人魚がドレスに着替えたら

美しい自然がいっぱいの、アメリカ・オレゴン州に住んでいます。 手芸が大好きで、今はせっせと着せ替え人形を作る日々です。 出来上がった人形の紹介や日々の出来事、庭に遊びにくるリス友の様子など、いろんなことを綴っています。

タグ:赤毛のアン


先月子供達の「 God parents 」の友達夫婦が来てくれて
久しぶりにみんなで楽しい時間を過ごしたのですが、
( 「 God parents 」の話 )
これを機会にまた「will=遺言書」の見直しをせねばと
書類を読み直しました。
日本ではあまり一般的ではないのかもしれませんが
私たちはだいぶ前から「will=遺言書」を作って、
自分たちに何かあった時の子供たちの養育の事など
状況が変わるごとに書き直しています。

オレゴンに引っ越してから初めての書き直しなので
まずは弁護士さんを探すところからのスタートでした。
夫がネットで調べて、良さそうな弁護士さんに
メールで簡単な問い合わせをしたのですが、
まず家族のことを少し伝えておく必要がありました。
夫は私のことを「配偶者」とだけ書いて
「性別」は明記しなかったらしいのですが、
その弁護士さんから来たメールの返事には
私のことが「妻」と書いてあったらしく
夫曰く「男性の配偶者が女性とは限らないのに
最初からそうだと決めてかかるのか・・・」と。
アメリカでは同性婚がほぼほぼ合法なので
考えてみれば弁護士さんも不用意な返事をしたものです。
もし私が「妻」ではなかった場合、問題になりますよ。
もちろんその弁護士さんに仕事は頼まないだろうし
今の世の中そう言う評判ってあっという間に広まるもの。

・・・もう性別なんてどうでもいいんじゃないかな?
性別(人種等も)超えてお互いを尊重し合わないと
ぐいっと前に進むのは難しい世の中な気がします。
何かある度に私も自分の中の偏見に気付くのですが、
気付いたらとにかく偏見をなくす努力をし続けて
変えようしなければきっと何も変わりませんね。
「『偏見』は異物や未知のものに対する恐怖から来る
防衛本能である。」この説明がすごくしっくりきて、
時々自分でもしょうがないのかなあ?とも思うのです。
でも倦まず弛まずで行こうと思います。
そういえばこんなこともありました・・・
( ジェンダーフリーの社会をサポートする行動 )


今日の人形は、アンの親友の「ダイアナ」です。
髪に結んだ赤いリボンが大き過ぎたかなあ?
ダイアナのエプロンはアンのと比べると
肩の部分が少し凝った作りになっています。
ダイアナの帽子も作りたかったのですが、
この髪型だと帽子が被せづらいので諦めました。
同じ理由で花かんむりも諦めました・・・
IMG_20220605_151604IMG_20220607_152017IMG_20220607_152554IMG_20220607_152841IMG_20220607_151620IMG_20220607_151823







































































































































今現在の「 will 」の内容で大事なのは
やはり子供たちの養育のことが一番なのですが、
自分たちが「脳死」状態などになった時の
延命治療の選択等大事なことが書いてあるので、
ずっこけまくりでまだまだ頼りない長男ですが、
これに関しては彼が責任を持って判断するようにと
今回しっかり話しました。
「信頼してくれてありがとう〜、大丈夫任せて!」
と長男は自信満々?ですが、(笑)
この件は今は他に頼む人がいないので頼んでるわけで
正直なところ私たちは内心不安だらけです。
・・・健康で長生きせねば!


今日のリス友。
この季節綿状のものを大量放出する木があるのですが、
外に出るとそれがホワホワと沢山浮遊していて
この通りリス友のヒゲにもついてます。(笑)
写真右側のヒゲに2ヶ所・・・
IMG_5922




動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。




「赤毛のアン」を作ってみました。
アニメの「赤毛のアン」を参考にしています。
原作は中学生の頃に読んだのですが、
アンが住んでいたグリーンゲイブルズの家や
草原や林、小道など美しい自然が目に浮かんで
こんな所に住んでみたいなあと思ったものです。
私の育ったところも正真正銘の田舎でしたが
何だか様子が違いましたよ・・・(笑)
彼女が名付けた「恋人の小径」とか
好きな人と歩いたら幸せいっぱい夢いっぱい
さぞかしロマンチックな道なんだろうなあ〜〜〜
とその頃の私は妄想しておりました。(笑)
ほぼ全人類が妄想族だとは思うのですが(笑)
いつもなんだかんだと妄想しているアンには
何となく親近感を抱いていました。
あの頃の年頃の女の子(男子もか?)は
好きな人とのいろんなあれこれを好き勝手に
それこそ自分の都合のいいように妄想している訳で
勝手に「胸キュン」してましたよねえ・・・


それでは妄想族代表の「アン・シャーリー」です。
エプロン、帽子などクラシカルな装いが可愛いです。
ライムグリーンと赤い髪のコントラストがいい感じ。
IMG_20220605_151448
IMG_20220607_150053IMG_20220607_150609IMG_20220607_150920IMG_20220607_151128





































































犬猿の仲だったギルバートと
年頃になってから恋人同士になるあたりも
女の子が好きそうなストーリーでしたよね。


今日のリス友。
いろんなものに興味津々のニューフェイス君です。
何をしていても本当可愛らしいです。
IMG_5825IMG_5826





動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。


↑このページのトップヘ