人魚がドレスに着替えたら

美しい自然がいっぱいの、アメリカ・オレゴン州に住んでいます。 手芸が大好きで、今はせっせと着せ替え人形を作る日々です。 出来上がった人形の紹介や日々の出来事、庭に遊びにくるリス友の様子など、いろんなことを綴っています。

タグ:夏野菜


先日、実家の母と久しぶりに電話で話をしました。
今年も日本は猛暑続きだった事は知っていましたが、
植物たちにとっても厳しい夏だったようですね。
ほぼ一年中野菜や花を楽しみに育てている母も、
「今年はもう暑くて暑くて野菜も本当にダメだったし、
仏壇用に育ててた花もみんな枯れてしまってダ〜メ。
ブルーベリーも1本はもう枯れたわ〜〜〜」
と珍しく愚痴っていました。
雨が少なかったのも野菜たちには厳しかったようで、
高齢の母にとっては水やりをするとなると重労働だし、
野菜も花もお天気任せなのでしょうがないのですが。
それでも、最近になって大根の種などを蒔いたらしく、
実は私も大根やかぶ、ほうれん草の種を蒔いたので、
それを話したら、やはり母も大喜びでした。
家庭菜園の場所が完成してすぐくらいに、
さつまいもの苗と青しその種だけは植えたのですが、
他の種も急がねばと一週間ほど前に種蒔きしたのです。
すでに、ほとんどの種が芽を出しましたよ。
IMG_20230903_121904IMG_20230911_143726IMG_20230911_143916IMG_20230911_143815でも、種を冷暗所で取って置けることを知らず、
細かい種がいっぱい入っていたものは
勿体無いから?とにかく全部蒔いてしまえ!と、
適当にばら撒いたので双葉が窮屈そうに生えています。
もちろんもう少ししたら間引きはするつもりですが、
母が見たら、絶対に呆れられそうな雑な作業です。
本当は等間隔で2〜3粒づつ蒔かないといけないのに、
砂粒みたいな種がいっぱい、でも「畑」は狭い・・・
「ぎゃ!」ってなってしまって結局種ばら撒き〜〜〜
唯一大根の種だけは大きめだったので、
一応間隔をあけて蒔きましたが。
来月末には長い雨季に突入してしまうので、
それまでにどれくらい収穫できるものか・・・
何せ色々初めてなので、実験的に頑張ってみます。


「我愛羅」人形、完成しました。
彼の独特な服は作りやすいように上下をばらして
スカート風にしたりベスト風にしたり・・・
仕上げてみれば中々いい感じに出来ました。
大きな瓢箪も紐で背負わせたら我愛羅完成〜〜〜!
やったーできた!!!と喜んでいたら・・・
また内股に作ってしまったことに気づき、ガビーン!
ナルトの時にも同じ失敗をして解いてやり直したので、
同じ失敗は繰り返すまいと心に誓っていたのに、
「サクラ」「ヒナタ」と作った後の我愛羅・・・
またやっちまった。でももう解く気力なし・・・
と言うことで、ちょっと優しげな我愛羅です。

IMG_20230911_142305IMG_20230911_142350IMG_20230911_143305IMG_20230911_143206IMG_20230911_141519IMG_20230911_142025私が一番楽しみにしていた「青しそ」なのですが、
後から蒔いた種がほぼ全部芽を出しても
夏野菜の青しそはうんともすんともなく・・・
夏野菜の意地にかけて、もう芽を出す気はないのか?
なんとなく予想はしていたけれども、寂しい・・・
青しそ食べたいんだけど・・・


