人魚がドレスに着替えたら

美しい自然がいっぱいの、アメリカ・オレゴン州に住んでいます。 手芸が大好きで、今はせっせと着せ替え人形を作る日々です。 出来上がった人形の紹介や日々の出来事、庭に遊びにくるリス友の様子など、いろんなことを綴っています。

タグ:熱帯雨林


インコ、オカメインコ、ペンギン、ヒヨコなど
今まで何種類かの鳥の人形を作って来ました。
(どの写真もなんか暗い・・・
IMG_20211008_232929IMG_20211008_232206IMG_20211001_085523IMG_20210427_135737
今回は「トロピカルバード」を作ろうと思います。
「トロピカルバード」なんて鳥は実際にはいませんが
イメージ的にはアマゾンの熱帯雨林とかにいそうな
派手派手な鳥たちです。
ほとんど「インコ」の色違いみたいなものですが、
いままでの鳥たちは羽根部分にコットンを詰めて
他の人形と同じように「腕」のような作りだったのを
今回はコットンを詰めずに作ることにしました。
形もより羽根に近い形に・・・
こんな感じで作っていこうと思います。
IMG_20220812_171152IMG_20220812_171459IMG_20220813_100947


「鳥」にまつわる思い出話しです。
以前、子供たちと動物園に行った時に
いろんな鳥に餌をあげられる場所があって、
係の人に餌をもらって皆で餌をあげていたら、
私の揺れて光るピアスが気に入ったのか 
インコみたいな鳥が二羽両肩に飛んできて
ピアスをガジガジ噛み始めた事がありました。(笑)
人に慣れているせいか、ずっとガジガジやっていて
何だか追い払うのも可哀想で、ほんと困りました。
その時子供に頼んで写真も撮ってもらいましたが、
写真を撮られようが何しようが全くお構いなしで、
ずっとガジガジでした。


今日はウサ友です。
木蓮が狂い咲きしているのですが、
どの花も蕾のまま次々と落下していて、
ふと見たら、ウサ友がその蕾を食べていました。
木蓮の花を食べるのはリス友だけではないようです。
IMG_6344


動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。



うちでは夫と次男が軽い花粉症で、毎年春になると
症状緩和のために加湿器を使うことが多いのです。
今年は3月までそれらしい症状が出なかったので
あれ?今年は大丈夫かなと思っていたら、
次男のコロナ感染、他の皆は普通の風邪を引き
結局今年も加湿器の出番となりました。
で、次男が加湿器から出るミストを見ていて
何やら閃いたらしいのです。
「加湿器の水に何かで色をつけたら 
色のついたミストが出てくるんじゃない?」と。
「ええええ、そんなことしたら加湿器壊れるよ!
きっと白いミストしか出てこないと思うよ。」
と言ってやめさせたのですが、
なんと夫が赤いフードカラーを水で薄めて「色水」を
作り始めてるではないですか!? 
えーーー正気なのか?加湿器壊れないかな?
いや、夫が大真面目にやっていると言うことは、
もしかしてピンクのミストが出てくる可能性あり??
「じゃあ、ちゃんとフードカラーを水に溶かして
塊が残らないように・・・」などと手伝ったりして
いざ「色水」を加湿器に入れてみたら・・・
白いミストしか出てきませんでした。(爆笑)
次男もちょっとがっかりしていましたが
実際に試してみたので納得がいったよう・・・
子供の発想はいつも面白いです。
結果が大体わかっていることでも、
実際にやってみて自分で確かめるって大事ですね。
とは言え私なんか「加湿器壊されては大変だ!」
と、それしか考えなかったけど・・・(笑)
・・・ちなみに加湿器は無事でした。


今日の着せ替え人形もビーバーです。
最後に全員集合してもらいました。(笑)IMG_20220423_142153IMG_20220423_142216IMG_20220423_142329IMG_20220423_142533IMG_20220423_141955







































































































この加湿器、毎年本当役に立ってますが、
使いはじめは加湿しすぎて失敗したことも。(笑)
部屋に入ったら「ここは熱帯雨林か!?」
ってくらい湿度が高くなっていて、
空気が重くて重くて逆に呼吸しづらかったです。
何事もほどほどに、ですよね〜〜〜


今日のリス友。
久しぶりに窓の外から覗いて来ました。
この熱視線が本当刺さる!
「ジーーーー」って言う音が聞こえて来そう。(笑)
IMG_20220424_093820


動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。


 

↑このページのトップヘ