人魚がドレスに着替えたら

美しい自然がいっぱいの、アメリカ・オレゴン州に住んでいます。 手芸が大好きで、今はせっせと着せ替え人形を作る日々です。 出来上がった人形の紹介や日々の出来事、庭に遊びにくるリス友の様子など、いろんなことを綴っています。

タグ:クロネコ


動物の着せ替え人形の作り方動画では
これが4本目になります。 
ネコの人形は、基本の色を変えると
本当に雰囲気がガラリと変わって
面白い人形だと思います。
動画の中では見やすいように、
薄い色のネコを使っていますが、
終わりの方に出てくるクロネコと並べると
違いが際立つ気がします。こんな感じに・・・
IMG_20210614_092610

















今回の動画にも最後の方に
このネコたちの掛け合いを入れました。
実はこのクロネコ、超有名なネコだったのですが
ネコの世界では不人気のようで・・・
一体このクロネコの正体は?(笑)
クスッと笑ってもらえたら嬉しいです。


「ネコの着せ替え人形の作り方」です。
どうぞご覧ください。



LINEで更新のお知らせが届きます。


料理は嫌いではありませんが、
毎日の夕ご飯作りはやはり頭が痛いです。
夫が何を思ったか、数ヶ月前から
突然「ベジタリアン」になったので、
食材が限定されてしまってさらにう〜ん・・・
でも最近は夕食作りの負担がぐんと減りました。
家族全員で作るようになったからです。
以前はいつも頑張って一人で作っていたのですが、
このコロナ禍にあって、家族全員うちにいるのに
「おかしくないか!?」と思い始め、
問答無用で(笑)全員参加させることにしました。
全員がキッチンに集まるまでは、
とにかく私は料理を始めないと決めて
わざとらしくソファに寝っ転がったりして
全員集まるまで待つ!(笑)
皆嫌々やっているのでしょうが、
ご飯さえ出来れば言うことなしです。

で、今回の人形も「ネコ」です。
「ネコの着せ替え人形の作り方」の動画を
今作っていて、最後にこのネコも少し出てきます。
このクロネコですが、足先を白くしたので
少し手間がかかっています。

アイテムはこんな感じ。
IMG_20210618_110321IMG_20210618_110445IMG_20210618_110605IMG_20210618_110931

















































































突然「ベジタリアン」になった夫ですが、
David Attenborough(デイヴィッド・アテンボロ)氏の
番組を色々見たことがきっかけのようです。
彼はイギリスの有名な動物学者で、
90歳をすぎた今も現役で
動物たちをずっと見守り続けていますが、
私も彼の番組を見るたび感動しています。

ベジタリアンになるのはいいのですが、
料理番の私としては食材の制限が何とも・・・
出汁やチキンブイヨン、オイスターソースなど
本当はダメなのですが、めんどくさいので
実はこそこそ使っているのです。
ばれたらその時は逆ギレだ!(笑)


動画も見てみて下さい。


LINEで更新のお知らせが届きます。


ネコを飼っている人にとっては
見慣れた格好で驚くことでもないのでしょうが、
以前、木の根本に背を持たせかけて
まるで人間の様に足を投げ出している猫を見て
ものすごくびっくりしたことがあります。
 「ネコってこんな格好もするの!?」
と、かなりの衝撃でした。
夏の午後にできた木陰で、人間の様に涼んでいて
遠くから一人じわじわと感動してしまいました。

今回の「ネコ」は「クロネコ」と言ってもいい様な
ダークグレーのネコです。
ドレスの色も柄も私は大好きですが
好き嫌いが分かれる人形かもしれません。
ピンクの目がだめだったかな?怖い?
それと目の位置を変えたらもっと可愛くなったかも。
黒い前髪もいらなかったかなあ?
目はいつもこの位置だからと、
基本のデザイン通りに目をつけましたが
表情の確認は怠らないようにしないと。
IMG_2320_NEW
アイテムはこんな感じ。
IMG_2321_NEW
友達と一緒に。
IMG_2324_NEW
チュチュ大好き。
IMG_2327_NEW
サロペットスカートに着替えて出かけます。

動物はしゃべらないけれど、
人間と同じ様に心があると常々感じています。
何も言わない分だけ崇高な感じさえします。

静かにひまわりの種を堪能する崇光な背中。(笑)
IMG_20210529_143825
























覗いてみてください。
YouTube動画「ツインテールの女の子の着せ替え人形」


LINEで更新のお知らせが届きます。

↑このページのトップヘ