人魚がドレスに着替えたら

美しい自然がいっぱいの、アメリカ・オレゴン州に住んでいます。 手芸が大好きで、今はせっせと着せ替え人形を作る日々です。 出来上がった人形の紹介や日々の出来事、庭に遊びにくるリス友の様子など、いろんなことを綴っています。

タグ:映画「すばらしき世界」


昨日は映画「すばらしき世界」の事を書きましたが
映画のある場面を観ていて思い出した事がありました。
主人公の「三上」が長いこと服役している間に
運転免許が失効してしまい、それを再取得するために
技能試験を受け直す場面があって、
ぶっつけ本番の技能試験で色々やらかす彼を観ていたら
自分がアメリカで初めて運転免許を取った時のことを
あれこれと思い出したのです。
アメリカで生活し始めて最初の4年は運転免許がなく
それでもバスや電車、夫の車に乗せてもらったりして
学校に通ったりパートの仕事をしたりしていたのですが
長男が生まれて2年後には保育園に通うことになり
毎日の送迎のためにどうしても運転免許が必要に・・・
筆記試験は簡単だったのですが、問題は技能試験!
日本と違って自分の車で試験を受けられるのですが、
その時使えた車は夫のマニュアル車だけ・・・
とてもそれで試験に受かる自信がなかったので
オートマチック車を借りるつもりでいたら、
夫が「教習付き!のオートマ車」を見つけてくれて
願ったり叶ったりでそのレンタカーを借りました。
つまりは日本の教習車と同じ作りの車で
助手席にも「補助ブレーキ」がついてるあの車。
技能試験当日、インストラクターの指導のもと
本当に試験直前の1時間ほど、おっかなびっくりで
試験場の周りをぐるぐる運転しました。
緊張のせいで1時間の運転だけで既にぐったり、
教習が終わってインストラクターの顔を見たら
「絶対無理」と書いてある・・・(爆笑)
いやもう絶対無理でもやるしかない訳で、
とぼとぼ試験場へ・・・
その時の試験官がまたニコリともしないおじさんで
もう心臓バクバク、テンパリ気味で出発進行〜〜〜
ってあれ?進行しないよ?なんで?サイドブレーキか?
としょっぱなから半分パニクりながら隣を見たら
おじさんが「補助ブレーキ」を試し踏みしてる!
え〜〜〜この状況でやめて〜〜〜 
気を取り直して今度こそ出発進行しました。(笑)
途中、慎重に運転しすぎて「遅すぎるよ」と言われ
「その辺に駐車して」のざっくりな指示に戸惑って
「ここでいいですか?」と聞いても返答なし!(泣)
でも、ちょっとノロノロ運転ではあったけど
事故ったりはせず(当たり前か?)試験は終了・・・
その場で結果が分かる事になっていたので
ほぼ諦め気分でおじさんからの「発表」を待ちました。
で結果は・・・・皆の予想を完全に裏切って「合格」!
あまりの嬉しさにもう半泣きですよ、
おじさんに抱きつかんばかりに喜んでいたら、
私の尋常ならぬ喜びようがおかしかったのか
おじさんが「ふっ」と笑って、その顔が可愛い〜!
もう、なんで最初からその顔でやってくれないかな?
そしたらあんなに緊張する事もなかったのに・・・
でも合格しちまえばこっちのもんよ!(笑)
スキップしつつウハウハ笑いながら戻ったら
インストラクターが「うそ・・・」って顔して
呆然としているじゃないですか!!!
そこは「おめでとう!」でしょうが?え?
心の声がすぐ顔に出てしまう正直な人なのでしょうが
最後の最後まで狐につままれたようなポカン顔って
いやもう失礼にも程があるよ?


