人魚がドレスに着替えたら

美しい自然がいっぱいの、アメリカ・オレゴン州に住んでいます。 手芸が大好きで、今はせっせと着せ替え人形を作る日々です。 出来上がった人形の紹介や日々の出来事、庭に遊びにくるリス友の様子など、いろんなことを綴っています。

タグ:園芸動画



先月、裏庭のハゲちょろけていた芝生部分に
芝生の種をまいて様子を見ていたのですが、
まだまだ弱々しい芝生ではあるものの
だいぶ生え揃っていい感じに緑になってきました。
近くで見ると雑草の方が多いくらいですが、
以前ここが荒地だった事を思えばかなり満足です。
Before (最初の3枚)& After (後の3枚)
IMG_20240412_130935IMG_20240412_130717IMG_20240412_130153IMG_20240527_124531IMG_20240527_124459IMG_20240527_124713こうして実際に写真を撮って比べてみると
たった1ヶ月ちょっとの間でも、
他の植物たちもだいぶ成長したのが分かって、
嬉しくなります。
特にフェンス沿いに植えた垣根の葉が茂って
お隣さんが更に見えにくくなったのが良かった!
以前は片側のフェンスは丈夫な金網状のもので
お隣さんとはお互いに丸見えだったのです。
なので垣根用の植物を植えたわけなのですが、
今年やっと垣根の隙間も埋まって来てほぼ完成形に。

あとは先月花の種を蒔いたのも成長して来ました。
かすみ草、金魚草、ルピナスなどです。
IMG_20240527_191433IMG_20240527_191539
本当は庭に直播きにした方が簡単なのですが、
すでに庭に植えてある球根類の育ちを見てから
これらの花を配置しようと思っていたので、
こんな風に最初は鉢で育てる事にしたのです。
実はちょっと種蒔きが遅すぎたみたいなのですが、
なにしろ花の種を蒔くのは今年が初めてなので
色々ずっこけてるのはしょうがない・・・
でも、来年は3月くらいには種蒔きをして
しばらくうちの中で育てようと思っています。





「ベニマル」人形の続きです。
イラストをもとにこんな風に生地を用意しました。
これだけでもかなり時間がかかりました。
IMG_20240527_180212
相変わらず暇さえあれば園芸動画を観ているのですが
多くの人が園芸用の育成ライトを使って、
冬の終わりには種を蒔いて育て始めているようなのです。
今度の冬は育成ライト買っちゃおうかなあ?





今日のリス友もモッフーです。
IMG_1696
ライブドアアプリでフォローが出来ます。



今月になってから連日庭仕事に励んでいます。
人形作りもしているのですが、それは午前中だけで
お昼ご飯の後は大抵庭に出ています。
毎日3〜4時間は裏庭の手入れをして来たので
気になっていた部分は大分整って来ました。🪻🌷🌻

去年作った花壇にも最近色々と植えたのですが
後はもう少し大きくなるのを待って様子を見てから
また手入れをしようと思っています。
で、今回花壇以上に手を加えて頑張っているのが
裏庭の奥にある大きなメープルの木の後ろ側で、
引っ越して来た当初は樹木や花はおろか芝生もなく
粘土質の土が硬〜く乾いて「荒地」だった場所。
2020年の夏に自分たちで焚き火のできる場所と
もうひとつ、何に使うのか謎の(笑)円形の場所、
(皆「ミステリーサークル」と呼んでます。 )
その二つを作ったのでそれなりに良くはなったのです。
でも去年業者さんが綺麗にしてくれた場所と比べると
途端に「荒地感」が漂って残念な感じになるので、
今回本気を出して花や木を植えて整えましたよ。
こんな感じになりました。
(地面の花びらは裏の森林にある高〜い桜の木から。)
IMG_20240412_130553IMG_20240412_130153IMG_20240412_130935IMG_20240412_130717「ミステリーサークル」の周りの芝生は
中途半端にハゲチョロけてしまっていたので
今回しっかり芝生の種も蒔きました!
後2ヶ月くらいしたら綺麗な芝生になるはず・・・
まあ、どちらにしても全体的に「若い庭」なので
じっくりこの庭の成熟を待たねばなりません。

