人魚がドレスに着替えたら

美しい自然がいっぱいの、アメリカ・オレゴン州に住んでいます。 手芸が大好きで、今はせっせと着せ替え人形を作る日々です。 出来上がった人形の紹介や日々の出来事、庭に遊びにくるリス友の様子など、いろんなことを綴っています。

タグ:ベレー帽


今週、3つの色違いのクリスマスの着せ替え人形を
紹介しました。
色もそうですが、生地の種類でだいぶ雰囲気が変わり
綿生地だとすっきりとした感じに、
フリースを使うとモコモコと可愛いい感じになります。
この人形は、スカートや袖口につけたリボンと
それに重ねて縫いつけた金のジグザグリボンが
一つのアクセントかなと思います。
あとは帽子につけた鈴、フェルトのひいらぎの葉っぱ、
こんなのもアクセントの一つです。
サンタ帽子をかぶればクリスマスの人形になるので
赤や緑のクリスマスカラーに拘らず、
いろんな色の生地で作ったら楽しいかもしれません。
鈴はポンポンに替えてもいいのですが、
鈴だとリンリンといい音がして楽しいのでおすすめ。
替えアイテムとしてはベレー帽やチェックのスカート
スカーフなども可愛いと思います。

クリスマスまで2ヶ月近くありますが、
プレゼントの準備など早めに始めておかないと
ギリギリになって慌てます。実際毎年慌ててます。
準備のいい人は一年中アンテナを張り巡らせて
少しづつプレゼントを用意しているらしいですが
私にはハードルが高すぎます。(笑)
年々プレゼント選びも難しくなってきて
今年もネットショップを彷徨うことになりそうです。
次男にも早めに希望を聞いておいて
サンタさんにお願いしないと。
とは言え、最近とみに生意気になってきたので、
サンタさんをまだ信じてるのか非常に疑わしいです。
長男の時は14歳くらいまで
サンタさんに手紙を書いていたので
「なんて純真なんだ!」と思っていたのですが
実は10歳くらいの時には真実を知り(笑)
それ以降は信じてるフリをしていたらしく、
それを聞かされた時にはびっくりしました。
(騙されていた私の方がアホすぎって話ですが。
最近の次男の生意気な態度を見ていると
サンタさんを信じてるとは到底思えませんが、
とにかく何が欲しいのか聞き出さねば。

前置きが長くなりましたが・・・
「クリスマスの着せ替え人形の作り方」動画
どうぞご覧ください。


LINEで更新のお知らせが届きます。


気候もすっかりよくなって、
時々初夏のような陽気になる日も。
いま私はアメリカの西海岸に住んでいますが、
散歩をすればご近所さんの庭に
様々な花が咲き乱れていて
本当に気持ちの良い季節になりました。
私の作る人形たちにも、何となく季節があります。
今日紹介する人形は季節外れの冬の人形です。(笑)
厚みと温かみのあるフランネル生地を使って
長袖のデザインにしてあるので、
もうそれだけでも「冬」です。
足の部分は黒いフェルトを使い
ロングブーツを履かせました。
斜めのチェック柄がよく似合う女の子です。
今回は小物だけで変化を楽しみます。
IMG_20210406_094014
これが基本の人形です。
えり元にジグザグのテープを縫い付けました。
IMG_20210406_094458
ベレー帽をかぶるとさらに冬っぽく・・・・
IMG_20210406_094559
ハートが入っているショルダーバッグを肩にかけて。
IMG_20210406_094933
マフラーを巻いて完成です。


人形を作り始めた頃は、
フランネル生地を使うことはありませんでした。                                  
でも、生地屋さんで可愛いフランネル生地を見つけ                                
試しに使ってみたら思いの外扱いやすかったのです。                                                         それ以来、普通のコットン生地と同じくらい                           
フランネルが好きになりました。                                


LINEで更新のお知らせが届きます。
          

↑このページのトップヘ