人魚がドレスに着替えたら

美しい自然がいっぱいの、アメリカ・オレゴン州に住んでいます。 手芸が大好きで、今はせっせと着せ替え人形を作る日々です。 出来上がった人形の紹介や日々の出来事、庭に遊びにくるリス友の様子など、いろんなことを綴っています。

タグ:ジェンダー問題


アメリカでは「primary care doctor(主治医)」を決めて
毎回同じ医師に診察してもらうのが一般的です。
家族が皆同じ医師の時は「family doctor 」と呼びますが
どんな症状でもまず最初にその医師の診察を受けてから
必要に応じて専門医を紹介してもらう仕組みです。
今まで引越しが多く、主治医を決めても浅い付き合いで
ある時はそれすら決めないまま次の引っ越し、
という事もありました。
でも、今回はこの場所に長く住むつもりだし、
そろそろ主治医も決めておかねばと・・・
オレゴンに引っ越してから3年以上も経つのに
風邪を引く程度で病院に行く必要もなかったので
まあそのうちと後回しにしていたのですが、
定期的な健康診断も必要になりそうだし・・・
で、夫の主治医の女医さんが良い人だと言うので
私も同じクリニックの別の女医さんを主治医にする事に。
今までは、主治医を決めたら後は必要な時に予約して
クリニックに行って診察を受けるだけだったのですが、
今回はその女医さんとまず Zoom で顔合わせして
質問があれば聞いて「このお医者さんでいい!」
となったら次に進むと言うプロセスがあって
こんなのも時代の流れなのかなあ・・・とびっくり。
その後、送られてきたメールに必要事項を入力して
サインをしてと言う流れでした。
で、「性別」を答えるところがこんな感じで・・・
IMG_20230228_102836Cis Male ー男性に生まれて男性として生きている
Cis Female ー女性に生まれて女性として生きている
Trans Male ー女性に生まれたが男性として生きている
Trans Female ー男性に生まれたが女性として生きている
Non-Binary ー男性女性どちらにも当てはまらない
Other ーその他

以前、夫と一緒に運転免許の書き換えをした時に
夫が性別を「 その他」としたのを見て
私も次はそうしようと決めていたのです。
( ジェンダーフリーの社会をサポートする行動 )
そう言う小さな行動も今の「ジェンダー問題」を
後押しする行動に思えたからなのですが、
今回この選択肢を見たらちょっと考えが変わりました。
最初は「 Other 」を選んだのですが、その瞬間
「じゃあ、私って何者?」って思ったのです。
「 LGBTQ 」の人たちをサポート、尊重するなら
私も自信を持って「私は女性です」と言うべきでは?
今回そんな風に思って「 Cis Female 」にしました。

理想は性別も年齢も人種なども問われない社会だし、
「私は何者?」の疑問自体も湧いてこない社会でしょう。
「私は私、あなたはあなた」以上!
理想の実現のためには最初は「忖度」まみれになるのは
もうしょうがない事なのかな?
私も自分の忖度が的外れじゃないかと時々不安になるし
自分の行動に自信があるわけでもないのですが、
忖度も続けていけばそれが皆の共通の認識になって
全ての人が居心地良くいられる社会に変わるなら
それが一番いい気がします。
故に私の忖度も問題の数だけ増えて行ってます。
いや、「忖度」って言う言葉はよくないか?
「配慮」とか「相互理解」とか?
まあそれぞれの試行錯誤は続くと言うことで。



今日のリス友。「ラリラリラ〜〜〜ン
モフモフちゃんは今日も元気です。
IMG_8350IMG_8351IMG_8352IMG_8353
(今日は人形の紹介はありません。)

 動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。



元旦にガレージの前を掃除していたら、
散歩途中のご近所さんが声を掛けてくれました。
以前、庭で採れたイチジクを持ってきてくれた
感じの良いご近所さん(60〜70代くらい?)です。
( ご近所さんからの頂き物 )
新年の挨拶をした後に「クリスマスはどうだった?」
と聞かれたので、家族4人の静かなものだったと話したら
「うちは、息子がフィアンセを連れてきたのよ。
フィアンセはゲイなんだけど、彼女の元妻に子供がいて、
息子とフィアンセと彼女の元妻とその子供の4人が来て
結構賑やかだったわあ〜〜〜」と。
彼女がにこやかに話すのを聞きながら、
「あれ?私どこか聞き間違えてるかな?」
と思ったのですが、彼女の表情を見れば
「ねえ?何だか面白いでしょう?」って感じで、
多分私は聞き間違えていない・・・
ちょっと聞くと複雑な人間関係のように思えますが、
こんなに明るいさばけた関係もないなあと思いましたよ。
もし息子さんのフィアンセが「元夫」を連れてきたなら
状況は微妙に違っていた気もしますが、(笑)
いやいや、過去も含めてお互いを受け入れているならば
そんなこんなも全て「有り」なんでしょうねえ・・・
みんな、スッゲー心が広いなあ・・・
私にはまだまだ到達できそうもない境地です。
年明け早々、ちょっとした開眼事件(笑)でした。


