人魚がドレスに着替えたら

美しい自然がいっぱいの、アメリカ・オレゴン州に住んでいます。 手芸が大好きで、今はせっせと着せ替え人形を作る日々です。 出来上がった人形の紹介や日々の出来事、庭に遊びにくるリス友の様子など、いろんなことを綴っています。

タグ:気分転換


今日は、昨日の本の「実践編」の紹介なのだ。
この本もずっと「パパ語」で書かれているので
心の準備が必要なのだ。
「パパ語はもういや!」って言う人はここでやめて
どこかにお出かけするといいのだ。 
きっと、とってもいい気分転換になるのだ。
ついでにおいしいラーメンも食べてくるのだ。🍜🍜🍜
IMG_20230617_094851この本では、著者が選んだ10章を掘り下げ
(「老子」は全部で81章に分けられているのだ。)
彼の体験談等を交えてわかりやすく解説しているのだ。
私のように、老子的生き方を目指していても
現実は真逆を行ってしまっているなんていう人には
色々と励まされる内容なのだ。

では「道= TAO 」とはそもそも何なのか?
そこから行ってみようと思うのだ。
TAO とは・・・この宇宙をならしめている力、
存在の全てを司る仕組みや存在そのものの事、
自然とその摂理、それを支える全エネルギーの事。
まあこんな感じの巨大すぎる仕組みの事なのだ。
ありとあらゆるものは TAO と共にあり、
我々は途方もなく大きな力に支配されているのだ。
なので自然の摂理に逆らわずに生きれば(=無為自然)
苦悩もなくなり幸せを感じられるようになるのだ。

例えば、花たちはどんなに美しく咲いたとしても
時期がくれば散って、次の開花の準備を始めるのに
人間だけが、咲いた花(成功、若さ、名声など)を
絶対に枯らすまい手放すまいと悪あがきをしては
TAO からどんどんどんどん離れていく事になり
結果色々な苦しみを味わっている訳なのだ。

また、桜の木が毎年桜の木として花を咲かせる事が
まさに TAO に適ったあり方であるように、
我々も自然が与えてくれた自分自身を大事にして
ずっと「自分」で生きていくことが TAO なのだ。
自分以外のものになろうと無理をしたり
自分ではないものに憧れてしまったりする事が
何よりも我々を苦しめる原因なのは明白なのだ。
何事を為すにしても、時間が掛かる事を忘れずに
あらゆる教えは最初から自然の中にあるのだから
余計な心配はせずに、いつもレレレのレーで行くのだ。
「ちょっとあの人バカっぽいね?」と人に笑われても
他人の人生を生きるよりもずっとずっと幸せなのだ。
本当に本当にこれでいいのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これで「老子=TAO」の話は終わりなのだが、
時々スイッチが入ったら、また「パパ語」で
「老子」の話をしたいと思っているのだ。
私は熱しやすく冷めやすい性格なので
「老子熱」も長くは続かないかもしれないのだが、
「いつも心にTAOなのだ!」をモットーに
これからは生きていこうと決めたので(笑)
「老子」の教えを綺麗さっぱり忘れてしまうとか、
そういう事はこれからはきっとないと思うのだ。
無理せずのんびり行くのだ。これでいいのだ。



今日のリス友なのだ。またモッフーなのだ。
毎日のようにクルミをもらいに来てくれるのだが、
私の手からクルミをくわえて取ろうとする時に
私の指に前脚を軽くのせる時があって、
いつもその前脚の肉球がひんやり冷たくて(笑)
私はその度に胸キュンなのだ。
IMG_9123IMG_9124

(人形の紹介はないのでごめんなのだ。)

一応動画も作っているのだ。


LINEでレレレのレーなのだ。



デッキにアウトドア用のテーブルと椅子を出しました。 
IMG_20230520_180556写真で見ると生地の色は鮮やかに見えますが
これらは買ってから10年以上経つので、
クッションもアンブレラも大分色褪せました。
毎年夏になると一応デッキには出すものの、
実はそんなに使っていないテーブルセットなのです。
私が「今日は外でご飯を食べよう!」と言わない限り
ほんと誰からもそんな提案が出る事もなく、
うちの中からこのテーブルセットを眺めて過ごすのが
私達の夏の過ごし方になってしまっています。
考えてみれば、こう言う事も心がけ一つなんですよね。
天気のいい週末は外で食べる!とか決めてしまえば、
短い夏の間だけでも結構簡単に習慣になって、
みんなで段取りをするようになるのです。
まあ、食器を外に運ぶだけの単純なひと手間なので
誰から文句が出るわけでもないし・・・

