人魚がドレスに着替えたら

美しい自然がいっぱいの、アメリカ・オレゴン州に住んでいます。 手芸が大好きで、今はせっせと着せ替え人形を作る日々です。 出来上がった人形の紹介や日々の出来事、庭に遊びにくるリス友の様子など、いろんなことを綴っています。

タグ:忍者ハットリくん



40代の後半から白髪が目立ち始めて
それ以来ずっとヘアカラーをして誤魔化してきました。
大体一ヶ月おきに自分でヘアカラーをするのですが 、
年々月日の流れが加速しているように感じる今日この頃
一ヶ月なんてビックリするほどあっという間で 
「またヘアカラーしなくちゃ、あ〜面倒くさい!」
と、毎月ため息をついてしまっています。
家族以外の人と会う予定や特別な外出がない時は
ヘアカラーの時期をじわじわと先延ばしにして
「もうこれ以上はダメだろ!?」という時まで
見て見ぬ振りで凌ぐことが本当に増えてきました。
同じように毎月ヘアカラーしている人なら
私の気持ちがよく分かるのではないかと思うのですが、
はああ、一体いつまでこれを続けなくちゃいけないの?
と言う思いで、地味〜に苦行になりつつありますよ。
かと言って、今流行りのグレーヘアに移行するくらいの
諦念とか勇気もなくて「本当この先どうするよ?」
というぐったり感に毎月さいなまれております。
グレーヘアはまだ無理、でもヘアカラーも超面倒くさい、
こう言う時、私の往生際の悪いジタバタ悪あがき体質だと
結局どこに行き着いてしまうのか・・・?
今回は、白髪が減ると噂のものを本気出して試す方向へ。
ウィッグをかぶると言う方向性もあったのですが、
どっちが総合的に「楽なのか?」と考えたら
今回は根本原因を小さくする方向に力を入れる事に。
何せ悪あがき系おばさんですから、諦めませんよ。(笑)
もし白髪が減れば、カラーをする頻度も減らせるし、
ここらで真剣に何か一つ試してみるか?と言うことで
「黒胡麻ペースト」を毎日大匙一杯ずつ摂ることに。
他にも昆布など海藻類も髪にいいのは有名ですが、
そんなに沢山食べられないので、黒胡麻の方にしました。
で、始めてまだ三日しか経ってませんが
もしこの黒胡麻パワーで白髪が本当に減ったなら、
その時は皆さんにご報告したい!そう思っています。
乞うご期待!!!
IMG_20231117_110319





























今日は「忍者ハットリくん」の全員集合です。
今までいろんな全員集合をやって来ましたが、
小池さんとラーメンのおかげか(笑)
特別素敵な全員集合になりました。
IMG_20231027_155753IMG_20231027_155832IMG_20231027_155741年を取ってしみじみ実感した事の一つが、
メンテナンスがこんなに大変だなんて!って事。
色々面倒くさくなって来る年頃だっちゅうに、
メンテナンス箇所は年々増えるばかりで・・・
同志の皆さん、少しでも楽できる情報があったら
独り占めしないで(笑)シェアし合って
幸せな老後を目指して頑張りましょう。

黒胡麻さま、期待してますよ〜〜〜よろしくね



今日のリス友は、またまたモフリちゃん。
どうした、どうした!?
IMG_0364
ライブドアアプリでフォローが出来ます。







来週の木曜日は「Thanksgiving Day(感謝祭)」です。
11月になったなと思っていたらもう感謝祭・・・
毎年最後の2ヶ月は通常の2倍速で過ぎているような 
そんな錯覚を覚えるほどに時間の過ぎるのが早いです。
そして気ばかり焦って色々滞ってますよ・・・

