人魚がドレスに着替えたら

美しい自然がいっぱいの、アメリカ・オレゴン州に住んでいます。 手芸が大好きで、今はせっせと着せ替え人形を作る日々です。 出来上がった人形の紹介や日々の出来事、庭に遊びにくるリス友の様子など、いろんなことを綴っています。

タグ:自家受粉



うちには5本の桜の木があります。
うち1本は前庭の八重桜なのですが、
残りの4本は「 Rainier cherry 」と言う種類で
実がなれば「佐藤錦」と見た目も味も全く同じ、
本当に美味しいさくらんぼが採れる種類なのです。
istockphoto-498900287-612x612でも、さくらんぼの木なんて1本あったら十分なのに
なぜにそんなに沢山植えてしまったのかと言えば、
もう単純に「思う存分さくらんぼ狩りがしてみたい!」
と言う気持ちから来たところが大きく 
あとは「沢山採れた暁にはご近所さんに配りたい!」
なんて事も考えてこんなに植えてしまったのでした。
いや実は、最初の1本はオンラインで注文した木で、
何と幹が折れて届いたので、送り直してもらったもの。
で、幹が折れたものも一応植えておいたら根付いたので
結果的に裏庭に2本の桜の木を育ててはいたのですが、
最初どちらの木も育ちがイマイチだったのです。
で、「大丈夫か?ちゃんとさくらんぼがなるのか!?」
と心配になっていた時に、去年夏の庭の大改造となり、
「この機会にしっかりした桜の木を植えてもらうか?」
と、新たに2本植えてもらった訳なのです。

が、私の調べではこの「 Rainier cherry 」と言う種類は
自家受粉しないので必ずもう一本別の種類の木が必要で、
去年業者さんに2本の桜を植えてもらった際にも、
結構しつこくその辺の事は確認しておいたのです。
でも、業者さんは「これは自家受粉するから大丈夫!」
と、結局植えたのは2本の「 Rainier cherry 」。
「まあ、プロがそう言うんだから大丈夫だろうね?」
とは思ったものの、実はずっと半信半疑で・・・
その答えはこの春に出るはずだと待っていたのですが、
なんとなんと!プロはやっぱり正しかった!!!
ほんの数粒ですが、確かにさくらんぼができてます!
おおおお〜〜〜〜🍒🍒🍒
(木自体はまだこんなに小さいのですが。)
IMG_20240429_172307IMG_20240429_172405今の所、実がなったのは本当にほんの数粒だけ。
でもこれからどれだけ美味しいさくらんぼになるのか
今からかなり楽しみです。




「四葉ちゃん」ここまで出来ました。
IMG_20240430_140344IMG_20240430_143139IMG_20240430_145623YouTubeでさくらんぼの収穫について調べてみると
実が熟す頃には鳥もせっせと食べに来るらしく、
木にネットをかけたりの対策が必要なようです。
でもそれだと後々大変になりそうなので、
「偽フクロウ」を桜の木の近くに置くつもりです。
こんなのです・・・
91J9Fxqr0aL._AC_SX679_時々場所を変えないと効果が薄れるらしいので、
その辺は面倒ですが、ネットがけよりは楽そう・・・
今年はきっと5粒がいいところだと思うので、
尚更鳥に食べさせる訳にはいかないよ!




今日のリス友はモッフーです。
モッフーのお腹に乳首がピコピコと見えるのですが
もしかして子育て中なのかなあ?気になる・・・
IMG_1369ライブドアアプリでフォローが出来ます。



