人魚がドレスに着替えたら

美しい自然がいっぱいの、アメリカ・オレゴン州に住んでいます。 手芸が大好きで、今はせっせと着せ替え人形を作る日々です。 出来上がった人形の紹介や日々の出来事、庭に遊びにくるリス友の様子など、いろんなことを綴っています。

タグ:サファイア王子


テフロン加工のフライパンを買いました。
こだわりのブランドがあるわけでもないので
Amazon で適当に選んだフライパンです。 
今まで使っていたのもテフロン加工されたもので
何年か使っているうちにテフロン効果も薄れてきて
色々くっつきやすくなってしまうので、
本当今までいくつフライパンを買い替えたことか。
フライパンの形が崩れるわけでもないので(笑)
いつも「まだいけるかも?」と迷うのですが
特に卵料理がしょっ中くっつくようになると
観念して買い換えることにしています。

で、今観ているドラマ「舞妓さんちのまかないさん」の
「まかないさん」が毎日使っているのが
昔ながらのしっかりした鉄のフライパンで、
「鉄子」と呼ばれて(笑)大事に使われているのです。
「やっぱり料理人は『鉄』なんだろうねえ・・・」
と思うわけです。
私も思い切ってそっち側に行きたいような、
いやいやテフロンで十分!と言う気持ちが交錯して(笑)
Amazon でオーダーする時もちょっと迷いましたが、
結局「手っ取り早くテフロンでいいや。」という事に。
もしかすると鉄のフライパンって案外使いやすいのかな?
油がしっかり馴染まないうちはくっついたりしそうで
イメージだけでずっと敬遠して来てしまったのですが、
使っている方がいらしたらご指南お願いします。



今日は「リボンの騎士」の全員集合です。
サファイア、チンク、フランツ王子が揃うと
色鮮やかでいい感じです。
IMG_20230221_174917IMG_20230221_175112IMG_20230221_175335IMG_20230221_175648昔実家で使っていたのは鉄のフライパンで、
母はそれでなんでも上手に作っていた気がします。
でも、そのフライパンはいつも油でテカっていたし
他の鍋と比べたら無造作に扱われていた感が。(笑)
まあ鉄製のものは鉄分も同時に取れていいらしいので、
そう聞いて私は「鉄瓶」だけは持っているのですが、
毎日それで沸かしたお湯を飲んでいたのに
結局貧血と診断されて鉄分のサプリを飲む事になり、
まあそんな事はどうでもいいのですが、
鉄のフライパンって「料理の鉄人」たちを連想させて
なんか憧れですよ。



今日のリス友。
外に出たら「モフモフちゃん」と「ピコチン君」を発見。
2匹揃っているところを写真に撮ろうと近づいたら
ダーーーーッと走って行ってしまいました。残念。
IMG_8578


動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。




昨日ロールキャベツならぬロール白菜を作るつもりで
冷凍の挽肉を冷蔵庫に移して解凍していたのです。 
後で冷蔵庫から出して最後の解凍をするつもりでいたら
それを忘れてしまって、「さあ夕ご飯作るか〜〜〜!」
と挽肉を出したら8割方凍ったままでした・・・
一気にやる気をなくしていたら、そんな私を見て皆が
「じゃあ、ピザをオーダーしよう!!!」と。
私はピザという気分ではなかったのですが、
私のやる気もどこかに行ってしまったので
まあたまにはいいか、という事で・・・

で、近くのピザ屋さんにオンラインオーダーしたのですが
年々増えていく気がしてならないオンラインサービスに
「これはちょっとやりすぎじゃね?」と思った事が。
オーダー後に「お届けまでにOO分かかります。」
と、これは基本のありがたいサービスなのですが、
その後も「今ピザがオーブンに入りました。」
「ピザを車に積みこみました。」
「車が今出発しました。」と逐一連絡が来て
GPSを使ってその車の位置を地図上で示してくれたり
はああ、そこまでやる必要あるのかなあ?
Amazon でやっている「オーダー追跡サービス」を
単純に真似たサービスなのだと思いますが、
「今ピザがオーブンに入ったよ!」と知らされてもねえ。
今後も過剰なサービスが増えて行きそうだし、
既存のサービスはこの先別の何かに変わったりして?
何でもかんでもすぐに答えが出たり返事が来たりで
今は皆「待つ」事がどんどん苦手になってますよね?
・・・私もその一人ですけど・・・