今日のリス友。
木蓮の幹でまったり中のピコチン君です。
IMG_9729IMG_9732
LINEで更新のお知らせが届きます。



今庭の改造中なのですが、予定よりも時間がかかり
来週末くらいまでかかりそうな感じです。
今回、家庭菜園用の木枠も作ってもらったので
作業終了後は早速何か植えようと思っていました。
特に日系スーパーに行かないと買えない野菜を
たくさん植えようと意気込んでいたのです。
たとえば「青しそ」とか・・・
本当は小さな鉢に植えても良かったのですが、
せっかくだから新しい家庭菜園に植えようと思い
種だけはAmazonで買っておいたので
先日実家に電話をした時に母に色々聞きました。
これから植えると良い野菜は何なのかとか・・・
「青しそなんて簡単に育つよね?」と聞いたら
「しそは夏野菜だもの、もう終わり終わり。
これからは大根、白菜、ほうれん草、キャベツとか。」
が〜ん、しそはもう終わりなのか・・・
他のは予定していなかった野菜ばかりだし。
そうかあ、私が育てたかった野菜って
考えてみたらほとんどが夏野菜だった・・・
しそ、さやえんどう、トマト、ナス、きゅうりなど。
普通のスーパーにもナスやきゅうりは売っていますが、
日本のものとは違って超大きくて皮が硬いので、
私には料理しにくい野菜なのです・・・
日本の小さなナスやイガイガきゅうりの栽培は
まあ来年の春まで待つとして、しそはすぐ植えたい。
雨季が始まるまでちょっと育ててみようと思います。
母が「しそはもう終わり!」と言ってたくらいだから
育ててもたいして大きくならないかもしれないけど、
小さな葉っぱでもあるとないとでは大違いなので、
庭が完成したら早速やってみます。
IMG_20230809_111544




























「甘露みつり」ちゃん人形の続きです。
ここまで出来ました。
IMG_20230729_140104IMG_20230729_142209IMG_20230729_142649今までも野菜は育てた事はありますが、
ちゃんとした木枠の菜園を持つのは初めてなので
かなりワクワク、とても楽しみなのです。
電話で、実家の母に「今庭を直してるんだけど〜」
と話したら「あら!裏庭全部畑にする事にした?」
と決めつけてかかるので、笑ってしまいました。
野菜の事ならこれからは母に聞けばいいし、
まあ、あーだこーだと蘊蓄を聞かされそうですが、
うまく育ったら写真を撮って自慢せねば。


今日のリス友。
IMG_9305 copy
動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。



二週間ほど前から庭の大改造をしています。
庭全体の改造なので造園業者さんに頼んで
本格的にやってもらっているのですが、
毎日の彼らの仕事ぶりを見ていると、
「これは絶対に素人には無理なやつだった・・・」
と実感させられています。
引っ越して来た当初は今よりまだ気力も体力もあって
「頑張れば自分たちで出来るかも・・・」
なんて思って、実際庭作りを続けて来たのですが、
土を入れ替えたり庭の傾斜をなくしたりの大仕事は、
やっぱりプロに任せて正解でした。
業者さんたちは専用の大きな機械をあれこれ使って
手際よくサクサクと仕事を進めてくれていますが、
それでも1ヶ月以上はかかる仕事でほんと大変、
下手に手を出さなくてよかったよ、ほんと。
私に次いで夫も時々腰痛に苦しむようになって
これはきっと神様からのお告げだったに違いない。
「自分たちの体力を過信するべからず!」
特に私が常に庭作りに張り切っているので、
いつもの勢いで突き進まなくてよかったです。(笑)

庭の大改造、こんな感じで進行中です。
芝生にはしばらく水をやらずにわざと枯らしました。
もったいなかったですが、大改造に必要なプロセスで、
傾斜をなくし、後で土を入れ替えて芝を張り直します。
写真で見ると傾斜なんて全くないように見えますが、
実は塀から塀まで1メートル以上も差があって、
トランポリンを置くと微妙に傾くのです。
IMG_20230704_200950IMG_20230706_163536IMG_20230710_174038IMG_20230718_195133IMG_20230722_200739





































































































































「禰󠄀豆子ちゃん」人形の続きです。
イラストをもとにこんな風に生地を用意しました。
この生地の準備が人形作りの中では一番大変で
この人形のように細かいパーツが多いと
これだけで結構疲れてしまいます。
IMG_20230719_162648最初の予定では7月末には終わる予定だったのですが、
まだまだやる事が残っていて、完成は8月上旬予定。
ベジタブルガーデンも作ってもらう予定なのですが、
8月に植えても雨季前に収穫出来る野菜ってあるかな?
近いうちに母に電話して聞いてみなければ・・・


今日のリス友。
モフモフちゃんです。
IMG_20230719_183327IMG_20230719_183328IMG_20230719_183329
動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。


↑このページのトップヘ