人魚がドレスに着替えたら

美しい自然がいっぱいの、アメリカ・オレゴン州に住んでいます。 手芸が大好きで、今はせっせと着せ替え人形を作る日々です。 出来上がった人形の紹介や日々の出来事、庭に遊びにくるリス友の様子など、いろんなことを綴っています。

タグ:学校対抗レース


一昨日、次男が放課後やっているクロスカントリーの
「学校対抗チャンピオンシップ 」があり
今回は長男も一緒に皆で応援に行ってきました。
5回開催された学校対抗レースの締めくくりのレースで、
4回目のレースは寒い雨の日のレースだったので
最後はお天気に恵まれて欲しいなあと思っていたら
気温も23度まで上がって快晴!やった!
これまでのレースには4〜5校が参加していたのですが、
今回のチャンピオンシップには9校が参加したので
選手も多いし、応援に来た家族の数はさらに多くて
レースの会場となった公園は人人人でした。

ちょうど6年生女子のレースが終わる頃に
フィニッシュラインのところを撮ったので、
手前に、ゴール直後でへたっている女の子がいます。
皆、よく頑張った〜〜〜!!!👏👏👏👏👏
IMG_20231019_145632で、次が次男達7年生男子の番だったのですが、
まずスタート地点で次男らに声をかけて激励し、
その後駆け足でコース途中の応援可能な場所に移動、
それを2箇所でやった後また駆け足でゴール地点に戻り
最後の大声援となりました。
広い公園内に作られた「2km」のコースなので
選手の疾走に合わせて場所を変えての応援となると
こっちも疾走せねばならず汗かきましたよ。
今回は1回目のレースと同じ場所同じコースだったので、
応援する方も心得たもので、移動に無駄がないのですが
選手が一斉にスタートしたと思ったら、
家族も走り出して次の応援ポイントに大移動、
そこの応援が終わるとまた次の応援ポイントに大移動、
そして最後はゴール地点目指して大移動・・・
選手も応援団も皆必死だったので無我夢中でしたが、
これを上空から見てる人がいたら
せわしない事甚だしかったのではと思います。

次男は今回のレースにはかなり気合が入っていて
「チームで一番早い子の後について走るようにする。」
と決めて頑張りました。
1回目のレースで同じコースを走った時の自己ベストを
なんと30秒も縮めたので上出来だと思います。
ほんの2か月の短いクラブでしたが無事終了です。

で、以前次男がコーチに怒っていた事があったのですが
( 怒れる次男の話 )
時間の経過と共にその時の怒りもなくなったようで、
来週月曜日予定の「頑張ったねパーティー🎉🎉🎉」に
普通〜にチームメイトにロリポップを配るらしいです。
コーチへの当て付けとかは全くなしで。
はあ、大人になってくれて良かった・・・
IMG_20231020_115159




























今日のリス友。
「白腹毛族」の子は本当にこんな技が得意です。
IMG_0047IMG_0048IMG_0051IMG_0054IMG_0055IMG_0057

(今日は人形の紹介はありません。)