先日桜の木を庭に植えたのですが、
( アメリカの「佐藤錦」 )
さくらんぼのなる、でも自家受粉しない種類の桜で
花だけでなくさくらんぼも楽しみたい場合は、
もう1本別の桜を植えなければいけませんでした。
最初は近所の桜から飛んできた花粉でいけるかも?
なんてお気楽に構えていたのですが、
やはり確実なさくらんぼの収穫を目指すなら
最初からもう1本植えておいた方がいいだろうと、
同じオンラインショップで「 Bing cherry 」を注文。
日本だと「アメリカンチェリー」と呼ばれる
色の濃〜いさくらんぼです。
そのオンラインショップで他の商品も見ていたら
私が前庭に植えたいと思っていた「ハナミズキ」が
「1本買ったら1本タダ」の商品になっていたので
急いでこのハナミズキも注文しました。
(アメリカはこう言うのが多い気がします。
「半額」じゃなくて1個買ったら2個目はタダとか、
2個買ったら3個目はタダみたいな・・・)
数日後大きな箱が2つ届いて開けてみると、
一つは「ハナミズキ」が1本だけ入っていて、
もう一方には「 Bing cherry 」と「ハナミズキ」が。
ハナミズキが1本だけ入っていた方は良かったのですが
もう一方の方は梱包がかなりいい加減で、
両方の木の中心の幹が30センチ程折れていました。
むむむ、この梱包はちょっと酷すぎる・・・
布地を注文した時に先方のミスで倍量届いた場合には
何も言わずに黙って頂いておく私ですが、(笑)
( あなたな〜らどうする〜? )
これは黙っているわけにはいきますまい。
「(写真を添付して)こんな状態で届きましたが、
生育に問題がないのなら受け取っておきます。
でも大分枝が折れているので値段を引いてください。
うまく育たないようなら送り直してください。」
と夫にメールしてもらいました。(自分でやれ?  )
すぐに返事が来て「速攻送り直します!」と・・・
やれやれと思ったのですが、幹の折れた2本の木、
綺麗な樹形には育たないかもしれませんが、
木自体は元気なので、どこかに植えないといけません。
3本あれば十分だったのに5本もあるとなると、
一体どこに植えたらいいんだ・・・悩む・・・
草花と違って将来的にかなり大きくなってしまうので
よくよく考えて植えないと。


今日の人形もビーバーです。
今回も最後に全員集合してもらいました。
2種類のビーバーたち、比べてみてください。
どちらもそれぞれに良さがありますよね? IMG_20220501_115242IMG_20220501_115301IMG_20220501_115614IMG_20220501_120114IMG_20220501_114557IMG_20220423_141955









































































































































今回買ったハナミズキは日陰を好む種類なので、
裏庭の奥の方(日陰が多い)に植えようかな・・・
桜だけは日当たりの良い場所に植えねばなりません。


今日のリス友。
カメラを向けたら固まってしまいました。ごめん。
IMG_5242


LINEで更新のお知らせが届きます。


新しい花壇もだいぶ出来上がってきて、
裏庭の雰囲気も随分良くなってきました。
2年前にここに引っ越して来たばかりの頃は、
あまり手入れもされずに放ったらかしの状態で、
結構な広さがある分、更に残念な感じでした。

新しい花壇のデザインを考えた当初は
半円の花壇の真ん中に桜の木を植えようと思い、
アメリカの「佐藤錦」と呼ばれる「Rainier cherry 」を
オンラインでオーダーしておいたのですが、
いざ桜を植えようと土を掘り進めて行ったら
去年伐採した大木の切り株に当たって
絶対に木など植えられないことに気付きました。
切り株の地表面は機械で全部砕いてもらったので、
もうすっかりその存在を忘れていたのですが
地中には直径2メートル近い切り株が眠っていた!
( 大木を伐採した話 )
しょうがないので、桜は花壇の横に植えました。
まだまだ小さな木で、ちょっと元気もありませんが
ぐんぐん育ってくれることを祈りつつ・・・
IMG_20220423_120507






大きく育てば、将来はお花見だけでなく
「さくらんぼ狩り」が楽しめるはずなのですが、
この「Rainier cherry 」は自家受粉しない木なので
もう1本別な種類の桜を植えないといけないのです。
今のところまだ別の桜は買ってないのですが、
近所にある桜の木から花粉飛んで来ないかしら?
なんだか蜂の数も激減してるらしい昨今、
蜂たちの働きに期待しても無理っぽいので、
やっぱり近くにもう一本桜を植えるしかないかな?


今日の人形もビーバーです。
こうして作ってみれば、大きな前歯があろうとも
十分に可愛い着せ替え人形ができた気がします。
IMG_20220423_133103IMG_20220423_133120IMG_20220423_141030IMG_20220423_135843








この「 Rainer Cherry 」を買った所の触れ込みでは
植えた次の年には必ず実がなるらしいのですが、
「そんなに早くさくらんぼ、なるの?本当かな?」
と買っておきながら、半信半疑です。(笑)
来年本当に一個でもさくらんぼがなったら
写真と共に報告したいと思っています。
今から何だか楽しみです。


今日のリス友。
IMG_5160






動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。


↑このページのトップヘ