で、いつものように食料品の買い出しに行ったら
早くも感謝祭の準備らしいお客さんでいっぱいで、
店内には感謝祭の伝統料理用の食材がずらりと並べられ
いつもとは雰囲気がちょっと違いました。🦃🍗🦃🍗
うちは今年も家族四人だけの感謝祭なので
特別な準備は特に何もないのですが、
大家族の所は気合を入れて頑張らないといけません。
どでかい七面鳥を用意して、デザートを考えて・・・
とにかく大量の食材の買い出しが一番大変かも。
うちは4人だけなのでいつも「チキンの丸焼き」で
七面鳥は大き過ぎるので焼かないのですが、
次男が「今年は七面鳥を焼こう!」なんて言い出して
いやいやいや、七面鳥は焼くのに時間がかかるし
何より食べきれないので今年もチキンで行きますよ。

でも一つだけ事前の準備・・・テーブルの花です。
ずーっと前に買ったアレンジメント用の器を使って
今年も感謝祭用の花を飾りました。
お店で売られていた花束の色合いがシックで
秋っぽいテーブルフラワーが出来ました。
IMG_20231117_102848IMG_20231117_105709























































「小池さんとラーメン」完成しました。
すごい人形を作ってしまった気がします。
IMG_20231027_155103IMG_20231027_152009IMG_20231027_154334IMG_20231027_154439IMG_20231027_154843IMG_20231027_154543IMG_20231027_154901それにしても、今年は去年よりもさらに早く過ぎて
師走に突入しそうな感じです。
感謝祭もまだ終わっていないのに、
ついつい次のクリスマスの準備の事を考えてしまい
楽しみ半分憂鬱半分・・・
年間行事のあれこれはいつも私が決めていて
家族がその予定に従って動いている感じなので、
私が何もしなかったら多分色々ずっこけそうだし
しばらくはこのまま頑張らねば。



今日のリス友は・・・
外に置いたシューズラックに登って中を覗いている
「偽モッフー」改め「モフリちゃん」です。
IMG_20231105_134219
ライブドアアプリでフォローが出来ます。




原田マハ著「リボルバー」を読みました。
IMG_20231112_145059以前読んだ「たゆたえども沈まず」に感動して
( 「たゆたえども沈まず」を読みました。 )
続編のようなこの本も読んでみましたが、
今回も読後感がとても良かったです。


幼い頃からゴッホとゴーギャンの絵画に魅せられ
美術絵画を学び続けて彼らの研究者となった高遠冴は
今はパリの小さなオークション会社で働く若い女性。
ある時、その会社に「ゴッホを撃ち抜いたもの」
と言う、一丁の錆びついた拳銃が持ち込まれます。
が、依頼人にはその事を証明するものは何もなく、
冴はその曰く付きの拳銃の真実を探るべく
ゴッホの画家としての人生をまた辿る事になります。
「ゴッホを死に至らしめたのは拳銃であった」事は
永遠に変わらない事実であっても、
その時実際に発砲したのは誰だったのか、
どうして発砲したのか・・・それはいまだに謎のまま。
ゴッホが一方的な形で慕っていたゴーギャンとの関係や
ゴーギャンがゴッホの才能をどのように感じていたか、
ゴッホ亡き後のゴーギャンのタヒチでの生活や家族など
冴のたゆみなく続けられる研究と彼女の感性によって
それらが解き明かされていく感じが清々しいというか、
心から敬愛する画家たちへの深〜い愛が感じられて
とっても良い物語でした。
ゴッホやゴーギャン、絵画が好きな人には勿論の事、
あまり興味がないと言う人にもお勧めの本です。



「小池さん」人形、ここまで出来ました。
明日は「ラーメン」登場です、お楽しみに!
IMG_20231003_145515IMG_20231003_151732IMG_20231003_152514「もしゴッホの絵が生前に評価されていたら?」
この「もし・・・」は皆が思うところだと思います。
生前全く絵が売れず弟に頼りきりだったゴッホと、
没後の彼の絵に対する評価には差がありすぎて・・・
だからこそ、その辺にドラマチックなものを感じて
益々彼の絵に惹かれるって事もありそうですが。

