人魚がドレスに着替えたら

美しい自然がいっぱいの、アメリカ・オレゴン州に住んでいます。 手芸が大好きで、今はせっせと着せ替え人形を作る日々です。 出来上がった人形の紹介や日々の出来事、庭に遊びにくるリス友の様子など、いろんなことを綴っています。

タグ:クリスマスツリー



昨日クリスマスツリーを買いに行きました。
先週はこの時期には珍しく快晴が続いて喜んでいたら
その後はまた連日どんより曇りか小雨模様で、
昨日も天気予報と実際の空模様をチェックしながら
雨が止んだ時を見計らってわらわら出かけました。

毎年、近所の教会の広い敷地に売り場が設置されて
週末はクリスマスツリーやリースを求める人が
次々やって来てツリーを買って行くのですが、
屋根にツリーを乗せた車を何台も見ていると
「あ〜クリスマスだなあ・・・」と毎年思うのです。

で、今年も2メートル位のツリーを買ってきました。
さして広い家でもないので、ツリーの場所を確保すべく
毎年色々移動せねばなりません。
なんか少し窮屈ですが、今年もツリーはこの場所です。
IMG_20231202_130306「さあ、イベント大好き男の次男と一緒に飾り付けだ!」
とオーナメントの箱を持って来て次男に声を掛けたら
「僕のクリスマス気分はまだそこまで盛り上がってないから
飾り付けは明日かな・・・」と。
え、そうなの?一気にやっててしまいたかったのに・・・
そんな訳で、飾り付けは今日これからなのです。
でも、昨日の内に外のライトや飾り付けは終わらせたので
今日は次男と二人で2時間も頑張れば全部終わりそうです。

今年も、リビングルームは針葉樹の強い香りがして
幸せなような切ないようなそんな気持ちになっています。




「ホットココア」のオーナメントできました。
これは湯気の部分がポイントかなと思います。
とても可愛くできました。
IMG_20231129_113150IMG_20231129_113254どこでツリーを買っても、係の人が全部やってくれて
余分な枝や枯れた葉を落としてくれたり、
ツリーにきっちりネットを被せてくれたり、
ツリーを車まで運んでくくりつけてくれたり、
こっちはあれこれ見て欲しいツリーを選ぶだけ・・・
でも20年ほど前までは自分でロープを用意して
自分で車にくくり付けるのが当たり前でした。
ツリーを買いに行く時はいつも夫も一緒なのですが
一度だけ私一人で買いに行った年があるのです。
ツリーを車の屋根にのせるのだけは手伝ってもらい
あとは自分でロープで車にくくりつけたのですが・・・
どうも縛り方が適当でゆるかったらしくて
運転中にツリーがザッサーーーとずれてきてしまい、
慌てて路肩に止まってツリーを縛り直しましたが、
その時は本当にびっくりしましたよ。



今日のリス友。
今日もピコチン君です。
IMG_0474IMG_0471ライブドアアプリでフォローが出来ます。



「ハロー!みんな風邪なんか引いてないかな?」
Pocket-Gopher (1) copyと言う訳で、またゴーファーの話です。
キャスターオイルの粒々とペパーミントスプレーで
しばらくゴーファーと闘ってきたのですが、
罠を仕掛けるのと違って殺傷力は全くないので
彼らがお隣さんに移動することはあっても(笑)
ゴーファーの数は全く変わらないまま・・・
最近は明らかにうちとお隣さんを行ったり来たり、
全く根本的解決には至っていないのです。
それでも気温も下がり雨の日が多くなって来たからか
彼らが作る小山の数は減っては来ているのですが。