と言うわけで、早速外で夕ご飯を食べてみました。
こう言う時はワンプレートディナーに限りますが、
扉一つ隔てて場所を移動しただけなのに、
びっくりするほど気分が違うものですね。
すでに焚き火をしながらの簡単BBQはやっているので
特別感はないはずなのに、不思議です。
日も長くなって今は9時ごろやっと暗くなるので
これからどんどん外でご飯を食べようと思います。


「セーラームーン」人形、完成しました。
本当は後ろにも大きなリボンをつける予定でしたが
ゴテゴテになるのでやめました。
IMG_20230515_172210IMG_20230515_172320IMG_20230515_172356IMG_20230515_172521IMG_20230515_175130IMG_20230515_175156リス友の写真にもこのテーブルセットが映り込んで
それだけでなんだか夏っぽい写真に・・・
IMG_20230521_112003__01IMG_20230521_112038IMG_20230521_115335


動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。



壁に飾るアートを注文していたのですが
今度は破損などもなく無事に届きました。
(  結局タダになった「破損」アートの話 )
薄い鉄板アート、壁に飾ったらこんな感じに・・・
優しい感じでまずまずかな?どうでしょう?
IMG_20230515_151204IMG_20230515_152709破損して届いたアートの方ですが、
割れた木の部分を接着剤でくっつけて直すことに・・・
夫に頼んで接着剤を買って来てもらったのですが、
何のための接着剤かわかっていたはずなのに
私の頼み方が悪かったのか買って来たのはこの接着剤!
IMG_20230516_085500
「えええ?これ買ってきたの?瞬間接着剤だよね?」
「『木』にも使えるって書いてあるから大丈夫!」
「・・・・でも、こんな広い面に使う人いる?
接着剤を塗り終わる前に最初の方は乾いてるよ。」
ああもう、しょうがない、やってみるしかない。
面積にしたら折り紙1枚分はある木の面に
ヒーーーーッて感じでババババーーーッと刷毛で塗って
合わせ目がずれないように気をつけながら、
板と板をくっつけてしっかり押さえて待つこと1分。
せわしないこと甚だしい・・・はあはあはあ・・・
・・・そして結果は如何に・・・?
あっぱれゴリラ君、ガチっとくっつきましたよ!
結果オーライ?上手くいってほんとよかった!(笑)
「それにしても、これくっつけるのに瞬間接着剤かよ?」
としつこく思っている私なのでした。

で、さっそく次男の部屋に飾りましたが、どうでしょう?
案外上手く直せたので継ぎ目部分も全くわからないし
こうして写真で見るとおしゃれな部屋に見えますね?
(床には色鉛筆、紙、ぬいぐるみが散乱だが・・・)
「壁アート騒動」は一件落着でホッとしてます。
IMG_20230515_151555



























「もののけ姫」人形の続きです。
イラストをもとにこんなふうに生地を用意しましたが
獣の毛皮の羽織ものと面の部分がちょっと細かくて
作るのに時間がかかりそうです。
IMG_20230317_125452

今の家に住んでそろそろ丸3年になりますが、
インテリアは当初からほとんど変わっていません。
一人暮らしの頃と違って模様替えも大変だし、
気分転換のためのちょっとした変化となったら、
今回みたいなアートが一番手っ取り早いかなあ?


今日のリス友。
IMG_8614

動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。


珍しく、週末「晴れ」の予報が出ていたので 
本当に久しぶりに遠出しました。
遠出と言ってもここから1時間で行ける場所ですが、
州立公園の「 Silver Falls 」と言う所です。
今までも何度も行っている場所なのですが、
散歩にも最適で、いつ行っても綺麗な所なのです。
IMG_20230212_112533IMG_20230212_110742IMG_20230212_111016IMG_20230212_111315この公園内には大小たくさんの滝があるのですが、
この滝がその中では一番スケールも大きく有名です。
滝の後ろ側を通れるようになっていて、
こんな形で滝や滝壺を裏側から見たのは
私にとってはこの滝が初めてでした。
朝家を出た時からこの公園に着くまで霧が出ていて
「『晴れ』の予報だったのにちょっと残念だね。」
と言っていたら、現地で突然青空になりました。
で、滝を見て公園を出たらそこは又どんより曇っていて
滝のある場所だけピンポイントで晴れていたような、
本当に変な、いやラッキーなお天気でした。(笑)
こんな風に観光地っぽいところに出かけたのは
去年の夏休み以来。良い気分転換になりました。


