人魚がドレスに着替えたら

美しい自然がいっぱいの、アメリカ・オレゴン州に住んでいます。 手芸が大好きで、今はせっせと着せ替え人形を作る日々です。 出来上がった人形の紹介や日々の出来事、庭に遊びにくるリス友の様子など、いろんなことを綴っています。

タグ:ゴジラ


相変わらず、庭にはフィンチが毎日遊びに来て
鳥の餌を食べたり綺麗な声を聞かせてくれたり、
それも大抵つがいでいることが多いので
いつもほのぼのと癒しを与えてもらっています。

で、春先にフィンチのつがいが繁殖に失敗してから
( フィンチの巣のその後 )
その後軒下に巣作りを再開する事もなかったので
今年はこれで終わりなのかなあと思っていたら、
急にまた軒下の同じ場所に巣作りを始めました。
前回は青々とした草や苔でざっくりと作った
かなり残念な掘っ建て小屋風だったのですが、
今回のは乾いた枝や苔で作った掘っ建て小屋で
前回同様にもう雑すぎる作り・・・
軒下からはみ出しまくってます。おいおいおい。
IMG_20230710_124957ほんとこのつがいはどうしちゃったんでしょう?
軒下を必要以上にゴジラがうろついていたら
きっとフィンチたちを怖がらせるだろうからと
そう言う行動はずっと控えて来たのですが、
流石にゴジラおばさんも色々気になって来て
フィンチ夫婦がいない時を見計らって(笑)
掘っ建て小屋2号を覗いてみたのです。
(新婚夫婦の新居を覗く姑かい? )
そしたら、軒下の奥に直径8センチほどの
丸い巣が一応作られているのを発見しました。
が、軒下にだらしなくはみ出した小枝や苔と
その巣がしっかりくっついているために、
どうしても残念な巣に見えてしまい・・・
でも、まだ卵は産んでいないようだったので、
これから若干手直しがあるのかもと期待しつつ
フィンチの様子を見守っていたのですが、
翌日、通路にごそっと落ちている巣を見つけ
「やっぱりダメだったか・・・」となりました。
まだ産卵前だったのでそれだけは幸いでしたが、
後からつがいが戻ってきて「マジ?」って顔で
落ちた巣を見ていたのにはちょっと・・・
「次はもっとしっかりした巣を作らないと!
こんなグズグズの巣じゃ雛は育たないよ?」
とゴジラおばさんは説教をしたくなったのでした。
ほんと余計なお世話だろうけど。
あああ、言葉が通じたなら教えてあげたいよ。
ああもう、もどかしすぎる!

この2羽が春先からズッコケまくっているつがいです。
IMG_9271IMG_9263IMG_20230710_125016通路にごっそり落っこちた巣を見て、
2羽が顔を見合わせてピーチク鳴いている姿が、
まさに「マ、マジか!」と言っているように見えて
可哀想と言うよりちょっと滑稽だったのです。
次こそちゃんとした巣を作っておくれよ!
ゴジラおばさんはいつでも君たちの味方です。



今日の人形もサマーガールです。
スイカ柄です。
IMG_20230713_140249IMG_20230714_113737IMG_20230714_114056IMG_20230714_113955IMG_20230714_114200IMG_20230714_114322人間だって日々ズッコケまくりですからね。
フィンチのズッコケコンビがやっている事も
彼らにとっては精一杯の頑張りだと思えば、
親近感も湧いてきて心から応援もしたくなります。
いやもう本当、今度こそは頑張って欲しいですよ。


動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。


今年もまた、フィンチが軒下に巣作りを始めました。
玄関から続く軒下なので家の中からも良く見えるし
外に出れば慌てて飛び去る彼らに出くわしたりします。
去年、自覚もなしに「ゴジラおばさん」になって
巣の下をうろついたり巣を覗いたりしたため(?)
彼らが軒下に巣を作るのをやめた経緯があるので
今年は彼らの邪魔は決してすまいと決めていました。
( フィンチと「ゴジラおばさん」 )
とは言え、私達がそこの軒下を通る事はよくあるし
時々は宅配の人が足早に通ったりもして、
全く軒下を通らないと言う訳にはいかないので
その程度の人通りはフィンチも想定内なのでしょうが
とにかく巣の下では長居はしないようにしています。
(通りすがりに「チラ見」のフリして見てますが。 )
が、とってもとっても気になるのです。巣の中を見たい!
今はその衝動とたたかう日々なのですが(笑)
ちょっと見た所、今年の巣も下手くそなのです。
「あんたに『鳥の巣』の良し悪しがわかるのか?」
フィンチに怒られそうですが、なんかざっくりした作りで
例えるなら、にわか作りの「ほったて小屋」風。
こんなんじゃ卵もしっかり中で安定しないし、
暖かくないんじゃないのかなあ?
「だ〜か〜ら〜、お前に何がわかるんだい?」
聞いたらフィンチもイラッ💢とするでしょうね。
でもねえ、以前はもっと綺麗な巣を作っていたし
何より通路を汚さなかった気がするのです。
去年といい今年といい、巣の下には草や苔が散らばって
なんか通路がいつも汚いのですよ・・・
大丈夫かなあ?余計なお世話ですかね?