で、いつも頭の片隅にゴーファーの事があるせいか、
ゴーファーに関する情報には敏感に反応して
最近「フクロウ」が救世主になるらしいと言う話を
小耳に挟みましたよ。🦉🦉🦉
そしたら夫も何かで似たような情報を得たらしく、
「庭にフクロウを飼えばゴーファーがいなくなるかも!」
なんて言うではありませんか!?
要するに、昼夜問わず土を掘りまくっている彼らを
夜行性のフクロウに捕まえてもらおうと言う魂胆。
「それだったら罠を仕掛けたほうが早いんじゃね?」
と言われてしまいそうですが、
結局は自分たちで始末をするのが嫌なのですよ。
その点フクロウが捕まえてくれるのなら
それはまあ自然界の営みと言うものになるし、
私たちは罪悪感を感じずに済みますから。

「で?簡単に言うけどそんな事が出来るんかい!?」
って話なのですが、出来るらしいんだなあ・・・
もちろんペットショップでフクロウを買ってきて、
と言う話ではなく(そもそも売ってるのか? )
フクロウを庭の木におびき寄せると言う話なのです。
フクロウ用の巣箱を木の高い位置に取り付けて
フクロウが住んでくれるのを待つのですが、
く〜〜〜、とにかく気の長い話ではあります。
そのフクロウ用の巣箱というのがこんな感じで・・・

フクロウ用の巣箱

本気で試すつもりならそれを買えば良いだけなのですが
一つだけ大きな問題があって・・・
この巣箱は地上から4メートル以上の高さに設置して
フクロウが遠くを見渡せるようにせねばならず、
「そんな高い所に一体誰が巣箱を付けるんだよ!!!」
っていう話になるのです。
危険だ、あまりにも危険すぎる・・・
ゴーファーより先にこっちがダメージ喰らいそうだよ。

この情報を聞いた時は「朗報だ!」と思ったのですが、
「ハイリスクローリターン」っぽいなあ。



「クリスマスツリー」のオーナメント、出来ました。
IMG_20231108_122406IMG_20231108_152956IMG_20231108_153009IMG_20231108_153238IMG_20231108_153314最近早くも、クリスマスライトやいろんな飾りを
家の周りにつけ始めた所も増えて来ましたが、
二階建ての家にライトを付ける場合には
業者さんに頼んでつけてもらう家も多いのです。
もしかしたらそう言う所に頼めば
木の高い位置に巣箱を取り付ける作業も
請け負ってくれるかもしれません。
本当にフクロウに期待して巣箱を付けるなら、
人に頼むしか方法はなさそうですが、
ん〜〜〜〜どうしたらいいかな・・・
今かなり迷っている所です。



今日のリス友はチビリスです。
冬越しのための準備なのかせっせと頑張っていました。
IMG_0446ライブドアアプリでフォローが出来ます。




三浦しをん著「風が強く吹いている」を読みました。
IMG_20231125_205025この本は600ページ以上ある長編なのですが
本当に楽しく読めました。
笑いあり涙もありで読後感は最高に良かったです。

「竹青荘」と言う超オンボロアパートに住む
男子大学生10人は、リーダー格の清瀬の音頭で
突如として「箱根駅伝」を目指す事に・・・
が、陸上競技経験があるのは10人中3人だけで、
しかも箱根駅伝への出場権を得る「予選会」まで約半年、
寄せ集め集団の無謀すぎる挑戦が始まります。
清瀬が中心となり、早朝からの走り込みに始まって
大学から戻った後は夕方から夜にかけての練習など、
彼らは急速に絆を深めながら日々成長を続けます。
物語の前半は、予選会を通過するあたりまで続きますが、
本当に読み応えがあったのは後半部分で、
箱根駅伝両日を詳しく描いた場面でした。
一区20キロほどの距離を10人で襷を渡しながら
10区を走り切るその二日間の模様が詳しく描かれて
一人一人の人となり、生き方も同時に語られ、
駅伝当日の様子は一気読みという感じでした。

とここまで、つらつら感想など書いてきましたが、
実は私「箱根駅伝」の事をほぼ何も知りませんでした。
もちろんその存在は知っていましたが、
むか〜し実家でお正月に家族がテレビで観ていたのを
本当に漫然としか観ていなかったので、
「箱根駅伝だもの箱根周辺を走ってるんだろうね?」
とすっとぼけた事を思っていたのです。
まさか東京ー芦ノ湖間を往復する駅伝だなんて
この本を読むまで知りませんでした。バカ。
この本のおかげで各コースについても急に詳しくなり
「箱根駅伝」の見方を完全マスターしました。

