人魚がドレスに着替えたら

美しい自然がいっぱいの、アメリカ・オレゴン州に住んでいます。 手芸が大好きで、今はせっせと着せ替え人形を作る日々です。 出来上がった人形の紹介や日々の出来事、庭に遊びにくるリス友の様子など、いろんなことを綴っています。

タグ:自縄自縛の私



朝井リョウ著「 生欲」を読みました。
IMG_20240206_164056「生欲」とは普通?の人が持っている正しい欲望の事。
私はてっきり「明日も生きたいと願う欲」の事、
と思って読んでいたのですが、正しい欲の意味だそう。
それがわからなかった時点で、私はこの本の核心には
全く近づけていなかった気がします。

時代は変わり多様性が謳われ、幸せの形も人それぞれ、
常識や価値観が大きく変わったように見える現代で、
異質な中でも更に異質な性的嗜好や快楽嗜好を持つ者の
苦しみや孤独、希望がこの物語には描かれています。

この物語に登場する4人に共通している嗜好とは
「水」にまつわるもの・・・
蛇口から激しく流れる水や噴水、滝、水しぶきなどなど
そういったものを見る事、感じる事で興奮を覚え、
ひたすら陶酔していく人々・・・
他の人間とは異質な自分自身を気持ち悪いと感じ、
他者に受け入れられる事、理解される事を諦めた人々。
生きていくために、自分と同じ人間を探し求めて
快楽を共有し生き延びようとする人々なのです。

「『多様性』と言っても、実際に受け入れられるのは
自分が想像できる範囲内での多様性であって、
想像を絶するほどに理解し難いもの、
直視できないほど嫌悪感を抱くものには蓋をする。
そして自分は常に『受容する側』だと思っている。」
こう言う言葉は本当に手厳しいなあと感じました。

激動の今の世の中、えええ!っと驚くような事でも、
「こんなのもありだよね?」とクールに流さないと
どんどん取り残されてしまいそうな危機感を感じて
私などは心の広い人を演じがちです。
が、そんな底の浅い演技はここでは全く通用せず
おそらく大した変態でもない私などは 
何もわかってない人として責められてる感じがして
「ごめん・・・」って感じでした。

この本を読んだ人がいたら感想を聞きたいのですが
なんか微妙な話題なだけに、聞きづらいわ・・・
まずはブックレビューを読んでみるか・・・




「フェルン」人形、ここまで出来ました。
IMG_20240206_150416IMG_20240206_152455IMG_20240206_152831IMG_20240206_154755以前読んだ「自縄自縛の私」も
異質な性的嗜好のある人々の話でしたが、
「生欲」よりもずっと理解しやすかったです。
( 「自縄自縛の私」を読みました。 )
が、この「生欲」に登場する人々の痛みや叫びは
自分が経験して来た痛みとは別の所にある気がして
理解するのが難しかったのです。
想像力に限界はないとは言っても限界はある。




今日のリス友。
お隣さんのリンゴの木とモッフーです。
IMG_0932
ライブドアアプリでフォローが出来ます。




蛭田亜紗子著「自縄自縛の私」を読みました。
R - 18文学賞大賞受賞作のこの小説、
大分前に買っていたものを最近やっと読みました。
IMG_20230724_114333「自縄自縛」に「R - 18」そしてこの本の帯を見れば
何となく話の主題は想像できてしまいますが(笑)
ちょっと変わった趣味で自分の世界に浸って
心の痛みを軽くしたり単純に性欲を満たしたりして
日々を生きている人々の物語です。

軽い気持ちで自分をビニール紐で縛ってみたら
それまで感じたことのない安息や快感に満たされて
「縄さえあれば、独りで生きていける。」
と感じるようになって行く広告会社で働く女性。
肌にピッタリと張り付くラバースーツに身を委ね
快感と安堵感に包まれるモデル業の女性。
友達の机や持ち物、家族の引き出しなどを覗く事が
やめられない女子高生などなど・・・
自分が一線を超え常軌を逸している事に気づいても
日々感じる焦燥や苦しみから逃れるためには
その行為を続けるしかなく・・・
危うさの中の快楽と底にある悲しみのようなものを
感じさせる場面が色々と出てくるのですが、
彼女らの行為がちょっと世を憚るものなだけで
多くの人は「わかる気がする」ってなりそうです。
ストレスを甘いものを食べて発散するのか
麻縄で自分を縛って発散するのかの違い・・・
・・・大分違うか? 

彼女らの少し変わった行為はエスカレートした後に
他者に知られ非難されたり逆に受容されたりしますが、
その後明らかに彼女らの中で何かが変わってしまい
こういう行為は独りでこっそりとやってこそだろう、
という感じがひしひしとしました。
誰にでもありそうな「変態性」は極力隠した方が
純粋な喜びや安息のためにもいい気がしましたよ。
エロいだけではない本でおすすめです。



「ねずこ」人形、完成しました。
いつもの人形とはデザインもかなり違う人形で
作っていて楽しかったです。
本当は髪の毛の下の方をエアブラシを使って
赤くする予定だったのですが、
実際にやってみたらうまく色がのらず諦めました。
IMG_20230721_114459IMG_20230721_114612IMG_20230721_114915IMG_20230721_115049この物語の中に「自縄自縛おじさん」が出てきます。
家族がありながら女装して自縛するのが好きな男性。
長い事こっそりとその行為を続けていたのに
ある夜、娘の古い中学の制服の上から緊縛をして
近所を歩くという暴挙に出て、家庭崩壊。
こっそりやっていればよかったものを。(笑)

小説とは言え「いろんな人がいるなあ」と思うし、
「縄で縛ると本当に気持ち良くなるのだろうか?」
と、ついつい考えてしまったりして(笑)
その辺からして私にも変態的素質があるのか!?
いや、実際やりませんけどね、いやほんとに。(笑)


今日のリス友。
モフモフちゃんの「ブン!」
IMG_20230719_190709
動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。


↑このページのトップヘ