人魚がドレスに着替えたら

美しい自然がいっぱいの、アメリカ・オレゴン州に住んでいます。 手芸が大好きで、今はせっせと着せ替え人形を作る日々です。 出来上がった人形の紹介や日々の出来事、庭に遊びにくるリス友の様子など、いろんなことを綴っています。

タグ:男女平等の社会


大分前に読み始めてはいたのですが、やっとやっと
「人新世の『資本論』」と言う本を読み終えました。
IMG_20220910_124158最新のマルクス研究の成果を踏まえて、
すでに危機的な地球環境をこれ以上破壊せずに
人間が幸せに生き延びられる道を探った内容で、
はああ、どのページも難しい言葉の羅列で
何度も思考停止になりつつも何とか読了。 
で、キーワードは「脱成長コミュニズム」
この時点で「は、はい?」ってなるのですが(笑)
思い切り大雑把に要約すると、(いいのか?)
解体された信頼と相互扶助の社会を再構築し、
市民同士が意見を交換しつつ作り上げていく社会の事。
水、食料、住居、教育、医療など人として必要なものに
「価値」をつけずに公平に受け取れる社会を目指して
今現在活動している世界中のグループや自治体が
徐々に繋がり広がって来ている事実も書かれています。
薄々気がついてはいたものの目を背け続けてきた事実、
先進国の急激な成長が、途上国に住む多くの人たちの
更なる貧困化と言う犠牲の上に成り立って来た事や
経済成長と環境保護の両立は不可能な事、
人権、気候、ジェンダー、資本主義などの問題が
全ては根っこでつながっていて、
私たちの意識改革が重要になっている事なども。

具体的なアクションとしては5つ。
1、使用価値経済への転換。
  ・・・大量生産、大量消費からの脱却
2、労働時間の短縮
  ・・・労働時間を減らして生活の質を上げる。
3、画一的な分業の廃止
  ・・・労働を魅力的にし創造性を回復させる。
4、生産過程の民主化
  ・・・生産プロセスを民主化して経済を減速させる。
5、エッセンシャル・ワークの重視
  ・・・機械化の困難な労働集約型産業を重視する。

えええ、こんな事個人でできるわけないじゃない!?
エコバッグを使うとかリサイクルを徹底するとか、
そんな事ならできるけどこんなアクションはねえ・・・
でも「3.5%の人々が非暴力的な方法で
本気で立ち上がると、社会は大きく変わる」のだそうで、
学校ストライキ、有機農業を始める、環境NGOで活動する、
市民電力を始める、気候非常事態宣言に向けた署名活動、
会社に環境対策や労働時間短縮を求める、などなど
きっと考えれば小さくても何かできそうです。
「1」の大量消費からの脱却はできると思うので頑張る。
意識を常にその方向に向けていれば行動もきっと変わる。
「3.5%の本気の人」になれなくても、
彼らをサポートする人にはなれるのではないか?
今までの自分の価値観や常識も見直しです。



今度はピンクのチョウチョを作ろうと思います。
こんなふうに生地を用意しました。
IMG_20220920_113146この本を読んで、私も色々考えました。
無駄に物を買ったりの大量消費をやめること以外にも
私ができる気候変動の波を押し返すアクションは何か?
まずは「男女平等の社会」を目指すことではないか?
なぜそれが地球破壊に歯止めをかけられるのかは
この本を読んでもらうことにして(笑)
「性差のない社会」にはあるべきではない価値観は
これからどんどん捨てていこうと思います。



今日のリス友。
スモモの木の餌台の上でのんびり〜〜〜
IMG_6631IMG_6682IMG_6742


動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。


先月は 「 National Women's History Month 」で、
次男のクラスで、色々な分野で活躍した女性達の事を
各自調べて発表する機会がありました。
次男は「Katherine Johnson 」と言う、
NASAで活躍した黒人女性のことを発表したのですが、
映画「ドリーム」のモデルにもなっていて、
アポロ11号打ち上げ計画などに参加した女性です。
次男は皆の前での発表では緊張したらしいですが
練習した甲斐があってうまくいったようでした。

こう言う「Women's month」「 Women's day」など
女性のための特別な日が設けられているのを、
次男が「でも何で女性だけ?不公平じゃない?」と。
「今の社会で女性と男性は本当に平等だと思う?」
と聞いたら「ああ、そうだよね」と納得してました。
今はもう男女平等は当たり前で、もう一歩進んで
男性女性という区別すらなくそうと言う社会・・・
( ジェンダーフリーの社会をサポートする行動 )
とは言え、アメリカもそう言う社会の実現に向けて
努力を続けているところで、
日本も「ジェンダー問題」に関しては
今までの遅れを取り戻そうと奮闘中ですよね。
以前こんなことがありました。
カリフォルニアに住んでいた時に
一時期訪問介護の仕事をしていたのですが、
毎日伺っていたお宅が台湾人の高齢のご夫婦の家で
50〜60代でアメリカに移住したご夫婦でした。
台湾が日本の統治下だった頃に育っているので
特に奥様の方は上品な日本語を話す方でしたが、
その奥様に「日本では女性を下に見ますよね。」
と言われて、身の縮む思いをした事があります。
台湾は女性の総統で勢いもあるし、
オードリー・タン氏の起用など人事も見事で、
彼女は自分の国が本当に誇りのようでした。


今日の人形はベリー柄の服の女の子です。
ショートカットの可愛い子です。
IMG_20220406_122943IMG_20220406_123050IMG_20220406_123307





































































アメリカに来たばかりの頃(25年前)は
自分が日本人である事が誇りでしたが、
今は少し違います。
「ジェンダー問題」然り、人権問題となると
日本はもっと早い変化が必要かなと思います。


今日のリス友。
桜の写真はこれが最後です。さびしー!
どうしてももう一度桜とリス友の写真が撮りたくて、
塀の上にクルミを置いておびき寄せると言う
姑息な手を使ってしまいました。
お陰で、こんな写真が撮れましたが。(笑)
IMG_4975







動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。


↑このページのトップヘ