人魚がドレスに着替えたら

美しい自然がいっぱいの、アメリカ・オレゴン州に住んでいます。 手芸が大好きで、今はせっせと着せ替え人形を作る日々です。 出来上がった人形の紹介や日々の出来事、庭に遊びにくるリス友の様子など、いろんなことを綴っています。

タグ:夫婦で外食


「毎週末夫婦で外食する」これを続けているのですが、
先週末はうちから歩いて行けるレストランに行きました。
歩いていけると言っても20分はかかるのですが、
駐車場の事や帰りの運転の事など気にしなくていいので
20分で行けるなら徒歩は便利です。
でも今の時期7時半ごろには暗くなって来るし
うちの近くは街灯がない所もあるので本当暗くて、
20分の帰り道ですれ違った人は一人もおらず・・・
(自然いっぱいでもそんなに田舎ではないのに・・・)
まあ考えてみれば、これが明るかったとしても
徒歩で食事に出かける人は極端に少ないのです。
ニューヨークなどの大都市ならいざ知らず、
この辺はどこに行くにも皆車で出かけています。
本当に「車がないと話にならない社会」です。
6時ごろうちを出た時は外もまだ明るかったのですが、
「ここ歩いてたらホームレスの人だと思われるかも?」
と歩きながら夫が言うのです。えええ?
それぐらい、この辺りの人は徒歩で食事に行かない。
行くとすれば目の前にレストランがあるとか、
歩いて5分圏内の場所にあるとか・・・
この辺は今の所公共の移動手段がバスしかないので
そのバスも不便だし本当しょうがないですが、
地下鉄か路面電車できないかなあ・・・?
この辺りでは無理な話かなあ・・・?



グリーンのチョウチョ、出来上がりました。
本体に使った淡いグリーンの花柄生地に合わせて
白襟とピンクボタンでさらに可愛くしました。
明日はお着替え編です。
IMG_20220919_115513IMG_20220919_115602IMG_20220919_115758IMG_20220919_115854今回歩いて行った近所のレストランは
車で通りすがりに何度も目にしていた所だったのですが
食事をしたのは今回が初めてでした。
「わざわざ歩いて行った」という気持ちがあって 
その分残念なレストランだったらガッカリだなあ・・・
と思っていたのですが、とてもいいレストランでした。
食事もお酒もどちらも美味しかった!
お酒はソルティードッグとモスコミュールを飲みましたが
メニューにないカクテルを頼んでも全く問題なし。
去年「ソルティードッグ」でこんな事があったので、
( 夜ごとソルティードッグを飲んでいる訳 )
ウェイトレスさんの余裕の笑みが頼もしかったです。(笑)



今日のリス友。
コーンは木に打ち込んだ数本の釘に差しているのですが、
大して長い釘ではないので安定性はないのです。
このリス友(母リス)はそれを知っているようで、
コーンを引っこ抜こうと必死で頑張っています。
子リスのためにも栄養つけないとね。もう一息だ!!!
IMG_6832IMG_6837


動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。



結婚当初はちゃんと結婚指輪をしていたのですが 、
毎日炊事をしたりするうちに、指輪をしている部分だけ
赤くなって痒くなったり荒れたりするようになりました。
水を使ったあとしっかりと手を拭いたつもりでも、
指輪の下にどうしても水気が残って、
それが原因で赤く荒れてしまうのでした。
夫も似たような症状があって、結局二人して指輪を外し
気がつけばそのままかなりの年月が経過・・・

最近、週末夫婦で出かけるようになったので
( 「夫婦で外食」すると何かが変わる? )
ずっと使っていなかったアクセサリーを出してみました。
そしたらその存在すら忘れていた結婚指輪が出てきて
「あ、そう言えばここに入れっぱなしだった・・・」
と何気なく左の薬指にはめてみたのですが・・・
えええ、なんだろうこの嫌〜な感じ?
久しぶりに指輪をつけたからなのか、急に指が重く感じて
例えるなら、まるで手枷足枷をはめられたような
奴隷になったような暗い気分になりました。
えええーーーなんで?この指輪呪われてる?(笑)
はあ〜長い年月を経て私の結婚観は確実に変化したし
「結婚指輪」に対する考え方も変わりました。
結婚したての時はそれこそ指輪をはめた薬指を
幸せ気分でうっとり眺めた時だってあったのです。
でも今はその指輪が、奴隷につけられた重い鎖か何か
忌まわしいものに感じてしまうのです。本当極端。
夫も結婚指輪はもう二度とつけないと思います。
この結婚は失敗だった!と結論づけている訳ではなく、
本当二人して結婚観が変わった、そう言うことです。
いやあ、それにしても、今回結婚指輪した時の感じ
なんか本当嫌だったわあ・・・
もう呪いの結婚指輪にしか見えない・・・