「メイ」人形の続きです。
イラストをもとにこんな風に生地を用意しました。
IMG_20230307_130428おそらく去年一昨年と同じつがいなのだと思いますが、
一昨年はカラスに雛を食べられたとは言っても
その時は5〜6個の卵をちゃんと孵化させたのだから
巣作りだってお手のもののはずなのですが・・・
とにかく「ゴジラおばさん」は完全に封印して
静かに見守りたいと思います。
一番はそれな?


今日のリス友は・・・
メープルの木の上で毛繕いにいそしむこの子です。
IMG_8770IMG_8771IMG_8773

動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。




フィンチが軒下の巣に卵を一つだけ産んでから
かれこれ2週間以上が経ちましたが、
結局親鳥が卵を温めることもなく終わりました。
( フィンチのつがいのその後 )
やっぱり去年カラスに雛を食べられてしまった事が
原因なのか?と考えていたのですが、
鳥の巣を気にしすぎて、私がうろついていたため
彼らにストレスを与えてしまったのかも。
一番最初にぐずぐずの巣を作っていた頃は
私が外に頻繁に出ることもなかったので、
最初からこのつがいの様子はおかしかったのですが
それだけに、巣の中に卵を見つけたときは嬉しくて
それ以降は毎日外に出て巣を見ていたし、
それ以外でもうちの中から巣を観察していたのです。
「カラスは体も大きくて、やる事が可愛くない!」
と思っていましたが、私の方がカラスの何倍も大きいし
小鳥から見たら私は「ゴジラ」ですよ。
つがいのいない時に巣を見ていたつもりでしたが、
実際は葉陰などから私を見ていたのかもしれません。
「またゴジラが巣の周りをうろうろしている。」と。
私だってゴジラがうろうろしている場所で
安心して子育てなんてできません。
ごめん、フィンチ。怖がらせたよね・・・
あの後別の場所で卵を産んで育てたのかなあ?

それにしても、去年のことを思い返すと
その時の私も「ゴジラ」だったのですが 
2度の産卵、孵化共に順調だったのです。
小さな生き物はとても繊細で敏感なので
今年はたまたまこうなったのかもしれませんが、
とにかく来年からは「ゴジラおばさん」は封印します。
なんか本当悪いことした・・・

これは前庭の写真ですが(ご近所さんに褒められた庭)
この写真の左側の軒下にフィンチが巣を作りました。
玄関に続く通路の上部分にあたるので
どうしても多少の人通りはあるのですが・・・
IMG_20220527_143203




























今日の人形は「封筒柄」の服を着たこの子です。
いろんな模様の封筒がいっぱい描かれている生地で、
カラフルです。 
水玉模様の靴を履かせてみました。
IMG_20220528_144844IMG_20220528_145239IMG_20220528_145410IMG_20220528_145103


小さな動物を見るとただただ可愛くて
自分が彼らにとっては「ゴジラ」なことを
ほんと忘れてしまいます。
だいぶ前の旅行中の出来事なのですが
小川で遊んでいる数匹の子猿に出くわした事があって
あまりの可愛さに近付いて行ったら、
近くにいたらしい母猿が怒って
私の方に走って威嚇してきた事がありました。
私もすぐに逃げたので大丈夫でしたが・・・
子育て中の親はどんな動物も皆必死ですね。
それにしても・・・フィンチ、ごめんよ。


今日はウサ友です。
久しぶりに庭に来てくれました。
ポンポンみたいなしっぽがラブリー
IMG_5637IMG_5638


動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。


↑このページのトップヘ