人魚がドレスに着替えたら

美しい自然がいっぱいの、アメリカ・オレゴン州に住んでいます。 手芸が大好きで、今はせっせと着せ替え人形を作る日々です。 出来上がった人形の紹介や日々の出来事、庭に遊びにくるリス友の様子など、いろんなことを綴っています。

タグ:恋する着せ替え人形


私は幼い頃、いつもより長めのスカートや
ふわっと広がるスカートを履くと、
一気にお姫様気分になってウキウキしたものです。
生地は大抵コットン、柄もチェックだったり
単純に無地だったりしましたが、
その一枚のスカートが一瞬で私を
イケメンプリンスとの恋物語の世界に
連れて行ってくれたのですから、
妄想力って本当にすごいです。(笑)

私の子供の頃には
パープルは大人の色という感じがあって、
子供服ではあまり見かけない色だったと思います。
でも今はパープルが好きという子が多いようです。
実際、子供服にはパープルの服がいっぱいあって、
そしてとってもおしゃれです。
今回のプリンセスもパープルのドレスを着ています。
生地には模様が織り込んであり華やかさがあります。
P1100323_NEW
冠も含めてアイテムは5点です。
P1100324_NEW
スカートが短すぎたみたいです。(笑)
P1100325_NEW
花冠をつけて可愛らしく。
P1100326_NEW
ビーズをつけて華やかなチュチュ に。
P1100327_NEW
シンプルなチュチュもまた可愛い感じです。

プリンセスの人形は華やかさを出すために、
コットンではなくサテンなどの化繊生地を
使うことが多いです。
光沢や生地に織り込んであるデザインなど
生地選びは大事です。
でもコットン生地に比べると選択肢は少なくて、
コットン生地を選ぶときよりも
テンションは低めになってしまいます。(笑)


LINEで更新のお知らせが届きます。


シンデレラや白雪姫のように、
誰もが知っているプリンセスももちろんいいですが、
私自身が今子供だったならきっと喜びそうな、
世界に一つだけのプリンセスを色々作ってみました。
子供の頃、着せ替え人形は持っていませんでしたが、
プリンセスの出てくる物語を読むたびに、
イケメン王子様との恋物語を妄想していました。
なので、実際にこんな人形を持っていたなら、
きっと時間を忘れて夢中で人形遊びをしていただろう
と思います。

花冠のような小物は、それだけで雰囲気が変わるので
私の好きなアイテムです。
P1100328_NEW
光沢のあるサテン生地を使いました。
P1100330_NEW
花冠がよく似合っています。
P1100332_NEW
いつものチュチュ を長めに作り、ちょっと優雅な感じに。
P1100331_NEW
ビーズやリボンを使って華やかなチュチュ にしました。

チュチュも私の好きな替えアイテムで、
どの色を使っても
仕上がりがふわっと優しくできるので
いろんな色のチュチュ を揃えています。


LINEで更新のお知らせが届きます。
                

↑このページのトップヘ