人魚がドレスに着替えたら

美しい自然がいっぱいの、アメリカ・オレゴン州に住んでいます。 手芸が大好きで、今はせっせと着せ替え人形を作る日々です。 出来上がった人形の紹介や日々の出来事、庭に遊びにくるリス友の様子など、いろんなことを綴っています。

タグ:ロリポップ


一昨日、次男が放課後やっているクロスカントリーの
「学校対抗チャンピオンシップ 」があり
今回は長男も一緒に皆で応援に行ってきました。
5回開催された学校対抗レースの締めくくりのレースで、
4回目のレースは寒い雨の日のレースだったので
最後はお天気に恵まれて欲しいなあと思っていたら
気温も23度まで上がって快晴!やった!
これまでのレースには4〜5校が参加していたのですが、
今回のチャンピオンシップには9校が参加したので
選手も多いし、応援に来た家族の数はさらに多くて
レースの会場となった公園は人人人でした。

ちょうど6年生女子のレースが終わる頃に
フィニッシュラインのところを撮ったので、
手前に、ゴール直後でへたっている女の子がいます。
皆、よく頑張った〜〜〜!!!👏👏👏👏👏
IMG_20231019_145632で、次が次男達7年生男子の番だったのですが、
まずスタート地点で次男らに声をかけて激励し、
その後駆け足でコース途中の応援可能な場所に移動、
それを2箇所でやった後また駆け足でゴール地点に戻り
最後の大声援となりました。
広い公園内に作られた「2km」のコースなので
選手の疾走に合わせて場所を変えての応援となると
こっちも疾走せねばならず汗かきましたよ。
今回は1回目のレースと同じ場所同じコースだったので、
応援する方も心得たもので、移動に無駄がないのですが
選手が一斉にスタートしたと思ったら、
家族も走り出して次の応援ポイントに大移動、
そこの応援が終わるとまた次の応援ポイントに大移動、
そして最後はゴール地点目指して大移動・・・
選手も応援団も皆必死だったので無我夢中でしたが、
これを上空から見てる人がいたら
せわしない事甚だしかったのではと思います。

次男は今回のレースにはかなり気合が入っていて
「チームで一番早い子の後について走るようにする。」
と決めて頑張りました。
1回目のレースで同じコースを走った時の自己ベストを
なんと30秒も縮めたので上出来だと思います。
ほんの2か月の短いクラブでしたが無事終了です。

で、以前次男がコーチに怒っていた事があったのですが
( 怒れる次男の話 )
時間の経過と共にその時の怒りもなくなったようで、
来週月曜日予定の「頑張ったねパーティー🎉🎉🎉」に
普通〜にチームメイトにロリポップを配るらしいです。
コーチへの当て付けとかは全くなしで。
はあ、大人になってくれて良かった・・・
IMG_20231020_115159




























今日のリス友。
「白腹毛族」の子は本当にこんな技が得意です。
IMG_0047IMG_0048IMG_0051IMG_0054IMG_0055IMG_0057

(今日は人形の紹介はありません。)

LINEで更新のお知らせが届きます。




大抵機嫌良く日々を過ごしている次男が
学校から帰って来るなり不機嫌に怒り出しました。
聞けばこんな事があったようで・・・
次男は今、放課後クロスカントリーに参加していて
毎日その辺を走って練習に励んでいるのですが、
ほんの2ヶ月間の短いクラブ活動の間にも
学校対抗レースが5回予定されているのです。
先週にはその2回目のレースが行われたのですが、
今週コーチから子供達にご褒美があったらしく、
(ご褒美と言っても「ロリポップ🍭🍭🍭」ですが。)
でも、コーチからそのご褒美がもらえたのは
1回目よりも2回目のタイムが良かった子だけで
それ以外の子は何ももらえなかったのだそう。
「2回目のコースの方が大変だったんだから、
1回目より早く走るなんて難しかったのに・・・
結局ほとんどの子が無理だったんだから、
みんなにロリポップくれても良かったのに!」
と激おこプンプン丸。😠😠😠😠😠(笑)
なるほどねえ、次男の気持ちもよくわかります。
ロリポップくらいならば、全員に「頑張ったね!」
と上げた方が余程良かった気がしますよ。
コーチも皆を飴で?軽く鼓舞するつもりだったのか、
そんなに深い考えもなかったのかもしれませんが、
たかがロリポップされどロリポップで、
ここに確かに、激怒っている男子が一名・・・
「コーチが用意したのと同じロリポップを買って
今度のレースの後、チームメイト全員に配る!
コーチに当てつけてやるから!」
なんて息巻いているのでした。
ヒエ〜〜〜本当にやる気なのかしら〜?
長男は「そんな事はしない方がいいと思うよ。」
と次男を諭していましたが、どうなることやら・・・