帯に「純度100%の青春箱根駅伝小説」とありますが、
本当にその通り。
若い彼らの痛みや迷い、苦悩、恐れ、怒りなどなど
状況は違えど「私もそうだった!」と共感する場面も多く
何度も何度も泣かされましたよ。
箱根駅伝が好きな方にもそうでない方にも
猛烈におすすめの本です。



今回は「クリスマスツリー」のオーナメントです。
イラストはこんな感じで・・・
IMG_20231106_141758「勝つ事以外の自分だけの理想や目標があってこそ
走り続けられるのだ。」
「勝利の形はさまざまだ。生きるうえでの勝利の形など
どこにも明確に用意されていないのと同じように。」
「選ばれなくても、走りを愛することはできる。
抑えがたく愛おしいと感じる心のありようは
走るという行為がはらむ孤独と自由に似て燦然と輝く。」
こう言う言葉にしみじみ希望や勇気をもらいました。



今日のリス友もピコチン君です。
IMG_0461IMG_0458ライブドアアプリでフォローが出来ます。


珍しく、週末「晴れ」の予報が出ていたので 
本当に久しぶりに遠出しました。
遠出と言ってもここから1時間で行ける場所ですが、
州立公園の「 Silver Falls 」と言う所です。
今までも何度も行っている場所なのですが、
散歩にも最適で、いつ行っても綺麗な所なのです。
IMG_20230212_112533IMG_20230212_110742IMG_20230212_111016IMG_20230212_111315この公園内には大小たくさんの滝があるのですが、
この滝がその中では一番スケールも大きく有名です。
滝の後ろ側を通れるようになっていて、
こんな形で滝や滝壺を裏側から見たのは
私にとってはこの滝が初めてでした。
朝家を出た時からこの公園に着くまで霧が出ていて
「『晴れ』の予報だったのにちょっと残念だね。」
と言っていたら、現地で突然青空になりました。
で、滝を見て公園を出たらそこは又どんより曇っていて
滝のある場所だけピンポイントで晴れていたような、
本当に変な、いやラッキーなお天気でした。(笑)
こんな風に観光地っぽいところに出かけたのは
去年の夏休み以来。良い気分転換になりました。


「トンボ」の人形、出来上がりました。
「キキ&ジジ」そしてテディと一緒に。
IMG_20230212_142828IMG_20230212_143018IMG_20230212_143310

「 Silver Falls 」に行く途中はずっと農地が続いていて
ワイン用のブドウを育てているヴィンヤードやホップ畑、
ヘーゼルナッツの木を植えている所だったり・・・
クリスマスツリー用の木を植えている所も沢山ありました。
IMG_20230212_120001

その中には最近植えたばかりのような
高さが50センチ位の赤ちゃんツリーが並ぶ場所も。
その可愛い赤ちゃんツリーを車の中から見ながら次男が
「わあ小さいなあ。クリスマスまでに間に合うかな?」
なんて言うのです。「は?」と思いながら聞いていたら
夫が「あと10ヶ月あるから大丈夫じゃない?」と。
あの赤ちゃんがクリスマスまでに2メートルまで育つと?
この二人は本気でそんな風に思っているのだろうか?
一体どんなミラクルツリーだよ!?はああ〜〜〜
ほんと暴れたくなったよね。


今日のリス友。
なんとチビリスではなくいつものリス友です。
ひさ〜しぶりに来てくれたのが嬉しくて
焦って外に出て行ったらびっくりさせてしまい
あっという間にいなくなってしまいました。
IMG_8240

