人魚がドレスに着替えたら

美しい自然がいっぱいの、アメリカ・オレゴン州に住んでいます。 手芸が大好きで、今はせっせと着せ替え人形を作る日々です。 出来上がった人形の紹介や日々の出来事、庭に遊びにくるリス友の様子など、いろんなことを綴っています。

タグ:読書月間


二月も今日で終わりですね、「読書月間」最後の本は、
米谷瑞恵著「こう見えて失語症です」です。
IMG_20230218_165729IMG_20230225_21223647歳の時に脳出血の後遺症で失語症となった夫と
その妻である米谷瑞恵さんが過ごした10年間が
綴られている本です。
こんなふうにマンガも添えてあるので楽しく読めます。
夫の失語症の発症を機に、米谷さんは49歳の時に
「言語聴覚士」になるため専門学校に入学し、
2年後に晴れて、言語聴覚士の資格を取得します。
なので彼女の専門知識も交えて「『失語症』とは?」が
詳しく書かれていてとても興味深いです。
「失語症」と聞くと「うまく言葉が話せなくなる症状?」
と思っていましたが、症状は単純にそれだけではなく
「読む、書く、聞く、話す」この全部が出来なくなるので
本人も周りの人間もストレスを抱えがちになるところを、
二人が持つユーモアで新しい関係性を築いていくあたりは
大なり小なり問題を抱えた家族や夫婦ならば
「真似できるなら真似したい!」と思うはず。
「失語症」について知りたい方、失語症の人との接し方や
具体的な支援やサービスを知りたい方におすすめです。



今回は「アラジン」に出てくる「ジャスミン姫」を
作ってみようと思います。
ラインストーンをいっぱいつけて派手に行きます。
まずはイラストから・・・
IMG_20230215_131355私の周りには「失語症」の人はいないのですが、
脳の障害など「脳」に関する話には興味があります。
実は米谷さんが言語聴覚士の専門学校に入学してから
国家試験に合格するまでの2年間の詳しい過程を
とあるSNSでずっと読んで知っていたので、
それもあって今回読んでみた本でもあるのです。
その専門学校が猛烈なスパルタ学校で(ドSな学校?)
体調を崩して一日でも休んでしまえば
おそらくその時点で脱落が決定しまうような所で 
毎日の睡眠時間が3時間もないような日々を過ごして
猛勉強の末に言語聴覚士になった米谷さんなので、
同年代だし「すごい!」の一言で尊敬しかありません。
でも、米谷さんがその専門学校に在学中は
その学校のあまりの厳しさに他人事ながら腹が立ってきて
「この学校は本当に人を育てる気があるんだろうか?」
と日本の教育システムのあり方に疑問を持ったくらいです。
まあそれくらい大変な2年間を過ごして資格を取得されて
今は言語聴覚士として働いている米谷さんなのですから、
そんなこんなのすべての原動力となってるのは、
旦那様への「愛」なのでしょうね、やっぱり。
素晴らしい・・・羨ましい・・・


今日のリス友。
IMG_8441IMG_8443IMG_8442

動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。


今月は、私が勝手に決めた「読書月間」。
なので通常よりも熱心に本を読んでいます。
まあ、そうでもしないとなかなか本を読まないので
これからも時々「読書月間」を持とうかなと・・・
で、成田悠輔著「22世紀の民主主義」を読みました。
IMG_20230220_115223以前読んだ斎藤幸平著「人新世の『資本論』」 と同じく
( 斎藤幸平著「人新世の『資本論』」 )
政治や経済についての知識が乏しい私にとっては
難解な言葉が多くて大変でした。
「じゃ、なぜまたそんな本読んだわけ?」と言われそう。
そうなのです、普段ならまず手に取らない本なのですが、
今後の世界(特に日本)がどうなるのか気になって
要するに私には全然いい未来が見えてこないので、
「解決策あるなら知りたい!」みたいな気持ちで
読んでみた本なのです。
「で、解決策見つかったの?」と聞かれると・・・
う〜〜〜ん、寝たふりするしかない。
本当一言二言でまとめるのは到底不可能なので、
「こんな趣旨の事が書いてあるような気がする」程度で
行こうと思います、すみませんね。

まず、成田氏の考えの根底には常にこの疑問があります。
「常識と思われている事、それは本当に正しいのか!?」
「民主主義を続けるための方法と思われている『選挙』は
本当に必要なのか?一人一票のままでいいのか?」とか。
今の日本の高齢化社会では若年層全員が投票したとしても
数の少ない若年層は絶対に高齢層には勝てないわけで、
ならば、年齢ごとに一票の重みを変えてみてはどうか?
現存のあらゆるテクノロジーを使って人々の本音を読み取り
その中から最適解を導き出して政治に活用してはどうか?
少数派であっても切実な声として吸い上げるシステムを作り
全体としての多様性や幸福度を上げていく「新民主主義」?
こんな本を読むと、少し荒唐無稽と思われる考えも
「有りかも?」と思う所から全てが始まる気もして来て、
長い事停滞を続ける日本社会に風穴を開けるためにも
本当誰かこの本の中の提案を一つでも試してみてくれ!
なんて思いましたよ。
国としては無理でも地方自治体から小さく始めるとか?
いやもっと小さく町内会から始めるとか?どうかな?