「トンボ」の人形、出来上がりました。
「キキ&ジジ」そしてテディと一緒に。
IMG_20230212_142828IMG_20230212_143018IMG_20230212_143310

「 Silver Falls 」に行く途中はずっと農地が続いていて
ワイン用のブドウを育てているヴィンヤードやホップ畑、
ヘーゼルナッツの木を植えている所だったり・・・
クリスマスツリー用の木を植えている所も沢山ありました。
IMG_20230212_120001

その中には最近植えたばかりのような
高さが50センチ位の赤ちゃんツリーが並ぶ場所も。
その可愛い赤ちゃんツリーを車の中から見ながら次男が
「わあ小さいなあ。クリスマスまでに間に合うかな?」
なんて言うのです。「は?」と思いながら聞いていたら
夫が「あと10ヶ月あるから大丈夫じゃない?」と。
あの赤ちゃんがクリスマスまでに2メートルまで育つと?
この二人は本気でそんな風に思っているのだろうか?
一体どんなミラクルツリーだよ!?はああ〜〜〜
ほんと暴れたくなったよね。


今日のリス友。
なんとチビリスではなくいつものリス友です。
ひさ〜しぶりに来てくれたのが嬉しくて
焦って外に出て行ったらびっくりさせてしまい
あっという間にいなくなってしまいました。
IMG_8240

動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。



久しぶりに裏庭から続く森林を散歩しました。
もう何ヶ月もほとんど雨が降っていないので、
瑞々しい緑という感じではありませんでしたが、
木陰なので涼しくて、いい気分転換になりました。 
また歩きながらキョロキョロと宝探しをしたのですが、
先月の半ばにはまだ固く青かったブラックベリーが
半分以上熟してあちこちで食べ頃になっていました。
IMG_20220822_153347IMG_20220822_153545私以外は誰も興味もないようで、
こんなにたわわにブラックベリーがなっていても
みんな本当に見向きもしないのです。
次男は自転車をぶっ飛ばして先に行ってしまうし
私一人トゲトゲの枝で引っ掻き傷を作りながら
熟した実を取ってはそのまま食べていたら
「散歩しに来たんじゃなかったっけ?」
とか嫌味を言われる始末で・・・
こんなに綺麗なブラックベリー、
私には宝石みたいに見えるけどなあ・・・
以前友達がブラックベリーのジャムを作ってくれて
やはり手作りならではの素朴な優しい味がして、
本当においしかったのですが、
そのブラックベリーも遊歩道脇で友達が摘んだもの。
オレゴンにはもう至る所にこの実がなっていて、
でも実際に誰かが摘んで食べているのはほんの一部で
ほとんどは誰にも食べられないままです。
もったいないなあといつも思います。


今日の人形は「パティシエ」さん。
クロワッサンやカップケーキがいっぱいの生地で
色味は春っぽいのですが、この優しい感じに合わせて
ピンクを基調にしてこんな人形を作りました。
エプロンも可愛い形にしました。
IMG_20220824_174145IMG_20220824_173959IMG_20220824_174306IMG_20220824_174450IMG_20220824_174809
今春、庭に野生のブラックベリーを植えました。
その辺から取ってきた本当に野生のやつです。(笑)
ダメ元で植えてみたのですが、今のところ順調で、
まだ実はなりませんが枯れずに育ってくれています。
庭の一角をベリー畑にしているので、
ブルーベリー、ラズベリー、ブラックベリーと
食べきれないくらい実がなるのを楽しみに(笑)
育てていこうと思っているのですが、
うちのブルーベリーを無断で食べている奴がいて
いい感じに熟した大きなブルーベリーなどは
採ろうと思った時にはいつもなくなっているのです。
犯人は多分「鳥」だと思うのですが
お隣さんではブリーベリーにネットをかけたりして
防御しているので、うちもしないといけないかな?



今日のリス友。
鳥の餌入れからひまわりの種を取って
せっせと食べていたリス友ですが、
よくよく見たら子育て中の母リスのよう・・・
さっきまで子リスにおっぱいを上げていた感じです。
クルミはしばらく上げていなかったのですが、
子育て中ならば、とたくさん上げました。(笑)
上げすぎ?
IMG_6471IMG_6433


動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。


↑このページのトップヘ