「ニコロビン」人形の続きです。
イラストをもとにこんなふうに生地を用意しました。
IMG_20230921_114901次男が珍しくこんなにも怒ったのは
自分もチームメイトも本気で頑張ったのだ!
と言う自負があるからなのだと思います。
それをコーチが認めてくれなかったように感じて
悔しくてしょうがなかったんでしょうねえ。
いや、きっとコーチは皆を労ったはずですが、
うまく伝わっていないようですよ・・・
次男がそこまで悔しい思いをしたのなら、
彼のやり方でコーチにそれを知らせるのも
「あり」かな?なんて思い始めています。



今日のリス友はモフモフちゃんです。
IMG_20231001_154737IMG_20231001_154732LiNEで更新のお知らせが届きます。



次男がロリポップを舐めながら帰宅しました。
「学校でもらったの?」と聞いたら
「数学の授業で問題に答えたら先生がくれたよ。
僕は2つだけだけど、4つもらった子がいたよ。」と。
ミドルスクールには6・7・8年生が通っていますが、
もう子供と呼ぶには微妙な年齢の生徒にでも、
先生がキャンディーなどをたくさん用意しておいて
ご褒美としてくれる事も結構多いのです。
「問題に答えただけで『アメ』もらえるの?
そう言うのってどうなの?」と思ってしまいますが、
この「アメと鞭」の「アメ」の多用は
本当どこの学校でも多くの先生がやっていることで、
それが時々シールや小さなおもちゃだったり、
宿題免除券(笑)だったり、本当手を替え品を替え
何かとご褒美が与えられてる感じです。
これじゃ、褒美をあげて動物に芸を仕込むのと同じ、
人間にも褒美をあげないといけないの?とか
見返りを求めずに何かをする精神が育たない、とか
どうしてもそんなふうに思ってしまうのですが、
ある人が言っていました。
「人間だけが特別な生き物と思いたいし思いがちだけど、
所詮は人間も動物、見返りのない事はしたくない。
じゃあ、あなたは全然給料ももらえないのに
会社に行って働きますか?」・・・働きません。
シンプルに考えたら本当そう言う事ですね。
一見見返りなどないように見える事でも、
全く何もないなんて事はまずない・・・
勉強なら新しい事を学ぶ喜びや友達と問題を解く楽しみとか
ボランティアなら誰かがくれる笑顔とか、
皆と同じ目的に向かって活動する楽しさだったり、
単純に体を動かして何かを成していく心地よさだったり。
見返りを求めるなんてさもしい、みたいな考え方は
人間を特別視している傲慢さから来ているんだな、きっと。

・・・・・とは言え、
次男は先生たちが持っているキャンディー事情に詳しくて
「A先生は大袋入りハードキャンディーを隠している。」
「B先生はロリポップをいっぱい持ってる。」とか、
もう少し別のことに関心持ってくれてもいいんだけど。
まあ先生たちも、アメで騙しがきくこんな生徒が多くて
やりやすいのかもしれませんが。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
次男はご褒美にもらったシールを学校のノートパソコンに
こんなふうにペタペタ貼っています。キャワユイ系(笑)
「学校のパソコンにシール貼ってもいいの?」と聞いたら
「皆やってるよ?そのためのシールだと思うけど?」
ええええ、そうなの?感覚違いすぎてついていけない。
IMG_20230124_072353



























今日はウサ友です。
毛の塩梅で?「まゆげウサギ」になってます。(笑)
IMG_8087IMG_8086


(今日は人形の紹介はありません。)

動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。



↑このページのトップヘ