人魚がドレスに着替えたら

美しい自然がいっぱいの、アメリカ・オレゴン州に住んでいます。 手芸が大好きで、今はせっせと着せ替え人形を作る日々です。 出来上がった人形の紹介や日々の出来事、庭に遊びにくるリス友の様子など、いろんなことを綴っています。

タグ:徒歩通学



次男の中学校は裏庭に続く森林を抜けた所にあるので
今は毎日その森林を通って通学しています。
近所の人もよく散歩をしていて安全な場所なのですが
それでも去年までは通学には使わせず、
ちょっと遠回りでも一般道を歩かせていました。
どうしても曇りの日などは森林の中は薄暗くなるし
一人で徒歩通学となるとそれだけで心配だったのです。

でも、次男も身長が伸びて私よりも大きくなったし、
本人も通学に「近道」を使いたいと言うので、
新学年からは森林を突っ切って通学をするように・・・
学校は9時始業で、次男が起きるのは8時10分頃。
朝食の後またベッドに潜り込んだりするので、
いくら近いとはいえ毎日ギリギリの登校です。 
もう徒歩通学というよりは「爆走通学」と言う感じで
昨日などはいつもよりも更に家を出る時間が遅くなって
裏庭と森林の境のフェンスのゲートを閉める時間もなく
そのまま猛烈なスピードで走って行きました。

で、彼が登校して間もなくふと庭を見ると・・・
なんと鹿が一頭庭に入り込んでいるのが見えました。
おおお、やっぱりゲートを開けていれば鹿が来るんだ!
IMG_0983IMG_0984IMG_0988IMG_0989IMG_0986私はいつでも「鹿さ〜ん Welcome !」なので
ゲートを開け放しておきたいのですが、
夫は変な人が庭に入って来たら嫌だからと言って
ゲートは常に閉めておきたいらしいのです。
変な人って・・・どんな人の事なのかな? 
まあ確かに、散歩中の人がこのゲートに続く細道?
獣道ならぬ「おらが道」(笑)を辿ってきて
「あ、ここは人んちの庭に続いてるのか・・・」
とまた戻って行くのを見かけたりもするのですが、
たとえゲートが開いていたからと言って、
「折角だから」つって庭に入って来る人もいない訳で。
まあしょうがない事なのでしょうが、
本当申し訳ないけど、夫は色々警戒しすぎと言うか、
私は時々「猜疑心の塊じゃね?」と思うのですよ。

でもこうなると、このゲートはずっと解放しておきたい。
できる事なら毎日でも鹿達に来て欲しいのです。🦌🦌🦌
でもきっと夫に反対されると思うので、
時々閉め忘れたふりして開けとこうかと・・・
夫だって「コヨーテなんかも来てくれないかな?」
なんて言っているので、時々ならいいかも・・・




「ユーベル」人形、完成しました。
髪の毛の色といい、着ているものといい、
かなりユニークなキャラですが、可愛く出来ました。
IMG_20240222_132614IMG_20240222_132537でも、鹿は庭の樹木や草花を食べたりするので
迷惑になる場合も多々あるようで・・・
うちには鹿が好きな植物はほとんどないのでいいですが、
鹿好みの植物を植えている家では招かれざる客ですよ。
なので、園芸店で売られている植物の札には
「 Deer resistant (鹿に強い)」と書いてあったりして
鹿被害を回避できるようになっているくらいです。
鹿が本当いっぱいいるって事なんでしょうね・・・

もしこれから鹿が頻繁に来るようになったなら、
あえて鹿の大好きな植物を植えても良いかも!
鹿に食べさせるのが大前提なら育て甲斐もありそうです。



ライブドアアプリでフォロー出来ます。



次男が一人で徒歩で学校に通うようになってから
毎朝「気をつけてね。」と声をかけているのですが 、
「は?何に気をつけるの?どう言うこと?」
と最初ものすごい怪訝そうな顔で聞かれて、
そう言えば去年まではずっと車で送っていたので
「気をつけてね。」は言わずに「Have a good day ! 」
これで送り出していたのでした。
でも徒歩10分の距離とは言え一人での登校だし
私としては当たり前の声がけに思ったのですが
アメリカ人の感覚からすると
「気をつけてね。」は変に感じるらしいのです。
確かに「 Have a good day ! 」の方がポジティブで
1日の始まりには最適な声がけな気はします。
小さなことですが、時々彼らとの感覚の違いを感じて
「なるほどねえ・・・」と思うのです。
本当育った環境からの影響はすごいですね。
次男は私の簡単な日本語ならわかるのですが、
考え方や感覚的なものは完璧アメリカンです。
ジェスチャーも大袈裟でアメリカ人だし
ハグしたりほっぺにキスしたり全く抵抗がない!
「オーマイガー」もしょっ中言ってます。(笑)


今日の人形はまた「バットボーイ」です。
昨日のコウモリと目の色が違うだけなのですが、
小物として「アイマスク」を作ったら
何だか可愛いバットボーイになりました。
IMG_20220906_155153IMG_20220906_154721IMG_20220906_154804IMG_20220906_154955IMG_20220906_155048IMG_20220906_155409IMG_20220906_163003知らないうちにアメリカナイズされている部分が
私にも沢山あるんだと思います。
でもそれに気付けるのは日本に帰った時だけ。
逆に普段は日本人的な自分を感じることの方が多くて、
アメリカにいるのだからアメリカ流に、が基本ですが
身についた感覚や習慣はそう簡単には無くなりません。


今日のリス友。
この子は前からずっと来てくれている子です。
私の手からクルミは食べてはくれませんが、
とても可愛いリス友です。
IMG_6678


動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。


↑このページのトップヘ