動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。



今日から12月、今年も終わりですねえ。
感謝祭の後から毎年同じクリスマスソングを流して
みんなでホリデー気分に浸るのですが、
私が一番好きなクリスマスソングはやっぱり(?)
Wham!の「ラストクリスマス」なのです。
歌詞が悲しい内容であっても関係なし!(笑)
何度聴いてもイントロを聴いただけで
ロマンチックなクリスマスの風景が浮かんで大好きです。
曲の感じが私的にはホワイトクリスマス〜〜〜
悲しい内容の歌詞という割には、アメリカでだって
この時期至る所で聞こえてくる曲で、
先日クリスマスツリーを買いに行った時にも流れていて
ちょうどその時ツリーを運んでくれていた若者に夫が
「この曲彼女(=私)が好きな曲、悲しい曲だけどね。」
と別に言わなくてもいいようなことを言って、
若者は「ん?この曲?あああ、知ってますこの曲!」
彼が生まれるずーっと前に流行った曲ですから。
昔は「Wham!」が好きだったのでCDも色々持っていて
毎年冬には「ラストクリスマス」をリピートしていたなあ。
すっごい昔のことに感じますが(実際大昔 !)
音楽を聴くと一瞬で当時の気持ちに戻れるんだから
本当音楽の力ってすごいっすね?


今日のクリスマスオーナメントは・・・
フリース生地で作ったクリスマスツリーです。
11センチあります。
IMG_20221130_144022IMG_20221130_172451IMG_20221130_172312YouTubeで「ラストクリスマス」を探してみたら、
当時のオフィシャルビデオが出てきて
髪型やファッションが「THE 80’s 」!!!
うお〜〜〜懐かしすぎる!!!泣けてくる〜〜〜
夫に見せたら「オーマイガーッ!」でした。
ちゃんとストーリー仕立てになっていて、
皆なりきりで演技してるのがまた面白かったです。
お時間のある方観てみて下さい、ちょっと笑えます。


今日は鳥友、ブルージェイです。
IMG_7141

























動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。



例年12月の初めにクリスマスツリーを買うのですが、
今年はちょっと早めで、昨日買いに行きました。
と言うのも、これから極寒+雪になる予報が出ていて
今のうち行っておかないと買えなくなりそうで
予定を一週間繰り上げて買って来たのです。
IMG_20221126_121926IMG_20221126_122449木を運んだり、余分な枝を落としてくれたり
最後は車の屋根に括り付けてくれたり、
ここまではお店の人がやってくれるのでいいのですが
うちに戻ってから結構な力仕事が待っています。
昨日は夫が忙しかったので、私と長男の二人で
車から木を下ろして家に運ばねばならず、重かった!
まず車から下すところから二人であたふたしていたら
散歩途中の見知らぬおじさんが声をかけてくれて
「手伝ってあげる?」と。なんて良い人なの〜〜〜
でも気持ちだけ頂いて後は二人で頑張りましたよ。
何とかうちの中にクリスマスツリーを立てたら
針葉樹のいい香りがしてきて「おーー」となり
毎年この「おーー」をやってる気がしますが(笑)
本当にいい香りなんですよね・・・
たった1ヶ月のためだけに本物の木を飾るなんて
こんな贅沢はないなあといつも思うし、
うちの「エコおじさん」も最近はこの本物が反エコだ、
と思い始めているようで、ちょっと渋い顔です。
もちろんこの木はリサイクルするのですが、
そういう問題じゃないんですよね、きっと。
もしかしたら本物の木を買わなくなる日が来るのかも。


今日の人形はまたまたフェネックです。
IMG_20221124_122418IMG_20221124_122612IMG_20221124_122847IMG_20221124_123028昨日は外にクリスマスライトをつけたりもして
大分頑張りました。
ツリーは立てたものの飾り付けまで行かなかったので
今日みんなで手分けして飾り付けする予定です。
寒さが厳しくなって雪が降ったりする前に
とにかく外の飾りだけでも終わってホッとしています。


今日のリス友。
秋色と一緒のチビリスです。
IMG_7483IMG_7484

動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。



↑このページのトップヘ