「チョウチョ」を作ってみよう!(その5)です。
お着替え編ですが、羽根を外した場合は
これは何虫と呼んだら良いのでしょうか?
IMG_20220917_123051IMG_20220917_123226IMG_20220917_123340IMG_20220917_123421IMG_20220917_124018IMG_20220917_123652以前夫に聞いたことがありますよ、
「今の記憶をそのまま持って行けるとしたら、
来世ではまた誰かと結婚する?」と。
答えは「 NO!」私も「 NO!」です。(笑)
本当結婚制度にこだわらなくてもいいし、
もっともっと自由に家族を作っていっていいと思います。
「結婚」という契約はやはり重いです。
もっと軽やかに生きたっていいですよね?


今日のリス友。
「クルミ最高〜〜〜  」
IMG_6808


動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。



新しい試みを始めました。
毎週末「夫婦で外食する」これです。
長男が小さい頃はベビーシッターに頼んだり
その頃近くに住んでいた義母に預けたりして、
時々二人だけで出掛けていたのですが、
次男が生まれてからは全くと言っていいほど
二人で出かけることもなくなってしまいました。
毎日お気楽に暮らしているように見えて
やっぱりうちにも色々問題が内在していまして、
(我々夫婦も問題ありですが(笑)子供の事も頭痛い)
これが何の突破口になるのかは全くわかりませんが、
いつもと違う事をすれば状況は必ず変化するはず。
良い方になのか悪い方になのかはわかりませんが。
行き詰まった時にいつも思い浮かべる言葉があって、

『「同じことを繰り返しながら違う結果を望むこと、
 それを狂気という。 」ーアインシュタイン』 

 本当笑っちゃうほどに真理ですよね?
でも普段はこの真理を忘れ去ってしまっています。
こんなに頑張っているのになぜうまくいかないの?
こんなにやっているのになぜ変わらないの?ぎゃあ!
ってあなた、答えは簡単です。
うまくいかないやり方をずっと続けているから。(笑)
今までやらなかった事やったことのない事をやれば
きっと何かが別の方向に動き出す・・・
「夫婦で外食する」って実は面倒なのです。
まずは子供たちのご飯を用意して着替えて化粧して。
本音はいつも通り皆で食べた方が楽なのですが、
きっと私たち夫婦にとっても子供たちにとっても
何か良い変化につながるはず、と思っています。
何も変化がなかったらまた別の試みだ!!!
「とにかくやってみろ!」By アインシュタイン 


今日の人形はピンクのワニです。
写真だとすごく濃いピンクなのですが、
実際はもう少し柔らかい感じのピンクです。
最近キッチンのカウンターで生地の裁断をしています。
作業部屋の作業台が物で溢れてしまっていて・・・
物が増えるばかりの作業部屋です・・・
ワニさんは明日お着替えをします。
IMG_20220830_113045IMG_20220830_113818IMG_20220830_133306IMG_20220830_141057IMG_20220830_150728
昔、義母が近くに住んでいた頃は
「子守りはするから二人で出かけなさい。」
とうるさいくらいに言われました。
たぶん自分の離婚経験を踏まえての
彼女からの熱いメッセージだったと思うのですが、
毎度熱心に言うので、時々は長男の子守りを頼んで
実際夫婦で出かけたりもしていたのです。
でも彼女からしたらまだまだ!って感じだったようで
「二人は上手くいっているの?」とよく聞かれました。
「上手くいってるから心配しないで。」と答えても、
「本当に?仮面夫婦じゃないでしょうね?」
といつもすっごい疑っていました。
で、最近もまた疑っている・・・(笑)


今日のリス友。
しっぽが日に透けてふわふわ〜〜〜
IMG_6555


動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。


↑このページのトップヘ