人魚がドレスに着替えたら

美しい自然がいっぱいの、アメリカ・オレゴン州に住んでいます。 手芸が大好きで、今はせっせと着せ替え人形を作る日々です。 出来上がった人形の紹介や日々の出来事、庭に遊びにくるリス友の様子など、いろんなことを綴っています。

タグ:野ウサギ


前庭と裏庭のほとんどの部分は芝生なのですが 、
純粋に「芝生」な訳ではなく、大分雑草も混じっていて
クローバー、タンポポ、オオバコ、スベリヒユなどなど
あちこちに生えています。
クローバー以外は簡単に取り除けるので
目についた時に鎌などで取ってしまうのですが、
やはり雑草は繁殖力が強いと言うか本当パワフルで
ちょっと根を残すと絶対にまた生えて来て、
うちの庭は常に雑草との闘いなのです。
ご近所さんなんかは手作り除草剤を使っていて
「酢+塩+食器用洗剤+水」を混ぜたものを
散布していたりします。
まずまず自然に良さそうですが、洗剤がね・・・
うちには芝生や他の植物を食べるウサギも来るし、
次男や友達もよく庭で遊んだりするので
化学物質の入ったものはやはり使いたくない・・・
ここは地道に手で抜いていくしかないですね。
で、今前庭にたくさん生えているのが「バターカップ」
こちらも半端ない繁殖力でどんどん広がっています。
黄色くて可愛い雑草ですが日本にもあるのかなあ?
(2センチくらいの小さな花です。)
IMG_20220821_103332
花びらに光沢があって、光を反射するので
花びらを顔や服に近づけると直径1センチ程の
小さなスポットライトができるのです。
(これは大分前に義母に教えてもらいました。)
こんなふうに中には可愛い雑草もあるので、
やはり除草剤は使わずに共存の道を探りつつ
庭作りをしていこうと思っています。


今日もハロウィーン人形です。
おとといの人形と似ていますが、
ボディの色や髪型などが微妙に違います。
IMG_20220819_175228IMG_20220819_175632IMG_20220819_175836IMG_20220819_180232IMG_20220819_180338
「オオバコ」の名前を忘れてしまって調べていたら
『地方により、ガエルッパ、ゲーロッパ、オンバコ、
 ともよばれ、弱った蛙をこの葉陰に置くと元気になる
 と言う俗説からカエルバともいわれる。』とあって、
あああああ「ゲーロッパ!」懐かしい!!!
ちょっと「ヨーロッパ」みたいに聞こえるけど?(笑)
ゲーロッパ!!!祖父がオオバコをそう呼んでた!
ゲーロッパ・・・やばい響きだ。
・・・・久しぶりに吹きましたよ。


今日はウサ友。
たまには面白いポーズとってくれ・・・
シーーーーーーン。
IMG_6143


動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。



昨日の朝の話です。
次男が「庭の一部に雪が降ったみたいだよ!」
と「はあ???」なことを言い出しました。
外を見たらば・・・これです。
IMG_20220809_121539IMG_20220809_121622
散ったバラの花びらが雪のように見えたのでしょうが
それを言ってもすぐには信じず、「雪だよ!!!」と。
「近くに行ってよ〜く見て来い!!!」と言ったら
「あれ?ほんとだ、花びらだった・・・」
何でこの暑い時期に雪が降ったと思ったかな?
毎日遊び呆けていて脳細胞残り少なくなってきたか?
ほんと心配になって来ました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

全然話は変わって・・・
裁縫とかちょっとした手芸なら得意なのですが、
私も夫も日曜大工のような事はほぼできないので
家のどこかが壊れたり電気製品が故障したりしたら
もうお手上げ、人に頼むしかなくなります。
借家やアパートに住んでいた頃は、何かあれば
本当電話一本で不具合はすぐに直してもらえましたが、
今は全部自分たちでやらねばなりません。
今の家が築60年と古いこともあるのでしょうが、
改築はしたと言っても住んでいれば色々問題発生で
家周りの事は、改築を頼んだ大工さんに連絡して
いつも助けてもらっています。
何でも直せるというか、相談に乗ってくれると言うか、
仕事柄他の業者さんとの繋がりも色々あって
とにかく「ハンディマン」なのです。
頑張れば自分たちで何とかできそうな破損や不具合も
実際はやはりプロには敵わないわけで、
先日も小さな不具合を色々直してもらったのですが、
彼の手にかかると何でも「チョチョイのチョイ!」
「えええ、もう終わったの?やっぱり早いし上手!」
と感心してしまうのですが、同時になぜかいつも
「『こんなのも直せないなんて』と呆れてないかな?」
と思い切り卑屈な人になってしまうのでした。


今日の人形もまたまたモモンガです。
今日のケープも鮮やかな色で。
IMG_20220809_181228IMG_20220809_181252IMG_20220809_181446IMG_20220809_181334IMG_20220809_181616


細々とした修理を頼むたびに、
「二人してこんなものも直せないなんて・・・」
とちょっと情けない気持ちになるのですが、
片や夫は「出来ないものはしょうがない・・・
頑張っても上手くできないし最初から人に頼むもんね。」
とはなから諦めていて、ある意味清々しい。