原田マハ氏の本はどれも本当に面白いので
また何か読んでみようと思っています。



今日のリス友。
ピコチン君です。
IMG_0401
ライブドアアプリでフォローが出来ます。




昨日の「アマリリスの球根の話」の続きです。
去年義母が送ってくれたアマリリスの球根に
2年目の花が綺麗に咲いて喜んでいたのですが、
知らないうちに夫がその花の写真を撮って
「綺麗に咲いたよ!」と義母に送っていたらしく、
夕方作業部屋でゴソゴソ作業をしていたら、
「(義母が)育美と話をしたいって・・・」
と夫がスマホを持ってやってきました。
「え?お義母さんが?何の話?」と聞いたら、
綺麗に咲いたアマリリスの写真を見た義母が
私に毎年花を咲かせる方法を聞きたがっている、
と、そう言うことでした。
義母は以前から自分でもアマリリスを買っては
クリスマスの頃に花を咲かせていたらしいのですが、
繰り返し花を咲かせる事ができずにいたのを
私が今回2年目の花を咲かせる事ができたので
「なぬっ!?」ってなったのかもしれません。
が、私もアマリリスの球根の管理は今回が初めてで、
ネットで調べたりYouTubeを観て試行錯誤してみた訳で
義母にも「アマリリスの育て方動画」を教えていたし
一人コソコソやっていた訳ではないのです。(笑)
で、電話で今回の花後の管理を詳しく話したところ、
私は夏の間は鉢を外に出しっぱなしだったのに対して
義母は鉢を温室に置きっぱなしだったとか・・・
で、結局彼女のアマリリスはダメになってしまったらしく
「外に出せば良かったのね!」と言ってましたが、
ど素人の私には本当の原因はわかりませんよ?
義母は元々園芸はかなりの得意分野、知識も豊富なので
いやいやまさか私をライバル視したりしないだろうね?
なんて考えてしまいました。
何せ電話口の彼女は興奮気味に話していたし・・・
私からするとただの球根でしかないのですが
義母にとってはちょっと頑張りたい球根なのか、
今回の事があって俄然やる気を出したようでもあり。
私のは今回たまたま上手くいったのだと思うので、
これ以上あれこれ聞かないで〜〜〜(笑)



「小池さん」人形の続きです。
イラストをもとにこんな風に生地を用意しましたが、
今回は「ラーメン」のお陰で準備のしがいがありました。
IMG_20231003_114645でも何はともあれ、義母のアマリリスが
これからは繰り返し咲いてくれる事を祈って
私も球根管理頑張ろうと思います。



今日のリス友。
この白い鉢で今紫陽花の挿木をしているのですが
チビリスがやって来て掘り掘りしてしまうので
なかなか根付きません。
IMG_0141IMG_0142
ライブドアアプリでフォローが出来ます。



去年、一昨年と義母がアマリリスの球根を送ってくれて
一昨年の分は花を一回咲かせてお終いだったのですが 、
去年の球根は花が終わった後も球根の管理を頑張って
3鉢のうちの一つがすでに芽を出してきていたので
「今年はアマリリスの球根は送らなくて良いから。」
と義母に早目に伝えておきました。
( アマリリスの花芽が出ました。
彼女には間違いなく伝わっているはずなのですが、
「あなた達の近くの園芸店に球根を注文しておいたから
時間のある時に取りに行ってね。」と連絡が・・・
「はい?わざわざ『今年はいらないよ。』っつったのに
なんでまた注文するかな〜〜〜?」
夫と二人でちょっとやれやれと言う気分に。
でももう義母が支払いも済ませてしまった訳だし、
夫と二人で近くの園芸店に取りに行きましたが、
お店の人に聞いたら、別のものに交換もできるとの事。
夫は「好きなのに交換すれば?」と言ってきましたが、
義母があえて選んでくれたものを交換するなんて
申し訳ない気もしてきて、そのまま引き取ってきました。
アマリリスが2個と白い水仙の球根が12個です。
(本当、アマリリスはいらないって言ったのに。
IMG_20231112_144804IMG_20231112_144846義母は私たちにこんな花を育てて欲しいのね?
義母は何の花であっても白いのが好きなので、
今回こんなのを選んだのでしょう。

という事で、今年もアマリリスを育てますが、
まずは適当な鉢を買って来なければなりません。
そしてちゃんと花が咲いたら義母に写真も送らねば。
お陰で、これから色々やることあるよ?



