人魚がドレスに着替えたら

美しい自然がいっぱいの、アメリカ・オレゴン州に住んでいます。 手芸が大好きで、今はせっせと着せ替え人形を作る日々です。 出来上がった人形の紹介や日々の出来事、庭に遊びにくるリス友の様子など、いろんなことを綴っています。

タグ:クリスマスの思い出


私の記憶では、私がクリスマスを意識し始めたのは
小学校に入ってから・・・
それまでは薄ぼんやりとそれらしいものを
テレビか何かで見ていたのかもしれませんが、
田舎育ちなこともあって、都会の子と比べたら
そんなところは本当に遅れていたように思います。
でも小学校に入ってから、サンタさんがいる事、
サンタさんが煙突を通ってうちの中に入ってきて
靴下の中にプレゼントを入れてくれる事を、
友達から聞いて「そうなのか!?」と。
実家の古い家にはもちろん煙突なんてなかったし、
かろうじて台所についていた空気孔のパイプが
何となく煙突っぽくはあったのですが、
如何せん直径10センチほどのパイプで、
「ここから入って来るんだろうか???」
と6歳の私は疑問で頭がいっぱいだったのです。
もしかしたらそんな疑問を両親や祖父母にも
時々投げかけていたのかもしれませんが、
当時はきっと誰も良くわかってなかったかも。(笑)
なので当然それまでクリスマスプレゼントなんて
両親からもらったこともなかったし
家族の誰も用意しようとすら思っていなかったはず。

で、12月24日、どこかまだ半信半疑のまま、
でももしかしたら本当にプレゼントがもらえるかもと
自分のピンクの小さな靴下を枕元に置いて寝たのです。
そしてその時慌てたのが祖父でした。
私が小さい頃は、忙しい両親に代わって
祖父母が私たち孫の面倒を見てくれていたのですが、
特に祖父が私を可愛がってくれていたのです。
「サンタさんがプレゼントを届けてくれるかも・・・」
と期待に胸膨らませて布団に入った私を見て、
祖父は頭を抱えたと思います。
近くに気の利いた物を売っている店などないのですから。

で、翌朝目が覚めて枕元の靴下を見たら、
うちの店で売っている女の子用のお絵かき帳が
くるくる丸めて入れてありました。
「やっぱりサンタさんはいないんだ・・・」
とがっかりしたのはほんの一瞬で、
祖父の気持ちが痛いほど伝わってきて切なくなりました。
祖父には本当に愛情を注いてもらったと思います。
じいちゃ〜〜〜ん、ありがとう!!!


今日のクリスマスグッズは・・・
昨日のノームと色違い、本体と帽子の色を逆にしたもの。
本体はヒゲに隠れてほとんど見えないので、
帽子の色や柄で印象が決まってしまいますが、
どちらもクリスマスっぽくていい感じです。
お部屋のアクセントにいいのでは?
IMG_20221208_132415IMG_20221209_132057IMG_20221209_132149IMG_20221209_132326IMG_20221209_132607そんなこんながあったので(笑)
翌年からはプレゼントの事は一切おくびにも出さず
代わりに近くの山に行ってツリー用の木を取って来るのが
恒例になりました。
「取って来る」というか「盗って来る」?(笑)
昔の事なので、そんな事でうるさく言う人もおらず、
何だか本当のどかな時代でしたよ。
じいちゃ〜〜〜ん、楽しい思い出をありがとう!!!


今日のリス友はこの子です。
毎日窓に脚をかけて中をのぞいてくるので、
窓にかなり汚れが・・・(笑)
IMG_20221205_122314


動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。



明日はとうとうクリスマス・・・
クリスマスツリーの下にプレゼントがたくさん並び
次男も楽しみで仕方がないようです。
IMG_20211221_134348























今日は私の子供の頃のクリスマスの思い出話を。
楽しい思い出というよりは切ない思い出です。

10年ほど前に閉めてしまいましたが、
実家では、長いこと田舎の何でも屋みたいな
食料品、日用品を扱う店をやっていました。
私が小さい頃は、毎年クリスマスと言うと
バタークリームのクリスマスケーキと
アイスクリームのクリスマスケーキを売っていて
寒い時期なこともあってだと思うのですが
毎年アイスクリームケーキは売れ残ってました。
普通のアイスクリームならばそのまま売れるのですが
クリスマス用にデコレーションされたケーキは
毎年家族が頑張って食べねばならないもの。(笑)
しかもそのケーキはアイスクリーム用冷凍庫の
「場所取り」でしかなくなっているので
早めに食べないといけなかったのです。
なので、クリスマスがすぎてお正月を迎えても、
何かというとそのアイスクリームケーキが出てきて
クリスマスに食べれば特別感いっぱいなものも、
「ええええ、またこれ〜」みたいな感じになって
なんとも切ない気持ちになったのを覚えています。
それにそのアイスクリームケーキは、
他のアイスクリームとは香りがちょっと違っていて
アイスクリーム用冷凍庫を開けるたびに
端っこに追いやられたそのケーキの香りがしてきて
またまた切なくなる、これを繰り返していました。
実際、昔は今よりも寒かった気がするし、
冬場にアイスクリームは基本売れなかったなあ・・・
(じゃあなぜ毎年売っていたのだろうか?謎。


今日の人形はベレー帽の女の子です。
ずっと季節感のない人形ばかり紹介してきたので
クリスマスだし、それっぽい人形を・・・
IMG_20211224_095714IMG_20211224_095833IMG_20211224_100006IMG_20211224_100308
















































































今はバタークリームのケーキなんて
日本のどこを探しても売ってないのでは?
アメリカではバースデーケーキのでっかいの
30センチ x 40センチとかの巨大なのは
バタークリームに近いようなクリームで
これまたド派手なデコレーションがしてあって
スーパーに行けば大体いつでも売っています。
特に子供のバースデーパーティーには
この超ド派手ケーキが出てくることが多くて、
たまに食べると「あれ?案外美味しいかも?」
と思うのでした。
私の味覚もアメリカナイズされたかな?(笑)


今日のクリスマスオーナメント。
4年前にカリフォルニアの「Solvang」という
デンマーク系アメリカ人が多く住む街に
観光に行った時に買ったものです。
街並みが北欧っぽくて、風車の家があったりして
ちょっとした異国を味わえる街でした。
小さなお店が並ぶ一角にクリスマス専門店があって
そこで買った小さなオーナメントです。
IMG_20211221_112803IMG_20211221_112913











































今日のリス友。
先日の「くせっ毛ちゃん」なのですが
毛が乾いているとこんな感じなのです。
どっちも本当かわいいです。
色が似たリス友だと見分けがつきにくいのですが
この子は鼻の上にポチッと白っぽい毛があるので
すぐに「くせっ毛ちゃん」とわかります。(笑)
(この子のくせっ毛の写真もまた載せておきます。)
IMG_20211217_130635IMG_3536








































動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。

↑このページのトップヘ