ヤマザキマリ著「貧乏ピッツァ」を読みました。
IMG_20240414_210151私がヤマザキマリ氏を知ったのは、
そうです、あの「テルマエ・ロマエ」が流行った頃で
コミック3巻を買って読んだのが最初でした。
とは言え、「面白い漫画を描く人だなあ・・」
くらいの感想で彼女のプロフィール等は全く知らず。
でもそれ以降時々彼女の文章を目にするようになり、
彼女自身も面白い人生を歩んできた人だと分かりました。

この本は「食」に関するエッセイ本ですが、
著者が17歳で画学生としてイタリアに渡ってからの
極貧生活の中での忘れられない「食」の思い出や
ビオラ奏者だった母との「食」の思い出などなど
あれこれ楽しく描かれています。
17歳でイタリアに渡り、後にそこで未婚のまま出産、
シングルマザーとして色々な仕事をしながらの子育て中
14歳下のイタリア人男性と知り合い結婚したと言う、
かなり波瀾万丈な人生を歩んできた著者ですが、
義理の両親(特に義母)との関係もなかなか面白くて
どのエッセイも楽しく読めました。

私自身は、多分年を取ったせいで「食」に関して
「いかに健康的な食事をするか」に重点が置かれて
「美味しいもの」を求める気持ちがだいぶ減りました。
そこそこ美味しくてお腹が膨れればそれでよし、です。
でもその「そこそこ美味しいもの」こそ実は飽きないもの、
いつ食べてもそこそこ満足できるものだったりしますよね?
定番料理とかお味噌汁とか卵かけご飯とか・・・
「食」に関しては誰もがそれぞれに一家言あると思うので、
「食」に関する話は誰の話を聞いても楽しいものですね。




「五等分の花嫁」シリーズ第3弾です。
五つ子の次女「二乃(にの)」ちゃんを作ってみます。
まずはイラストから・・・
E8qE7FjVkAc0BEFIMG_20240401_122042「思い出の食べ物」なんて言ったら、
もうエンドレスで色々出て来そうですが(笑)
私が今でも「あれは本当に美味しかったなあ〜」
としみじみ思い出してしまうのが、
蒸し上げたばかりの餅米に塩をかけたやつ!なのです。
昔々、家族総出で杵と臼で餅をついていた頃の話ですが
私は蒸し上がったばかりの硬めの餅米が大好きで
毎回母に頼んでちょっともらうのが楽しみだったのです。
母も忙しいので、いつも餅米は片手握りで(笑)
そのいびつな熱々の「おにぎり」に味塩を振って
ハフハフ言いながら食べたのがもう最高で・・・
今では絶対に叶わないシチュエーションなだけに
尚更あの時の特別な美味しさが思い出されます。

皆さんにとっての「思い出の食べ物」は何ですか?




今日のリス友はポコチン君です。
IMG_1200ライブドアアプリでフォローが出来ます。