人魚がドレスに着替えたら

美しい自然がいっぱいの、アメリカ・オレゴン州に住んでいます。 手芸が大好きで、今はせっせと着せ替え人形を作る日々です。 出来上がった人形の紹介や日々の出来事、庭に遊びにくるリス友の様子など、いろんなことを綴っています。

タグ:悪あがき


8月末にスト〜ンと気温が下がって、
先週6日からは次男の学校も始まって、
私の中では完全に夏は終わりを告げていたのですが、
次男だけは「まだ夏は終わっていない!」とばかりに
悪あがきを続けています。

金曜日学校が終わると、友達二人と一緒に帰ってきて
そこからまた「お泊まり会」が始まりました。
(もちろん彼らの親御さんには了解を得てますが。)
この3人でのお泊まり会はもう何度もやっているので、
私がやる事も、もはやルーティン化して来ていて(笑)
お菓子とご飯の用意、毛布をあるだけ出しておけば
あとは勝手にやっているという感じです。
夕ご飯に作るのは「チキンカツ」か「スペアリブ」で
あとは茹でたとうもろこしとか焼いた芋とか・・・
野菜も食べさせなくちゃ!と野菜を出しても
絶対誰も食べないので、最初からなしです。
多分皆うちではちゃんと野菜も食べているはずですが、
こんな時は「は?野菜?誰がそんなの食べるわけ?」
と、一事が万事そんな調子・・・
いつものように、また大分夜更かししたようで、
夜中の3時頃、廊下を行ったり来たりする声がして
なんだかんだで、翌朝起きて来たのは11時半。
全員前日の服のままぼーっとしながら起きて来ました。

今回のお泊まり会も楽しかったようですが、
友達が帰るとすぐ次男が「さあ、次はいつがいいかな?」
なんて言うので、ちょっと呆れてしまいました。
(いやもう「お泊まり会」はしばらくやらないよ〜)



「我愛羅」人形の続きです。
イラストをもとにこんな風に生地を用意しました。
IMG_20230821_104348夜中の3時ごろに彼らがガタガタやっていたのは
リビングからクッションや椅子を運んでいたからで、
毎回それらと毛布を使って簡易テント?を作って、
その下に寝ているらしいのです・・・
楽しくてしょうがないだろうねえ、ほに。

でも、次男がどんなに悪あがきしても夏は終わりです。
もう朝は肌寒いし、夜は8時になれば暗くなるし・・・
早いとこ、夏をあきらめて欲しい。


今日のリス友はモッフーです。
IMG_9613IMG_9611
LINEで更新のお知らせが届きます。



とある女性の文章を読んで「なるほど」と思いました。
『人間、隠すものが多ければ多いほど、
気分が重くなっていくものかもしれません。』とあって
その女性(50代)は長年続けた白髪染めをやめて
シルバーヘアへ移行することを決めたらしいのですが、
その時に感じた気持ちをこんな風に綴っていたのです。
彼女は白髪が嫌と言うよりも、それを隠している事に
気持ちが重くなっている事に気づいたそうで、
「今あるもの」で人生を楽しみたいと思っている人は
尚更そんな気持ちが強くなるのかもしれません。

私も白髪を隠し始めて10年になりますが、
私の場合はまだシルバーヘアへの移行は考えられず
シミ隠し同様に少し悪あがきを続けるつもりでいます。
それはなぜかと言えば、「隠して気分が重くなる」より
「晒して気分が重くなる」方が圧倒的に勝っているから。
(賛同してくれる人も多いのでは?  )
これもきっとある年齢になったら逆転すると思いますが、
白髪やシミに関しては私の中では「隠し事」としては
大した心の負担にはなっていないと言う気がして
私の場合は内面の隠し事の方が厄介に感じてしまいます。
自分や家族の事での悩みという名の隠し事があって、
でも、何となくバレていると思うのですよ。
ならば最初から隠さなければいいのですが、
まだまだその域には達していない訳で、
どうしても気分が重くなりがちなのです・・・
「隠す」って負の方向のエネルギーが必要ですから。
それでも昔に比べたら、恥?と思うような事を
結構見せられるようにはなったつもりですが
いやいやまだまだだなあ・・・
あれこれ「恥」と思っているのは案外自分だけで、
他人は「そんな事?」って大抵思うんですよね。
「隠さない生き方」が出来たら肩の力も抜けそうですが
そこまで強くなるのにはまだ時間がかかりそうです。


ところで、フィンチが作っていた軒下の巣なのですが、
( フィンチの巣作り )
昨日の朝、前庭の花を見ようと玄関を出たら
巣が通路に落っこちているのが見えたので、
びっくりして行って見たら卵が2個割れていました。
思った通りやはり巣の作り方が悪かったと思うし、
ぐずぐずの巣だったので何かの拍子に落ちたのでしょう。
今回のは、カラスの仕業ではないような気がしました。
夫が「巣を軒下に戻そうか?」と聞いてきたのですが
その巣は使い物にならない気がして(フィンチ激怒?)
結局軒下には戻しませんでした。
まさかもう卵を産んでいるとは思わなかったので
卵が全部割れてしまったのは可哀想でしたが、
次の巣作りへの大事な学びになったかもしれず、
また頑張って巣作りをしてほしいなと思っています。


今日のリス友。
IMG_8791IMG_8792
(今日は人形の紹介はありません。)

動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。


↑このページのトップヘ