人魚がドレスに着替えたら

美しい自然がいっぱいの、アメリカ・オレゴン州に住んでいます。 手芸が大好きで、今はせっせと着せ替え人形を作る日々です。 出来上がった人形の紹介や日々の出来事、庭に遊びにくるリス友の様子など、いろんなことを綴っています。

タグ:ホットココア



昨日クリスマスツリーを買いに行きました。
先週はこの時期には珍しく快晴が続いて喜んでいたら
その後はまた連日どんより曇りか小雨模様で、
昨日も天気予報と実際の空模様をチェックしながら
雨が止んだ時を見計らってわらわら出かけました。

毎年、近所の教会の広い敷地に売り場が設置されて
週末はクリスマスツリーやリースを求める人が
次々やって来てツリーを買って行くのですが、
屋根にツリーを乗せた車を何台も見ていると
「あ〜クリスマスだなあ・・・」と毎年思うのです。

で、今年も2メートル位のツリーを買ってきました。
さして広い家でもないので、ツリーの場所を確保すべく
毎年色々移動せねばなりません。
なんか少し窮屈ですが、今年もツリーはこの場所です。
IMG_20231202_130306「さあ、イベント大好き男の次男と一緒に飾り付けだ!」
とオーナメントの箱を持って来て次男に声を掛けたら
「僕のクリスマス気分はまだそこまで盛り上がってないから
飾り付けは明日かな・・・」と。
え、そうなの?一気にやっててしまいたかったのに・・・
そんな訳で、飾り付けは今日これからなのです。
でも、昨日の内に外のライトや飾り付けは終わらせたので
今日は次男と二人で2時間も頑張れば全部終わりそうです。

今年も、リビングルームは針葉樹の強い香りがして
幸せなような切ないようなそんな気持ちになっています。




「ホットココア」のオーナメントできました。
これは湯気の部分がポイントかなと思います。
とても可愛くできました。
IMG_20231129_113150IMG_20231129_113254どこでツリーを買っても、係の人が全部やってくれて
余分な枝や枯れた葉を落としてくれたり、
ツリーにきっちりネットを被せてくれたり、
ツリーを車まで運んでくくりつけてくれたり、
こっちはあれこれ見て欲しいツリーを選ぶだけ・・・
でも20年ほど前までは自分でロープを用意して
自分で車にくくり付けるのが当たり前でした。
ツリーを買いに行く時はいつも夫も一緒なのですが
一度だけ私一人で買いに行った年があるのです。
ツリーを車の屋根にのせるのだけは手伝ってもらい
あとは自分でロープで車にくくりつけたのですが・・・
どうも縛り方が適当でゆるかったらしくて
運転中にツリーがザッサーーーとずれてきてしまい、
慌てて路肩に止まってツリーを縛り直しましたが、
その時は本当にびっくりしましたよ。



今日のリス友。
今日もピコチン君です。
IMG_0474IMG_0471ライブドアアプリでフォローが出来ます。



少し前に「Amazon Japan 」で本を注文したのですが
二週間ほどかかって手元に届きました。
今回はこんな本を選びました。
IMG_20231201_220011「どれから読もうかな?」とワクワクしながら
箱から本を取り出していたら「あれ?何これ?」
と、頼んだ覚えのない黒い箱が出てきましたよ。
最初は「何かシリーズものを頼んだったかな?」と
特別ケース入りのシリーズものと一瞬思ったのですが
それは本ではなく「シルクの枕カバー」でした。
IMG_20231201_220046IMG_20231201_220144だけどなんで?こんなの頼んでないけど?
まあ、おそらく単なる梱包ミスなのでしょうが、
これはもう「アマゾンジャパ〜ン」からの
クリスマスプレゼントと思って 🎁🎁🎁
ありがたく頂いておく事にしましたよ。

今の時代、こう言う事ってよくありますよね。
私の場合は、いつも生地を注文しているお店から
注文の倍の生地が送られてきたり、
頼んでいない拡大鏡付き卓上ライトが送られてきたり。
その度にちょっと申し訳ない気持ちになりながらも、
大会社にとっては損失にもならないだろうと思って
いつもそのままもらってしまっています。

