人魚がドレスに着替えたら

美しい自然がいっぱいの、アメリカ・オレゴン州に住んでいます。 手芸が大好きで、今はせっせと着せ替え人形を作る日々です。 出来上がった人形の紹介や日々の出来事、庭に遊びにくるリス友の様子など、いろんなことを綴っています。

タグ:妖精


前回紹介した妖精の人形の色違いです。
三つ編みにした髪を縫い込んで、
ちょっとだけ凝った髪型にしました。
P1100333_NEW
アイテムはこの5点。
P1100334_NEW
花冠、共布のスカート、羽根をつけて。
P1100335_NEW
後はこんな感じです。
P1100336_NEW
クリーム色のチュチュ で。
P1100337_NEW
多色のチュチュ で。

「多色チュチュ」は単色のチュチュ に比べると
作るのに時間がかかります。
それぞれのチュールを細長く切って
輪にしたゴムに一つづつけていくやり方で
作っているからです。
でもこんな楽しいチュチュ があると、
着せ替えするのも楽しくなりますし、
何より人形が華やかになって嬉しそうです。


LINEで更新のお知らせが届きます。


チュチュを作るときのチュール生地は、
切りっぱなしでもほつれることがなく
優しい色合いや透け感も、デザインを考える時の
刺激になってくれます。
チュールを使うのはほぼチュチュを作る時ですが、
時々髪飾りにしてみたり、
プリンセスのドレスに加えてみたりもします。

今回紹介するのは、
チュールをたくさん使った妖精の着せ替え人形です。
羽根の部分はスナップボタンで取り外しができ、
色々な飾りやリボンを付けて華やかにしました。
P1100338_NEW
アイテムはこの5点です。
P1100339_NEW
花冠をかぶり、スカートと羽根をつけて。
P1100340_NEW
羽根はこんな風になっています。
スナップボタンで取り外しができます。
P1100341_NEW
羽根と同じ色のチュチュ で。
P1100342_NEW
こんなチュチュも可愛いです。

この人形で一番大変だったのは羽根の部分です。                          
スナップボタンをつける部分が小さく
作業がしづらかったのですが、
それでも結構可愛い妖精ができたと思います。


LINEで更新のお知らせが届きます。

↑このページのトップヘ