人魚がドレスに着替えたら

美しい自然がいっぱいの、アメリカ・オレゴン州に住んでいます。 手芸が大好きで、今はせっせと着せ替え人形を作る日々です。 出来上がった人形の紹介や日々の出来事、庭に遊びにくるリス友の様子など、いろんなことを綴っています。

タグ:胡蝶しのぶ


思い起こせば、昔はもっと着るものに気を使って
全体のバランスは?とか、色合わせはいいか?とか
鏡の前で考える時間も長かった気がするのですが、
今は、鏡の前で考えることはまず無くなって(笑)
適当に着てから、ささっと鏡を見る感じです。
なので時々おかしな格好になっている時もありますが
だからと言って着替えるわけでもなく(着替えろ!)
「今日はこんなもんで良いだろう。」です。
特に夏場は毎日半袖と楽ちんパンツで完成なので、
鏡をチラ見すらしない日もあります。
しかも家族も着るものに大してこだわりのない人々。
特に次男などは奇抜な色合わせが好きなようで?
青いTシャツ+オレンジ色の短パン+赤スニーカー!
友達も服がどうのこうのと気にする子もいなくて
そんなわけで、「こだわりコーデ」をする人など
全くいない環境でお気楽に暮らしているのです。

が、久しぶりに素敵な「こだわりコーデ」をする
ファッショニスタに会いました。
今庭の大改造をしてくれている造園業会社の社長さん。
多分60代、お腹の出た恰幅のいい陽気なキャラで、
毎回思い切りカジュアルな格好で登場なのですが
(Tシャツに短パン、スニーカーです。
登場のたび変わった色の短パンを履いて来るのです。
彼は必要に応じて仕事の進行具合を見に来て、
私たちと話をして微調整などしていくのですが、
昨日も陽気にやって来た彼の格好を見たら、
パイナップルがプリントされた黒いTシャツに
下はパイナップル色の黄色い短パン!!!🍍🍍🍍
可愛すぎると言うか、黒と黄色の対比がもう!!!
彼の明るいキャラにぴったりなコーディネート、
もう明らかに彼の強い「こだわり」を感じて(笑)
何だか嬉しくなりました。
トレンドを意識した小綺麗なイケメンもいいですが、
トレンドを全く無視した(いや意識してるのか?)
こんなご機嫌な社長さんにちょっと感動でした。
「黄色い短パンなんて、どこで買ったんだろう?」
とついつい思ってしまいましたが、
お気に入りのブランドがありそうですね。


「胡蝶しのぶ」人形、完成しました。
本当はポニーテールを丸めるはずだったのに
丸めずに写真を撮ってしまいました。
IMG_20230721_162748IMG_20230721_162917IMG_20230721_163109IMG_20230721_163206その社長さんの「好き」が詰まったこだわりコーデが
彼の明るいキャラと相まって、本当いい感じでした。
何だかじわじわ元気をもらえたと言うか・・・
「歳をとって色々似合わなくなって来たなあ・・・」
とがっかりする事が最近本当に多くなったので、
「好き」を着てニコニコしている人を見るだけで、
元気と勇気とやる気(笑)をもらえる気がします。
社長さ〜ん、ありがとうねえ。



今日のリス友。ぺろっと。(笑)
IMG_9311
動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。


うちの裏庭はそのまま森林公園に続いていて
太い針金状の簡単な柵は作ってありますが、
視界を遮るものもないので森林がよく見えます。
そして遊歩道は裏庭から結構離れているので、
散歩をする人たちから家を覗かれる事もなく(笑)
森林の緑が楽しめて良い感じなのです。

で、夏休みに入ってから次男は「自主トレ」と称して、
この森林をジョギングしたりサイクリングしたりして
毎日30〜40分運動をするようになりました。
先日もいつものように裏庭から森林に出て
サイクリングをしに行ったのですが、
その時に森林に続く扉を閉めなかったようで、
次男が出て行ってから30分くらい経った頃に
何気なく外を見たら、その開け放した扉から
子鹿がソロソロと入って来るのが見えました。
怖がらせないように夫と二人で家の中から見ていたら
今度は母鹿がソロソロと裏庭に入ってきました!
おおおおお、鹿も庭に遊びに来るようになったか!
「小動物の楽園を作りたい!」とは言っていたものの
適当に野鳥用の餌を置いているだけの話で、
野生の動物達のこと、全ては彼らの気分次第だし、
毎日リス友が来てくれているだけでも、
「もうすでに十分楽園だな。」と思っていたので、
今回の子鹿&母鹿の登場は特別嬉しかったです。
IMG_9353が、あいにく裏庭はただいま大改造中で
鹿が食べられそうな草や木の葉っぱはなく・・・
「でも折角だからのんびりして行って頂戴よ〜」
と写真を撮りつつ眺めていたら・・・
サイクリングを終えた次男が戻ってきて
その音を聞いた鹿達がびっくりして走り出し、
こちらも次男が閉め忘れた前庭に出る木戸から
一目散に逃げていってしまいました。
この辺りは車通りの少ない所ではあるのですが
車道を通らずに他に逃げる場所もないので
ちょっと危なかったです。

今回たまたま裏庭の扉を開け放していたために
こうして裏庭で鹿の親子を見る事ができました。
なので庭の改造が終わったら、日中だけでも
裏の扉を開け放しておこうかなと思っています。



「胡蝶しのぶ」人形の続きです。
ここまで出来ました。
IMG_20230721_134529IMG_20230721_150802IMG_20230721_151909IMG_20230721_152029次男が「これで鹿、リス、ネズミ、鳥が揃ったね。
あとは何を呼べそうかな?」と聞いてきました。
あとはアライグマ、コヨーテ、スカンクあたり?(笑)
まあ、アライグマは夜行性なので無理だと思いますが、
コヨーテが近所を歩いているのを見た事があるので
コヨーテ呼んじゃう?