で、この頂いた?シルクの枕カバーですが、
シルクが肌にいいこともあって
特に女性には人気がありますよね。
でも私は常に手が荒れていてカサカサなので(泣)
このツルツルシルクが引っかかって苦手です。
なので「せっかくの頂き物だけど使わないかな?」
なんて思っていたら、次男が使いたいと言い出して
それならと、次男にあげました。
そしたらその夜から早速枕カバーをこっちに替えて
「いい感じだ〜」なんて言って寝てますよ。(笑)



「ホットココア」のクリスマスオーナメント、
ここまで出来ました。これはかわいい。
IMG_20231114_141806IMG_20231114_151215IMG_20231114_154406以前借家に住んでいた時にこんな事がありました。
私たちの前にそこを借りていた人宛にクリスマスに
チョコレートと洋梨の詰め合わせが届いたのですが、
もちろん私達はその人の新住所など知らないので、
詰め合わせを送った会社に返送する事にしたのです。
でも連絡をしたら「生ものは返送不可」の返事。
肝心の送り主の連絡先は守秘義務で教えてもらえず、
次に借家の管理会社に連絡してみたら留守電で
メッセージはちゃんと残しておいたものの
数日待ってもさっぱり返事が来ない・・・
「いやもう食っちまおうぜ!」って事になって
結局、皆で食べてしまったのですよ。
そしたら、その後管理会社から連絡があって
「その詰め合わせ、取りに行きます」と。
「いや、もう食べちゃったけど?」ってなって
非常に非常に気まずかったのですが、(笑)
そんなに悪い事をした訳でもないですよね? 



今日のリス友。
可愛い可愛いピコチン君です。
IMG_0532IMG_0534ライブドアアプリでフォローが出来ます。




先日、スプリンクラーの水抜きをしてもらいました。
冬場、中の水が凍ってパイプが破裂したりしないように 
本格的に寒くなる前の「冬支度」の一つです。
その水抜きをした後すぐに何度か氷点下になったので
「間に合った!」という感じですが、
実際は、氷点下と言ってもー1〜3℃位のもので
地中のパイプが凍るほどではないと思われるのです。
でも、万が一凍って破裂などした日には
パイプを掘り起こしての修理になって大変なので
本当、これも万が一に備えての冬支度。
あとは外にある水道の蛇口にカバーをして
これで外の冬支度は完了です。

日本だと、こんな風な外の凍結防止などの冬支度と
家の中ならヒーターやこたつを出したり、
冬用の寝具に替えたりの冬支度だと思いますが、
アメリカでは家全体で温度調節ができるので
家の中の冬支度が全くないのが楽なのです。
そんな訳で一年中全く同じ寝具で寝てるのですよ。

そして、私は季節によって着る物を変えていますが
夫や子供達は一年中家の中ではTシャツ姿・・・
が、どうもこれはアメリカでは普通の光景のようで
最初はちょっとびっくりでした。
外は銀世界でも家の中では半袖が普通なんて・・・
本当これだけは中々慣れません。(笑)



オーナメントの第5弾は「ホットココア」です。
まずはイラストから・・・
IMG_20231106_141658極端に寒いのは困りますが、
2月生まれのせいか冬は結構好きなのです。
暖かい部屋で温かい飲み物を飲む時とか、
ブランケットにくるまって本を読む時とか、
外が寒いからこその特別な心地よさがあって
気持ちがほんわかする感じ、いいですよね?



今日のリス友。
モフモフちゃんだと思ったのですが、
なんか耳の感じが違うような・・・?
今私の手からクルミを食べてくれるリス友は
多分4〜5匹はいるはずなのですが、
この頃本当誰が誰やらわからなくなってきてます。
確実にわかるのはピコチン君だけ・・・
IMG_0432ライブドアアプリでフォローが出来ます。


↑このページのトップヘ