今日は、白いしっぽが可愛いウサ友です。
最近毎日のように庭に遊びに来てくれています。
IMG_6323IMG_6327


動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。


フィンチが軒下の巣に卵を一つだけ産んでから
かれこれ2週間以上が経ちましたが、
結局親鳥が卵を温めることもなく終わりました。
( フィンチのつがいのその後 )
やっぱり去年カラスに雛を食べられてしまった事が
原因なのか?と考えていたのですが、
鳥の巣を気にしすぎて、私がうろついていたため
彼らにストレスを与えてしまったのかも。
一番最初にぐずぐずの巣を作っていた頃は
私が外に頻繁に出ることもなかったので、
最初からこのつがいの様子はおかしかったのですが
それだけに、巣の中に卵を見つけたときは嬉しくて
それ以降は毎日外に出て巣を見ていたし、
それ以外でもうちの中から巣を観察していたのです。
「カラスは体も大きくて、やる事が可愛くない!」
と思っていましたが、私の方がカラスの何倍も大きいし
小鳥から見たら私は「ゴジラ」ですよ。
つがいのいない時に巣を見ていたつもりでしたが、
実際は葉陰などから私を見ていたのかもしれません。
「またゴジラが巣の周りをうろうろしている。」と。
私だってゴジラがうろうろしている場所で
安心して子育てなんてできません。
ごめん、フィンチ。怖がらせたよね・・・
あの後別の場所で卵を産んで育てたのかなあ?

それにしても、去年のことを思い返すと
その時の私も「ゴジラ」だったのですが 
2度の産卵、孵化共に順調だったのです。
小さな生き物はとても繊細で敏感なので
今年はたまたまこうなったのかもしれませんが、
とにかく来年からは「ゴジラおばさん」は封印します。
なんか本当悪いことした・・・

これは前庭の写真ですが(ご近所さんに褒められた庭)
この写真の左側の軒下にフィンチが巣を作りました。
玄関に続く通路の上部分にあたるので
どうしても多少の人通りはあるのですが・・・
IMG_20220527_143203




























今日の人形は「封筒柄」の服を着たこの子です。
いろんな模様の封筒がいっぱい描かれている生地で、
カラフルです。 
水玉模様の靴を履かせてみました。
IMG_20220528_144844IMG_20220528_145239IMG_20220528_145410IMG_20220528_145103





































































小さな動物を見るとただただ可愛くて
自分が彼らにとっては「ゴジラ」なことを
ほんと忘れてしまいます。
だいぶ前の旅行中の出来事なのですが
小川で遊んでいる数匹の子猿に出くわした事があって
あまりの可愛さに近付いて行ったら、
近くにいたらしい母猿が怒って
私の方に走って威嚇してきた事がありました。
私もすぐに逃げたので大丈夫でしたが・・・
子育て中の親はどんな動物も皆必死ですね。
それにしても・・・フィンチ、ごめんよ。


今日はウサ友です。
久しぶりに庭に来てくれました。
ポンポンみたいなしっぽがラブリー
IMG_5637IMG_5638





動画も作っています。


LINEで更新のお知らせが届きます。



毎日やってくるリス友はかなり個性豊かです。
声をかけるとすぐに近寄ってくるのもいれば
いつまで経っても慎重なリス友は
クルミを見てもすぐには寄って来ません。

最近庭に現れた小さくて可愛いニューフェイスは
絶対に人には近づいてきません。
とっても臆病な動物だからです。これです。
(ホースが一瞬蛇に見えるような・・・)
IMG_20210628_190740





















掌に乗るような本当に小さくて可愛い野ウサギです。
また来てくれると良いんだけど。

以前サンディエゴに住んでいた時
庭に野ウサギの家族4羽がよく来ていたのですが、
コヨーテやボブキャット、マウンテンライオンなど
ウサギを捕食する動物も多いところだったので
時間の経過と共に訪れるウサギの数が減っていき
いつしか1羽も来なくなりました。
(ウサギって1羽、2羽と数えるんでしたね・・・
今!思い出して「匹」から「羽」に直しました。
気がついてよかった・・・笑)

でもこの辺りにはコヨーテのような動物はいないので
ウサギも安心かなと思います。
それに、うちのデッキ下がウサギやリスの
隠れ場所にもなっているらしく、いつの間にか
デッキの横に出入り用の小さな穴が掘られてました。


今日の人形は「妖精」です。
アイテムを並べた写真を撮り忘れたので
肝心の「妖精の羽」全体が分かりませんが、
この羽も取り外しができて、楽しい人形です。
IMG_2176_NEW





















IMG_2179_NEW





















IMG_2182_NEW














で、ボブキャット。名前は知っていても
実際に見たことはなかったのですが、
サンディエゴに住んでいた時に、
うちのパティオでしばらくのんびりしていった(!)
ボブキャットがいて、びっくりしたことがあります。
実物はもう本当にしなやかで美しい動物でした。
小さなウサギは到底この動物には勝てないです・・・
P1100411





















動画で人形の作り方を紹介しています。


LINEで更新のお知らせが届きます。

↑このページのトップヘ