人魚がドレスに着替えたら

美しい自然がいっぱいの、アメリカ・オレゴン州に住んでいます。 手芸が大好きで、今はせっせと着せ替え人形を作る日々です。 出来上がった人形の紹介や日々の出来事、庭に遊びにくるリス友の様子など、いろんなことを綴っています。

タグ:慎重派


明けましておめでとうございます!
今年もどうぞよろしくお願い致します。

2023年、ウサギ年!🐰🐰🐰
十二支の中では「イヌ」と並んできゃわゆい動物で、
小さなマスコットにしてよし、大きなぬいぐるみでもよし
今年はあちこちウサギだらけになりそうですね。(笑)
うちに遊びに来るウサ友を見ていると
「慎重派だけど普段は軽やかに跳びます!跳びます!」
って感じなので、私も今年は軽やかに行きたいなあ。

最近の日本のお正月は色々簡略化されているようですが
それでも元旦の空気の厳かな事はきっと変わりなく、
前年までの空気を総入れ替えしたみたいな感じですよね。
アメリカにいるとそう言った感じが全然なくて、
昨日の続きの1月1日で、空気感も全く同じだし
新春を寿ぐ感じがなさ過ぎて、毎年残念な限りです。
一応それでも、新年の目標を立ててみたり
「今日から気持ちも新たに頑張るぞ!」と気合を入れたり
そう言う所は世界共通でしょうか・・・
私も若い頃は「新年=新しい私」と信じて疑わず、
年が明けたらダイエットもうまくいくと思っていたし(笑)
いろんな悩みも魔法のように消えて無くなるんじゃね?
なんておバカな希望を毎年毎年抱いていました。
実は今でも「年が明けたらうまく行っちゃうかも?」
と思わない事もなく、いやいや現実も受け止めつつだぞ。
・・・と言うことで、今年もあれこれ頑張ります。


今年最初の人形は、やっぱり「ウサギ」ですよね。
久〜しぶりにウサギの着せ替え人形を作りました。
IMG_20221231_165315IMG_20221231_165411IMG_20221231_165523IMG_20221231_165706「新年=新しい私」を信じている若者がうちにも一人・・・
「新年になったらやるから。新年になったら始めるから。」
と色々な事を新年の魔法に期待して後回しにしてきた長男。
超残念な昔の自分を見るような感じもあって、
もどかしさ半端なく色々言いたくなるのですが、
「そっか、頑張れ。」と温かく見守る体を装っています。
本当どうなることやら・・・
神様、ニューイヤーマジックをどうかお願いします!!!

新年はやはり「神頼み」からスタートですよね。


そして今日はウサ友から、新年のご挨拶です。
「明けましておめでとうございます。
今年も、慌てず、ウサギ過ぎず、がんバニー過ぎず、
一歩一歩進んでいきましょう!」(決まった! )
IMG_7846IMG_7844IMG_7847

動画も作っています。


 LINEで更新のお知らせが届きます。


木曜日の夜、次男が友達とコンサートに行きました。
「 Twenty One Pilots 」と言う若者のバンドです。
元々は次男の友達が両親と行くはずだったのですが、
お父さんだけ都合がつかず行けなくなったので、
代わりに一緒に行かない?と誘ってくれたのでした。
11歳でもうコンサートに行くのか・・・いいなあ。
私が初めてコンサートに行ったのは20歳過ぎ?
私が育った環境と子供達の育っている環境が違い過ぎて
もちろん時代も国も何もかもが違うのですが、
とにかく彼らは本当に恵まれているなあと思うのです。
それでも彼らには不満もあって時々文句も言う訳で、
「この環境にいて文句が出るってどう言うこと?」
とついつい思ってしまいます。
でも私と親世代を比べてもやはりだいぶ差があるし、
親から見たら絶対恵まれていたはずの私の子供時代に
私もやっぱり文句を言っていた・・・(笑)
それにしても、旅行に外食、ショッピング・・・
私が子供の頃はどれもが非日常で特別な事だったのに
子供たちにとっては全く特別感がなくて、
逆に「えーー旅行行きたくないな、うちにいようよ。」
なんて言う時すらあって、
「この罰当たりめ!色々旅行できて幸せでしょう?」
と思うのですが、本当言ってもしょうがない事ですね。



イエロー系のチョウチョ、ここまで出来ました。
薄いグリーンがアクセントカラーです。
IMG_20220920_145431IMG_20220920_152026IMG_20220920_153701IMG_20220920_155104IMG_20220920_155140その日の夜コンサートから帰って来たのは夜中12時。
友達のお母さんの話では思っていた以上に良かったらしく
何だかみんな興奮冷めやらぬと言った感じでした。
翌日次男はコンサート会場で買ってきたTシャツを着て
張り切って学校へ・・・
ほんと私の子供時代とは違います。



今日のリス友。
今では私の手からクルミを食べてくれるようになった
この母リスですが、かなり臆病なのか慎重派なのか
慣れるまでに結構時間がかかりました。
最初は本当に勇気がいったのだと思います、
クルミをくわえる瞬間は「ヒーーー!」って感じで
ぎゅっと目を閉じて手からクルミを取っていたのですが、
今ではだいぶ慣れて目はつぶらなくなりました。
私が近くに行っても急いで逃げることもなくなり、
「クルミくれるのかな?」と期待してる感じが可愛くて
いつもクルミを沢山上げてしまうのでした。(笑)
IMG_6881


動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。


↑このページのトップヘ