今日の人形はオレンジガールです。
先日の「シトラスガールズ」とはまた違った感じで
この子も可愛く出来ました。
サンダルにボタンをつけたのですが、見えない・・・
IMG_20220722_174932IMG_20220722_175121IMG_20220722_175245IMG_20220722_175517



日本で初めて運転免許を取ったのは
高校を卒業した年の夏だったかな?
どこの教習場でも最初に適性検査がありますよね?
そのときの私の適性検査の結果は惨憺たるもので
運転に適さない「問題点」が詳しく書いてる紙が
教習ノートみたいなものにいっぱい貼られて
恥ずかしかったしショックで悲しかったです。
なんだか「欠陥ありすぎ人間」と言われてるようで。
でも実際本当運転には向かない人間だと思うので
できるだけ運転は他の人(=夫)に任せて
地味に世界の平和に貢献しています。


今日のリス友は毛繕いに忙しいこの子です。
IMG_6112


動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。



先日映画「 コーダ あいのうた」を観たときに
多分その時の不安定な精神状態が影響して?
アカデミー賞受賞作品で評判もいい映画なのに
「つまんない映画だった」とか酷評してしまいました。
私って何様だよ?・・・おば様だよ〜 
( 映画「コーダあいのうた」
本当その時はそう感じたのでしょうがないですが 
当然のことながら、その時自分が抱えてる悩みや思いが
物の受け止め方を大きく左右するっていうのは
よくある事ですね。(左右されない強い心が欲しい。)

で、今回己の精神状態はひとまず横に置いといて?
ずっと観たいと思っていた映画を観ました。
去年公開の西川美和監督の「すばらしき世界」です。 
この監督がこの映画の製作過程について書いた著書
「スクリーンが待っている」を読んでいたし、
この映画の原作である佐木隆三著「身分帳」も読んで
準備は万端でした。
IMG_20220729_162943

西川美和監督は、ずっと自身のオリジナル脚本で
映画を作ってきた監督のようで、
原作があっての映画は今回が初めてなのだそう。
以前「ディア・ドクター」「ゆれる」も観たのですが
そんなことも知らずに観ていました。
原作「身分帳」は実在の人物を取材して書かれた
ノンフィクション小説なのですが、
幼い頃に孤児となり生きるために苦労を重ねた人物が
殺人を犯した後長い刑期を終えて「今度こそは!」と
生きづらい世の中を必死に生き抜こうとした姿が
淡々と書かれている小説なのです。
長い小説を2時間の映像にまとめるのって至難の技、
あちこち端折りに端折らないと本当無理な話なので
映画を見る前に原作は読まない方がいいというのは
いつも思っている事なのですが(笑)
いえいえ、この映画は本当によく出来ていました。
また偉そうに映画評論ですが、本当何様?おば様ね
主人公「三上」の役をしたのが役所広司氏で
原作の中の直情型ででも限りなく純粋な人物を
見事に演じていましたよ、役所さんさすが!!!
生きづらさを感じている人が多い今の時代、
誰が観ても胸にグッと刺さる映画だと思います。
ネタバレになりますが、最後には三上が亡くなります。
持病(高血圧症)が原因だったのですが、
彼がとても幸せな気持ちでいる時に訪れた死は
ずっと懸命に生きてきた彼へのご褒美にさえ思えて
私はハッピーエンドだったなと思って観ました。
これは俺様の「絶対おすすめ映画」です。

余談。映画では「三上」が全裸になるシーンが多く
役所さんが脱ぎまくっています。(笑)
その役所さんの裸、なんとも哀愁が漂っていて
お尻のあたりとか「あれ?私のお尻と同じ?」
今時のムッキムキに鍛えられた体とは対極の
年齢なりの衰えと寂しさと悲しさと切なさなどが
まあいっぱい詰まった裸体でした。(笑)
っていい加減にして、役所さんに謝れ!!!
役所さん、親近感感じてしまってごめんなさいね。


今日の人形はピーチだらけの生地が可愛いこの子です。
IMG_20220722_173642IMG_20220722_173953IMG_20220722_174322IMG_20220722_174452


原作「身分帳」の中の人物は純粋すぎる人だったようで
それ故に引き起こされるトラブルも多かったと・・・
幼い頃に母親と別れてからは天涯孤独の身の上で、
服役中に詠んだ短歌俳句には母の事を詠んだものが多く
原作者佐木隆三氏の記憶に残った短歌がこれだそうです。

「母親は騙し易しと言う囚友になんの怒りぞ孤児の我」



今日はウサ友。
ウサ友はいつも「もぐもぐタイム」です。
リス友みたいに「ホリホリタイム」だったり
「カイカイタイム」「うとうとタイム」などなど
そんなバラエティーはありません。(笑)
IMG_6075


動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。


↑このページのトップヘ