人魚がドレスに着替えたら

美しい自然がいっぱいの、アメリカ・オレゴン州に住んでいます。 手芸が大好きで、今はせっせと着せ替え人形を作る日々です。 出来上がった人形の紹介や日々の出来事、庭に遊びにくるリス友の様子など、いろんなことを綴っています。

タグ:ステラーズジェイ


夕ご飯を食べながら皆で話をしていたら、次男が
「友達のA君はゲイだよ。本人が言ってた。
A君はB君のことが好きで2年間頑張ったんだけど
B君はゲイじゃないから、A君も最近諦めたらしいよ。
B君はA君と一緒にいる時は変な気分だったみたい。
でもそれ、しょうがないよなあ・・・」
「あ、そうなの?最近それ聞いたの?」
「いや、ちょっと前から知ってたけど・・・」
「はあ〜本当いい世の中になったよね?
A君も普通に友達にそう言うことが言えるんだから。
それにまだ12歳なのに、もう自分の事わかってるって
すごくない?そういうの時間かかる人の方が多いのに。」
A君もB君も次男の仲良しでよく知っているのですが、
そのA君は性格も穏やかで礼儀正しくて、
しかもユニークなキャラクターで可愛い子です。
彼のご両親の事も子供を通して知っているので、
彼の「カミングアウト」も何の問題もなかったと思われ
LGBTQ+問題、私の知る限りではありますが、
着実に良い方向に進んでいるようです。
何せ、明らかに子供たちの意識が違うのですよ。
「皆違って当たり前。友達になるのに性別も関係ない。」
そう言う環境で育って来ているので、
最初からそれで差別、偏見と言う発想がない感じです。
一方、私たち大人も偏見はなくなって来ているものの、
少なくとも私は意識して寛容な人間を演じる事もあるし、
次男たちのような自然で純粋な「受容」とは違う
「頑張った受容」になってしまっている感もあります。
A君の様に「自分はこんな人間です。」と
自己紹介するみたいにゲイである事も言えるとすれば
これは「カミングアウト」と呼ぶのはおかしいですね。
しみじみ時代は動いているなあと思います。



「ナルト」人形、可愛く出来た!イエーーイ!
と思って人形を見ていたら、何か引っ掛かるのです。
あれ?可愛すぎたかな?何かがおかしい気がする。
あああああ、脚!内股に作ってしまった!
IMG_20230818_170445イラストもちゃんと外股に描いたのに、
いつもの癖で内股に作ってしまいました。
「ま、このくらいいいか?大した違いじゃないね?」
と思ったのですが、やはり気になってしょうがなく
脚の縫い合わせ部分をほどいてやり直しました。
思ったよりも簡単にやり直せたので、やってよかった!
IMG_20230818_172803IMG_20230824_151706IMG_20230824_151737
この「LGBTQ+問題」はほんの5年前と比べてみても
世の中の意識がものすごく変わった気がします。
その頃実際身近な若者がカミングアウトした時は
いかにも「カミングアウト」と言う感じで、
家族や友人への告白に逡巡があったのは明らかでした。
それに比べるとA君は迷いとか逡巡がなく、
自然に自分自身を知りそのままの自分を受け入れて、
同時に周りも受け入れてくれる事を疑っていなくて・・・
・・・しみじみ隔世の感、です。


今日は鳥友。
久しぶりにステラーズジェイが遊びに来ました。
相変わらずギャアギャアと耳障りな鳴き声です。
IMG_9494IMG_9495

LINEで更新のお知らせが届きます。




昨日またひとつ歳を取りました。
「おめでとうメール」をくださった皆様、
本当にありがとうござました。感謝感謝です。
この年になると誕生日も嬉しいのか悲しいのか、
ここ最近は毎年複雑な気持ちになってますが(笑)
こんな時節だし無事に誕生日を迎えられただけでも
実は本当に有り難いことなのですよね・・・
そうして皆に感謝して謙虚でいればいいのですが
実は年明け早々に「誕生日には、これ頂戴ね!」
と欲しいものをネットオーダーしました。(笑)
またもや陶器で出来た鳥。今回はニワトリ二匹。
IMG_20220204_202547


















「一体何個集めたら気が済むの!?」
と次男に言われましたが、この辺でやめようかな?
9羽集まったし、流石に気が済んだ気がする・・・
でも、このお店には鳥以外にも普段遣いの器もあって
これがまた素敵なので今度はそっちを集めようかな?
「プレゼントなんてなくても十分幸せ。」
なんて殊勝なことを言う日が来るのだろうか?
来ない気がする・・・