時々園芸動画、特に「お庭紹介」系を観ていると
中には庭作りを始めて一年やそこいらで
とんでもなく完成された庭を作っている人もいて
「どうやったらたった一年でここまで!?」
と口をあんぐり開けたまま見入ってしまうのですが、
多分売られている木や花の中で一番大きなのを買って
植えたんだろうなあ・・・と思うわけです。
私も早く自分の庭の完成形を見たいのですが、
いやいやそこに辿り着くまでの過程も楽しいのだ!
と自分に言い聞かせ、ついつい急いてしまう気持ちを
なだめています。




今日のリス友はポコチン君です。
誰も見ていないと思ってこんな格好しちゃって!
IMG_1273ライブドアアプリでフォローが出来ます。




三年連続で、年末に義母からアマリリスを贈られて
一年目のは1回花を咲かせて終わりだったものの、
二年目のは今回2度目の花も咲かせられた事もあって
俄然アマリリスの手入れが楽しくなってきています。
(今回2度目の花を咲かせたアマリリスです。)
IMG_20240113_104336最初は「なぜ毎年アマリリス?そんなに特別な花か?」
と自分がそれまで全く興味のなかった花なので、
毎年贈られてくるのを不思議に思っていたのです。
でも、義母が熱心に色々な種類のアマリリスを探しては
毎年せっせと贈ってくれるその気持ちも有難いし、
私がなんとか2度目の花を咲かせた事にも
義母は義母でやたらと感心しているし(笑)
「アマリリスは他の球根花とは違うのかも?」と思い始め
動画などでアマリリスの育て方をあれこれ学ぶうちに、
私もどんどんアマリリスが好きになってきました。単純。
実際自分で育てた野菜が特別美味しく感じるように、
三年連続でアマリリスの世話をするうちに
私にとっても日に日に特別な花になってきたようです。

で、私が好きでいつも見ている園芸動画の中の女性は
本当にアマリリスが好きで家中アマリリスだらけ。
そしてそれは彼女のお祖母さんからの影響だそうで
お祖母さんはもう何百鉢ものアマリリスを育てて
それはそれは大事にしていたそうなのです。
もうこうなると代々受け継がれる花という感じ。😳😳😳
手入れさえ良ければ何十年、もしかしたら何百年と
毎年花を咲かせてくれる球根・・・
もちろん他の球根の花だって綺麗なものはありますが、
アマリリスは花が大きい事と長く咲いてくれる事も
その人気の理由なのかもしれません。

と言う訳で、今年は気合を入れてアマリリスの管理、
頑張ろうと思っています。




今回の人形は「葬送のフリーレン」の第2弾。
本当は主人公の「フリーレン」を作りたかったのですが、
必要な材料があれこれまだ揃っていないので、
今回は「シュタルク」を作ろうと思います。
こんな青年です。
img_8fd5b5cb136507d0fb64a06826c38e89716115 copyIMG_20240112_140101あと、アマリリスが特別だと思うのは
球根が玉ねぎのように巨大で値段も高い事。
たった一個の球根が10ドル以上もするのです。
特別な種類になると20ドル以上のもある!
1回目の開花に失敗することはまずないですが、
こんな高価だとダメにするのは本当もったいない。
今までは義母から贈られたアマリリスだったので、
そんなに真剣には手入れもしていなかったのですが、
これからは本当大事に大事に育てようと思ってます。
だって本当に高いんだもの・・・



今日のリス友。
走るモフモフちゃんです。
あ、もしかしたらモフモフ2号かも・・・
IMG_0743IMG_0746IMG_0747ライブドアアプリでフォローが出来ます。


↑このページのトップヘ