004_160100IMG_20221004_160209ジェンダー問題といえばまず男女格差や差別の問題で
そこは自分も関わりやすいところなのですが、
BGLTQの問題となると中々実感するのも難しくて
否定はしないものの長い事他人事でした。
でも他人事にしているうちは世界は変わらない・・・
日本にいる時は周りにBGLTQの人がいなかったので
今よりも更に他人事だったのですが、
1997年にアメリカに来てからの25年が
世の中の変化の激しい時期と重なって、
いやでも価値観の見直しをさせられた感じです。
身近なところでも色々な人に出会ったし、
それぞれの逡巡と勇気のカミングアウトの後に
そこから自由になっていく人たちを実際に見れば
やっぱり応援したくなるのです。
将来的にはきっと「BGLTQ」なんて言葉すら
無くなっていくのだと思うし、そうであってほしい。
私も若者たちと共に頑張りたいです。


今日のリス友。
ドライコーンをくわえています。(笑)IMG_6798



動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。



今までずっと次男には私の本当の年齢を教えておらず
干支だけ本当で、実は12歳も若く伝えていました!
(・・・皆私の気持ち、わかってくれる思う・・・)
何せ私が次男を産んだのは47歳の時・・・
長男を産んだのが36歳ですでに高齢出産だったのに
なかなか二人目をという気持ちになれないまま
あっという間に40代に突入・・・
色々あって、もう二人目はいいかな?と思った頃に
「サプラ〜イズ!」で次男がやって来ました。
つわりが始まって急に体調が悪くなっても
最初の頃は本気で更年期に入ったなと思っていたので
「無理は禁物だね?」とただ寝てましたよ。
で、今58歳。同い年の友達には孫のいる人も多くて
中には高校生の孫がいる人もいるので、
次男は私にとっては孫みたいなもの?(笑)
長男は私の本当の歳をもちろん知っているので
今までは次男には言わないように頼んで
「マイナス12歳」で話を合わせてもらっていたのです。
でも流石に次男もミドルスクールに入ったし
「もう本当の歳教えたほうがいいよ。」と長男に言われ
観念してついにカミングアウトいたしました。(笑)
「年齢はただの数字」と私も思います。
自分だけの事なら70歳だろうが80歳だろうが
全く気にならないのですが「親」となると複雑です。
次男の友達のお母さんの中でも最高齢ではないかと・・・
普通に20歳くらい下のお母さんだっていると思う。
そう思うと、年齢はただの数字とは思えなくなって
12歳もサバを読み続けてしまったわけです。
次男も「そんなに歳とってたのか・・・・」(笑)
「どうりで二の腕がたぷんたぷんな訳だ!!!」
と激しく納得していました。 
友達にはくれぐれも内緒に、と頼んであります。


今日の人形は「バットボーイ」です。
こんな感じに出来ました。
ハロウィーンにはぴったりのような気がしますが、
着せ替え人形としてはどうなの?
でも明日無理やりお着替えしてもらいます。(笑)

次男に「この人形どうかな?」と見せたら、
「はあ?何で『カモフラージュ』なの?変!」と。
この頃、ちょっと変わった人形を作ると
家族からのウケが悪くて本当残念です。
もしかしたら同じカモフラージュでもこの色じゃなく
グレーや黒のカモフラージュならよかったかも?
IMG_20220904_101520IMG_20220904_131505IMG_20220904_134104IMG_20220904_143421IMG_20220904_143613長男の時には彼が8歳くらいまでは
私は20代だとずっと嘘をついていました。(笑)
子供ってすぐに他の人に言うじゃないですか?
危なくって本当下手なことは言えませんよ。


今日のリス友。
「12歳もサバ読んでたのか・・・」
IMG_6639


動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。



普段作る味噌汁にはできるだけ野菜をたくさん入れて
具沢山な味噌汁を作るようにしているのですが、
時々「なめこ汁」を作ることがあって
これは時間もかからずサッと出来て簡単なので
実は寝坊した時に作ることが多い味噌汁なのです。
で、この「なめこ汁」なぜか皆大好き!
IMG_20220810_225343
皆と言っても、夫、長男、次男、義母、義姉の事ですが
私の周りのアメリカ人5人が「なめこ」と言う事は
アメリカ人の8割は、なめこ好きと思っていいのでは?
いや流石にそれは無理があるとは思いますが(笑)
意外や意外、あのぬるっとした食感のなめこちゃんが
私の家族には大ウケなのです。
先月4年ぶりに義母に会った時に「なめこ」の話になり
「なめこのスープって美味しいわよね。
ずっと前、しばらく泊まらせてもらった時に
育美が朝作ってくれたなめこスープが美味しくて、
育美がいない間に残り全部飲んじゃったわよ。」
と今頃なぞのカミングアウト!?(笑)
もう10年以上も前の話で私は全く覚えてませんが、
そんなに好きなら言ってくれればもっと作ったのに。
一応遠慮してたのかなあ?
義姉も和食レストランに行くとなめこ汁を頼むらしく、
きのこが好きな人ならきっと好きな味だろうし、
なめこみたいな食感の食べ物がアメリカにはないので
ちょっと珍しい喉越しの良さが好まれるのかな?
時々朝ご飯になめこ汁を作ると、特に次男は大喜びで
最初になめこ以外の具を全部食べてしまってから、
最後の最後になめこだけをじゅるっと一気飲み!(笑)
実は私も子供の頃全く同じ食べ方をしていたので、
彼の気持ちがよくわかります。
この食べ方楽しいし美味しいんだよね!


今日の人形はリボンが似合う女の子。
共布で作ったリボンをつけて・・・
IMG_20220811_170312IMG_20220811_170432IMG_20220811_170809IMG_20220811_170631IMG_20220811_171045

昔むか〜し実家で店番をしていた頃の記憶では
なめこ缶は150円くらいだった気がするのですが、
(もっと高かった?今はいくらするのかなあ?)
近くの日系スーパーで買うと5ドル近い値段がして
毎回「なめこ、本当高いなあ・・・」と思いながら
でもそこでしか買えないので何缶か買って来るのです。
なめこ汁なんて日本にいたらいつでも食べられるのに
実はうちでは「月に一度」の贅沢汁なのでした。


今日のリス友。
ドライコーンを一生懸命食べています。
上の粒の方が食べやすそうだけど・・・(笑)
IMG_6295


動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。

↑このページのトップヘ