今日の人形はこの女の子です。
片側に結んだ髪型が可愛いです。
IMG_20220202_130144IMG_20220202_130856IMG_20220202_131017IMG_20220202_131308IMG_20220202_131519


















































































































































昨日は長男が晩ご飯にとんかつを揚げてくれて
その後の片付けや、私の仕事の掃除機がけなども
皆で手分けしてやってくれたので、
それが一番嬉しかったかもしれません。
次男からは素敵な絵をもらいました。
みんなありがとう!!!
IMG_20220204_224435
























今日はステラーズジェイです。
写真ではアーモンドをひとつくわえていますが、
いつも、もっともっとと詰め込んでます。
IMG_4224

















動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。


「小動物の楽園」を目指して、リス用の餌台の他に
ハミングバード(蜂鳥)用のネクターを入れる容器、
鳥の餌入れや水浴び用の器を置いてみたりしましたが
脇役の庭の改造があまり進んでいないだけで、
主役の小動物たちはすでに毎日訪れてくれています。
青い羽が美しいステラーズジェイもよく来てくれて
他にも何種類かの鳥の写真が撮れたので
今日は「鳥友」の様子を見て下さい。

ステラーズジェイは頭の毛もかっこいい!
IMG_3881


















蜂鳥は「赤い花」に引き寄せられるらしく、
クチバシよりも長くて細い舌を使って
蜜をチュルチュルと吸います。
最後の写真では舌がちょろっと出ています。
色も美しく、本当に小さくて可愛い鳥です。IMG_3158IMG_2877IMG_2881


























































ハシボソキツツキ(Northern flicker)
ほっぺの赤いのがオスです。
IMG_3925




















この鳥は「ユキヒメドリ」可愛い名前です。
IMG_4152



















この鳥はツグミ科、日本名はわかりません。
「Varied thrush」と言う鳥です。オスです。
IMG_3915


















この鳥は「アメリカコガラ」(シジュウカラ科)
毎日必ず庭に来る鳥です。クルミ大好き!
IMG_4123


















写真に綺麗に収められたのはこのくらいですが
春になったらもっといろんな鳥が見られそうです。
リスだけでなく、小鳥たちもクルミが大好き。
いつもの餌台の後ろにある木蓮の木は
小鳥たちには居心地の良い場所のようで
大きな鳥から身を守りつつ餌を食べられるので
本当にいろんな鳥が集まってきます。

今日は人形の紹介はありませんが、
リス友コーナーはありますよ〜〜〜
ちょうどリス友と鷹の面白い写真が撮れました。
かなり好奇心旺盛なリス友だと思うのですが、
低姿勢でじわじわと近づいていく姿が・・・
リス友の方がおっかなびっくりなのに、
最後は鷹の方が先に飛んでいってしまいました。
IMG_4087IMG_4097IMG_4089IMG_4091IMG_4096


















































































動画も作っています。


LINEで更新の知らせが届きます。


バナナブレッドを作りました。
(今回はなぜかあまり膨らまず・・・)
IMG_20220112_140144
















バナナが余った時によく作っているのですが 、
このバナナブレッドには小麦粉は入っていません。
米粉、アーモンドパウダー、プロティンパウダーを
小麦粉の代わりに入れています。
「グルテン」は体に良くないと言われていますが、
小麦粉製品を一切やめるという選択も難しくて
それに、それで体調不良になる家族もいないので
パスタやパンを普通に食べて来ました。
ただ、夫や次男は他のアレルギーがあるし
少しづつ減らして行こうとは思っていたのです。
夫の親戚にはグルテンアレルギーの人がいて
彼の場合ずっと体調不良や倦怠感に悩まされてきて
でも長いことそれがグルテンのせいとはわからずに
大分辛い思いをしたようでした。
今はグルテンフリー生活で、体調も良いようですが。
私は健康オタクではありませんが、
今よりももっと体調が良くなるならば・・・
と、今はグルテンを減らす方向で頑張っています。


今日の人形はツインテールの女の子です。
この頃ツインテールが多いですが・・・
このターコイズの生地、お気に入りです。
IMG_20220114_113713IMG_20220114_113839IMG_20220114_114114IMG_20220114_114233IMG_20220114_114524



































































