今回は、「忍者ハットリくん」シリーズの最後に
ラーメン大好き「小池さん」を作ってみます。(笑)
「小池さん」人形、かなりシュールな人形になりそう。
ではまずはイラストから・・・
IMG_20231002_123610先日芽が出て喜んでいた去年のアマリリスですが、
すごい勢いで60センチほど伸びて 😳😳😳
花も咲いてきました。早い!!!
もう一つの球根にも芽が出てきたので、
またちょっと楽しみが増えました。
IMG_20231114_155439




























今日のリス友。
クルミを堪能中の「偽モッフー」です。
IMG_0301IMG_0302

ライブドアアプリでフォローが出来ます。




先日長男に芝刈りをしてもらった時の事、
芝刈り機のハンドルの一部が壊れてしまったので
部品だけ取り寄せて自分たちで直す事にしました。
ハンドルの一部を付け替えるだけなので
単純な作業だろうと思って夫に丸投げしたのですが、
いざ夫がガレージで付け替え作業を始めてみると
2時間経ってもガレージから出てこない・・・
「あれ?どっかに出かけたのか?」と思って覗いたら
一人孤独に悪戦苦闘していました。
2時間も何やってたんだろう?とは思いましたが(笑)
「何か手伝う?呼んでくれたら手伝うから。」
と声をかけたら、すぐに呼ばれましたよ。

私は「部品交換」と簡単に考えていましたが、
ハンドル部分を取り外した芝刈り機を見たら
「これはそんな簡単にはいかないやつかも・・・」
と嫌〜な予感がしました。
取り外した部分には2箇所バネが使われていて
ネジを緩めて分解し始めた時にネジがビヨ〜ンと弾いて
その勢いで他の部品も一緒に外れてしまったらしくて
どの部品がどこにあったのか確かめるのに時間がかかり
やっとそれがわかって部品交換となったよう・・・
が、手伝ってみれば到底一人ではやりきれない仕事で
特にバネ部分が曲者で、上手に押さえていないと
ビヨンビヨン弾いて全てが元の木阿弥状態に。
こんなの一人じゃ絶対無理でしたよ・・・
すでに何時間も苦戦している夫はもう忍耐も限界で
何度も放送禁止用語「Fxxx!」と叫んでましたが、
いやもうここまで来たらやり遂げるしかない。
交換部品やバネやその他諸々の部品をパネルで挟んで
そのパネルをネジで止める感じの作業だったのですが、
ネジが弾かないように二人して力を入れていたために
何度もお互いの手や指を思い切り挟んでしまい、
放送禁止用語の絶叫と痛みの悲鳴でもう・・・

作業開始から3時間半後、部品交換は終了しましたが、
こんなのもう大変すぎるだろ!!!!!
それとも私たちがあまりにも不器用すぎるのか?
皆はこんなのお茶のこさいさいなの?
絶対効率の良いやり方があるはずなのですが、
初めての部品交換なのでそれが全くわかりませんでした。
こんな時「ハンディマン」がいてくれたなら・・・
日常のあれこれをチョチョイとこなすハンディマン、
一家に一人欲しい、今回切実にそう思いました。



「ケムマキ」人形、完成しました。
ライムグリーンが鮮やかでいい感じに出来ました。
IMG_20231027_151450IMG_20231027_151534IMG_20231027_151744少し前なら、自分で直すよりも買い替えた方が
安いし早いのでそうする事が多かった気がしますが
今は「エコ」を考えて今あるものを使い続ける方向で
頑張るようになりました。
そうなるとジワジワと増えていくのが工具類。(笑)
なんでも自分達で補修して使い続けよう!となると
それ相応の道具が必要になる訳で・・・
これで少しずつスキルアップするなら良いのですが、
現実はそううまくは行かないのです。
毎回毎回新鮮な気持ちで「ぎゃ〜!」と大騒ぎしながら
修理する羽目になっていますよ。