LINEで更新のお知らせが届きます。




一昨日また、次男が参加しているクロスカントリーの
学校対抗レースがありました。これで3回目です。
毎回場所を変えて開催されているので、
2回目のように開催地が近ければ良いのですが、
今回は車で30分ほどの所での開催でした。
( クロスカントリー学校対抗レース2回目 )
家族が応援に来やすいようにとの配慮だと思うのですが、
レースは毎回夕方5時過ぎからのスタートで、
今回は遠かったので4時15分に家を出ました。
夫には渋滞するから4時に出よう!と言われたのですが、
「普通は30分で着くんでしょう?
5時過ぎのスタートだったら間に合うよ、大丈夫!」
私は夕ご飯の下ごしらえもありそう言ったのですが、
いざ家を出てみたら、丁度帰宅ラッシュにぶつかって
なかなか前に進まない・・・ やばい・・・
「だから早く出ようって言ったのに・・・
もし間に合わなかったら育美のせいだからね。」
夫にぶつぶつ文句を言われましたが、
流石に何も言い返せず「ごめん。」と平謝り。
ほんと間に合わなかったら次男をガッカリさせるなあ。
と内心かなり気が揉めて「頼む、間に合ってくれ!」
と困った時の神頼みでしたよ。
で、やっとやっと渋滞を抜けたと思ったら、
そこからが長くて、現地に着いたのが5時10分。
間に合った?もうスタートしてしまったか?
車を降りて小走りにスタート地点を目指していたら、
「この場所で待っていれば選手が通りますよ。」
と親切に教えてくれる人がいて「え?そうなの?」
と急いで道の脇によけたら、キターーーー!!!
ちょうど次男たちのグループがスタートしたところで
選手たちがこちらに向かって走って来る〜〜〜
次男の姿が見えたので大声で名前を呼んだら
気がついて手を上げてくれたのでよかった!
間に合ったよ〜〜〜!!!
如何にもあえてその場所で待ってましたの体を装い、
今回も熱い拍手と声援で応援しました。

で、今回の反省点。
いつも車を運転していて道路事情に詳しい夫には
決して逆らうべからず。
スマホで車の流れをライブでチェックしてる訳だし。
それと・・・途中オレゴンの名峰「Mount Hood」が
色々な場所から綺麗に見えて嬉しかったのですが、
「この辺だと『Mount Hood』が見えるのはこっちだね?」
と自信たっぷりに言ったら、やれやれという顔をされて
「方角が全く違うよ・・・」と呆れられ・・・
車の運転もダメ、そして重度の方向音痴の私は
これからはその方面の事は黙ってる事にしますよ、本当。
IMG_20220713_143114 copy実は、4時15分にまさに家を出ようとした時に
窓の外にモフモフちゃんの熱視線を感じて、
いつもの癖でドアを開けてクルミをあげていたら
「早く行くよ!」と声をかけに来た夫に見つかり
「もう、何してるの!?」と怒られました。
見つかっちまったよ、ハハハハハ・・・



今日のリス友。
こんな感じでモッフーが覗いてきたために
ついつい可愛さにほだされて、
急いでるっちゅうにクルミなんかあげてしまって。
お・ば・か・さ・ん?
IMG_9921
(今日は人形の紹介はありません。)

LINEで更新のお知らせが届きます。



大抵機嫌良く日々を過ごしている次男が
学校から帰って来るなり不機嫌に怒り出しました。
聞けばこんな事があったようで・・・
次男は今、放課後クロスカントリーに参加していて
毎日その辺を走って練習に励んでいるのですが、
ほんの2ヶ月間の短いクラブ活動の間にも
学校対抗レースが5回予定されているのです。
先週にはその2回目のレースが行われたのですが、
今週コーチから子供達にご褒美があったらしく、
(ご褒美と言っても「ロリポップ🍭🍭🍭」ですが。)
でも、コーチからそのご褒美がもらえたのは
1回目よりも2回目のタイムが良かった子だけで
それ以外の子は何ももらえなかったのだそう。
「2回目のコースの方が大変だったんだから、
1回目より早く走るなんて難しかったのに・・・
結局ほとんどの子が無理だったんだから、
みんなにロリポップくれても良かったのに!」
と激おこプンプン丸。😠😠😠😠😠(笑)
なるほどねえ、次男の気持ちもよくわかります。
ロリポップくらいならば、全員に「頑張ったね!」
と上げた方が余程良かった気がしますよ。
コーチも皆を飴で?軽く鼓舞するつもりだったのか、
そんなに深い考えもなかったのかもしれませんが、
たかがロリポップされどロリポップで、
ここに確かに、激怒っている男子が一名・・・
「コーチが用意したのと同じロリポップを買って
今度のレースの後、チームメイト全員に配る!
コーチに当てつけてやるから!」
なんて息巻いているのでした。
ヒエ〜〜〜本当にやる気なのかしら〜?
長男は「そんな事はしない方がいいと思うよ。」
と次男を諭していましたが、どうなることやら・・・