今回は「リボンの騎士」のフランツ王子を作ってみます。
男装のサファイアと敵対しサファイア王女とは恋に落ちる
イケメン王子です。
「同じ人物なんだぞ、いい加減気付けよ、あんぽんたん!」
と言いたくなるような王子様です。
ではまずはイラストから・・・
IMG_20230215_131232パンデミック前は、ピザは玄関先で手渡しだったのが
今は対面を避けてドアの前に置いていくのが当たり前に。
なので、デリバリーの人に手渡しだった「チップ」も
今は決済時にチップを加算するのが当たり前になりました。
この数年で変わった事が多すぎる・・・


今日のリス友。
IMG_8461


動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。



インスタグラムに「リボンの騎士」の人形を載せたら
「サファイア王子」が好きな女性(英語圏の方)から
「いいね」を頂きました。
50年以上も前に放送された作品なだけに
もちろんその当時を覚えている人は沢山いるにしても
今熱心にファンでいる人がいるなんて!しかも外国に!
と驚いてしまいました。
「サファイア王子」は昔懐かしいキャラクターとして
可愛く出来ればいいな、くらいの気持ちで作り始めて
完全に自己満足の世界だなあ・・・と思っていたら、
今ピンポイントで「サファイア大好き」な人がいた!
漫画アニメに詳しい人、「推し活」に励んでいる人なら
「こんなの当たり前!みんな『推し』を持ってるよ?」
なんて言われてしまいそうですが・・・
その方のインスタを覗くと、関連グッズを集めていたり、
彼女自身がコスプレを思い切り楽しんでいたり、
SNSがなければ絶対に知る事もなかったと思うので
しみじみ「SNSって面白いなあ〜」と思いました。
以前もインスタに、リス友のお腹の毛並の塩梅で
「シックスパック」に見える写真を投稿した時の事、
ハッシュタグの一つを「シックスパック」にしたら
「筋肉ムキムキ系インスタグラマー」から
「いいね」を頂いて感動したことがあったので 
これからも時々こんな楽しい驚きがあるのでしょうね。
とは言え、SNSを使いこなせていないので、
そこから先に何かが広がる事もほとんどないのですが、
原始人的にはこれくらいが丁度良いかなと思っています。
毎日驚きと感動の連続だと疲れそうだからね。



で、「サファイア王子」完成しました。
派手派手の帽子、変装用マスク?ピンクのドレスなどなど、
「サファイア七変化」です。
ピンクのドレスと同じ生地で帽子も作りました。
我ながら今回は頑張ったよ〜〜〜!!!
IMG_20230221_173758IMG_20230221_174128IMG_20230221_174141IMG_20230221_174005IMG_20230221_173924IMG_20230221_173221IMG_20230221_173405今更ながらSNSの面白さにしみじみしましたが、
「『手塚治虫』は永遠の漫画の神様なんだなあ・・・」
とこんな事にもしみじみしました。
こう言う機会に自分の知らない世界に触れてみると
「おおお」と新鮮な驚きがありますね。
普段は自分の興味のある事にしか近づかないので、
動かない空気を変えてくれる「風」みたいな存在は
有難いです。これは「脳活」にも良いですよね?(笑)



今日のリス友は、チビリスです。
IMG_8264

動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。


次男が学校のロッカーに荷物を入れていたら、
「あなたのロッカー、ちょっとグチャグチャじゃない?」
と、クラスメイトの女の子に言われたのだそうです。
ロッカーなんてただの荷物入れと考えている次男は
「ロッカーなんて綺麗にしてもしょうがなくない?
なのに、女の子たちのロッカーはすっごいよ。
小さなホワイトボードが付けてあったり、
棚が作ってあったりもう『小さな部屋』になってるから。
・・・・・・WHY? WHY?WHY〜〜〜???」
完全に理解不能のようで「WHY?」を絶叫してましたが、
私も「小さな部屋」を作りたい方なので、
彼女たちの気持ちが痛いほど良くわかります。
たとえロッカーのような小さな空間であっても、
心地よい自分の「巣」のような場所を作りたくなるのは
女性の本能なのでしょうか・・・?
もちろん、皆が皆そうではないと思うし、
男だから女だからと決めつけるべきではないのですが、
次男の話を聞くとそんな所にも「男女差」が
かなりはっきりと現れているように思いました。
その女の子たちのロッカー、どれだけすごいのか
一度見てみたい気がしています。