今日のリス友は、リンゴ泥棒のこの子です。
IMG_0272IMG_0275
ライブドアアプリでフォローができます。



昨日は「 Veterans Day (退役軍人の日)」で
学校等は休みでした。
で、毎年この時期になると庭の「落ち葉かき」
これをしなければならなくなります。
「あ〜葉っぱが紅葉して本当に綺麗〜〜〜」
なんて喜んでいるうちはいいのですが、
うちの庭には大きな落葉樹が何本かあって、
前庭には八重桜と夏椿、裏庭にはメープルの木、
特にメープルの木はかなりの大きさなので、
庭に降り積もる葉っぱの量が半端ないのです。ぎゃ!
IMG_20231110_144336早目早目に落ち葉かきをすればいいのですが、
何せ雨季に入ってしまって晴れ間が少なく、
昨日はギリギリ曇り空だったので頑張りました。
「まあのんびり行くか〜」と一人で始めたのですが
意外や意外(笑)長男が助っ人に来てくれて
裏庭の落ち葉かきは予定よりも早く終わった〜
一週間もすればまた同じ状態に戻るので 
適当にかき集めて、半分は肥料用に庭の隅に集め
半分は裏の森林に・・・肥料用に?
IMG_20231110_151514これがカラカラに乾いた葉っぱだったなら
「焼き芋だ!🍠」になるところですが、
雨でどの葉っぱもしっとりと湿っていて無理なので
ただただ葉っぱを集めるだけの作業なのです。

お隣さんの所にも大きなメープルの木があるのですが
今年は人に頼んで綺麗にしてもらっているようでした。
見ればトラックの荷台に山盛りに葉っぱが積まれていて
流石に自分達だけではやり切れなかったのだと思います。

「落ち葉かき」も本当体力勝負なので、
「私たちもいつまで自分達で出来るのか?」
最近何をするにも同じことを考えてしまいます。



「ケムマキ」人形、ここまで出来ました。
IMG_20231002_143049IMG_20231002_144748IMG_20231002_145238前庭は夫も加わり3人で落ち葉かきをしました。
本当は次男にも手伝ってもらいたかったのですが、
ふくらはぎの筋肉痛で歩くのもままならない状態で
しょうがないのでそっとしておきました。
筋肉痛と言っても、自分で「筋トレ」していての事で
12歳の次男には必要のない事にも思うのですが、
何を目指しているのやら、毎日の日課にしているので
好きなようにさせてますが・・・
本当にどこを目指しているのかなあ?
筋トレもいいけど落ち葉かきもいい運動だと思うので
次回は次男にも手伝ってもらう事にしよう!



今日のリス友。
紅葉と偽モッフー。
IMG_0363
ライブドアアプリでフォローができます。




「ハロー!みんな、ちゃんと歯磨いてる?」 
1_iStock-1199797869_ph.5676






















東側のお隣さんから1ヶ月ぶりに連絡があって
「お宅ではゴーファー被害は少なくなってる?
今はどんな『ゴーファー除け』使ってるの?
お宅のゴーファーが全部うちに来てる気がするけど。」
と言われました。
気のいいご近所さんなので半分は冗談ですが、
以前そのお隣さんから、ゴーファー除けには
「キャスターオイル」が効くと教えられて
「キャスターオイル配合の粒々」を買って庭に撒き、
一時は効果もあったもののすぐに効果は薄れて来て、
今度は「ペパーミントスプレー」を買って使い始め
効果のほどを観察中・・・と言ったところなのです。
( ゴーファー大移動(大迷惑編) )
今お隣さんの庭もうち同様に被害が酷いらしくて、
(どうも彼ら史上最悪らしい・・・ )
なんかこうなると、私たちが夏に庭の大改造をして
全体に柔らかくていい土を入れたばっかりに
盛大にゴーファーを呼び寄せてしまった格好で、
本当申し訳ない気持ちになってきます。

でも、こんな事になるとは想像もしていなかった訳で
庭の改造が終わった時は本当に喜びいっぱい、
これからの庭作りにそりゃもう夢を膨らませて
夜な夜な園芸動画を観て勉強をしていたのに、
まさかこんなにゴーファーに振り回されるとは・・・