グルテンを摂りすぎると、
腸壁が薄くなって最後には穴が開いて、
ウイルスなどが腸に入りやすくなるとか・・・
パンデミックも3年目に入った事もあり、
ますます食事に気を使うようになりました。
ついでにこれで痩せたら言うことないのですが。


今日のリス友。
いつ見ても美しいステラーズジェイとリス友です。IMG_3893IMG_3894IMG_3895



















































動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。


チビリスが一目置く「親分」(笑)は
(「親分」の話はこちらから・・・
 チビリス王国の終焉!? )
なぜかチビリスと鉢合わせすることが少なく
親分がいなければチビリスも当然我が物顔で、
相変わらず他のリス友にはでかい態度に出ています。
でも、リス友達もチビリスから学ぶ所?もあるのか
なんと彼らも鳥の餌入れから餌を食べるように。
鳥の餌の中にはひまわりの種も入っているので、
リスたちはそれが目的のようです。
鳥の餌入れから餌を食べるなんて
以前ならチビリスしかしなかったのに・・・
見て下さい、リス友のこの姿。(爆笑)
鳥の餌、ザッサーっとぶちまけてますがな。
自分でもおかしいのですが、親バカみたいなもので
リス友のやることは、もうなんでも許せてしまう。
チビリスだと「あー!また、チビリス!!!」
と、きっとなってしまうのに・・・(笑)
IMG_20211102_130204IMG_20211102_130206IMG_20211102_130314IMG_20211102_130312






















































































今日の人形は「三つ編みの女の子」です。
替えアイテムはシンプルにスカートだけで。
IMG_20211108_093608IMG_20211108_093756IMG_20211108_093854




























































親分がいたらチビリスもこうは威張れないのですが
親分はそんなにしょっ中はうちに来ないので
結局はチビリスの天下になってしまうのです。
次男の言うように、チビリスは冬眠の準備なのか
常にせわしなく餌を求めては駆け回っています。
本当に不思議なのは、それまで姿が見えなかったのに
餌を置くとすぐにチビリスがやってくること。
特別なセンサーを持っているとしか思えません。(笑)


今日は最後にチビリスとステラーズジェイの写真を。
ステラーズジェイがチビリスに文句言ってて、
でもチビリスは完全無視。してるように見える。
IMG_2696IMG_2698IMG_2699



















































動画作りも頑張っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。


リス友の餌台にはリス友やチビリスだけでなく
カラスやムクドリのような野鳥もやってきます。
その中に「ステラーズジェイ」という鳥がいます。
結構大きな青い鳥です。
IMG_2605


















頭のとんがりも可愛いしほんとに美しい鳥です。
仲間に「ブルージェイ」というのがいて、
これは頭も青いので「ザ・青い鳥」という感じ。
でもこの鳥たち、鳴き声が本当に残念なのです。
しわがれ声で「ギャアギャア」「ギェーギェー」
と、それこそ小さな怪獣みたいな声。
最初聞いたときは、美しい見た目とのギャップに
なんか悲しくなりましたよ、ほんと。(笑)
こういうのってよくある昔話や童話を思い出させて、
「美しさを鼻にかけて地味な鳥をいじめる彼らから
神様はその美しい声を奪ったのです。」
とか、ありそうじゃないですか?(笑)


今日の人形は「白雪姫」です。
アイコンとして使ったりしている人形ですが、
今この人形も動画にしようと頑張っています。
この人形も鮮やかな色ばかりを使っているので
作り映えがして元気が出る人形です。
7人の小人さんも一緒だとほんと元気色だらけ!
IMG_20210905_153431 copyIMG_20210905_153616 copyIMG_20210901_160749 copyIMG_20210901_161140 copy 2










































































昔読んだ椎名誠氏のエッセイの中に
「ラクダの鳴き声は超汚い or 不愉快な音だ」
という箇所があって「ビリャア〜ブジャア〜」
みたいなほんと変な擬音が並べてあったのです。
鳴き声が残念な鳥を見ていたら思い出しました。
ラクダの鳴き声って聞いたことがないので
そこまで酷いのかわかりませんが(ググる?)
なぜ、その声?っていう動物が時々いますね。

せっかくなので「ラクダの鳴き声」ググりました。
確かに酷い。長いこと聞いていたくない。(笑)


今日のリス友。
リス友は「キュンキュン」と甲高い声で鳴きます。
鳴き声まできゃわゆいリス友です。
IMG_20210902_173638





















動画も作ってます。


LINEで更新のお知らせが届きます。

↑このページのトップヘ