「サファイア王子」ここまで出来ました。
こんな風にパフスリーブを作ったのは初めてです。
今はまだそんなに華やかさはありませんが、
これからどんどん派手になっていく予定です。
IMG_20230221_115145IMG_20230221_121237IMG_20230221_123334IMG_20230221_125747先週、次男の学校でダンスパーティーが催されました。
先々週雪のために延期されていたパーティーなのですが、
結局その日も雪で休校となり、どうなる?と思っていたら
パーティーは決行となり次男もオシャレして出かけました。
普段は上下スエットで学校に行っているのに、
その日はビシッと上下黒で決めて。

その後、パーティー終了時間の夜8時に迎えに行ったら、
オシャレした子供たちが三々五々会場から出てきて
(だいたい11歳から14歳くらいの子供たちです。)
特に女の子たちが着飾っているのが目に留まりました。
その日初めて履いたみたいなヒールの高い靴を履いて
シフォンのノースリーブのドレスを着て・・・
やっぱり女の子たちの方が圧倒的に華やか。
男の子たちよりずっと大人びて見えました。
ドレスの上に何も羽織らずに歩いて帰る三人組の後を
私たちも歩いて帰途に着いたのですが、
放送禁止用語を連発しながら歩く彼女らを見ながら
「楽しい夜で良かったね。」とおばさんは思いましたよ。
次男も初めてのダンスパーティーを楽しんだようで、
特別な夜には皆気持ちが浮き立つんだなあ、やっぱり。
こんなところには本当「男女差」なんてなくなりますね。
私もこんなウキウキ気分、味わいたいなあ・・・
子供たちがちょっと羨ましくなりました。



今日のリス友。
「こんな寒い日でもクルミさえあれば〜〜〜
IMG_8449


動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。


先日、郵便局の窓口で小包を送る手続きをしていたら 
広い郵便局内にピピピピ〜と小鳥の声が聞こえてきて
「『環境音楽』として流しているのかなあ?」
と思いながらその声を聴いていたのですが、
小鳥は小鳥でも「ヒヨコ」の声のように聞こえるし
なんだかすごく近い場所から聞こえてくるのです。
「ん?」と思っていたら、女性の郵便局員さんが
「今日も賑やかねえ〜〜〜」なんて言いながら
近くの箱を移動し始めたのです、「ヒヨコ」入りの!
「えええ、郵便局から『ヒヨコ』を発送する人いるの?」
とびっくりして目の前の局員さんに聞いたら、
「この近くに『ヒヨコ』を売っているお店があって
毎日3箱くらいは『ヒヨコ』を発送してますよ。」と。
そうなのかあ、「ヒヨコ」も発送できるのかあ。
まあ近場限定なのかもしれませんが、びっくりでした。
今はどこでも「生き物」も発送可能なのでしょうか?
「生き物」を送ったり送られたりした事がないので
今回かなり驚いてしまいました。
普段引きこもってばかりで、たまに外に出かけると
びっくりする事に出会う確率が高いです。



今回は「リボンの騎士」のサファイアを作ってみます。
「リボンの騎士」は子供の頃再放送で観たのですが、
プリンスになったり、プリンセスになって恋をしたり
ちょっとドキドキで観ていました。
ずっと作ってみたかったのですが、帽子とか大変そうで
始められずにいましたが、頑張って作ってみます。
まずはイラストから・・・
IMG_20230215_131118最近、時々雪が降ったりはあっても大分春めいてきて
鳥の声があちこちから聞こえて来るようになりました。
鳴き声も様々なので、いろんな種類の鳥たちが
一斉に鳴いているのがわかります。
最近庭に出るたびにその賑やかな声を聞いていたので、
郵便局内でも春らしく「鳥の声」を流しているのかと
そんな風に思ったのですが、本物の鳥の声でした。
ヒヨコってやっぱり可愛いですよね・・・
実際、ヒヨコを育てて鶏に卵を産ませている家が
近所にも何軒かあって、実はちょっと羨ましいのです。
「『鶏小屋』なんか絶対に庭に作らないよ。」
と夫からすでに反対されているので無理ですが(笑)
こんな事があるとつい「ヒヨコ飼いたい!」になります。


今日のリス友はチビリスです。
「アーモンドしか勝たん・・・」
IMG_8367IMG_8373

動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。


↑このページのトップヘ