で、ちなみに「ペパーミントスプレー」なのですが
今の所「使わないよりは良かった」くらいの効果です。
殺傷力はないので「嫌がらせ程度」なのですよ。(笑)
多分西側のお隣さんの家でも被害はあるはずですが、
庭がここより広い分、ゴーファー被害に慣れているのか、
特に西隣さんからは何の連絡もありません。
もちろん何の連絡も欲しくありませんが。(笑)



「ケムマキ」人形の続きです。
イラストをもとにこんなふうに生地を用意しました。
IMG_20231002_124357でも最近気温も下がって雨も多くなったせいか
以前に比べたらゴーファーの作る小山の数は
少しずつ減っては来ているのです。
お隣さんだって雨の中庭仕事をする訳もないので
これから冬に向けて庭に出る機会も減るだろうし、
そうして春までゴーファーの事も忘れてくれればなあ
なんて虫のいい事を思っているのです。
実際、自由に生きている野生の動物のやる事だし?
そんなに責任を感じる必要もない気もしてますが。

あ、でも以前の家でこんな事があったのです。
ガレージで子ネズミを見かけたので、🐭🐭🐭
家の周りに殺鼠剤を置いておいたのですが、
なんとなんとその数日後に、お隣さんの庭で
何匹ものネズミが転がっているのが発見されて
お隣さんからすぐにうちに連絡が来たのです。
99%うちの殺鼠剤でやられたネズミ達に違いなく、
よりにもよってうちの庭ではなくお隣さんの庭で
ひっくり返っているなんてねえ・・・
が、お隣さんでも、手入れを怠っている垣根などが
ネズミの棲家になっているのを自覚していたので
「うちでもネズミ対策しっかりしなくちゃ!」
と言ってくれて、特に揉めたりはしませんでしたが、
こんな事もあるので、いろいろ難しいですよ。

「だ〜か〜ら〜共に生きればいいんじゃない?」
unnamed




















今日のリス友。
鼻の先や前脚が泥まみれの白腹毛族のこの子です。
IMG_0256IMG_0258IMG_0257
ライブドアアプリでフォローが出来ます。



夕木春央著「方舟」を読みました。
IMG_20231108_110552これはミステリー小説ですが、
この本の帯にはこう書いてあります。
「極限状況での謎解きを楽しんだ読者に、
驚きの<真相>が襲いかかる。この衝撃は一生もの。」
この「この衝撃は一生もの。」と言う言葉にビビって
一体どんな恐ろしい結末が待っているのかと思い、
前半は夜にのんびりを読んでいたものも、
最後の方は明るい昼間に読みました。

柊一は、学生時代の仲間男女5人と従兄弟と共に
長野県の別荘を訪れた際に、ひょんな事から
秘密裏に作られたらしい地下建造物「方舟」で
一夜を明かす事になります。
電気は付くものの薄暗く気味の悪い事に変わりなく
それでも一夜の事と思っていた所に
道に迷ったらしい家族3人が加わります。
が、翌早朝、強い地震があり扉は大岩で塞がれて
彼らは建造物の中に閉じ込められてしまう事に。
地下水の上昇も始まり残り時間は約1週間。
絶望の中、助かる方法を懸命に探した結果、
一人の犠牲で残りの人間は助かる道が見つかり
問題は「誰が犠牲になるか」と言う事に・・・
そうしているうちに仲間の一人が何者かに殺され、
皆「犯人こそが犠牲になるべき。」と言う思いで
互いに疑心暗鬼のまま犯人探しが始まるのですが。

設定が、地下の洞窟に素人が作ったらしい建造物の中。
外界と連絡の取れない暗い場所で寝起きをする事自体が
もうすでに私自身はキャパオーバーを感じましたが、
仲間が一人また一人と誰かに殺されて行く恐怖は
もう耐えがたくて読んでいる間ゾワゾワし通しでした。
いや私が一番怖かったのは、仲間が殺されても
誰も悲しむ様子もなく淡々としているように見えた事。
なので「もしかしてこの人が犯人なのでは?」
と謎解きをしながらも、全員が当てはまりそうで
その辺がますます怖くて怖くて・・・