動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。



暑い夏、水分補給が大事とはわかっていても
何の味もない水を飲むのが苦手な私は、
何らかの味や色のついたお茶を飲む事が多いです。
巷には本当に色々なお茶が出回っているので
緑茶やコーヒー、紅茶が残り少なくなると
いつも「Amazon」で美味しそうなお茶探しです。 
で、最近こんなお茶を買いました。
「 Butterfly Pea Flower Tea 」です。🦋🦋🦋🦋🦋
日本ではもうお馴染みのお茶かもしれませんが、
私は初めて買って試してみたお茶で、
面白いお茶なので(良い意味でも悪い意味でも)
「このお茶はまだ飲んだ事ないわ。」と言う方には
ちょっと参考になるかもしれません。
IMG_20230726_164937「 Tea 」とは言っても茶葉ではなく、花です。
乾燥した花にお湯を注ぐとこんな綺麗な青に。
美しい・・・夏にぴったりの涼しげな青です。
IMG_20230726_165315そしてそして、レモン汁などをちょっと入れると
化学反応で綺麗なパープルに変わります。
こっちの色もうっとりするほど美しいです。
IMG_20230726_165408IMG_20230726_165421で、この夢のような色のお茶のお味の方はと言うと
「ん?え?あら?えんどう豆?・・・の茹で汁?」
って言う味で、確かに「 Pea 味」・・・
「何が悲しくて私は豆の茹で汁を飲んでいるのか?」
と自分に突っ込みたくなるお茶です、ほんと。
レモン汁を入れた後は酸味が勝ってくるのですが
それにしても猛烈に微妙な味。(笑)
Amazonで、一目見て「きれいな色!」と思って
レビューなんて全く読まずに買っちまった。
結構な量入ってるし、なんか良い飲み方ないかしら?
色はこんなに綺麗なのに・・・
味はえんどう豆の茹で汁ってねえ・・・
お客さんには出しにくいお茶です。(笑)



「胡蝶しのぶ」人形の続きです。
イラストをもとにこんなふうに生地を用意しました。
「鬼滅の刃」が大分流行ったおかげで、
主要キャラクター用の生地も色々売られていて
Amazonで簡単に手に入れる事ができました。
IMG_20230720_133840
この乾燥花は一個でもかなり色が出るので
色の薄いホワイトティーと合わせると良いかも?
よくわからないけど、やってみようかな?
さもないと、このお茶単体では多分飲まないし。
うまく行ったらまたご報告いたします。



今日のリス友。
リス友は水溜りの水でも平気で飲んでいるので
「えんどう豆の茹で汁」もいけるか?(笑)
(この水は普通の水ですので安心して下さい。)
IMG_9346IMG_9347
動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。



庭の芝生を刈るのは普段は長男の仕事で
花の手入れは私、樹木の剪定は夫の仕事です。
で、先日もまた長男が芝を刈ろうとしたところ、
芝刈り機がうんともすんとも言わなくなりました。
ちょっと前まで問題なく動いていたのに・・・
この芝刈り機には5年間の保証をつけていたので
無料で修理してもらえる事にはなったのですが、
直るまでに40日もかかるらしく、がっくり。
植物の育ちの良いこの時期に、芝刈り機の故障だなんて
久しぶりの痛恨の出来事でした。
流石に40日も芝を刈らない訳にはいかないので、
お隣さんが毎週頼んでいる庭師さんを紹介してもらい
昨日前庭の芝生を綺麗に刈ってもらいました。
IMG_20230725_191554で、いくらかかったと思いますか?
100ドルですよ・・・思ったより高かった。
私たちはイレギュラーな客なので、
その分高くなったと言うのもありますが、
自分たちで刈ればただだったと思うと・・・
もちろん高齢なご近所さんなんかは自分でやらずに
芝刈りも樹木の剪定も庭師さんに全部お任せで、
いずれは私達もそうなるとは思いますが、
今はまだ自分たちで全部問題なく出来るし
それが楽しみでもあるわけで・・・
芝刈り機よ、早く戻って来〜〜〜い!



「鬼滅の刃」シリーズ、続きます。
今回は「胡蝶しのぶ」人形を作ります。
まずはイラストから・・・
IMG_20230719_124416ちょっと昔は子供たちが小遣い稼ぎに
近所の芝刈りをするのが定番だったのですが、
今はあんまり見かけなくなった気がします。
もちろんプロに頼めば仕上がりは美しいのですが、
暖かい時期に毎週のように必要な芝刈りとなれば、
安く請け負ってくれる子供の仕事で十分な気もして
でも、今はそう言う事をやる子もいないのか、
大人もそう言うのを求めなくなったのか・・・
今は自分でやるかプロに頼むかの2択のみ。
こんなのも時代の流れなんですよねえ・・・


今日のリス友。
毛繕いに忙しいモフモフちゃんです。
IMG_9295IMG_9297IMG_9299IMG_9300IMG_9302
動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。


↑このページのトップヘ