今日の着せ替え人形も「ウサギ」ちゃんです。
IMG_20230101_165351IMG_20230101_165512IMG_20230101_165754IMG_20230101_165648ジェンダー問題、BGLTQの人たちを取り巻く問題など、
身近な問題として考えたいと思っていますが、
彼女のように考えたり人間関係を築くことができたなら
それは誰にとっても自然で自由で健全な気がします。
息子さんの考えや選択を尊重し誇りに思っているからこそ
近所に住んでいるだけの私にまで話してくれる訳で、
本当素敵なご近所さんです。見習わねば。


今日のリス友。
いつもはフワフワのお腹の毛が雨に濡れています。
冷たそう・・・すぐに乾けばいいんだけど・・・
IMG_20221208_093500IMG_20221208_093430


動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。



今の若者たちはジェンダー問題にとても敏感で
幼い頃からしっかり教育されているので、
個人の考えがどうあれ差別的な言動はまずしないし
柔軟な考え方をする人が本当に多い気がします。

先日夫がオーストラリア発のリアリティ番組を観て
感心したらしいのです。
その番組は自閉症などの発達障害を抱える若者同士、
20代の男女の交際を応援するプログラムで、
そのほとんどが今回初めて交際をする若者たち。
その中の一人の女性が言ったのだそうです、
「私は今まで誰とも付き合ったことがないので、
女性が合うのか男性が合うのかわかりません。」と。
ならばと、最初は無難に男性と交際を始めてみたら
その彼とはあまり上手くいかず、次は女性と交際・・・
結果その女性は同性の方が相性が良かったのだそうで、
「こんな発想や発言、自分の年代じゃ絶対に出ない!」
と夫も心底感心していて、私も同感でした。
こんな風に性別を超えた考え方ができるなんて、
今の若者は本当に素晴らしい!!!


今日の人形もミツバチです。
今日のはターコイズがアクセントカラーです。
IMG_20221004_155948IMG_20221004_155141IMG_20221004_160100IMG_20221004_160209ジェンダー問題といえばまず男女格差や差別の問題で
そこは自分も関わりやすいところなのですが、
BGLTQの問題となると中々実感するのも難しくて
否定はしないものの長い事他人事でした。
でも他人事にしているうちは世界は変わらない・・・
日本にいる時は周りにBGLTQの人がいなかったので
今よりも更に他人事だったのですが、
1997年にアメリカに来てからの25年が
世の中の変化の激しい時期と重なって、
いやでも価値観の見直しをさせられた感じです。
身近なところでも色々な人に出会ったし、
それぞれの逡巡と勇気のカミングアウトの後に
そこから自由になっていく人たちを実際に見れば
やっぱり応援したくなるのです。
将来的にはきっと「BGLTQ」なんて言葉すら
無くなっていくのだと思うし、そうであってほしい。
私も若者たちと共に頑張りたいです。


今日のリス友。
ドライコーンをくわえています。(笑)IMG_6798



動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。



先月は 「 National Women's History Month 」で、
次男のクラスで、色々な分野で活躍した女性達の事を
各自調べて発表する機会がありました。
次男は「Katherine Johnson 」と言う、
NASAで活躍した黒人女性のことを発表したのですが、
映画「ドリーム」のモデルにもなっていて、
アポロ11号打ち上げ計画などに参加した女性です。
次男は皆の前での発表では緊張したらしいですが
練習した甲斐があってうまくいったようでした。

こう言う「Women's month」「 Women's day」など
女性のための特別な日が設けられているのを、
次男が「でも何で女性だけ?不公平じゃない?」と。
「今の社会で女性と男性は本当に平等だと思う?」
と聞いたら「ああ、そうだよね」と納得してました。
今はもう男女平等は当たり前で、もう一歩進んで
男性女性という区別すらなくそうと言う社会・・・
( ジェンダーフリーの社会をサポートする行動 )
とは言え、アメリカもそう言う社会の実現に向けて
努力を続けているところで、
日本も「ジェンダー問題」に関しては
今までの遅れを取り戻そうと奮闘中ですよね。
以前こんなことがありました。
カリフォルニアに住んでいた時に
一時期訪問介護の仕事をしていたのですが、
毎日伺っていたお宅が台湾人の高齢のご夫婦の家で
50〜60代でアメリカに移住したご夫婦でした。
台湾が日本の統治下だった頃に育っているので
特に奥様の方は上品な日本語を話す方でしたが、
その奥様に「日本では女性を下に見ますよね。」
と言われて、身の縮む思いをした事があります。
台湾は女性の総統で勢いもあるし、
オードリー・タン氏の起用など人事も見事で、
彼女は自分の国が本当に誇りのようでした。


今日の人形はベリー柄の服の女の子です。
ショートカットの可愛い子です。
IMG_20220406_122943IMG_20220406_123050IMG_20220406_123307





































































アメリカに来たばかりの頃(25年前)は
自分が日本人である事が誇りでしたが、
今は少し違います。
「ジェンダー問題」然り、人権問題となると
日本はもっと早い変化が必要かなと思います。


今日のリス友。
桜の写真はこれが最後です。さびしー!
どうしてももう一度桜とリス友の写真が撮りたくて、
塀の上にクルミを置いておびき寄せると言う
姑息な手を使ってしまいました。
お陰で、こんな写真が撮れましたが。(笑)
IMG_4975







動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。


↑このページのトップヘ