最後の方にはもちろん犯人が分かるのですが、
本当の衝撃は最後の最後に待っています。
「ヒエーーーー!!!ギョエーーー!!!」と
好きなだけのけぞってこの衝撃を味わうべし。😱😱😱
猛烈にゾワゾワしましたがおすすめです。😱😱😱



「忍者ハットリくん」シリーズ第3弾は「ケムマキ」です。
ケムマキもド派手系忍者です。
ではまずはイラストから・・・
IMG_20231002_123532この本を読みながら「この人が怪しい気がする」
などと推理していましたが、当然大外れ。
まあ、怪しげに見える人が本当に犯人だったら
ミステリー小説として成立しませんけど・・・
それにしてもこんなゾワゾワ設定(笑)
どうやって思い付くのでしょうね?




今日のリス友。
塀の上で白腹毛族の子がまったりしていたのに
邪魔をするピコチンくんです。
IMG_0353IMG_0354IMG_0355
ライブドアアプリでフォローができます。



いつものようにインスタをアップしようとしたら
画面に出てきた「閉店90%OFF」の文字・・・
「何ですと?90%OFF?どれどれ?」
と吸い込まれるようにサイトに誘導されて 
全く予定もしていなかったクリスマスオーナメントを
カートに10個入れてしまいました。おいおい。
このお店は全国展開の誰でも知っているお店で
おそらくフランチャイズ経営のために
経営不振による閉店でこう言う事をしているのだろう、
と想像しながら商品を見ていたのです。
で「90%OFF」とは書いてあるものの
元値は表示されておらず、割引後の値段だけの表示。
「疑うわけじゃないけど、元値はいくらなんだろう?」
と同じ系列のメインサイトで元値をチェックしてみたら
「90%OFF」じゃなくて「75%OFF」だった!!!
そこのお店の商品は元々作りがしっかりしていて
元値が高いので「75%OFF」でも十分なのですが、
でも「90%OFF」じゃないじゃないの!?
色々考えた末、結局買いませんでした。
皆可愛いオーナメントだったけど、忘れよう。

で、また別の日、激安店のサイトにふらふらと迷い込み
激安服(ジャケット、ブラウスなど皆5ドル以下!)を
7点カートに入れてしまいました。おいおいおい。
心のどこかで「ちょっと怪しいかも?」と思いながらも
「こんなのが欲しいなあ・・・」と思っていたものが、
ドンピシャ!😆😆😆で見つかったためもう嬉しくて
「この値段なら失敗しても後悔はあるまいよ?」
ともう買う事に決めてしまいました。お馬鹿さん。
が、私よりネット事情に詳しい夫に一応聞こうと思い
「これ買いたいんだけど、どう思う?」と言ったら
すぐにその店の情報、評価等を調べ始めて・・・
「話がうますぎるし、やめた方がいいと思う。」と。
やっぱり???怪しさ100%???😭😭😭
(で、また買うのはやめました。笑)

私みたいに「この機会にまとめ買いだ!」となる人は
単なる「カモ」以上の、グレードがぐぐんと高い(笑)
ネギやら他の具材まで背負ってくる「カモネギ」さん。
まだ「カモネギおばさん」で大失敗した事はありませんが、
もしかしたらこれからが本番なのではないだろうか?
これからどんどん騙されっぱなし人生になるかもよ?
あぶねーあぶねー 



「シンゾウ」人形、完成しました。
小柄なシンゾウ、可愛く出来ました。
最後はハットリくんと一緒に・・・IMG_20230929_155435IMG_20231027_151317IMG_20231027_151401IMG_20231027_151721IMG_20231027_152145IMG_20231027_152251
そうだった!「あれ?ちょっとおかしいかも?」
この小さな引っ掛かりを無視したらダメなんだった!
自分の中に芽生えた小さな「違和感」が身を助く!
ちょっとでもおかしいと思ったら立ち止まって再考する。
皆さんも気をつけてね!「カモネギ」が言うな?



今日のリス友は「偽モッフー」です。
IMG_0294
ライブドアアプリでフォローが出来ます。


↑このページのトップヘ