「ニコロビン」人形の続きです。
イラストをもとにこんなふうに生地を用意しました。
IMG_20230921_114901次男が珍しくこんなにも怒ったのは
自分もチームメイトも本気で頑張ったのだ!
と言う自負があるからなのだと思います。
それをコーチが認めてくれなかったように感じて
悔しくてしょうがなかったんでしょうねえ。
いや、きっとコーチは皆を労ったはずですが、
うまく伝わっていないようですよ・・・
次男がそこまで悔しい思いをしたのなら、
彼のやり方でコーチにそれを知らせるのも
「あり」かな?なんて思い始めています。



今日のリス友はモフモフちゃんです。
IMG_20231001_154737IMG_20231001_154732LiNEで更新のお知らせが届きます。



次男は今放課後にクロスカントリーをやっていて
週に3回、毎回1時間程練習をしています。
校庭を走るだけでなく裏の森林の遊歩道も走って
日々友達と一緒に練習に励んでいるのですが、
9月初めから10月末までの短期のクラブなので、
練習を始めてまだ1ヶ月も経たないうちに
既に2回、学校対抗レースが開催されています。
先日は次男の学校が主催地だったので、
うちから近いし、夫と一緒に歩いて応援に行きました。
(選手たちは、この森林の中を走りました。)
IMG_12596、7年生は2km、8年生は3kmを走るレースで
学年、性別ごとに分かれて順番に走りました。
2km、3kmと距離的には大した事はないのですが、
数日雨続きだったため校庭の芝部分はぬかるんで
スタートしたはいいが足を取られて転んだり
その拍子に靴が脱げたりする子もいて、
ついつい「頑張って!」と力が入りました。
何十人もの子供たちが一生懸命走っている姿は、
それだけで何だか眩しいような、グッとくるような、
切ないような、昔を思い出して懐かしいような、
涙腺ゆるゆるおばさんにはキツかった!
が、2km、3kmなんてあっという間で、
ちょっとうるうるして浸っているうちに
先頭の子が戻ってきたーーー!!!早!!!
一応学校対抗のレースなのですが、
やはり皆が選手全員に熱い拍手と声援を送っていて
ゴール近くで必死に走ってくる子供達を見ていたら
またまた泣きそうになって危なかった・・・
ちなみに次男はと言うと、まずまず順調に走れたのか
声援に応えて手を挙げたりと余裕があったので
こちらはあまりうるうる来なかったです。

10月には学校対抗レースが3回予定されているので
(要するに最初二週間練習した後はほぼ毎週レース。)
また応援に行こうと思っています。
レースの日に雨が降ったりすると可哀想なので、
雨季に向かうこの時期はお天気が心配です。



「ルフィ」人形、ここまで出来ました。
IMG_20230924_152050IMG_20230924_154340IMG_20230924_155753必死に走る子供達を見ながら、
小学校の頃のマラソン大会を思い出していました。
あの頃マラソンをやるのはいつも寒い時期で
正直、好きで参加していた子なんていなかったのでは?
と今でも思います。(いや好きな子いたのかな?)
子供の頃は足も結構早かったし体力もあったので
マラソンでもそれなりに早い方でしたが、
マラソン、嫌いでした。今でも嫌い。
冷たい空気を吸って走るうちに肺が痛くなってきて
喉も痛くなってきて血の味がしてきて・・・
この血の味、嫌だったなあ・・・

でも、このクロスカントリーの選手たちは
自分でやると決めて参加している子供達なので、
毎回自己ベストを更新しようと前向きです。
本当短期のトレーニングですが、次も頑張れ!!!




今日のリス友はピコチン君です。ドアップ!
この左耳がピコチン君の「印」です。
IMG_9886
LINEで更新のお知らせが届きます。


↑このページのトップヘ