人魚がドレスに着替えたら

美しい自然がいっぱいの、アメリカ・オレゴン州に住んでいます。 手芸が大好きで、今はせっせと着せ替え人形を作る日々です。 出来上がった人形の紹介や日々の出来事、庭に遊びにくるリス友の様子など、いろんなことを綴っています。

タグ:万城目学著


また、万城目学氏の本を読みました。
「偉大なる、しゅららぼん」という 、
なんかふざけた(?)題名の本です。
IMG_20230714_141153日本最大の湖、琵琶湖のほとりで「湖の民」として
特殊な力を授かり生きる日出一族と棗(なつめ)一族。
特に財を成した日出本家は「城」を構えて住み、
琵琶湖界隈一の権力者となっています。
遠い過去の諍いから両家は反目し合いながらも、
表面上は静かに均衡を保ちつつ
それぞれの生活を営んでいたのですが、
本丸御殿に住まう本家後継の日出淡十郎と、
そのいとこの日出涼介、棗家の長男・棗広海が
同じ高校に入学し同じクラスになった事と
最後の生き残りの「他の湖の民」の登場によって
この均衡が一気に崩れて行きます。
彼らはそれぞれの持つ「力」に翻弄されながらも
日出一族、棗一族の新しい時代を作っていく
荒唐無稽(笑)青春物語といった感じです。

殿様気質の淡十郎は、実はとても純粋で
心優しいぽっちゃり色白男子。
涼介も心根の優しい素直な男子ですが、
かなり察しの悪い鈍感不器用男子。
棗広海は冷静沈着、クールなイケメン君。
なので涼介からすると全てが嫌味な男ですが、
コミックにしたら人気が出そうな物語です。
物語の最後、淡十郎の純粋すぎる優しさに
思わず泣けてしまいました。

設定があり得ない話なので好みが分かれそうですが
昔読んだこの著者の本がどちらも荒唐無稽話で
それがとても面白かったので今回も楽しめました。
(「鹿男あをによし」「鴨川ホルモー」です。


今日の人形もサマーガールです。
今日の女の子にもスイカ柄の生地を使っています。
IMG_20230714_121004IMG_20230714_121138IMG_20230714_121455IMG_20230714_121644IMG_20230714_121551この本、600ページ近くもあってかなり長いので
のんびり読んでいると必ず中だるみします。(笑)
じっくり読み込む系の本ではないので、
できる限り一気読みするつもりで行った方が
この物語は楽しめる気がしました。



今日のリス友。
モッフーを葉っぱの影から隠し撮りです。
IMG_9278

動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。


万城目学著「悟浄出立」 を読みました。
中国古典を題材にした5編の短編集です。
IMG_20230514_115351どの短編も読み応えがあって、行った事のない国ですが
はるか昔の中国に生きた人々や自然が目に浮かぶようで
ちょっとしたタイムトラベル気分も味わえました。
「悟浄出立(ごじょうしゅったつ)」
「趙雲西航(ちょううんせいこう)」
「虞姫寂静(ぐきじゃくじょう)」
「法家孤憤(ほうかこふん)」
「父司馬遷(ちちしばせん)」の5編なのですが、
最後の「父司馬遷」が強烈に印象に残りました。

「司馬遷」は有名ですが、実は名前は知っていても、
はて?いつの時代の何をした人だったかな?
なんか世界史の中で見た名前だった気がするが?
って、全然わかってなかった私・・・
普段の会話に「司馬遷」って出てこないしね?
なんかすごい人だったみたいなのですよ・・・ふう。

司馬遷は紀元前145年の生まれで(135年の説も)
諸国の記録を集め約2千年分の「史記」を書いた人。
彼は父の遺言で「史記」の完成を託されていたのですが
ある時武帝に反論したために「死刑」を言い渡され
死刑を免れるために、48歳の時に「宮刑」と言う
局部を切り落とす屈辱的な刑を受ける覚悟を決めます。
父との約束を果たすために、刑後は宦官として
恥辱に耐えながら執筆を続けた歴史家だそうです。

この短編には、自害しない父を恥じる二人の息子と
恥に屈しない父を叱咤激励する末娘も登場して、
司馬遷の苦悩が強く伝わってくる物語でした。
後世に「史記」を書き残すという使命のために
自己の尊厳を引き換えにした司馬遷の激しい生き様に
ただただ圧倒されてしまいました。


今回は「もののけ姫」を作ってみようと思います。
大きな声では言えませんが、映画は観た事がないので
どこか認識違いしているところがあるかも。
雰囲気的にこの「もののけ姫」も動物と話ができる系の
「女ムツゴロウ」なのか?と思ってるのですが、違う?
・・・強引に(笑)まずはイラストから・・・
IMG_20230321_114231物語の展開する場所が異国というのは
内容がどうあれそれだけで非日常感があって好きです。
この短編集は全て中国古典が題材になっているので
自然、大陸にいて悠久の景色を眺めているような
何とも言えない果てしな〜い気持ちにさせられました。


今日は鳥友です。キツツキです。
IMG_8731IMG_8728

動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。


↑このページのトップヘ