「選挙や政治、そして民主主義というゲームのルール自体を
どう作り替えるか考えることだ。
ルールを変えること、つまりちょっとした革命である。」
と成田氏は言っています。

とにかく難しい言葉が色々出て来て細かいところまでは
理解できなかった気がするので感想はこれ位です。
興味のある方はぜひ読んでみて下さい。
って、こんな感想じゃきっと誰も読まないね。



「アリエッティ」の人形の続きです。
イラストをもとにこんなふうに生地を用意しました。
デザインはシンプルですが、色が鮮やかなので
この人形も作り映えしそうです。
IMG_20230213_155936最後にもうちょっとだけ・・・
成田氏は「この本は素人の妄想だ。」と言っています。
その上で「暴政」という本の中から教訓を抜粋して、

1、シンボルに責任を持とう。
2、真実は存在すると信じよう。
3、自分で調べよう。
4、アイコンタクトと雑談を怠るな。
5、私生活はちゃんとしよう。
6、大義名分に寄付しよう。

この地味で身近な生活感こそ暴政と闘えるのだと。
「政治」という表舞台が氷山の一角であるとすれば
その下の巨大氷山は素人の個々人の感情と生活だから。
個人的なものこそ政治的である。・・・だそうです。
皆さんはどう思いますか?



今日のリス友。
もふもふで可愛いなあ〜〜〜
IMG_8444IMG_8445

動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。


12月から続けている「音読」用に本を買い足しました。
友達から勧めてもらった本、SNSで高評価だった本、
自分の好きな作家さんの本も含めて9冊。 
IMG_20230123_133051音読用に読んでいるページは一日5ページほどで
(最初は10ページだったのに続かず・・・ )
音読だけの読書量だとなかなか読み終わらないので、
今は音読+黙読でページ数を稼いでいます。(笑)
普段は手が空くとついSNSの海にザッパ〜〜〜ン
何時間でもぷかぷか浮いたまま漂流を続けてしまうので
来月は「読書月間」って事にして本!読みますよ!
別に宣言しなくてもいいのですが(笑)
ワクワクで買った本なので、今読む気満々。
読み終わったごとに、ブログに感想も書くようにしたら
自分の読書記録にもなりそうです。
まず最初に、瀬尾まいこ著「そしてバトンは渡された」
この本を読もうと思っています。
これは友達から勧められた本なのでとても楽しみです。
この本の他にも結構気になっていた本があって
それは、成田悠輔著「22世紀の民主主義」、
こちらはすでにぼちぼち読み始めています。
政治や経済に疎い私が読んでいるので、
「お前はカメか!?」ってくらい先に進みませんが、
色々真実が書かれているっぽい・・・っぽい?(笑)
楽しい「読書月間」になりそうです。


今日は「ラムちゃん」のお着替え編です。
ラムちゃんと言えばセーラー服ですが、
デザイン的に大変すぎるので作りませんでした。
いつものアイテムをラムちゃん風に?着せてみました。
「ダーリン  うちから熱〜いLOVE送るっちゃ!」
IMG_20230130_103531IMG_20230130_103147IMG_20230130_103341IMG_20230130_104147IMG_20230130_104750SNSの大海も広くて楽しいのですが、
小説の物語の中を漂うのもまたいいもんですよね。
うちは家族全員読書量が激減しているので
(食後の読書の時間も自然消滅しました。 )
家族で本を読む機会をまた作れないかと
あれこれ考えています。

夫はエコだからと「Kindle」で本を読んでいますが
いまだに私はこれが好きになれないのです。
ページをめくるその行為も実は大事らしいし、
Kindleだと今中盤なのか後半に差し掛かっているのか
全体が見れない感じもなんだかもどかしくて、
私はこれからも紙の本での読書になりそうです。


今日のリス友。
ピコチン君ともふもふちゃんの夢の共演。(笑)
IMG_20230112_102244IMG_20230112_102250

動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。


↑このページのトップヘ